ホーム > IT > Outlook データ ファイル (.pst .ost) の修復方法
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

Outlook データ ファイル (.pst .ost) の修復方法


Outlook データ ファイル (.pst .ost) の修復方法



Microsoft Outlook データ ファイル (.pst および .ost) が開かない場合やファイルの破損が疑われる場合、受信トレイ修復ツール (SCANPST.EXE) を使用して、Outlook データ ファイルが良好な状態かどうか、エラーの診断と修復を行うことができます



SCANPST.EXE の使い方



SCANPST.EXEは、Outlook のバージョンによって、下記のフォルダに格納されています


Microsoft Office 64bit版
Outlook 2016 C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16 SCANPST.EXE
Outlook 2013 C:\Program Files\Microsoft Office\Office15
Outlook 2010 C:\Program Files\Microsoft Office\Office14
Outlook 2007 C:\Program Files\Microsoft Office\Office12
Microsoft Office 32bit版
Outlook 2016 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16 SCANPST.EXE
Outlook 2013 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15
Outlook 2010 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14
Outlook 2007 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office12




SCANPST.EXE をエクスプローラからダブルクリックして起動します




SCANPST.EXE をエクスプローラからダブルクリックして起動しますので、「参照」をクリックして、診断 ・ 修復を行いたい Outlook データ ファイル (.pst .ost)を指定します

(デフォルトは、C:\Users\(WindowsのログインID)\Documents\Outlook ファイル\個人用フォルダ.pst)
「参照」をクリックして、診断 ・ 修復を行いたい Outlook データ ファイル (.pst .ost)を指定します




「開始」をクリックすると診断が実行されます
Outlook データ ファイル (.pst .ost)にエラーがあると下記のように表示されます




Outlook データ ファイル (.pst .ost)にエラーがあると下記のように表示されます
「詳細」をクリックするとエラーの内容が表示されます




「詳細」をクリックするとエラーの内容が表示されます
「OK」をクリックして、元のポップアップに戻り、「修復」をクリックします




「OK」をクリックして、元のポップアップに戻り、「修復」をクリックします
修復完了です

修復完了です

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > Outlook データ ファイル (.pst .ost) の修復方法
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する - Outlook

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP