ホーム > ロケット > JAXA H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機 打ち上げ
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

JAXA H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機 打ち上げ


JAXA H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機 打ち上げ



準天頂衛星 みちびき初号機 を搭載した H-IIAロケット 18号機(H-IIA F18)は、種子島宇宙センター 大型ロケット発射場より、2010年(平成22年)9月11日(土)20時17分00秒(日本標準時)、MHI (三菱重工業株式会社)、および、JAXA (国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)によって正常に打ち上げられました

ロケットは正常に飛行し、打上げ後約28分27秒に「みちびき」を正常に分離した事を確認、打ち上げは成功しました


H2Aロケット25号機 打ち上げ写真

写真は、H2Aロケット25号機
JAXAデジタルアーカイブス

打上げロケット H-IIAロケット 18号機(H-IIA F18)
打上げ日 2010年(平成22年)9月11日(土)
打上げ時刻 20時17分00秒(日本標準時)
打上げ予定時間帯 20時17分~21時16分
(日本標準時)
打上げペイロード 準天頂衛星 みちびき初号機
打上げ時の天候 晴れ
打上げ予備期間 ※ 2010年(平成22年)9月12日(日)~2010年(平成22年)9月30日(木)
打上げ場所 種子島宇宙センター
大型ロケット発射場
打上げ実施 三菱重工業株式会社
宇宙航空研究開発機構


打上げ予備期間の打上げ予定時間帯は、打上げ日毎に設定されます


実況終了しました (参考 本ページにて打ち上げ実況を行う予定です)

H2Aロケット 34号機 準天頂衛星 みちびき2号機 は、2017年(平成29年)6月1日(木) 9時17分46秒 定刻、正常に打ち上げられ、 30分後、予定の軌道に投入され、打ち上げは成功しました

(最新情報を表示する際は 「F5」キー(ファンクションキー)を押す等で、画面を更新して下さい)


JAXA H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機 打ち上げ日時 について


MHI(三菱重工業)は、2010年8月4日、JJAXA H2Aロケット 18号機の打ち上げ日時について、下記発表を行いました

H-IIAロケット18号機による準天頂衛星初号機「みちびき」の打上げについて 三菱重工業株式会社 宇宙航空研究開発機構 平成22年8月4日


 準天頂衛星初号機「みちびき」については、平成22年6月23日発表のとおり、「みちびき」に搭載されている、海外メーカから購入しているリアクションホイールに懸念事項が確認されたため打上げを延期しておりましたが、当該部品の交換作業が終了し、打上げの見通しが得られたことから、H-IIAロケット18号機による「みちびき」の打上げを下記のとおり実施することと致しましたので、お知らせ致します。

打上げ予定日 : 平成22年9月11日(土)
打上げ予定時間帯 : 20時17分~21時16分(日本標準時)
打上げ予備期間 : 平成22年9月12日(日)~平成22年9月30日(木)
※打上げ時間帯は打上げ日毎に設定されます。
打上げ場所 : 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場




JAXA H2Aロケット18号機 主要諸元



JAXA H2Aロケット 18号機 形状 (H2A202型)

JAXA H2Aロケット 18号機 形状 (H2A202型)

JAXA 「平成22年度夏期ロケット打上げ計画書
準天頂衛星初号機「みちびき」/H-ⅡAロケット18号機(H-ⅡA・F18)
」 より



名称 H-ⅡAロケット 18号機 (H2A202型)
全長 53 m
全備質量 287 t (人工衛星の質量は含まず)
誘導方式 慣性誘導方式
第1段 固体ロケット
ブースタ
第2段 衛星
フェアリング
(4S型)
全長 37 m 15 m 11 m 12 m
外径 4.0 m 2.5 m 4.0 m 4.0 m
質量 114 t 151 t  (2本分) 20 t 1.4 t
推進薬質量 101 t 130 t  (2本分) 17 t
推力 1,100 kN 5,003 kN 137 kN
燃焼時間 390 100 530
推進薬種類 液体水素
液体酸素
ポリブタジエン系
コンポジット
固体推進薬
液体水素
液体酸素
推進薬供給方式 ターボポンプ ターボポンプ
比推力 440 s 283.6 s 448 s
姿勢制御方式 ジンバル
補助エンジン
可動ノズル ジンバル
ガスジェット装置
主 要 搭 載
電 子 装 置
誘導制御系機器
テレメータ送信機
誘導制御系機器
レーダトランスポンダ
テレメータ送信機
指令破壊装置

推力、比推力は、真空中 固体ロケットブースタは最大推力で規定





JAXA H2Aロケット 18号機 飛行計画



ロケットは、打上げ後まもなく機体のピッチ面を方位角93度へ向けた後、所定の飛行計画に従って太平洋上を飛行する

固体ロケットブースタを打上げ約1分47秒後(以下、時間は打ち上げ後の経過時間を示す)に、衛星フェアリングを約4分10秒後に分離し、約6分36秒後には第1段主エンジンの燃焼を停止し、約6分44秒後に第1段を分離する


引き続いて、約6分50秒後に第2段エンジン第1回目の燃焼を開始し、約12分32秒後に燃焼を停止し、慣性飛行を続け、約24分34秒後に第2段エンジン第2回目の燃焼を開始し、約27分35秒後に燃焼を停止して、約28分26秒後に近地点高度約250km、遠地点高度約36140km、軌道傾斜角約31.9度の所定の軌道上で「みちびき」を分離する




JAXA H2Aロケット 18号機 飛行シーケンス



ロケットの飛行計画




JAXA H2Aロケット 18号機 飛行経路



ロケットの飛行経路

JAXA 「平成22年度夏期ロケット打上げ計画書 準天頂衛星初号機「みちびき」/H-ⅡAロケット18号機(H-ⅡA・F18)」 より





JAXA H2Aロケット18号機 落下物 落下予想区域 時間



ロケット落下物の落下予想区域

JAXA H2Aロケット34号機 落下物の落下予想区域

JAXA 「平成22年度夏期ロケット打上げ計画書
準天頂衛星初号機「みちびき」/
H-ⅡAロケット18号機(H-ⅡA・F18)
」 より

海面落下時間帯 (打上げ後)
固体ロケットブースタ
約 5~9分後
衛星フェアリング
約11~26分後
第1段
約 14~31分後




準天頂衛星システム 準天頂衛星初号機 みちびき とは 概要



「みちびき」軌道上外観図

「みちびき初号機」(準天頂衛星) 軌道上外観図

JAXA 「平成22年度夏期ロケット打上げ計画書 準天頂衛星初号機「みちびき」/H-ⅡAロケット18号機(H-ⅡA・F18)」 より

準天頂衛星システム(QZSS:Quasi-Zenith Satellite System)は、日本付近で常時天頂付近に1機以上の衛星が見えるように、複数の衛星を配置した日本の衛星測位システムである

ユーザは、米国のGPS(Global Positioning System)と本システムを組み合わせて使うことにより、山間地やビル陰等でも、高度な衛星測位サービスを享受することが可能となる


準天頂衛星初号機(みちびき)は、QZSSを構成する主要システムの1つであり、JAXAが経済産業省との協力のもとに開発している衛星バスシステムに、高精度測位実験システム搭載系(測位ペイロード)をミッション機器として搭載した衛星である


準天頂衛星 みちびき 整備スケジュール

みちびきとは|みちびきについて|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府 」 より



米国のGPS(Global Positioning System)(全地球測位システム)衛星が文字通り、全地球を周回し、全世界をカバーするのに対し、日本版GPS、準天頂衛星は、地球の自転を利用して、日本上空近辺のみを飛行する特異な軌道を持ち、当面運用される 4基の内 3基が常に日本上空付近を飛行することから準天頂衛星と呼ばれます

「準天頂衛星システム」は、米国のGPS衛星と互換性のある位置情報電波を使用、米国GPSのみを利用する際の誤差 約 10メートル、欧州測位衛星 ガリレオの誤差 約 1メートルに対し、米国GPSと「準天頂衛星システム」を組み合わせて使うことにより、山間地やビル陰等でも、高度な衛星測位サービスを享受することが可能(補完機能)となり、また、軌道やクロックの補正情報を送信することにより、さらに高精度な測位を実現(補強機能)、その誤差を最高で数センチに縮めることができると期待されています


自動車の自動走行や無人飛行機の自動飛行をはじめ、無人の除草作業といった農業分野、地震や津波、テロなどの情報を、準天頂衛星 みちびきを経由していち早く伝える防災分野などでの活用を目指しています



準天頂衛星システム 準天頂衛星 みちびき の軌道について



衛星の軌道には、例えば、北極と南極上空を通って、地球を南北に飛行する極軌道があります

南北方向に、24時間で地球を 1周する速度で飛行すると、地球は 24時間で 1回転(自転)していますので、24時間後、衛星は、同一緯度の 24分の360度西の位置、つまり、15度西の位置を通過し、そして、24時間後には、また、同一地点の上空に戻ってくることになります

地球観測衛星等、全世界にわたって、地上の定点観測を行いたい場合等に使われる軌道です


また、よく知られている衛星軌道として、衛星放送(BS放送、CS放送)等でお馴染みの静止軌道があります

赤道上空を東向きに 24時間で地球を 1周する速度で飛行させると、地球の自転速度に同期して、地上からは同じところに留まっている、動いていないように見える ・・・ これが、静止衛星、静止軌道です

この時、その静止衛星の真下、赤道上の地上からは、静止衛星は、正に天頂の 1点に留まっているように見える、完全で理想的な天頂衛星となるのですが、残念ながら、この天頂衛星を実現できるのは、赤道上だけです


静止軌道を南北方向に振動させたものを傾斜静止軌道衛星といい、地上から見ると、衛星は、南北対称の「8の字軌道」を描いて飛行します

JAXA|準天頂軌道とは 」 より

そして、この静止軌道を南北方向に振動させたものを傾斜静止軌道衛星といい、地上から見ると、衛星は、南北対称の「8の字軌道」を描いて飛行しているように見えます


日本の様に、赤道から離れた地域では、天頂衛星は実現できませんので、準天頂衛星システムでは、この傾斜静止軌道「8の字軌道」を変形させ、天頂衛星に近い特性を実現するための特異な軌道、準天頂衛星軌道「非対称の8の字軌道」で衛星を飛行させます


北半球にある日本の上空に遠地点がくるよう、そして、そのちょうど反対側の南半球(オーストラリアのあたり)に近地点がくるよう、楕円軌道で、24時間で地球を 1周する速度で衛星を飛行させると、その衛星を地上から見ると、衛星軌道は北側が小さく、南側の大きな、ひょうたん型の8の字軌道を描いているように見えます


準天頂衛星システム 準天頂衛星 みちびき の軌道 概念図
準天頂衛星システム 準天頂衛星 みちびき の軌道

みちびきの軌道|技術情報|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府 」 より

日本上空では、(実際には、この時衛星は、猛烈なスピードで、地球から遠ざかっている、あるいは、近づいているのですが)、地上から見ると、まるで動いていないかのようにゆっ~~くりと、小さな円を描いて移動します


やがて、衛星は、南の空に飛び去ってしまうのですが、南半球では、地球の近地点を通過するため、実際の衛星の移動距離は短いもので済み、(コーナーの外側より内側の方が、移動距離が短くなり、同じ速度であれば、通過所要時間も短くて済むのと同じで)、短い時間で通り抜けてしまい、程なく、日本の上空に舞い戻ってきて、また、まった~~りと、長時間、日本上空に滞在してくれます

注.日本の真上に滞在できる時間は 7~ 9時間程度、北半球には 約 13時間、南半球には 約 11時間留まります


この軌道を準天頂軌道と呼び、旧郵政省電波研究所(現 情報通信研究機構)の研究者が 1972年(昭和47年)に考案したもので、はからずも、1998年(平成10年)、打ち上げに失敗した通信衛星が予定外の軌道を飛行し始めた際、衛星が日本の真上を通過するとき、東京 丸の内の高層ビル街でも安定して電波を受信できることが実証され、準天頂軌道実用化への道が開かれました



準天頂衛星システム 準天頂衛星 みちびき の東京付近から観測した軌道

みちびきの軌道|技術情報|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府 」 より



準天頂衛星システムを構成する 準天頂衛星 みちびき は、3機が 8時間ごとに順番に現れ、少なくとも 1機以上の衛星が仰角70度以上の「ほぼ」天頂付近に位置し、4機体制の準天頂衛星システムは、この準天頂軌道を周回する 3機の準天頂衛星と、赤道上空の静止軌道に配置する 1機の静止衛星で構成しています



