ホーム > ロケット > 見学 > 長谷公園 南種子町公式 ロケット打ち上げ 見学場
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

長谷公園 南種子町公式 ロケット打ち上げ 見学場


長谷公園 南種子町公式 ロケット打ち上げ 見学場



南種子町公式打ち上げ見学場

南種子町公式打ち上げ見学場
おじゃりもうせ種子島~南種子町公式打ち上げ見学場編 | ファン!ファン!JAXA! 」 より

項目 評価 概要
射点からの距離 ☆☆ 比較的きれいに見えます
交通手段の便利さ ☆☆ 駐車場も多く、徒歩でも上中から40分ぐらいです
公共のバスもあります
会場の混雑状況 ☆☆ 一番多く見学者が集まります
実況放送
ライブ中継
実況放送、ライブ中継ともに放送されます


かなり広さがあり、駐車場のキャパシティも、南種子町公式 ロケット打ち上げの中で 500台と最も多く、また、敷地が前下がりになっていますので、後方でも良く見えます

射点までの距離は 6kmほどありますが、心臓に響くような大音量が楽しめる定番スポットです



敷地は射場に向けて前傾になっている
前の方から見た風景。中央に射点がある
一番前のスペースから後方を振り返ったところ
ここには階段とスロープも整備されていた
左側から第1射点を見たところ(焦点距離938mm)
長谷公園で右側から第1射点をみると、機体がかなり隠れてしまう (焦点距離938mm)
第2射点は、大型ロケット組立棟(VAB)の建物より右側になり、隠れていないので大丈夫
見えている建物の説明があって分かりやすい
敷地は射場に向けて前傾になっている














前の方から見た風景
中央に射点がある














一番前のスペースから後方を振り返ったところ













ここには階段とスロープも整備されていた














左側から第1射点を見たところ(焦点距離938mm)

H-IIAを打ち上げる第1射点の場合、機体の一部が大型ロケット組立棟(VAB)の建物で隠されてしまう

場所によって隠れ具合は違うので、長谷公園で見る場合には、なるべく左側にした方が良い



長谷公園で右側から第1射点をみると、機体がかなり隠れてしまう (焦点距離938mm)













第2射点は、大型ロケット組立棟(VAB)の建物より右側になり、隠れていないので大丈夫













見えている建物の説明があって分かりやすい
はやぶさ2打ち上げ - ロケット見学ガイド、打ち上げはここで見られるぞ! マイナビニュース 2014/11/30 」 より編集



「おじゃりもうせ種子島~南種子町公式打ち上げ見学場編 | ファン!ファン!JAXA!」での紹介


打ち上げの盛り上がりを一番感じられる見学場です。見学者全員でカウントダウンをします。射点までの距離が遠いので打ち上げの瞬間をしっかり見ることはできませんが、障害物がないので打ち上がってしまえばロケットとたなびく煙がキレイに見えます。


広々した公園です 遠くに射場 障害物がないので、ロケットロードがよく見えるでしょう
広々した公園です 遠くに射場
障害物がないので、ロケットロードがよく見えるでしょう

マニアック情報:射点からの距離はありますが、H-IIBロケットのメインエンジン点火が見えるのはたぶんここだけ。クラスター化されたLE-7Aエンジンの威力を見てみよう!




見学場所地図(南種子町標示石マップ)(南種子町)





目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ロケット > 見学 > 長谷公園 南種子町公式 ロケット打ち上げ 見学場
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


おじゃりもうせ種子島~南種子町公式打ち上げ見学場編 | ファン!ファン!JAXA!
JAXA 宇宙航空研究開発機構 (プレスリリース)
JAXA サイトポリシー 利用規約 (商用利用不可)
JAXA デジタルアーカイブス
JAXA デジタルアーカイブス 素材のご使用条件 (個人利用可)
三菱重工 MHI打上げ輸送サービス
三菱重工 サイトのご利用条件 (著作権法準拠)
経済産業省 (Ministry of Economy, Trade and Industry)
経済産業省 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2014年11月30日

はやぶさ2打ち上げ - ロケット見学ガイド、打ち上げはここで見られるぞ! マイナビニュース 2014/11/30


 小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げが12月1日に決まった。平日になってしまったのはやや残念であるものの、延期が1日だけで済んで、引き続き現地に滞在している人も多いだろう。
 種子島ではどこでもロケットの打ち上げを見ることができるが、条件が良い場所となると、何カ所かに限られる。中でもオススメは「公式」の見学所である。この4カ所ではカウントダウンの音声も聞くことができて、みんなで盛り上がるには最適だ。ここで簡単に紹介するので、選択の際の参考にして欲しい。
 長谷公園
 まず定番と言えるのは「長谷公園」だ。かなり広さがあり、駐車場のキャパシティも500台と最も多い。敷地が劇場のように前下がりになっているため、後方でも良く見えるのが嬉しいところだ。射点までの距離は6kmほどあるものの、心臓に響くような大音量が楽しめるのは現地ならではだ。ぜひ肉眼で見て、打ち上げのナマの迫力を体感して欲しい。
 1つだけ残念なのは、H-IIAを打ち上げる第1射点の場合、機体の一部が大型ロケット組立棟(VAB)の建物で隠されてしまうことだ。場所によって隠れ具合は違うので、長谷公園で見る場合には、なるべく左側にした方が良いだろう。なおH-IIBの第2射点の場合、隠れることはないので、どこから見ても大丈夫だ。


ページTOP
ページTOP
ページTOP