ホーム > ASP > AdSense > アドセンス 広告の許可とブロック 広告主のURL URL指定で非表示
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

アドセンス 広告の許可とブロック 広告主のURL URL指定で非表示にする


グーグルアドセンス 広告の許可とブロック



グーグルアドセンス ( Google AdSense ) では、広告主のURLを指定して、そのURLを使用する広告を表示しないように設定することができます

グーグルアドセンス ( Google AdSense ) で、広告の許可とブロックを設定する際は、下記からグーグルアドセンス ( Google AdSense )管理画面にログインします


  Google AdSense




グーグルアドセンス 広告の許可とブロック すべてのサイト



グーグルアドセンス 「広告の許可とブロック」 を設定するには、グーグルアドセンス ( Google AdSense ) 管理画面上端メニュー左端の三本線アイコンをクリックします


グーグルアドセンス ( Google AdSense ) 管理画面上端メニュー左端の三本線アイコンをクリックします




グーグルアドセンス ( Google AdSense ) 管理画面上端メニュー左端の三本線アイコンをクリックします
画面左サイドメニュー 「広告の許可とブロック」から、「コンテンツ」、「すべてのサイト」(デフォルト)をクリックします 画面左サイドメニュー 「広告の許可とブロック」から、「コンテンツ」、「すべてのサイト」(デフォルト)をクリックします

(サイト毎に個別設定を行う際は、その下に表示されているサイト名をクリックします)




アドセンス 広告の許可とブロック 広告主のURL URL指定で非表示にする



「広告主のURL」 タブ下方の、「https://」の下にあるボックスに、ブロックする URL を入力することで、特定の URL の広告をサイトに表示しないようブロックする設定ができます

ブロックした URL の広告は 24 時間以内にページでの掲載が停止されます (「 広告主の URL による広告のブロック - AdSense ヘルプ 」 より)


アドセンス 広告の許可とブロック 広告主のURL URL指定で非表示にする

「広告主のURL」 タブをクリックします

「https://」の下にあるボックスに、ブロックする URL を入力し、「URL をブロック」 をクリックします




アドセンス 広告の許可とブロック 広告主のURL 記述例



緑色の太字で表示される URL の広告がブロックされ、黒字で表示される URL の広告は表示されます


指定例 example.co.jp forums.example.com forums.example.com/page
表示

非表示
example.co.jp example.co.jp example.co.jp
example.com/page example.com/page example.com/page
www.example.com www.example.com www.example.com
www.example.com/page www.example.com/page www.example.com/page
forums.example.com forums.example.com forums.example.com
forums.example.com/page forums.example.com/page forums.example.com/page

広告主の URL による広告のブロック - AdSense ヘルプ 」 より





アドセンス 広告の許可とブロック 広告主のURL 取得方法について 



広告主の URL 確認の為であっても、自ら広告をクリックすると、AdSense プログラム ポリシーに違反しますので、広告自体をクリックしてはいけません

広告主のURLは、下記方法にて取得します



Google Chrome ブラウザー を使用している場合



Google Chrome ブラウザー を使用している場合、「Google サイト運営者向けツールバー」 を用いて広告主の URL 等の情報を取得します


Google サイト運営者向けツールバー インストール



下記より、「Google サイト運営者向けツールバー」のページにアクセスし、「Google サイト運営者向けツールバー」をインストールします


  Google サイト運営者向けツールバー


「Google サイト運営者向けツールバー」のページ




[CHROME に追加] をクリックします
「拡張機能を追加」をクリックします




「拡張機能を追加」をクリックします
Google サイト運営者向けツールバーのアイコンが Google Chrome 画面右上に追加されます




「Google サイト運営者向けツールバー」 のアイコン 「Google サイト運営者向けツールバーのアイコン」 がGoogle Chrome 画面右上に追加されます
AdSense アカウントに関連付けられた Google アカウントにログインします




「Google サイト運営者向けツールバー」 のアイコン 「Google サイト運営者向けツールバーのアイコン」 をクリックします

「有効にする」をクリックします
AdSense アカウントに関連付けられた Google アカウントでログインします




AdSense アカウントに関連付けられた Google アカウントでログインします
[許可] をクリックして、Google サイト運営者向けツールバーのアカウントへのアクセスを許可します




[許可] をクリックして、「Google サイト運営者向けツールバー」 のアカウントへのアクセスを許可します
Chrome の右上にあるツールバー アイコンをクリックすると、「見積もり収益額」、および、ログインしたアカウントによって管理されている「広告」情報を確認できます

Chrome の右上にある 「Google サイト運営者向けツールバー」 のアイコン 「Google サイト運営者向けツールバーのアイコン」 をクリックすると、「見積もり収益額」、および、ログインしたアカウントによって管理されている「広告」情報を確認できます

右下の「広告オーバーレイ」をクリックすることにより、広告情報表示の「ON」/「OFF」を切り替えられます


※. Google サイト運営者向けツールバーをインストールすると、その後ツールバーのアップデートは、自動的に行われます



URL 単位でブロック



特定の URL からの広告をサイトに表示させないようにブロックする設定手順を下記に示します


「Google サイト運営者向けツールバー」 のアイコンをクリックし、「Google サイト運営者向けツールバー」 ポップアップを表示します




「Google サイト運営者向けツールバー」 のアイコン 「Google サイト運営者向けツールバーのアイコン」 をクリックし、「Google サイト運営者向けツールバー」 ポップアップを表示します

右下にある「広告オーバーレイ」が「OFF」になっている場合、クリックして、「ON」に切り替えます
表示させないようにブロックしたい広告行右端にある 「広告に移動して詳細情報を表示」 アイコンをクリックして、「Google サイト運営者向けツールバー-広告の詳細」 画面を表示します




表示させないようにブロックしたい広告行右端にある 「広告に移動して詳細情報を表示」 アイコン 「広告に移動して詳細情報を表示」 アイコン」 をクリックして、「Google サイト運営者向けツールバー-広告の詳細」 画面を表示します


「ページ上の広告に移動」アイコン 「「ページ上の広告に移動」アイコン」 をクリックすると、対象広告の左上に丸印が付いて、どの広告か確認できます
画面左下、広告プレビューの下にある「ブロック」の左側のプルダウンをクリックします




画面左下、広告プレビューの下にある「ブロック」の左側のプルダウンをクリックします
「(ブロックしたい URL) の広告をブロック」をクリック選択します

「(ブロックしたい URL) の広告をブロック」をクリック選択します

ブロックが有効になると、その広告に [ブロック] という赤いバナーが表示されます

ブロックした URL は、グーグルアドセンス 「広告の許可とブロック」 → 「すべてのサイト」 → 「広告主のURL」 欄に追加されます



IE (Internet Explorer) ブラウザー を使用している場合



「Google サイト運営者向けツールバー」 は、「Google Chrome」 ブラウザ向けの拡張機能の為、「Google Chrome」 ブラウザをインストールした上、「Google サイト運営者向けツールバー」 を別途インストールしなくてはいけませんので、結構手間が掛かります


単に URL を取得するだけでしたら、IE (Internet Explorer) の場合、広告の上で右クリック → 「プロパティ」 で、広告の URL 情報が表示されます




参考情報



広告の許可とブロック 広告主の URL による広告のブロック



特定の URL の広告を表示しないように設定するには、AdSense 管理画面の [広告の許可とブロック] ページを使用します

ブロックできる URL の数は、AdSense の各サービスにつき最大 500 個です
この範囲内であれば、サイト単位でもサービス単位でも自由に組み合わせて URL をブロックできます

たとえば、運営する 4 つのサイトでそれぞれ 100 個の URL をブロックし、さらに全サイトを対象に 100 個の URL をブロックすると上限の 500 個となります


サイト単位でブロックする


AdSense アカウントにログインします
左側のナビゲーション パネルで [広告の許可とブロック] をクリックします

[コンテンツ] が選択されていることを確認します
[コンテンツ] で、ブロックを設定するドメインかサブドメインを選択します

対象のサイトが表示されていない場合は、サイト管理機能を使用すればサイトを追加できます
ページ上部のバーで、[広告主の URL] タブをクリックします

表示されるボックスに URL を入力して [URL をブロック] をクリックします
ブロックした URL の広告は 24 時間以内にページでの掲載が停止されます


AdSense サービス単位でブロックする


AdSense アカウントにログインします
左側のナビゲーション パネルで [広告の許可とブロック] をクリックします

AdSense サービスをクリックします
たとえば、コンテンツ向け AdSense の場合は [コンテンツ] をクリックします

ページ上部のバーで、[広告主の URL] タブをクリックします
表示されるボックスに URL を入力して [URL をブロック] をクリックします

ブロックした URL の広告は 24 時間以内にページでの掲載が停止されます


たとえ URL を確認するためであっても、ご自分のサイトに掲載された広告をクリックするとプログラム ポリシー違反となりますのでご注意ください

広告についての詳しい情報を確認するには、Google サイト運営者向けツールバーをご利用ください
このツールを使うと、無効なクリックを発生させることなく、ページに表示される広告のリンク先を確認できます


広告のブロックで指定する URL のフォーマット


URL の指定方法により、ブロックされるページの範囲が変わる例を下記にご紹介します
緑色の太字で表示される URL の広告がブロックされ、グレーで表示される URL の広告は表示されます

指定例 example.co.jp forums.example.com forums.example.com/page
表示

非表示 
example.co.jp example.co.jp example.co.jp
example.com/page example.com/page example.com/page
www.example.com www.example.com www.example.com
www.example.com/page www.example.com/page www.example.com/page
forums.example.com forums.example.com forums.example.com
forums.example.com/page forums.example.com/page forums.example.com/page

広告主の URL による広告のブロック - AdSense ヘルプ 」 より




Google サイト運営者向けツールバーについて



Google サイト運営者向けツールバーは Chrome の拡張機能で、Chrome でご自身のサイトを閲覧しながら AdSense アカウントの最新情報を確認できます。ログイン中の Google アカウントの情報をもとに収益額や掲載結果の概要を閲覧できるうえ、問題の報告や広告のブロックをページ内で管理できる広告オーバーレイをご利用いただけます。詳細については、Google Chrome のページや Chrome の拡張機能に関するページをご覧ください。

Google サイト運営者向けツールバーと他の Google 広告サービスとの連動の仕組みについては以下をご覧ください。

DoubleClick Ad Exchange
DoubleClick for Publishers(プレミアムおよびスタンダード

Google サイト運営者向けツールバーには次の機能があります。

Chrome ブラウザからアカウントのサマリーを確認できます。ページ上部のアイコン Google Publisher Toolbar icon that looks like a white line graph against a blue background. をクリックするとポップアップで表示されます。

広告オーバーレイで、サイトに掲載された広告に関する詳細情報を確認できます。

広告オーバーレイ上で「テスト クリック」ができます。このクリックは広告の不正操作としてカウントされることはありません。

どのオーバーレイからでも [広告の詳細] ウィンドウにアクセスして、広告の詳細を確認できるほか、広告、URL、広告ネットワークのブロックの管理や広告に関する問題の報告もできます。

Google サイト運営者向けツールバーのインストール方法

Google サイト運営者向けツールバーについて - AdSense ヘルプ 」 より




Google サイト運営者向けツールバーのインストール - AdSense ヘルプ



Google サイト運営者向けツールバーを使用するには、このツールバーをインストールして、AdSense アカウントに関連付けられた Google アカウントへのアクセスを許可する必要があります。

1.Google サイト運営者向けツールバーのページにアクセスします。
2,[CHROME に追加] をクリックします。
3.表示されたダイアログで [追加] をクリックします。Google サイト運営者向けツールバーのアイコン Google Publisher Toolbar icon that looks like a white line graph against a blue background. がブラウザの右上に追加されます。
4.Google サイト運営者向けツールバーのアイコンをクリックします。
5.[許可] をクリックして、Google サイト運営者向けツールバーのアカウントへのアクセスを許可します。
6.AdSense アカウントに関連付けられた Google アカウントにログインします。

Chrome の右上にあるツールバー アイコンをクリックすると、アカウントの掲載結果を確認できます。

Google サイト運営者向けツールバーをインストールすると、その後ツールバーのアップデートは自動的に行われます。

Google サイト運営者向けツールバーのインストール - AdSense ヘルプ 」 より




オーバーレイで広告の詳細を確認する - AdSense ヘルプ



広告オーバーレイをクリックすると、[Google サイト運営者向けツールバー - 広告の詳細] ウィンドウが表示されます。[広告の詳細] ウィンドウには、その広告ユニットの詳しい情報として、次の項目が表示されます。

広告スロットの名前または ID
広告のサイズとフォーマット
掲載結果の統計情報(クリック数、インプレッション収益、見積もり収益額など)
購入者の名前
表示 URL
リンク先 URL
広告のプレビュー

