ホーム > ニュース > 福岡市 予備校生 殺害事件 北川ひかるさん(19) 待ち伏せ 少年(19)
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

福岡市 予備校生 殺害事件 北川ひかるさん(19) 待ち伏せ 少年(19)


福岡市 予備校生 北川ひかるさん(19) 殺害事件 元少年 懲役 20年 確定 2017年11月15日



福岡市西区姪の浜の路上で、2016年2月27日夜、北川ひかるさん(当時 19)(福岡市西区)が殺害された事件の裁判員裁判で、控訴期限の 14日までに検察側、弁護側の双方が控訴しなかった為、2017年11月15日、殺人と銃刀法違反の罪に問われた同じ予備校の元少年(21)(福岡市中央区)を懲役 20年(求刑 懲役 22年)とした 1審 福岡地裁判決が確定しました




福岡市 予備校生 北川ひかるさん(19) 殺害事件 元少年 懲役 20年 判決 2017年10月31日



福岡市西区姪の浜の路上で、2016年2月27日夜、北川ひかるさん(当時 19)(福岡市西区)が殺害された事件の裁判員裁判で、2017年10月31日、福岡地裁 平塚浩司裁判長は、「犯行は執拗であまりに残忍だ」と述べ、殺人と銃刀法違反の罪に問われた元少年(21)(福岡市中央区)に、懲役 20年(求刑懲役 22年)の判決を言い渡しました

判決によると、元少年(21)は 19歳だった 2016年2月27日夜8時50分頃、福岡市西区姪の浜の路上で、北川ひかるさん(当時 19)の顔や首などをナイフ 2本で 20ヶ所以上を突き刺したうえ、頭をおので多数回殴打して、出血性ショックで殺害しました


弁護側は、「犯行当時、統合失調症による影響で心神喪失か心神耗弱状態だった」として無罪か刑の軽減を求めていました

福岡地裁判決では、元少年(21)が犯行直後に交番に自首したことなどを挙げ、「物事の善悪を判断する能力は十分に保たれていたことは明らか。完全責任能力があった」とし、以前にも凶器を持って北川ひかるさん(当時 19)を待ち伏せしており、「決して偶発的な犯行でない」と指弾、交際を申し込んだことを、被害者から周囲に言いふらされたと思い込んだことが動機と指摘していました


事件後、北川ひかるさん(当時 19)には志望校の大阪大学から合格通知が届いており、福岡地裁 平塚浩司裁判長は、「将来のある若さで突如命を奪われた。無念さは察するに余りある」と述べています

北川ひかるさん(当時 19)の遺族は代理人弁護士を通じ、「娘に非がなかったということを認めていただき、名誉を守ることはできましたが、娘が帰って来ないことに変わりはなく、悲しみは拭えません」とのコメントを出しました




福岡市 予備校生 北川ひかるさん(19) 殺害事件 懲役 22年 求刑 2017年10月18日



福岡市西区姪の浜の路上で、2016年2月27日夜 同じ予備校に通う 北川ひかるさん(当時 19)(福岡市西区)を殺害したとして、殺人などの罪に問われた元少年の被告(21)(福岡市中央区)の裁判員裁判が、2017年10月17日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)で行われ、検察側は懲役 22年を求刑し、結審しました


弁護側は最終弁論で、2015年夏ごろから統合失調症を発症、周囲からののしられる幻聴が続き、被害妄想を抱いて犯行に至ったとし、「最初から殺意があったわけではなく、統合失調症の圧倒的な影響による犯行で」「心神喪失か心神耗弱の状態だった」として無罪か減刑するよう求めたとして無罪を主張しました

弁護側は再度の精神鑑定も請求しましたが、地裁は却下しました


検察側は論告で、元少年(21)(福岡市中央区)は女子生徒に交際を断られたことで適応障害などを抱えていたものの精神疾患ではなく、完全責任能力があると指摘、女子生徒が悪口を言いふらしたと思い込み、『勉強に集中できなくなった』原因として一方的に恨んだと指摘、凶器を準備して待ち伏せしたことや遺体に 59ヵ所もの傷があったことから、「身勝手で残虐極まりない計画的な犯行だ」と指弾しました

検察側は論告で「交際を断られ、一方的に恨みを募らせた。被害者に何の落ち度もない」とし、元少年(21)(福岡市中央区)の精神鑑定の結果から、「凶器を準備するなどの行動も合理的で、完全責任能力があった」と主張しました


起訴状によると、被告の元少年(21)(福岡市中央区)は、19歳だった 2016年2月27日夜、帰宅途中だった北川ひかるさん(当時 19)の顔や頭をナイフ 2本と小型のおので繰り返し刺したり殴ったりして殺害したとされます




福岡市 予備校生 殺害事件 北川ひかるさん(19) 待ち伏せ 少年(19) 逮捕 2016年3月11日



福岡市西区姪の浜 6丁目の路上で、2016年2月27日夜 8時50分頃、北川ひかるさん(19)(福岡市西区)が殺害された事件で、2016年3月11日、福岡県警は、北川ひかるさん(19)の首や後頭部など全身 20ヶ所以上を刃物で刺して殺害したとして、同じ予備校に通う少年(19)(福岡市中央区)を殺人容疑で逮捕しました


北川ひかるさん(19)の傷は、顔などを繰り返し刃物で刺しただけでなく、切り付けたような形状もあることや、傷が全身の 20ヶ所以上に及び、死因は出血性ショックで、頸(けい)動脈に達する深い傷が首にあり、これが致命傷になったとみられ、現場には、全長 20数センチのナイフ 2本と小型の おの が残されていました


事件当日の2016年2月27日は、昼過ぎから北川ひかるさん(19)と少年(19)ら予備校の友人計 6人(うち女性 2人)で、福岡市中央区天神の焼き肉店で飲食し、その後カラオケ店で遊んだとのことで、北川ひかるさん(19)宅の最寄り駅である、福岡市地下鉄姪浜駅の防犯カメラには、同日、少年(19)が北川ひかるさん(19)より前に到着する様子が映っていました

福岡県警は、午後 5時頃カラオケ店で北川ひかるさん(19)と別れた少年(19)が、先回りして待ち伏せし、その後、福岡市地下鉄姪浜駅から北川ひかるさん(19)をつけ、姪浜駅から北へ約 800メートルの現場路上で襲ったとみています


少年(19)は、「交際を断られたことなどを恨んでいた。殺すつもりで刺した」と供述、さらに、少年(19)は、昨年(2015年)夏頃以降、凶器とみられる、おの 1本、ナイフ 2本を 2回に分けてインターネットで購入、さらに、リュックサックに凶器を入れて現場に運んだことも判明し、福岡県警は周到に準備した疑いがあるとみて調べています


少年(19)は、昨年(2015年)4月に、福岡市内の予備校に入って北川ひかるさん(19)と知り合い、少年(19)はスマートフォンの通信アプリ「LINE」で、北川ひかるさん(19)へ好意を伝える内容のメッセージを送っていましたが、事件直後に交番に自首した際には、「北川さんに告白したが、言葉を濁された」などと話しています


北川ひかるさん(19)は、2016年3月9日、事件の 2日前に受験した第1志望の大阪大法学部に合格していた他、明治、同志社、立命館の各大学法学部にも既に合格していたことが、福岡県警を通じて、遺族から公表されました

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 福岡市 予備校生 殺害事件 北川ひかるさん(19) 待ち伏せ 少年(19)
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2017年11月15日

<予備校生殺害>元少年、懲役20年確定 双方控訴せず 西日本新聞 2017年11月15日 12:42


 福岡市西区の路上で同じ予備校に通う女子生徒=当時(19)=を殺害したとして、殺人などの罪に問われた元少年(21)を懲役20年とした福岡地裁の裁判員裁判判決が15日、確定した。期限の同日午前0時までに被告側、検察側双方が控訴しなかった。
 公判で被告側は「最初から殺意はなく、精神障害(統合失調症)の圧倒的な影響下で犯行に及んだ」として心神喪失による無罪か心神耗弱による刑の減軽を主張したが、10月31日の判決は「対人交流がスムーズに行えないなどの適応障害を抱えていたものの精神障害ではなく、影響は限定的。犯行直後に交番に自首するなど善悪の判断もできていた」として完全責任能力があったと認定した。
 判決によると、元少年は昨年2月27日夜、帰宅途中だった北川ひかるさんの顔や首、頭をナイフやおので刺したり殴ったりして殺害した。


2017年11月15日

<予備校生殺害>元少年の懲役20年確定 毎日新聞 2017年11月15日 12:39


 福岡市西区姪の浜の路上で2016年2月、予備校生の北川ひかるさん(当時19歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた同じ予備校の元少年(21)を懲役20年(求刑・懲役22年)とした裁判員裁判の1審・福岡地裁判決が15日、確定した。控訴期限の14日までに検察側、弁護側の双方が控訴しなかった。
 1審で弁護側は元少年が事件当時、心神喪失状態だったなどとして無罪を主張したが、判決(10月31日)は鑑定医の意見や元少年が事件直後に自首したことなどを踏まえ、完全責任能力があったと認定。交際を申し込んだことを、被害者から周囲に言いふらされたと思い込んだことが動機とした。
 確定判決によると、元少年は16年2月27日午後8時50分ごろ、被害者の首や顔をナイフ2本で多数回突き刺したうえ、頭部をおので多数回殴打して出血性ショックで殺害した。


2017年10月31日

予備校生殺害で懲役20年判決…事件後合格通知 読売新聞 2017年10月31日 20時17分


 福岡市西区で昨年2月、同じ予備校に通っていた北川ひかるさん(当時19歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた元少年(21)の裁判員裁判で、福岡地裁は31日、懲役20年(求刑・懲役22年)の判決を言い渡した。
 平塚浩司裁判長は「犯行は執拗しつようであまりに残忍だ」と述べた。
 判決によると、元少年は19歳だった昨年2月27日夜、福岡市西区の路上で、北川さんの首や顔などをナイフで多数回突き刺し、頭をおので殴るなどして殺害した。
 弁護側は「犯行当時、統合失調症による影響で心神喪失か心神耗弱状態だった」として無罪か刑の軽減を求めた。判決では、元少年が犯行直後に交番に自首したことなどを挙げ、「物事の善悪を判断する能力は十分に保たれていたことは明らか。完全責任能力があった」と判断。以前にも凶器を持って北川さんを待ち伏せしており「決して偶発的な犯行でない」と指摘した。
 事件後、北川さんには志望校の大阪大学から合格通知が届いた。平塚裁判長は「将来のある若さで突如命を奪われた。無念さは察するに余りある」と述べた。
 北川さんの遺族は代理人弁護士を通じ、「娘に非がなかったということを認めていただき、名誉を守ることはできましたが、娘が帰って来ないことに変わりはなく、悲しみは拭えません」とのコメントを出した。


2017年10月31日

元少年に懲役20年 予備校生殺害で福岡地裁 日本経済新聞 2017/10/31 16:21


 福岡市西区で昨年2月、同じ予備校に通っていた北川ひかるさん(当時19)を殺害したとして、殺人罪などに問われた元少年(21)の裁判員裁判で、福岡地裁(平塚浩司裁判長)は31日、懲役20年(求刑懲役22年)の判決を言い渡した。
 元少年側は起訴内容を認めた上で「事件当時、統合失調症を発症していた」として刑事責任能力の有無や程度を争っていた。
 一方、検察側は精神鑑定の結果を踏まえ「完全責任能力があった」と主張。「北川さんに交際を断られ、一方的に恨みを抱いて殺害した」と指摘していた。
 起訴状によると、元少年は19歳だった昨年2月27日夜、北川さん宅近くの路上で、首や顔をナイフで多数回突き刺し、おので頭を殴って殺害したとしている。


2017年10月31日

福岡の予備校生殺害、元少年に懲役20年 福岡地裁 産経WEST 2017.10.31 14:56


 福岡市西区で昨年2月、同じ予備校に通っていた北川ひかるさん=当時(19)=を殺害したとして、殺人罪などに問われた元少年(21)の裁判員裁判で、福岡地裁(平塚浩司裁判長)は31日、懲役20年(求刑懲役22年)の判決を言い渡した。
 元少年側は起訴内容を認めた上で「事件当時、統合失調症を発症していた」として刑事責任能力の有無や程度を争っていた。
 一方、検察側は精神鑑定の結果を踏まえ「完全責任能力があった」と主張。「北川さんに交際を断られ、一方的に恨みを抱いて殺害した」と指摘していた。
 起訴状によると、元少年は19歳だった昨年2月27日夜、北川さん宅近くの路上で、首や顔をナイフで多数回突き刺し、おので頭を殴って殺害したとしている。


2017年10月31日

福岡の予備校生殺害、元同級生に懲役20年 福岡地裁 朝日新聞 2017年10月31日 14:49


 福岡市西区の路上で2016年2月、予備校生の北川ひかるさん(当時19)が殺害された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた元少年(21)に、福岡地裁(裁判員裁判)は31日、懲役20年(求刑懲役22年)を言い渡した。
 起訴状などによると、元少年は16年2月27日午後8時50分ごろ、福岡市西区姪の浜の路上で、同じ予備校に通う北川さんの顔などをナイフで刺し、おので頭を殴って殺害したとされる。
 弁護側は「統合失調症の影響があり、心神喪失か心神耗弱だった」として無罪にするか減刑するよう主張していた。


2017年10月31日

予備校生殺害で懲役20年判決…事件後合格通知 読売新聞 2017年10月31日 14:47


 福岡市西区で昨年2月、同じ予備校に通っていた北川ひかるさん(当時19歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた元少年(21)の裁判員裁判で、福岡地裁は31日、懲役20年(求刑・懲役22年)の判決を言い渡した。
 起訴状などでは、元少年は19歳だった昨年2月27日夜、福岡市西区の路上で、北川さんの首や顔などをナイフで多数回突き刺したうえ、頭をおので殴るなどして殺害した、としている。事件後、北川さんには志望校の大阪大学の合格通知が届いた。


2017年10月18日

「身勝手で残虐」予備校生殺害、元少年に懲役22年求刑 遺体には59カ所の傷 福岡地裁公判 西日本新聞 10月18日 11:49


 2016年2月、福岡市西区の路上で同じ予備校に通う女子生徒=当時(19)=を殺害したとして、殺人などの罪に問われた元少年の被告(21)の裁判員裁判が17日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)であり、検察側は懲役22年を求刑し、結審した。判決は31日の予定。
 検察側は論告で元少年は女子生徒に交際を断られたことで適応障害などを抱えていたものの精神疾患ではなく、完全責任能力があると述べた。女子生徒が悪口を言いふらしたと思い込み、勉強に集中できなくなった原因として一方的に恨んだとし、凶器を準備して待ち伏せしたことや遺体に59カ所の傷があったことから「身勝手で残虐極まりない計画的な犯行だ」とした。
 弁護側は最終弁論で、15年夏ごろから統合失調症を発症し、周囲からののしられる幻聴が続き、被害妄想を抱いて犯行に至ったと説明。「最初から殺意があったわけではなく、統合失調症の圧倒的な影響による犯行で心神喪失状態だった」として、無罪を主張した。
 起訴状によると、被告は19歳だった昨年2月27日夜、帰宅途中だった北川ひかるさんの顔や頭をナイフ2本と小型のおので繰り返し刺したり殴ったりして殺害したとされる。


2017年10月17日

元少年に懲役22年求刑 福岡・予備校生殺害事件 朝日新聞 10月17日 21:33


 福岡市西区の路上で2016年2月、予備校生の北川ひかるさん(当時19)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた元少年(21)の裁判員裁判が17日、福岡地裁であり、検察側は懲役22年を求刑した。弁護側は「心神喪失か心神耗弱の状態だった」として無罪か減刑するよう求めた。判決は31日。
 検察側は論告で「交際を断られ、一方的に恨みを募らせた。被害者に何の落ち度もない」と指摘。元少年の精神鑑定の結果から「凶器を準備するなどの行動も合理的で、完全責任能力があった」と主張した。
 弁護側は、ののしられるなどの顕著な幻聴があり、被害者が苦しめているという被害妄想から殺意が生じたと指摘。「事件後に川に飛び込むなど不可解な行動を取り、記憶は断片的。統合失調症による幻聴があり、その影響で事件を起こした」と述べた。
 弁護側は再度の精神鑑定を請求したが、地裁は却下した。


2016年3月14日

<福岡予備校生殺害>「交際断られ…殺すつもりで刺した」 毎日新聞 2016年3月14日 11:13


 福岡市西区姪の浜の路上で2月27日夜、北川ひかるさん(19)が殺害された事件で、福岡県警は14日、殺人容疑で逮捕した同じ予備校に通う少年(19)が「北川さんに申し訳ない」と供述していることを明らかにした。取り調べ中に涙を流すこともあり、少年は「交際を断られたことなどを恨んでいた。殺すつもりで刺した」と説明しているという。
 さらに、県警は少年が昨年夏ごろ以降、凶器とみられる、おの1本、ナイフ2本を2回に分けてインターネットで購入したことも明らかにした。
 事件当日は昼過ぎから北川さんと少年ら予備校の友人計6人(うち女性は2人)で福岡市中央区天神の焼き肉店で飲食し、その後カラオケ店で遊んだ。
 北川さん宅の最寄り駅である福岡市地下鉄姪浜駅の防犯カメラには同日、少年が北川さんより前に到着する様子が映っていた。県警はカラオケ店で北川さんと別れた少年が、先回りして待ち伏せし、その後、駅から北川さんをつけて路上で襲ったとみている。


2016年3月14日

予備校生を刺殺容疑の少年、LINEで好意伝える 朝日新聞 2016年3月14日 00:27


 福岡市西区で2月、予備校生の北川ひかるさん(19)=同区=が刺殺された事件で、福岡県警は13日午後、同じ予備校に通う少年(19)を殺人容疑で福岡地検に送検した。
 少年は2月27日午後8時50分ごろ、福岡市西区姪の浜6丁目の路上で北川さんの首などを刃物で刺して殺害したとして、今月11日に逮捕された。
 少年は昨年4月に福岡市内の予備校に入って北川さんと知り合った。捜査関係者によると、少年はスマートフォンの通信アプリ「LINE」で、北川さんへ好意を伝える内容のメッセージを送っていた。事件直後に交番に自首した際には「北川さんに告白したが、言葉を濁された」などと話したという。


2016年3月13日

<予備校生殺害>逮捕の少年、4時間前まで一緒に遊ぶ 毎日新聞 03月13日 23:51


 福岡市西区姪の浜の路上で2月27日夜、北川ひかるさん(19)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同じ予備校に通う少年(19)が事件発生の約4時間前まで、北川さんを含む友人ら数人と同市中央区の繁華街で遊んでいたことが捜査関係者への取材で分かった。少年はその後、北川さんが普段利用している福岡市地下鉄姪浜駅に先回りして待ち伏せした。リュックサックに凶器を入れて現場に運んだことも新たに判明し、福岡県警は周到に準備した疑いがあるとみて調べている。
 捜査関係者によると、少年と北川さん、予備校の友人ら数人は同日午後2時まで、福岡市中央区天神の飲食店で食事をした。さらにその後も周辺で遊び、午後5時ごろまで一緒に行動していた。
 県警は13日、少年を福岡地検に送検した。


2016年3月12日

<福岡予備校生殺害>少年の精神鑑定検討 刑事責任、焦点に 毎日新聞 03月12日 13:35


 ◇川に飛び込んでから自首
 福岡市西区姪の浜の路上で2月27日夜、近くの予備校生、北川ひかるさん(19)が殺害された事件で、福岡県警など捜査当局が、11日に殺人容疑で逮捕した同じ予備校に通う少年(19)について、刑事責任能力を調べるため精神鑑定の実施を検討していることが、捜査関係者への取材で分かった。北川さんの全身に20カ所以上の傷があり、少年は事件直後に川に飛び込んでから自首している。特異な行動などから、裁判で刑事責任能力の有無が焦点になる可能性があるとみている。
 今回の少年のように、16歳以上で故意に人を死亡させた事件で逮捕された場合、捜査側が証拠十分と判断すれば、原則として地裁で成人と同じ刑事裁判を受ける。少年は一貫して容疑を認めているため、刑事責任能力が焦点になる可能性が高い。


2016年3月12日

予備校生刺殺事件、19歳少年を殺人容疑で逮捕 福岡 朝日新聞 03月12日 00:01


 福岡市西区の路上で2月、予備校生の北川ひかるさん(19)=同区=が刺殺された事件で、福岡県警は11日、事件直後に自首した、同じ予備校に通う少年(19)=同市中央区=を殺人容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 県警によると、逮捕容疑は2月27日午後8時50分ごろ、福岡市西区姪の浜6丁目の路上で北川さんの首などを刃物で刺して殺害したというもの。死因は出血性ショックで、首や後頭部など約50カ所に刺し傷や切り傷があった。ナイフ2本とおのが近くに残されており、凶器について少年は「ネットで事前に買った」と説明しているという。
 少年は事件直後、近くの川に飛び込んだ後、ずぶぬれで交番に自首。北川さんを刺したことを認め、「告白したが言葉を濁された」「ばかにされたと思い腹が立った」などと話したという。県警は、北川さんに恋愛感情を抱いた少年が一方的に恨みを募らせた可能性が高いとみている。少年は刃物で両手の指を切って入院していたが、11日の退院直後に県警が逮捕した。


2016年3月11日

殺人容疑で19歳少年逮捕=女子予備校生刺殺事件―福岡県警 時事通信 03月11日 21:45


 福岡市の路上で2月、予備校生の北川ひかるさん(19)が刺殺された事件で、県警少年課は11日、殺人容疑で、同じ予備校に通っていた少年(19)=同市中央区=を逮捕した。容疑を認めている。少年は交番に自首していたが、両手にけがをしていたため入院。回復を待って逮捕した。
 逮捕容疑は2月27日午後8時50分ごろ、福岡市西区姪の浜の路上で、北川さんの全身を刃物で刺し、殺害した疑い。
 捜査関係者によると、少年は調べに対し、現場に落ちていた凶器とみられる全長二十数センチのナイフ2本と小型のおのについて、「インターネットで買った」と供述している。北川さんを刺した後、現場近くの「川に飛び込んだ」とも話し、川の近くで少年の上着が発見された。


2016年3月11日

<福岡予備校生殺害>出頭の少年を殺人容疑で逮捕 毎日新聞 03月11日 16:18


 福岡市西区姪の浜の路上で2月27日夜、近くの予備校生、北川ひかるさん(19)が殺害された事件で、福岡県警は11日、同じ予備校に通う少年(19)=同市中央区=を殺人容疑で逮捕した。少年は事件の約10分後、近くの交番に現れ「北川さんを刺した」と容疑を認めたため、県警は「容疑者判明の前の申告だった」として裁判で刑の軽くなる自首が成立するとしている。2人は予備校の他の数人とともにグループをつくって日常的に一緒に勉強しており、少年は北川さんに好意を寄せていた。県警は動機を追及する。
 少年は事件後に入院していたが9日に退院。県警は勾留に耐えられると判断して逮捕に踏み切った。
 逮捕容疑は2月27日午後8時51分ごろ、ナイフなどを使って北川さんを殺害したとしている。


2016年3月9日

<予備校生殺害>北川さん、第1志望の阪大合格 毎日新聞 03月09日 21:46


 福岡市西区姪の浜の路上で2月27日夜に殺害された近くの予備校生、北川ひかるさん(19)が9日、事件の2日前に受験した大阪大法学部(前期日程)に合格した。遺族が9日、福岡県警を通じて公表した。父洋二さんは「本当によくやってくれました。ひかるもきっと喜んでくれていると思う」とのコメントを出した。
 北川さんは明治、同志社、立命館の各大学の法学部にも既に合格しており、大阪大が第1志望だった。洋二さんは「親思いの優しい子でした。合格できたのも、支え続けてくれた学校関係者、地域、友達、恩師らの皆様のおかげ」とつづった。
 事件を巡っては、北川さんら数人とグループをつくり勉強していた、同じ予備校生の少年(19)が殺害を認めている。少年は入院中で、県警は回復後に逮捕する。少年は北川さんに好意を寄せていたとされ一方的に恨みを募らせたとみられる。


ページTOP
ページTOP
ページTOP