準天頂衛星システム 準天頂衛星初号機(みちびき) 主要諸元



項 目 諸 元
名称 準天頂衛星初号機「みちびき」
目的 ① GPS補完・補強技術の開発及び軌道上実証
準天頂軌道を利用して衛星の幾何学的配置を改善することによる、都市部や山間部における測位可能エリア・時間を増大、GPS 近代化相当の測位信号を送信することによる、測位精度の向上に関する実験を行う 【GPS補完】
また、測位補正情報の送信による高信頼性化に関する実験を行う 【GPS補強】
② 次世代衛星測位システムの基盤技術の開発及び軌道上実験
実験用信号による衛星測位実験や擬似時計技術の研究開発及び軌道上実験を行う
システム構成 ① ミッション機器
・ 高精度測位実験システム搭載系
・ モニタカメラ(CAM)
・ 技術データ取得装置(TEDA)
② バス機器
・ テレメトリ・トラッキング・コマンド系(TT&C)
・ 電源系(EPS)
・ 太陽電池パドル系(SPS)
・ 姿勢・軌道制御系(AOCS)
・ 構体系(STR)
・ 熱制御系(TCS)
・ 推進系(BPS)
・ 計装系(INT)
形状・寸法 2翼式太陽電池パドルを有する箱形
高さ6.2m × 幅3.1m × 奥行2.9m
(太陽電池パドル両翼端間:25.3m)
予定軌道 種類 : 準天頂軌道 軌道長半径 : 約42,000km
離心率 : 約0.1 軌道傾斜角 : 約45度
周期 : 23時間56分
設計寿命 打上げ後10年(バッテリ、太陽電池、推薬:12年)
質量 打上げ時質量 約 4トン
電力 発生電力 5.3kW以上(軌道上10年後)
ミッション機器 高精度測位実験システム搭載系
○ 衛星に搭載されたルビジウム原子時計を原振とし、地上の準天頂衛星追跡管制局から送信される航法メッセージを基に測位信号を生成して、Lバンドアンテナ(L-ANT)から5信号(L1-C/A、L1C、L2C、L5、及びLEX信号)、L1-SAIFアンテナ(LS-ANT)から1信号(L1-SAIF信号)を送信する
また、レーザ反射器(LRA)を有し、国内外のSLR局からのレンジングを実施することで、高精度測位実験システム地上系により推定される軌道推定精度の検証を行う
なお、NICTが担当する基準時刻管理部では、衛星-地上間の時刻比較等を行う
準天頂衛星モニタカメラ(CAM)
○ 太陽電池パドルの展開状況をカラーカメラによりモニタする(1翼につき1台)。また、衛星本体の挙動等を把握するため地球方向をモニタする(1台)
技術データ取得装置(TEDA)
○ 衛星搭載装置の誤動作の評価や不具合時の原因究明に資するデータを取得すると共に取得したデータを将来的には準天頂衛星設計に反映することを観測の目的とする
軽粒子観測装置センサ(LPT-S)、帯電電位センサ(POMS)、磁力計センサ(MAM-S)の3種類のセンサを搭載する



準天頂衛星システム みちびき 測位制度 と 送信信号 との対応 一覧



準天頂衛星システム 「みちびき」のシステムでは、測量誤差が 数cm(センチメータ級)、1m以下(サブメータ級)、従来のGPSと同じ誤差 10m程度と、精度に応じた 3つのサービスが提供され、それぞれ信号の種類が異なりますので、サービスに応じたアンテナやソフトを搭載した機器が必要です

例えば、現在流通しているスマートフォンにも「みちびき」の信号に対応した製品がありますが、精度としては従来のGPSと同じ(誤差 10m程度)で、「センチメータ級」や「サブメータ級」の測位はできません


準天頂衛星システム 「みちびき」の信号に対応した製品としては、現状、「みちびき」の信号に対応したスマートフォンやカーナビ、電波時計などが発売されており、内閣府の準天頂衛星システムウェブサイトにも記載されていますが、これら製品のうち、対応信号が「L6」となっているものがセンチメータ級に、「L1S」となっているものが「サブメータ級」の測位に対応するもので、それ以外の信号は基本的に現在のGPSに相当する精度のみの対応となります

現在、センチメータ級に対応したアンテナを積んだ農業機械や建設機械で、自動運転の試験が行われており、夜間に自動運転で作業させたり、複数台を隊列走行させたりといった試験が行われています


数 cm 単位という高精度の位置測位によって、カーナビであれば、走行中の車線まで把握できたり、位置情報をクルマどうしで交換し合うことで自動運転も可能になったり、建設機械であれば、ブルドーザーを cm 単位で制御したりといったこともできるようになり、また、横断歩道や階段の位置など道路の詳細な情報も把握でき、スマートフォンなどを利用した歩行ナビゲーションに反映できるということです


信号
名称
初号機 2~4号機 配信サービス 中心
周波数
ブロックIQ ブロックIIQ ブロックIIG
準天頂軌道 静止軌道
1 機 2 機 1 機
L1C/A 衛星測位サービス 1575.42 MHz
L1C 衛星測位サービス
L1S サブメータ級
測位補強サービス
災害・危機管理通報
サービス
L1Sb - -
2020年頃から配信予定
SBAS配信サービス
L2C 衛星測位サービス 1227.60 MHz
L5 衛星測位サービス 1176.45 MHz
L5S - 測位技術実証サービス
L6 センチメータ級
測位補強サービス
1278.75 MHz
Sバンド - - 衛星安否確認サービス 2 GHz帯




JAXA H2Aロケット 打ち上げ基準



JAXAでは、全長 53メートル、重さ 286トンの H2Aロケットを安全、確実に打ち上げる為、打ち上げ基準が設定されています

従来の基準では、氷結層雲について、その厚さ 1.8km以内のみで判断していましたが、今回の打ち上げから、氷結層雲に関する基準が改められ、今後は、厚さ1.8km以上でも、レーダーで雲の内部状態を測定、反射強度が規定以下であれば、打ち上げ可能となります

これまで、H2Aロケットの打ち上げでは、氷結層雲による打ち上げ延期が 8機で発生していましたが、新基準で評価すると、その半分は打ち上げが可能なケースだったとのことで、今後は、打ち上げ延期の減少が期待され、コストダウンにも繋がります

2016年(平成28年)2月12日(金)に予定していた、H2Aロケット 30号機 の打ち上げでは、「射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲(別紙参照)の発生が予想されること、および打上げ作業に支障のある強風が予想されることから、2016年(平成28年)2月17日(水)に、打上げ」が延期されました


打ち上げ基準
氷結層雲の厚さ 1.8km以内 ただし、厚さ1.8km以上でも、レーダーで雲の内部状態を測定、反射強度が規定以下であれば、打ち上げ可能 (H2Aロケット 30号機 打ち上げ時から適用)
風速 (最大瞬間風速) 20.9m/s



JAXA 打上げ天候制約 (氷結層を含む雲) について

JAXA H-IIAロケット27号機による情報収集衛星 レーダ予備機の打上げ中止について 三菱重工業株式会社 宇宙航空研究開発機構 2015年1月29日 02:00」 より


氷結層とは、雲の中で温度が0度から-20度になっている部分のことで、雲の中に氷の粒の層があるような状態になっています

氷結層雲等、H2Aロケット打ち上げの制約についての詳細は、「JAXA H2Aロケット とは 特徴 性能 制約 高度化計画」をご参照下さい





H2Aロケット H2Bロケット 打ち上げ回数 成功率



H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機の打ち上げにより、H2Aとしての打ち上げ成功回数は、18機打ち上げ中、17機の成功で、成功率は 94.4 %、同じエンジン (LE-7A ※) を使用している「H2B」を合わせた成功回数は、19機打ち上げ中、18機の成功となり、成功率は 94.7 % となりました

国際的な信頼性の基準は 95 % とされています



※ LE-7A
LE-7Aは、H-IIロケット第一段に使われていたLE-7エンジンの改良型で、宇宙開発事業団(現JAXA)が、三菱重工業、石川島播磨重工業と共に開発した液体燃料ロケットエンジンで、H-IIAロケットの第一段に1基、H-IIBロケットの第一段には2基使用されています

H2A と H2Bは、三菱重工業が製造、H2A 13号機からは打ち上げ業務も、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から三菱重工業(MHI )に移管されています



H2A H2B ロケット および 世界の主力大型ロケット 打ち上げ回数 成功率



日本は、大型ロケット打ち上げの成功率では、世界でもトップクラスですが、打ち上げ回数では、主要各国 地域より 1桁少ないのが実情です


国 地域 ロケット名 打上回数 成功回数 成功率
日本 H2A 18 17 94.4 %
H2B 1 1 100 %
H2A + H2B 19 18 94.7 %
アメリカ アトラス 387 340 87.9 %
ファルコン 19 15 78.9 %
ヨーロッバ アリアン 221 210 95.0 %
ロシア プロトン 401 354 88.3 %
中国 長征 201 191 95.0 %

諸外国のデーターは、「 2015年1月21日現在 三菱重工業調べ 」





打ち上げ ライブ中継 / JAXA 種子島ライブカメラ




JAXA H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機の打ち上げ ライブ中継

放送内容 放送日/放送時間 視聴ページ 備考
JAXA H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機の打ち上げ ニコニコ生放送 ※ おすすめ
YouTube タイムラグ有

JAXA|種子島ライブカメラ



※. 「 ニコニコ生放送 」 で、コメント(メッセージ)表示が不要な方は、表示画面右下の、「コメントを表示しない」アイコンをクリックすると表示されなくなります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ロケット > JAXA H2Aロケット 18号機 準天頂衛星 みちびき初号機 打ち上げ
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


平成22年度夏期ロケット打上げ計画書 準天頂衛星初号機「みちびき」/H-ⅡAロケット18号機(H-ⅡA・F18)
みちびきの軌道|技術情報|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府
みんなのみちびき - 準天頂衛星システムサービス株式会社
JAXA|準天頂軌道とは
JAXA 宇宙航空研究開発機構 (プレスリリース)
JAXA サイトポリシー 利用規約 (商用利用不可)
JAXA デジタルアーカイブス
JAXA デジタルアーカイブス 素材のご使用条件 (個人利用可)
三菱重工 MHI打上げ輸送サービス
三菱重工 サイトのご利用条件 (著作権法準拠)
経済産業省 (Ministry of Economy, Trade and Industry)
経済産業省 利用規約 (商用利用可)
種子島観光協会 トップ (ロケット打ち上げ期間 宿泊空室情報)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2010年9月11日

H-IIAロケット18号機による準天頂衛星初号機「みちびき」の打上げ結果について 三菱重工業株式会社 宇宙航空研究開発機構 平成22年9月11日


 三菱重工業株式会社および宇宙航空研究開発機構は、平成22年9月11日 20時17分00秒(日本標準時)に、種子島宇宙センターから準天頂衛星初号機「みちびき」を搭載したH-IIAロケット18号機(H-IIA・F18) を打ち上げました。
 ロケットは正常に飛行し、打上げ後約28分27秒に「みちびき」を分離した事を確認しました。
 今回のH-IIA・F18打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。
 なお、ロケット打上げ時の天候は晴れ、西南西の風(3.7m/s)、気温26.0℃ でした。


2010年8月4日

H-IIAロケット18号機による準天頂衛星初号機「みちびき」の打上げについて 三菱重工業株式会社 宇宙航空研究開発機構 平成22年8月4日


 準天頂衛星初号機「みちびき」については、平成22年6月23日発表のとおり、「みちびき」に搭載されている、海外メーカから購入しているリアクションホイールに懸念事項が確認されたため打上げを延期しておりましたが、当該部品の交換作業が終了し、打上げの見通しが得られたことから、H-IIAロケット18号機による「みちびき」の打上げを下記のとおり実施することと致しましたので、お知らせ致します。

打上げ予定日 : 平成22年9月11日(土)
打上げ予定時間帯 : 20時17分~21時16分(日本標準時)
打上げ予備期間 : 平成22年9月12日(日)~平成22年9月30日(木)
※打上げ時間帯は打上げ日毎に設定されます。
打上げ場所 : 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場


2010年6月9日

H-IIAロケット18号機による準天頂衛星初号機「みちびき」の打上げ計画概要 宇宙航空研究開発機構 平成22年6月9日


本日開催された宇宙開発委員会において、下記のとおり報告をいたしました。
H-IIAロケット18号機による準天頂衛星初号機「みちびき」の打上げ計画概要(PDF:310KB)
平成22年度夏期ロケット打上げ計画書(PDF:691KB)


ページTOP
ページTOP
ページTOP