[広告の詳細] ウィンドウには、広告の詳しい情報以外に、次のような便利な機能も備わっています。

URL のブロック
広告のブロック
広告ネットワークのブロック
広告に関する問題の報告
広告の詳細の書き出し

[Google サイト運営者向けツールバー - 広告の詳細] ウィンドウは、DFP 広告ユニットでは使用できません。

オーバーレイで広告の詳細を確認する - AdSense ヘルプ 」 より




[広告の詳細] ウィンドウで広告をブロックする - AdSense ヘルプ



広告オーバーレイから [広告の詳細] ウィンドウにアクセスして、ご自身のサイトを閲覧しながら広告をブロックすることができます。対象ユーザーに適さない広告が表示されていることに気付いた際に、アカウントにアクセスしてブロックするべき広告や URL を確認することなく即座に対処できます。

広告をブロックするとオークションへの広告主の入札が減ることとなり、広告スペースの競争率が下がるため、収益も低下する可能性があります。そのため、対象ユーザーに不適切であると思われる広告のみをブロックすることをおすすめします。

[広告の詳細] ウィンドウには、次のブロック オプションがあります。

URL 単位でブロック


特定の URL からの広告をサイトに表示させないようにする手順は以下のとおりです。

1.サイト上で、URL をブロックする広告のオーバーレイをクリックします。[Google サイト運営者向けツールバー - 広告の詳細] ウィンドウが読み込まれます。
2.広告プレビューの下にあるプルダウンをクリックして [www.example.com の広告をブロック] を選択します。ブロックが有効になると、その広告に [ブロック] という赤いバナーが表示されます。
ブロックした URL が URL のフィルタ リストに追加されます。

広告単位でブロック


広告を個別にブロックするには、広告レビュー センターを有効にする必要があります。アカウントの広告レビュー センターは、この手続きを行ってから 1 時間以内に有効になります。

サイトに表示されたことのある特定の広告を表示させないようにする手順は以下のとおりです。

1.サイト上で、ブロックする広告のオーバーレイをクリックします。[Google サイト運営者向けツールバー - 広告の詳細] ウィンドウが読み込まれます。
2.広告プレビューの下にあるプルダウンをクリックして、[この広告をブロック] を選択します。ブロックが有効になると、その広告に [ブロック] という赤いバナーが表示されます。
広告レビュー センターの [ブロックした広告] タブにアクセスすると、ブロックした広告を確認できます。

広告ネットワーク単位でブロック


Google 認定の広告ネットワークからの広告をサイトに表示させないようにする手順は以下のとおりです。

1.サイト上で、広告ネットワークをブロックする広告のオーバーレイをクリックします。[Google サイト運営者向けツールバー - 広告の詳細] ウィンドウが読み込まれます。
2.広告プレビューの下にあるプルダウンをクリックして [(該当の広告ネットワーク)の広告をブロック] を選択します。ブロックが有効になると、その広告に [ブロック] という赤いバナーが表示されます。
[広告の許可とブロック] タブの [広告ネットワーク] タブにアクセスすると、ブロックした広告ネットワークを確認できます。

[広告の詳細] ウィンドウで広告をブロックする - AdSense ヘルプ 」 より




広告レビュー センターを有効にする方法 - AdSense ヘルプ



広告レビュー センターを利用する手順は次のとおりです。

AdSense アカウントにログインします。
左側のナビゲーション パネルで [広告の許可とブロック] をクリックします。
AdSense サービスをクリックします。たとえば、コンテンツ向け AdSense の場合は [コンテンツ] をクリックします。
ページ上部のバーで、[広告(広告レビュー センター)] タブをクリックします。
広告レビュー センターの使用に関する情報を確認します。
ご利用の準備が整ったら、リクエストを送信します。

広告レビュー センターを有効にした当初は、それ以降にサイトに掲載された広告のみが表示されます。1~2 日経過すると、広告レビュー センターの [掲載済み] タブに表示される広告が増加します。

広告レビュー センターを有効にする方法 - AdSense ヘルプ 」 より





Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時について


Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時は、Google アメリカ本社のある「アメリカ合衆国 カリフォルニア州 マウンテンビューアンフィシアターパークウェイ1600番」の時間である「ロサンゼルス時間」(タイムゾーンの名称 「アメリカ合衆国 太平洋時間」)になっています
日本との時差は、「-16」で、日本の方が、16時間進んでいます (日本で日付が変わっても、現地で日付が変わるのは 16 時間後です)

日本時間に置き換えたい時は、Google Search Console で表示される日時に、16 時間足すことにより求められます
例えば、、Google Search Consoleでの表示時間、「2014.4.27 0:00」 は、日本時間、「2014.4.27 16:00」のことになります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ASP > AdSense > アドセンス 広告の許可とブロック 広告主のURL URL指定で非表示
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP