ホーム > 辞典 > 仮想通貨 「MUFGコイン」 三菱東京UFJ銀行 2017年秋 発行
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

仮想通貨 「MUFGコイン」 三菱東京UFJ銀行 2017年秋 発行


仮想通貨 「MUFGコイン」 三菱東京UFJ銀行 2017年秋 発行 2016年6月10日



三菱東京UFJ銀行は、2017年秋、ITを活用した金融サービス 「フィンテック」の一環として、大手行では世界初となる独自開発の仮想通貨 「MUFGコイン」 を広く一般の利用者向けに発行します

MUFGコインは、利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりでき、信用力の高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうです


MUFGコインは、利用者が、三菱東京UFJ銀行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でMUFGコインに交換、スマートフォンのアプリに取り込むなどして使用します

利用者同士はわずかな手数料でコインをやり取りできることから、会食後の「割り勘」などでの利用が想定されており、また、空港で外貨に換えて引き出すこともでき、手数料も大幅に安くなるということです

「Suica」(スイカ)など、前払い式の電子マネーと似ていますが、利用者同士がネットを通じて「送金」できる点などが異なります


三菱東京UFJ銀行では、コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せる新型ATMの開発も進めており、2018年春から順次、配備する予定で、実現すれば、同行に口座を持たなくても、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになるとのことです

さらに、さまざまな店舗と提携して支払いにコインを使えるようにする他、ポイント制を導入する構想もあり、将来的には、コインを中心とする「商圏」の構築につなげたい考えです




三菱東京UFJ銀行 仮想通貨取引所 米コインベース 出資 2016年7月8日



三菱東京UFJ銀行は、2016年7月8日、仮想通貨の世界最大の取引所を運営する米コインベースに、三菱UFJ銀、三菱UFJキャピタル、米ベンチャーキャピタルのソーゾー ・ ベンチャーズが、1050万ドル(約 11億円)を出資する出資することを公表しました

仮想通貨はインターネット上の送金や決済に利用されており、時価総額は 2015年末時点で 約 7400億円に上るとされますが、邦銀が仮想通貨取引業者に出資するのは初めてで、三菱東京UFJ銀行は、今回の資本提携を通じ、情報技術(IT)を活用した新たな金融サービス「フィンテック」のノウハウを蓄積したいとしています


コインベースは、カリフォルニア州に拠点を置くベンチャー企業で、ニューヨーク証券取引所などから出資を受け、仮想通貨と金銭を交換する取引所を運営、世界 32ヶ国で事業を展開していますが、日本には進出していない為、今後、三菱東京UFJ銀行との資本提携を足がかりに日本進出を検討するとみられています

三菱東京UFJ銀行は、同行独自の仮想通貨「MUFGコイン」を活用した送金や決済サービスの実用化を目指しており、仮想通貨を使用することで、金融機関の運営する既存の決済 ・ 送金システムを利用するより、低コストでの送金や決済を可能にするとされ、実用化すれば、高い手数料のかかる海外送金などのコストが大幅に削減できる可能性があります

ただし、仮想通貨は金融機関を介さず、匿名で取引されるため、マネーロンダリング(資金洗浄)に悪用される恐れがあり、また、2014年には仮想通貨の一種「ビットコイン」の取引所を運営していたマウント ・ ゴックスが経営破綻、仮想通貨の安全性に疑問が投げかけられた経緯がある為、2016年5月に成立した改正銀行法では、金銭と仮想通貨を交換する事業者に登録制が導入されています

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 辞典 > 仮想通貨 「MUFGコイン」 三菱東京UFJ銀行 2017年秋 発行
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年7月8日

<三菱UFJ銀>仮想通貨取引所に出資 米コインベース合意 毎日新聞 2016年7月8日 11:28


 三菱東京UFJ銀行は8日、仮想通貨の世界最大の取引所を運営する米コインベースに出資することで合意したと明らかにした。三菱UFJ銀、三菱UFJキャピタル、米ベンチャーキャピタルのソーゾー・ベンチャーズが1050万ドル(約11億円)を出資する。邦銀が仮想通貨取引業者に出資するのは初めて。三菱UFJ銀は今回の資本提携を通じ、情報技術(IT)を活用した新たな金融サービス「フィンテック」のノウハウを蓄積したい考え。
 仮想通貨はインターネット上の送金や決済に利用されており、時価総額は2015年末時点で約7400億円に上るとされる。コインベースはカリフォルニア州に拠点を置くベンチャー企業。仮想通貨と金銭を交換する取引所を運営しており、ニューヨーク証券取引所などから出資を受けている。世界32カ国で事業を展開しているが、日本には進出しておらず、三菱UFJ銀との資本提携を足がかりに日本進出を検討するとみられる。

<三菱UFJ銀>仮想通貨取引所に出資 米コインベース合意 毎日新聞 2016年7月8日 11:28 」 より


2016年6月10日

仮想通貨広がる契機に 三菱東京UFJが一般向け発行へ 朝日新聞 2016年6月10日03時08分


 三菱東京UFJ銀行が一般向けに発行することになったMUFGコインは、「通貨」の枠組みを広げ、新たなビジネスのうねりを起こす潜在力を持つ。
 仮想通貨は世界で着実に浸透している。なかでもビットコインの利用者は約1200万人に上るとみられ、時価総額は90億ドル(約9600億円)前後と仮想通貨のほとんどを占める。

仮想通貨広がる契機に 三菱東京UFJが一般向け発行へ 朝日新聞 2016年6月10日03時08分 」 より


2016年6月10日

仮想通貨広がる契機に 三菱東京UFJが一般向け発行へ 朝日新聞 2016年6月10日03時08分


 三菱東京UFJ銀行が一般向けに発行することになったMUFGコインは、「通貨」の枠組みを広げ、新たなビジネスのうねりを起こす潜在力を持つ。
 仮想通貨は世界で着実に浸透している。なかでもビットコインの利用者は約1200万人に上るとみられ、時価総額は90億ドル(約9600億円)前後と仮想通貨のほとんどを占める。

仮想通貨広がる契機に 三菱東京UFJが一般向け発行へ 朝日新聞 2016年6月10日03時08分 」 より


2016年6月10日

三菱東京UFJ、独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋 朝日新聞 2016年6月10日 03:07


 三菱東京UFJ銀行は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する。ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めて。利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできる。信用力が高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうだ。
 MUFGコインは、利用者が、同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、スマートフォンのアプリに取り込むなどして使う。
 利用者同士はわずかな手数料でコインをやり取りでき、会食後の「割り勘」などでの利用が想定されている。空港で外貨に換えて引き出すこともでき、手数料も大幅に安くなるという。

三菱東京UFJ、独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋 朝日新聞 2016年6月10日 03:07 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP