ホーム > ロケット > JAXA H2Aロケット 英インマルサット社 通信衛星 Inmarsat-6 F1 打ち上げ
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

JAXA H2Aロケット 英インマルサット社 通信衛星 Inmarsat-6 F1 打ち上げ


JAXA H2Aロケット 英インマルサット社 通信衛星 Inmarsat-6 F1 打ち上げ



三菱重工業は、2017年9月12日、海外顧客から 5件目となる、英インマルサット社の「Inmarsat-6」シリーズ初号機打上げ輸送サービスを受注、2020年にH-IIAロケットで打上げることを発表しました


移動体衛星通信サービス大手企業である英国インマルサット社(Inmarsat plc)と三菱重工業は、インマルサット社の第 6世代通信衛星「Inmarsat-6」シリーズ初号機(以下、「Inmarsat-6 F1」)の打上げ輸送サービスを三菱重工に委託することで合意し、契約を締結しました

第 6世代通信衛星 「Inmarsat-6 F1」は、仏エアバス ディフェンス アンド スペース社が製造中で、2020年にH-IIAロケットで打上げ予定で、三菱重工にとって、海外顧客からの衛星打上げ輸送サービス受注は、今回で5件目となります


第 6世代通信衛星 「Inmarsat-6 F1」は、Lバンド周波数帯域とKaバンド周波数帯域のペイロードを同時に搭載した世界初の通信衛星で、従来のLバンドサービスにおける通信能力を飛躍的に向上させることで、移動体(携帯電話、船舶や飛行機等)向けの安全かつ低価格な通信に加え、IoT(モノのインターネット)向け機器通信サービスを提供するものです

また、Kaバンドサービスは、2015年から開始した、第 5世代通信衛星によるグローバルエクスプレス(Global Xpress)システムをさらに向上させることができ、このKaバンドにより、需要が大きい地域においても高度な通信能力を発揮、自社のグローバルカバレッジを強化させる計画です


インマルサット社のルパート・パース(Rupert Pearce)CEOは、次のように述べています
「Inmarsat-6 F1衛星の打上げに、三菱重工とH-IIAロケットを選定したことを喜ばしく思います。当社の戦略において、打上げ輸送事業者との協業体制は特に重要であり、その協業関係を拡充、多様化できるよう常に努力をしています。三菱重工はH-IIAロケットを用いて、世界水準の打上げ輸送サービスを提供してくれると信じています。」

また、パースCEOは、次のように述べています
「新型ロケットH3の開発に見られるように、三菱重工がイノベーションを追求する企業であるのは明らかです。これは我々が当社のパートナーに求めることであり、打上げ輸送事業を担う当社パートナーの一員として、三菱重工との長く実りある関係に期待しています。」

三菱重工 宇宙事業部長の渥美 正博は、次のように述べています
「移動体通信業界のリーディングカンパニーであるインマルサット社に、今回当社の打上げ輸送サービスを選んでいただけたことを光栄に思います。今回の決定については、これまで当社が大切にしてきた高い信頼性とオンタイム打上げの実績、さらにそれを支える技術力が高く評価されたものと理解しています。打上げに向けて顧客の期待に応えられるよう、これまでと変わらぬ『おもてなしの心』で今後具体的な調整・準備を進めてまいります。さらに、今回の輸送サービスが現在開発中のH3ロケットによる打上げ輸送サービスへとつながるよう、インマルサット社との末永い良好な関係を築いていきたいと存じます。」


三菱重工の打上げ輸送サービスは、打上げ成功率約97.6%に加えて2005年以降35回連続成功という高い成功率を誇り、そして定刻打上げにより、高い顧客満足を実現しています

H-IIAの後継機となるH3ロケットは現在、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工が共同で開発中で、H3初号機は2020年の打上げを計画しており、このH3は価格を含めた顧客満足度を向上させた打上げ輸送サービスを可能とします


測位衛星「みちびき」3号機を搭載し、打ち上げられたH2Aロケット35号機=鹿児島県南種子町で 2017年8月19日午後2時29分

測位衛星「みちびき」3号機を搭載し、打ち上げられたH2Aロケット35号機
鹿児島県南種子町で 2017年8月19日午後2時29分
<GPS衛星>「みちびき」搭載H2Aロケット打ち上げ成功 毎日新聞 2017年8月19日 14:33 」 より

打上げロケット H2Aロケット
打上げ日 2020年
打上げ時刻
打上げペイロード 第 6世代通信衛星
Inmarsat-6 F1
打上げ時の天候
打上げ予備期間 ※
打上げ場所 種子島宇宙センター
大型ロケット発射場
打上げ実施 三菱重工業株式会社
宇宙航空研究開発機構


打上げ予備期間の打上げ予定時間帯は、打上げ日毎に設定されます


実況終了しました (本ページにて打ち上げ実況を行います) (参考)

引き続き H2Aロケット 36号機 準天頂衛星システム みちびき4号機 に関する最新情報は、本ページにてお知らせします

2017年10月10日(火)

0701 天頂衛星システム みちびき3号機を搭載した H2Aロケット 36号機 ロケットは、定刻無事打ち上げられました
07:30 みちびき4号機 正常分離
08:40 みちびき4号機 所定の軌道に向けて順調に飛行中 衛星状況初期確認終了 全て正常

(最新情報を表示する際は 「F5」キー(ファンクションキー)を押す等で、画面を更新して下さい)




H2Aロケット 36号機 準天頂衛星システム みちびき4号機 打ち上げ日時 結果 について (参考)


MHI(三菱重工業)とJAXA(宇宙航空研究開発機構)は、2017年10月8日、H2Aロケット 36号機 準天頂衛星システム みちびき4号機 打ち上げ日時 について、下記発表を行いました

JAXA | H-IIAロケット36号機による「みちびき4号機」(準天頂衛星)の打上げ時刻について 三菱重工業株式会社 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 平成29年10月8日


 三菱重工業株式会社および国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「みちびき4号機」(準天頂衛星)を搭載したH-IIAロケット36号機(H-IIA・F36)の打上げについて、下記のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

打上げ日 : 平成29年10月10日(火)
打上げ時刻 : 7時01分37秒(日本標準時)
打上げ予備期間 : 平成29年10月11日(水)~平成29年11月30日(木)(※)
(※) 打上げ予備期間の打上げ予定時間は、打上げ日毎に設定します。

MHI(三菱重工業)とJAXA(宇宙航空研究開発機構)は、2017年10月10日、H2Aロケット 36号機 準天頂衛星システム みちびき4号機 打ち上げ結果 について、下記発表を行いました

JAXA | H-IIAロケット36号機による「みちびき4号機」(準天頂衛星)の打上げ結果について 三菱重工業株式会社 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 平成29年10月10日


 三菱重工業株式会社および国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターから平成29年10月10日7時01分37秒(日本標準時)に、「みちびき4号機」(準天頂衛星)を搭載したH-IIAロケット36号機(H-IIA・F36)を予定通り打ち上げました。
 ロケットは計画通り飛行し、打上げ後約28分20秒に「みちびき4号機」(準天頂衛星)を正常に分離した事を確認しました。
 今回のH-IIAロケット36号機の打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。




JAXA H2Aロケット36号機 主要諸元 (参考)



JAXA H2Aロケット 36号機 形状 (H2A202型)

JAXA H2Aロケット 36号機 形状 (H2A202型)

JAXA 「平成29年度 ロケット打上げ計画書 「みちびき4号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)/H-IIAロケット36号機(H-IIA・F36)」 より



名称 H-ⅡAロケット 36号機 (H2A202型)
全長 53 m
全備質量 286 t (人工衛星の質量は含まず)
誘導方式 慣性誘導方式
第1段 固体ロケット
ブースタ
(長秒時燃焼
モータ)
第2段 衛星
フェアリング
(4S型)
全長 37 m 15 m 11 m 12 m
外径 4.0 m 2.5 m 4.0 m 4.0 m
質量 114 t 151 t  (2本分) 20 t 1.4 t
推進薬質量 101 t 130 t  (2本分) 17 t
推力 1,100 kN 5,003 kN 137 kN
燃焼時間 390 100 530
推進薬種類 液体水素
液体酸素
ポリブタジエン系
コンポジット
固体推進薬
液体水素
液体酸素
推進薬供給方式 ターボポンプ ターボポンプ
比推力 440 s 283.6 s 448 s
姿勢制御方式 ジンバル
補助エンジン
可動ノズル ジンバル
ガスジェット装置
主 要 搭 載
電 子 装 置
誘導制御系機器
テレメータ送信機
誘導制御系機器
レーダトランスポンダ
テレメータ送信機
指令破壊装置

推力、比推力は、真空中 固体ロケットブースタは最大推力で規定





JAXA H2Aロケット 36号機 飛行計画 (参考)



H2Aロケット 36号機(H-ⅡA・F36)は、準天頂衛星「みちびき4号機」を搭載し、種子島宇宙センター大型ロケット第1射点より打ち上げられ、打上げ後まもなく機体のピッチ面を方位角93度へ向けた後、所定の飛行計画に従って太平洋上を飛行します

打上げ約1分31秒後に固体ロケットブースタの燃焼を終了、約 1分48秒後(以下、時間は打上げ後の経過時間を示す)に分離、衛星フェアリングを 約 4分10秒後に分離、約 6分38秒後に第1段主エンジンの燃焼を停止、約 6分46秒後に第1段を分離します

引き続いて、約 6分52秒後に第2段エンジンの第1回目の燃焼が開始、約 12分34秒後に燃焼を停止、慣性飛行を続けた後、約 24分34秒後に第2段エンジンの第2回目の燃焼を開始、約 27分34秒後に燃焼を停止、約 28分24秒後に近地点高度 約 250km、遠地点高度 約 36140km、軌道傾斜角31.9度の準天頂遷移軌道上で準天頂衛星「みちびき4号機」を分離します




JAXA H2Aロケット 36号機 打ち上げシーケンス (参考)



JAXA H2Aロケット 36号機 打ち上げシーケンス

JAXA 「平成29年度 ロケット打上げ計画書 「みちびき4号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)/H-IIAロケット36号機(H-IIA・F36)」 より





JAXA H2Aロケット 36号機 飛行経路 (参考)



JAXA H2Aロケット 36号機 飛行経路

JAXA 「平成29年度 ロケット打上げ計画書 「みちびき4号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)/H-IIAロケット36号機(H-IIA・F36)」 より





JAXA H2Aロケット36号機 落下物 落下予想区域 時間 (参考)



JAXA H2Aロケット36号機 落下物の落下予想区域

JAXA H2Aロケット36号機 落下物の落下予想区域

JAXA 「平成29年度 ロケット打上げ計画書 「みちびき4号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)/H-IIAロケット36号機(H-IIA・F36)」 より

海面落下時間帯
(打上げ後)
固体ロケットブースタ
約5~9分後
衛星フェアリング
約11~26分後
第1段
約14~31分後




JAXA H2Aロケット 打ち上げ基準



JAXAでは、全長 53メートル、重さ 286トンの H2Aロケットを安全、確実に打ち上げる為、打ち上げ基準が設定されています

従来の基準では、氷結層雲について、その厚さ 1.8km以内のみで判断していましたが、今回の打ち上げから、氷結層雲に関する基準が改められ、今後は、厚さ1.8km以上でも、レーダーで雲の内部状態を測定、反射強度が規定以下であれば、打ち上げ可能となります

これまで、H2Aロケットの打ち上げでは、氷結層雲による打ち上げ延期が 8機で発生していましたが、新基準で評価すると、その半分は打ち上げが可能なケースだったとのことで、今後は、打ち上げ延期の減少が期待され、コストダウンにも繋がります

2016年(平成28年)2月12日(金)に予定していた、H2Aロケット 30号機 の打ち上げでは、「射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲(別紙参照)の発生が予想されること、および打上げ作業に支障のある強風が予想されることから、2016年(平成28年)2月17日(水)に、打上げ」が延期されました


打ち上げ基準
氷結層雲の厚さ 1.8km以内 ただし、厚さ1.8km以上でも、レーダーで雲の内部状態を測定、反射強度が規定以下であれば、打ち上げ可能 (H2Aロケット 30号機 打ち上げ時から適用)
風速 (最大瞬間風速) 20.9m/s



JAXA 打上げ天候制約 (氷結層を含む雲) について

JAXA H-IIAロケット27号機による情報収集衛星 レーダ予備機の打上げ中止について 三菱重工業株式会社 宇宙航空研究開発機構 2015年1月29日 02:00」 より


氷結層とは、雲の中で温度が0度から-20度になっている部分のことで、雲の中に氷の粒の層があるような状態になっています

氷結層雲等、H2Aロケット打ち上げの制約についての詳細は、「JAXA H2Aロケット とは 特徴 性能 制約 高度化計画」をご参照下さい





H2Aロケット H2Bロケット 打ち上げ回数 成功率 (参考)



H2Aロケット 36号機 準天頂衛星システム みちびき4号機の打ち上げにより、H2Aとしての打ち上げ成功回数は、36機打ち上げ中、35機の成功で、成功率は 97.2 %、同じエンジン (LE-7A ※) を使用している「H2B」を合わせた成功回数は、42機打ち上げ中、41機の成功となり、成功率は 97.6 % となっています

国際的な信頼性の基準は 95 % とされています



※ LE-7A
LE-7Aは、H-IIロケット第一段に使われていたLE-7エンジンの改良型で、宇宙開発事業団(現JAXA)が、三菱重工業、石川島播磨重工業と共に開発した液体燃料ロケットエンジンで、H-IIAロケットの第一段に1基、H-IIBロケットの第一段には2基使用されています

H2A と H2Bは、三菱重工業が製造、H2A 13号機からは打ち上げ業務も、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から三菱重工業(MHI )に移管されています



H2A H2B ロケット および 世界の主力大型ロケット 打ち上げ回数 成功率



日本は、大型ロケット打ち上げの成功率では、世界でもトップクラスですが、打ち上げ回数では、主要各国 地域より 1桁少ないのが実情です


国 地域 ロケット名 打上回数 成功回数 成功率
日本 H2A 36 35 97.2 %
H2B 6 6 100 %
H2A + H2B 41 40 97.6 %
アメリカ アトラス 387 340 87.9 %
ファルコン 19 15 78.9 %
ヨーロッバ アリアン 221 210 95.0 %
ロシア プロトン 401 354 88.3 %
中国 長征 201 191 95.0 %

諸外国のデーターは、「 2015年1月21日現在 三菱重工業調べ 」





ロケット打ち上げ ライブ中継 JAXA 種子島ライブカメラ ロケット打ち上げ 見学場所 (参考)




JAXA H2Aロケット 36号機 準天頂衛星 みちびき4号機 打ち上げ ライブ中継

放送内容 放送日/放送時間 視聴ページ 備考
JAXA H2Aロケット 36号機 準天頂衛星 みちびき4号機 打ち上げ ライブ中継 2017/10/10 (火):
開場:29:57
開演:06:00
ニコニコ生放送 ※
ニコニコ生放送 ※
おすすめ
YouTube
YouTube (録画)
タイムラグ有

JAXA|種子島ライブカメラ


JAXA 種子島宇宙センター 内之浦宇宙空間観測所 ロケット打ち上げ 見学場所 一覧



※. 「 ニコニコ生放送 」 で、コメント(メッセージ)表示が不要な方は、表示画面右下の、「コメントを表示しない」アイコンをクリックすると表示されなくなります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ロケット > JAXA H2Aロケット 英インマルサット社 通信衛星 Inmarsat-6 F1 打ち上げ
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


平成29年度 ロケット打上げ計画書
「みちびき4号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)/H-IIAロケット36号機(H-IIA・F36)

みんなのみちびき
ファン!ファン!JAXA!
10/10(火)は、早起きして「みちびき4号機」打ち上げライブ中継を見よう! | ファン!ファン!JAXA!
JAXA 宇宙航空研究開発機構 (プレスリリース)
JAXA デジタルアーカイブス
三菱重工|MHI打上げ輸送サービス H-IIA/H-IIBロケット
三菱重工|MHI打上げ輸送サービス
経済産業省 (Ministry of Economy, Trade and Industry)
種子島観光協会 トップ (ロケット打ち上げ期間 宿泊空室情報)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2017年9月12日

英インマルサット社の「Inmarsat-6」シリーズ初号機打上げ輸送サービスを受注 三菱重工業株式会社 2017年9月12日


 英インマルサット社の「Inmarsat-6」シリーズ初号機打上げ輸送サービスを受注
海外顧客から5件目、2020年にH-IIAロケットで打上げ
 移動体衛星通信サービス大手企業である英国インマルサット社(Inmarsat plc)と三菱重工業は、インマルサット社の第6世代通信衛星「Inmarsat-6」シリーズ初号機(以下、「Inmarsat-6 F1」)の打上げ輸送サービスを三菱重工に委託することで合意し、契約を締結しました。衛星は仏エアバス ディフェンス アンド スペース社が製造中で、2020年にH-IIAロケットで打上げ予定です。三菱重工にとって、海外顧客からの衛星打上げ輸送サービス受注は、今回で5件目となります。
 Inmarsat-6 F1衛星は、Lバンド周波数帯域とKaバンド周波数帯域のペイロードを同時に搭載した世界初の通信衛星です。この衛星は、従来のLバンドサービスにおける通信能力を飛躍的に向上させることで、移動体(携帯電話、船舶や飛行機等)向けの安全かつ低価格な通信に加え、IoT(モノのインターネット)向け機器通信サービスを提供するものです。また、Kaバンドサービスは、2015年から開始した、第5世代通信衛星によるグローバルエクスプレス(Global Xpress)システムをさらに向上させることができます。このKaバンドにより、需要が大きい地域においても高度な通信能力を発揮し、自社のグローバルカバレッジを強化させる計画です。


ページTOP
ページTOP
ページTOP