ホーム > ASP > AdSense > アドセンス 広告の設定 リンク ユニット
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

アドセンス 広告の設定 リンク ユニット


グーグルアドセンス 広告の設定 リンク ユニット



グーグルアドセンス ( Google AdSense )で、リンクユニットを作成する際は、下記からグーグルアドセンス ( Google AdSense )管理画面にログインします


   Google AdSense



グーグルアドセンス 広告の設定 リンクユニットの作り方



ページ上端のメニューバーから、「広告の設定」をクリックすると、「広告ユニット」の追加作成、変更、コードの取得等が行える画面になりますので、「広告ユニット」作成時と同様に、「新しい広告ユニット」をクリックします




ページ上端のメニューバーから、「広告の設定」をクリックすると、「広告ユニット」の追加作成、変更、コードの取得等が行える画面になります

「広告ユニット」作成時と同様に、「新しい広告ユニット」をクリックします
「テキスト広告とディスプレイ公広告」の「選択」をクリックします




「テキスト広告とディスプレイ公広告」の「選択」をクリックします
「リンクユニット」の作成は、分かり辛いのですが、「広告サイズ」のところ、デフォルトで「推奨」と表示されているところをクリックします




「広告ユニット」作成画面になりますので、「広告ユニット」作成時と同様に、「名前」を入力します

「広告サイズ」の「表示中」の右にあるデフォルトで「推奨」と表示されているところをクリックします
ここでようやく、「リンク広告」(リンクユニット)の文字が表示されますので、「リンク広告」を選択します




ここでようやく、「リンク広告」(リンクユニット)の文字が表示されますので、「リンク広告」を選択します
「広告タイプ」が「リンク広告のみ」に変わります



「広告タイプ」が「リンク広告のみ」に変わります

表示サイズはお好みでいいのですが、デフォルトの「レスポンシブリンク」を選択しておきますと、タグを貼った場所の大きさに応じて、自動的にサイズ調整されますので便利です

ただし、リンクユニットの場合、作成後、名前や色などは変更できますが、サイズの変更はできませんので、注意が必要です

また、削除もできませんので、別途、新たに作成して、使い分けるしかありません




固定サイズ 728 x 15 横長(大) 468 x 15 横長(中) 200 x 90 縦長(特大) 180 x 90 縦長(大)

固定サイズ 160 x 90 縦長(中) 120 x 90 縦長(小)




サイズを固定したい場合

サイズ 項目数
728 x 15 横長(大) 4
468 x 15 横長(中) 4
200 x 90 縦長(特大) 3
180 x 90 縦長(大) 3
160 x 90 縦長(中) 3
120 x 90 縦長(小) 3

から選択します

「代理広告」は、デフォルトが、「空白スペースを表示になっています




「代理広告」は、デフォルトが、「空白スペースを表示になっています

タグを貼り付けたページに対して適切なリンクユニットが無い場合、何も表示されません
サイトのトップページ等他のページのURLを設定しておきますと、そのURL用のリンクユニットを代わりに表示してくれます




せっかくの広告表示枠なのに空白はもったいないので、別の広告( Google AdSense 以外)で、サイズの合う広告がありましたら、そのURLを設定しておきましょう

タグを貼り付けたページに対して適切なリンクユニットが無い場合、設定した別の広告を表示してくれます

その他、お好みで設定して(おすすめはデフォルトです)、「保存してコードを取得」をクリックします




その他、お好みで設定して(おすすめはデフォルトです)、「保存してコードを取得」をクリックします

「リンクユニット」作成完了です




「リンクユニット」作成完了です


このダイアログは、「「広告の設定」」画面の「コードを取得」から呼び出せます

「概要」のところが、通常の広告ユニットが、「テキスト/イメージ、レスポンシブ」なのに対し、「リンクユニット」では、「広告リンク、レスポンシブとなっています




「概要」のところが、通常の広告ユニットが、「テキスト/イメージ、レスポンシブ」なのに対し、「リンクユニット」では、「広告リンク、レスポンシブとなっています

設定内容を変更する際は、「リンクユニット」行の「名前」をクリックすれば、設定画面になります

「 Google Chrome 」で、設定画面が出ない場合、「 Firefox 」を使用すると、設定画面が出ます


リンクユニット - AdSense ヘルプ


リンクユニットには、ページのコンテンツに関連するトピックのリストが表示されます

リンクユニットには、ページのコンテンツに関連するトピックのリストが表示されます。

リンクユニットのトピックには、ユーザーの関心と関連性の高いものが選ばれます
ユーザーは関心のある広告ユニットのトピックをクリックするため、クリックした後に表示される広告にはさらに強い関心を持ってもらえる可能性があります

AdSense サイト運営者様には、リンクユニットのトピックからリンクされている広告がクリックされた場合に料金が支払われ、トピックに対するクリックにはお支払いはありません。リンクされているページの広告は、通常の AdSense 広告ユニットに掲載される広告と同様に、クリックごとにお支払いが発生するクリック課金型です

リンクユニット - AdSense ヘルプ」より




レスポンシブ リンクユニット ※


レスポンシブ リンクユニットはページのレイアウトに合わせてサイズが自動的に調整されるため、さまざまなタイプの端末(PC、携帯電話、タブレットなど)に対応できます。レスポンシブ デザインで作成されたサイトに最適ですが、レスポンシブ デザインに対応していないサイトでもご利用いただけます。サイトにアクセスしたユーザーがどの端末を使っていても、適切に広告を表示することができます

リンクユニット - AdSense ヘルプ」より




リンクユニットの例 - AdSense ヘルプ


リンクユニットには、ページのコンテンツに関連するトピックのリストが表示されます。リンク ユニットの例を次に示します。

横長タイプ 縦長タイプ
(728×15)4 件のリンクを表示 (フルサイズで表示
(468×15)4 件のリンクを表示 (フルサイズで表示
(200×90)3 件のリンクを表示
(180×90)3 件のリンクを表示
(160×90)3 件のリンクを表示
(120×90)3 件のリンクを表示

リンクユニットの例 - AdSense ヘルプ」より




リンクユニットの作成 - AdSense ヘルプ


AdSense アカウント内で管理できる新しいリンクユニットを作成する手順は次のとおりです

1. AdSense アカウントにログインします
2. [広告の設定] タブをクリックします
3. サイドバーの [コンテンツ] を選択します
4. [新しい広告ユニット] をクリックします
5. リンクユニットに名前を付けます ( 後でこのリンクユニットを識別できるように、わかりやすい一意の名前を入力します )

6. [広告サイズ] セクションで、[リンク広告] カテゴリを選択し、サイトに表示するリンクユニットのサイズを選択します

ページ レイアウトに合わせてサイズが自動的に調整されるリンクユニットを作成する場合は、[レスポンシブ リンク]※ を選択します([広告サイズ] セクションの [レスポンシブ] カテゴリの [レスポンシブ リンク] を選択しても構いません)

7. ( オプション ) リンクユニットにテキスト広告のスタイルを適用します

広告スタイルでは、サイトに表示されるリンクユニットの見た目をカスタマイズできます。詳しくは、適切な広告スタイルの選び方の説明をご覧ください
テキスト広告スタイルを適用するには、[テキスト広告のスタイル] セクションで次のいずれかを行います

・   既存の広告スタイルを選択: 既製の広告スタイルについて確認しましょう
・   既存の広告スタイルを編集: 編集する広告スタイルを選択して [コピーして編集] をクリックし、色やフォントの設定を変更して [保存] をクリックします。編集したスタイルは、新しいカスタム広告スタイルとして保存されます
または
・   独自のカスタム広告スタイルを作成: [新しいスタイルを作成] をクリックし、色やフォントを指定して [保存] をクリックします

8. ( オプション ) リンクユニットをトラッキングするカスタム チャネルを設定します

カスタム チャネルは、特定のリンクユニットをグループ化して掲載結果をトラッキングできる高度な機能です。詳しくは、カスタム チャネルをご覧ください。カスタム チャネルを追加してリンクユニットをトラッキングするには、[カスタム チャネル] セクションで次のいずれかを行います

・   [含まれている] をクリックして、リストから既存のカスタム チャネルを選択します
または
・   新規カスタム チャネルを作成] をクリックして、表示された [新しいカスタム チャネルを追加] ウィンドウで次の手順に従います

a.  カスタム チャネルに名前を付けます。トラッキングするリンクユニットのタイプがわかるような名前にすると、後で識別が容易になります。たとえば、car_pages や blue_skyscrapers のような名前にします
b.  [追加] をクリックして、このチャネルでトラッキングするリンクユニットを追加します
c.  [保存] をクリックします

9. [代替広告]※ メニューで、ターゲティングに合うリンクユニットのトピックが見つからない場合にページ上で実行する処理を選択します

10. [保存してコードを取得] をクリックします

11. 広告コードをコピーして、リンクユニットのトピックを表示するページの HTML ソースコードに貼り付けます。コードの貼り付けの詳細については、コード導入ガイドをご覧ください
ウェブサイトを保存して数分以内に、リンクユニットのトピックが表示されるようになります

このリンクユニットの設定を後から変更する必要が生じた場合は、[広告の設定] タブの広告ユニットのリストから編集できます

リンクユニットの作成 - AdSense ヘルプ」より




代替広告 - AdSense ヘルプ ※


ページと関連性の高い広告※がない場合、何も設定していなければ広告が表示されるスペースは空白になりますが、代替広告を設定して、色や画像、HTML ページ、広告サーバーの広告を表示することもできます。代替広告を設定すると、広告スペースを常に有効活用できます

[広告の設定] タブで広告ユニットの作成や編集行う際、次のいずれかを代替広告として指定することができます

・ 色: 代替広告の色をページの背景色に合わせると、広告ブロックを見えなくすることができます。広告ユニットの設定をカスタマイズする際に、[代替広告] セクションで [広告スペースを無地一色で塗りつぶす] をクリックし、16 進数でカラー コードを入力するか、ツールで色を選択します

・ 画像: 代替広告として静止画像を使用できます。[代替広告] セクションで [他の URL の広告を表示] を選択して、画像の URL をテキスト ボックスに入力します。URL は https:// から始め、画像のファイル名までを含めてください
例: https://www.google.com/logos/Logo_60wht.gif

作成する画像のサイズは、その画像を表示する広告フォーマットと同じサイズにします。画像が広告フォーマットより大きい場合、右端と下部は表示されません。たとえば 240×120 の広告フォーマットに表示する代替画像を作成する場合は、画像のサイズも 240×120 ピクセルにします

・ HTML ページ: 代替広告としてクリック可能な画像を表示する場合に便利です。HTML ページには、画像を読み込んでリンク先に移動させるために必要な情報を含めます


詳細な手順を表示


代替広告として HTML ページを使用すると、クリック可能なイメージ広告を簡単に作成できます。画像の読み込みに必要な情報とリンク コードを含む HTML ページのパスを指定します

HTML ページを代替広告として設定する際の手順は、次の 2 つのステップに分かれています


1.HTML ページの作成


希望する画像を読み込み、ハイパーリンク コードを含む簡単な HTML ページを作成します。このコードを正しく作成するポイントは次のとおりです

・ 絶対 URL を使用する : HTML ページのコードでは絶対 URL を使用することをおすすめします。絶対 URL とは、完全なパスを含む URL のことです。絶対 URL を使用すれば、サイトのどのページにコードを挿入してもエラーが発生しません

・ target="_top" を使用する : このコードにより、クリック可能な画像のリンク先ページを読み込む際に使用するウィンドウをブラウザに指示します。このタグをコードに挿入しないと(挿入場所は後述)、ブラウザは広告フォーマットの中にリンク先ページを表示しようとします

HTML ページのサンプルを次に示します。絶対 URL と target="_top" タグをご確認ください

HTML ページのサンプル


2.HTML ページを代替広告として指定


HTML ページを作成して保存したら、サーバーにアップロードします。インターネットでアクセスできる場所であれば、オンライン上のどこからでもこのページをホストできます

[代替広告] テキスト ボックスに、保存した HTML ページの絶対パスを入力します。次に例を示します
https://www.example.com/docs/alternatead.html

なお、代替広告として Google 広告を指定することはできません


※.広告主がウェブサイトに広告を掲載する方法で、コンテンツ ターゲット(キーワード ベース)、プレースメント ターゲット(サイトの URL ベース)、ユーザー ターゲット(特定のユーザーをターゲットとする Cookie ID ベース)などの方法があります。

代替広告 - AdSense ヘルプ」より





Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時について


Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時は、Google アメリカ本社のある「アメリカ合衆国 カリフォルニア州 マウンテンビューアンフィシアターパークウェイ1600番」の時間である「ロサンゼルス時間」(タイムゾーンの名称 「アメリカ合衆国 太平洋時間」)になっています
日本との時差は、「-16」で、日本の方が、16時間進んでいます (日本で日付が変わっても、現地で日付が変わるのは 16 時間後です)

日本時間に置き換えたい時は、Google Search Console で表示される日時に、16 時間足すことにより求められます
例えば、、Google Search Consoleでの表示時間、「2014.4.27 0:00」 は、日本時間、「2014.4.27 16:00」のことになります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ASP > AdSense > アドセンス 広告の設定 リンク ユニット
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


最も収益性が高いアドセンス広告は皆が使わないアレ! | iscle [イズクル]

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP