ホーム > ネット > .htaccess 使い方 index.html あり / なしを統一する
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

.htaccess 使い方 index.html あり / なしを統一する


.htaccess 使い方 index.html あり / なしを統一する



URLの正規化 とは?



多くのサイトでは、閲覧者からファイル名(.html等)を省略してアクセスされた場合、自動的に、「index.html」等のデフォルトページ(ファイル)を表示するよう設定されています

ところが、URLの表記としての「www.」の有り無し、「/index.html」などの有り無しが異なると、サイトでは同一ページを表示していても、URLが異なっているため、Google等の検索エンジンでは、別ページとして認識します


その為、ページコンテンツの評価が分散し、本来より評価を下げる要因になったり、また、Google Analytics (グーグル アナリティクス) アクセス解析サービスでは、別ページとして集計され、正確なアクセス数を把握できなくなってしまいます

URLの正規化とは、同一のページは同一のURLでアクセスさせる(同一のURLでアクセスしたように見せる)ためのURLを統一する作業です


www あり / なし を統一する方法につきましては、「.htaccess 使い方 www あり / なし を統一する」をご参照下さい (別タブ(ウィンドウ)が開きます)



.htaccess 使い方 index.html あり / なしを統一する (リダイレクトする方法)



サイトURLで、index.html あり / なし を統一する方法としては、「.htaccess」にリダイレクト設定を記述する、つまり、「index.html」が付いていたら取り払う、あるいは、付いていなければ付けてしまう設定を記述すると、簡単に実現できます


index.html なしに統一する


記述場所 .htaccess
記述内容 RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html [NC]
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://abhp.net/$1 [R=301,L]
説明 「index.html」が付いていたら取り払っています
最終行は必ず改行し、改行コードのみの空行とします


index.html ありに統一する


記述場所 .htaccess
記述内容 RewriteEngine on
RewriteRule ^$ /index.html [R=301,L]
説明 サイト名のみでアクセスされた場合、そのイト名URLに「.index.html」を追記しています
最終行は必ず改行し、改行コードのみの空行とします

「.htaccess」の作り方等につきましては、「 .htaccess 使い方 書き方 作り方 」 (前のページ)をご参照下さい (別タブ(ウィンドウ)が開きます)





.htaccess で 良く使われる フラグ オプション パラメータ 意味


フラグ 意味
[NC] 大文字小文字を区別しない
[R=301,L] R=301 レスポンスコードを 301 (恒久的な移転) に変更
L 直後に続くルールを実行しない
RewriteCond に続けて RewriteRule を複数記述するような場合、最終文につける

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ネット > .htaccess 使い方 index.html あり / なしを統一する
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


URLの正規化 とは?正規化が必要な理由と実践方法 | デジ研
.htaccessでURLをindex.htmlありに統一(正規化)する方法 - とあるはりをの平凡日誌 (PC LIFE) - うごメモ平和協会(本家)

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP