ホーム > IPOと株取引 > SBI証券の単元未満株取引とは
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

SBI証券の単元未満株取引とは


SBI証券の単元未満株取引とは



SBI証券 単元未満株(S株)の主な特徴


1.1株単位で少額資金での取引が可能


通常の取引所での株取引では、各銘柄毎に1,000株/口、100株/口など売買の最低単位である単元株数が決まっていますが、単元未満株(S株)では、単元株数に関らず1株からお取引いただけます

また、いわゆる「ミニ株」は単元株数の1/10単位での取引となりますが、単元未満株(S株)なら1/100、1/1,000単位等でお取引いただけますので、より機動的な投資が可能です

通常の取引所での株取引では、各銘柄毎に1,000株/口、100株/口など売買の最低単位である単元株数が決まっていますが、単元未満株(S株)では、単元株数に関らず1株からお取引いただけます

多額の資金を必要とする銘柄も、単元未満株なら少額で取引ができる!
少額の資金で分散投資ができる!
株式分割等で発生した単元未満株を買い増しして単元株にすることも可能!

2.配当も受け取れます!


単元未満株(S株)は単元株同様に株主権(主に自益権)があり、配当の配分や株式分割の割当も保有株数に応じて正規配分されます

単元未満株には議決権はありません
株主優待の権利・実施有無に関しては、各企業にお問い合わせください

3.原則、1日2度の取引チャンス


いわゆる「ミニ株」の場合、取引の機会は1日1度になりますが、単元未満株(S株)の場合、1日2度の取引チャンスがあります!

単元未満株(S株)の取引時間

単元未満株(S株)の取引時間

上記は営業日におけるスケジュールです
非営業日のご注文は、非営業日以降の最初の営業日10:30までのご注文としてお取扱いいたします
重複上場(複数市場上場)銘柄の約定価格は、原則、東証>当社優先市場 の優先順位で決定されますが、各市場での取引量等を鑑みて、上記優先順位と異なる市場の価格を採用する銘柄がございます
また、取引が一部制限される場合がございます 該当銘柄はこちら
詳細は「サービス概要」をご確認ください

4.外出先でもお取引が可能な充実の取引チャンネル


モバイル(携帯端末)トレード

携帯端末で国内株式や、各種取引、口座情報の確認、入出金サービスなどがご利用いただけます
移動中や外出先などのパソコンがない環境でもお取引が可能です

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を- 」 より




SBI証券 単元未満株(S株)取引ルール


注文時間と約定のタイミング及び価格は下記の通りです

注文時間(※1) 0:00~ 10:30~ 15:30~ 21:30~24:00
東証銘柄の買付・売却(※2) 当日の後場始値での買付・売却 受注停止 翌営業日の前場始値での買付・売却 翌営業日の後場始値での買付・売却
名証・福証・札証銘柄の売却(※2) 当日の後場始値での売却 翌営業日の前場始値での売却 翌営業日の後場始値での売却

(※1) 上記は営業日におけるスケジュールです
非営業日のご注文は、非営業日以降の最初の営業日10:30までのご注文としてお取扱いいたします
(※2) 重複上場(複数市場上場)銘柄の約定価格は、原則、東証>当社優先市場 の優先順位で決定されますが、各市場での取引量等を鑑みて、上記優先順位と異なる市場の価格を採用する銘柄がございます
また、取引が一部制限される場合がございます 該当銘柄はこちら

取引画面に表示される市場は、単元未満株(S株)取引の売買価格の基準となる市場とは異なる場合があります
前場に取引が成立せず未約定となった注文は、後場始値での取引となります
後場始値での取引において、取引が成立せず未約定となった注文は失効されます
また、大引けでストップ配分となった場合には、単元未満株取引への配分はなく、約定されません
単元株とは手数料体系が異なります
単元未満株(S株)を同タイミングで複数回約定され単元株に纏まった場合、結果的に単元株の手数料を越えることがございます
また、単元株を購入するより、単元未満株を購入する方が受渡代金が大きくなる場合がございます
単元未満株を購入した結果、同一銘柄の合計が単元株数以上となった場合、単元株数は単元未満株としては売却できなくなり、通常の単元株としてお取引を行なっていただくこととなります
東証銘柄以外は売却注文のみお取扱いいたします
ご注文の価格は「成行」と表示しますが、上記に示す始値でのお取引となります
注文取消は、注文受付時間内のみ可能です。注文訂正はできません
ご注文の訂正は当該注文を一旦取消の上、再発注してください
当社WEBサイトに表示される価格、気配値等は取引所市場の情報です
単元未満株(S株)取引における価格、気配値等ではありません
以下の場合には、取引が成立せず、注文は失効される場合があります
 整理銘柄・監理銘柄に割当て等が発表された場合
 単元未満株(S株)注文の取次証券会社が売買の取次を受けなかった場合
発注可能な時間帯は限られておりますため、臨時システムメンテナンス等によってはご注文は受付できない場合がございます

TOPIX100構成銘柄お取引時の留意事項


約定代金(株数×約定単価)に1円未満の端数(小数)が生じる場合は、以下のように計算いたします
 買い約定:小数を切捨てた円単位(整数)
 売り約定:小数を切上げた円単位(整数)
手数料は、円単位(整数)の約定代金を基に計算いたします
買い注文受注時(成行)における買付余力の拘束金額については、「株数×制限値幅上限値」の小数を切捨てた円単位(整数)で計算いたします
買い注文受注時(NISA投資可能枠)は「株数×制限値幅上限値」の小数を切捨てた円単位(整数)で拘束いたします
注文受付時の買付余力(またはNISA投資可能枠)の「拘束金額」と「実際の約定代金」が異なる場合、差額分は買付余力(またはNISA投資可能枠)に戻ります

SBI証券->単元未満株(S株)取引ルール 」 より


目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IPOと株取引 > SBI証券の単元未満株取引とは
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
SBI証券->単元未満株(S株)取引ルール

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP