ホーム > IT > Chrome > Google Chrome 広告を消す (広告を非表示にする) 「 Adblock Plus 」
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

Google Chrome 広告を消す (広告を非表示にする) 「 Adblock Plus 」


Google Chrome 広告を消す (広告を非表示にする) 「 Adblock Plus 」 とは



「 Adblock Plus 」は、目障りなweb広告を消してくれる(非表示にする)、Google Chrome 拡張機能(アドオンソフト)です

「 Adblock Plus 」は、Google Chrome はじめ、Safari、Internet Explorer(IE)、Microsoft Edge、Firefox、Opera, Android他、多数の主要ブラウザに対応しています


Adblock Plus for Google Chrome は、 バナー広告、YouTube ビデオ広告、Facebook 広告、ポップアップ、その他目障りな広告全てをブロックできます

「 Adblock Plus 」は、コミュニティ主導のオープンソースプロジェクトで、広告が自動的にブロックされるようボランティアによって維持されています


「 Adblock Plus 」は、ブラウザで Webページを表示する際、全コンテンツをフィルタリスト(デフォルトは「EasyList」、追加 ・ 変更可能)と突合チェックし、リストに載っているもの(広告)を非表示設定にするという手順を踏みますので、原理的にその分 Webページの表示が遅くなります

また、単純に非表示にするだけなので、ページ内が穴ぼこだらけになって、かえってページが見づらくなることがあります

ただし、広告の表示によって遅くなっているページについては、広告の表示時間を節約できますので、その分、ページの表示は速くなることが期待できます


指定したページ(ドメイン)で 「 Adblock Plus 」を無効にする(広告を表示する)設定ができますが、広告を表示する為にいちいち設定するのは面倒です

通常(デフォルト)は無効になっていて、広告の為に見づらくなっている、あるいは表示が遅くなっているページ(ドメイン)でのみ有効にできるような設定ができれば良いのですが、現状、そのような設定項目は見当たりませんので、実用性には難有りといった感じです


また、「Google AdSense」等を利用されている方は、「 Adblock Plus 」 自体を Google Chrome 「拡張機能」設定画面で無効にしておかないと、「Google Publisher Toolbar」が利用できなくなりますので、注意が必要です




Google Chrome 邪魔なweb広告を消す 「 Adblock Plus 」 インストール方法 使い方



Google Chrome 画面右肩にある 「≡」 (三本線)アイコンをクリックして表示されるメニューの下の方にある「その他のツール」 → 「拡張機能」 をクリックします




Google Chrome 画面右肩にある 「≡」 (三本線)アイコンをクリックして表示されるメニュー下の方にある「その他のツール」 → 「拡張機能」 をクリックします


※. Google Chrome には、IE や Firefox のようなメニューバーがありませんので、ブラウザ設定等の操作は、全て、この 「三本線」 アイコンから行います


画面下の方にある 「他の拡張機能を見る」 をクリックします




画面下の方にある 「他の拡張機能を見る」 をクリックします
左サイドバー上の方にある 「ストアを検索」 に、「 Clear Cache 」 と入力します




左サイドバー上の方にある 「ストアを検索」 に、「 Adblock Plus 」 と入力し、「 Enter」 キーを押下します
いくつか候補が表示されますので、「 Adblock Plus 」 行にある 「+ CHROME に追加」 をクリックします




いくつか候補が表示されますので、「 Adblock Plus 」 行にある 「+ CHROME に追加」 をクリックします
「拡張機能を追加」 をクリックします




「拡張機能を追加」 をクリックします
Google Chrome 画面右肩の 「≡」 (三本線)アイコンの隣に、「 Adblock Plus 」 のアイコンが追加されます




Google Chrome 画面右肩の 「≡」 (三本線)アイコンの隣に、「 Adblock Plus 」 のアイコンが追加されます
左記の様なタブが開きますが、そのまま、タブ右肩の「×」をクリックして閉じます




左記の様なタブが開きますが、そのまま、タブ右肩の「×」をクリックして閉じます
「 Adblock Plus 」 のアイコンの右クリックメニューから「オプション」をクリックすると、「 Adblock Plus 」 設定画面が表示されます




「 Adblock Plus 」 のアイコンの右クリックメニューから「オプション」をクリックすると、「 Adblock Plus 」 設定画面が表示されます

お好みで設定を変更できますが、通常はこのまま(デフォルトのまま)で問題ないかと思います

「このサイトで有効」をクリックすると、「無効」に変更できます(広告が表示されるようになります)




広告を表示するようにしたいページ(サイトドメイン)で、「 Adblock Plus 」 のアイコンを左クリックします

「このサイトで有効」をクリックすると、「無効」に変更できます(広告が表示されるようになります)

同様、「無効」になっている場合、クリックして「有効」に変更できます
「無効」にしたページ(サイトドメイン)は、「 Adblock Plus 」 「オプション」(設定画面)の「ホワイトリスト設定されたドメイン」に自動的に追加されます




「無効」にしたページ(サイトドメイン)は、「 Adblock Plus 」 「オプション」(設定画面)の「ホワイトリスト設定されたドメイン」に自動的に追加されます
「Google AdSense」等を利用されている方は、「 Adblock Plus 」 自体を Google Chrome 「その他のツール」 → 「拡張機能」設定画面で無効(有効のチェックをはずす)にしておかないと、「Google Publisher Toolbar」が利用できませんので、注意が必要です

「Google AdSense」等を利用されている方は、「 Adblock Plus 」 自体を Google Chrome 「その他のツール」 → 「拡張機能」設定画面で無効(有効のチェックをはずす)にしておかないと、「Google Publisher Toolbar」が利用できませんので、注意が必要です
(Google Chrome 「拡張機能」設定画面で無効(有効のチェックをはずす)にしておく)

(Google Chrome 「拡張機能」設定画面で無効(有効のチェックをはずす)にしておく)
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > Chrome > Google Chrome 広告を消す (広告を非表示にする) 「 Adblock Plus 」
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


Google chrome のweb広告を非表示。「Adblock Plus」導入と使い方まとめ。 - ここだけの話。
Web広告を消す『Adblock Plus』の使い方とは?日本向けフィルタまとめ | xtreeem[エクストリーム]

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP