ホーム >  > MSJ > 三菱スペースジェット 飛行試験機 11機体制 役割分担
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

三菱スペースジェット 飛行試験機 11機体制 役割分担


三菱スペースジェット 飛行試験機 11機体制 役割分担



三菱航空機では、かねてより、TC(型式証明)取得に向けた米国モーゼスレイクでの飛行試験に、2017年の設計変更に対応した飛行試験機を追加投入する予定でしたが、この追加分を従来の 2機から 3機へと増やし、試験実施体制の強化を図ることになりました

まずは飛行試験機 10号機を 2019年秋には日本での飛行試験後、米国モーゼスレイクでの飛行試験に加える予定になっていますが、その後、7号機と 11号機も追加する計画で、従来の 1~4号機に加えて、米国モーゼスレイクでの飛行試験は、最大 7機体制となる見通しです


米国モーゼスレイク グラントカウンティ国際空港 に集結した MRJ 飛行試験機 MRJ 1号機(JA21MJ) 2号機(JA22MJ) 3号機(JA23MJ) 4号機(JA24MJ) 三菱航空機提供

米国モーゼスレイク グラントカウンティ国際空港 に集結した MRJ 飛行試験機 MRJ 1号機(JA21MJ) 2号機(JA22MJ) 3号機(JA23MJ) 4号機(JA24MJ) 三菱航空機提供



三菱スペースジェット 飛行試験機 11機体制 役割分担


「~号機」の数字は製造開始の順番で、登録記号は国土交通省に登録された順番を示しています
なお、1号機の前に機体構造試験機(静強度試験用)、同(疲労強度試験用)の2機が製造されています
顧客に納入する量産初号機は2019年8月1日時点で未定(顧客と調整中)


目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム >  > MSJ > 三菱スペースジェット 飛行試験機 11機体制 役割分担
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


三菱航空機 MRJ 特設サイト
リージョナルジェット - Wikipedia
MRJ - Wikipedia

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2018年6月18日

三菱スペースジェット、70席級M100は23年投入目指す Aviation Wire 2019年6月18日 06:29


 三菱航空機は現地時間6月17日、同日開幕したパリ航空ショーで、「MRJ(三菱リージョナルジェット)」から改称した「三菱スペースジェット(Mitsubishi SpaceJet)」の報道関係者向け説明会を開いた。従来「MRJ90」と呼んでいた「SpaceJet M90」の量産機納入開始は、これまで通り2020年中ごろを維持。M90をベースに新設計する70席クラスの「SpaceJet M100」の市場投入は、2023年を目指す。
 M100は米国市場に最適化した機体サイズで、座席数は3クラス65-76席、最大1クラス88席まで設定できる。M100は、北米市場に存在する「スコープ・クローズ」と呼ばれるリージョナル機の座席数や最大離陸重量を制限する労使協定に準拠した仕様にした。
 現在は機体の設計方針を固める「コンセプトスタディ」を進めており、ローンチが決定した場合、今年後半の発表を計画している。
 三菱航空機では、今後燃油価格が上昇するとして、既存機の置き換え需要に対し、低燃費・低騒音を売りとするスペースジェットに商機があるとみている。客室は1列2-2席のシート配列で、M100はクラス最大のオーバーヘッドビン(手荷物収納棚)を設け、機内インターネット接続にも対応できるようにする。


ページTOP
ページTOP
ページTOP