ホーム > ネット > ドメインの種類 ・ 管理 と 空きドメイン検索
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

ドメインの種類 ・ 管理 と 空きドメイン検索


ドメインの種類 ・ 管理について



全世界のドメインの管理は、国際組織 「ICANN」が担当していて、ドメインに、「 .tokyo 」等の地名を使う場合は、ICANNへ各自治体の「支持書」を提出する必要があり、ドメイン販売元のGMOドメインレジストリが「 .tokyo 」の使用を申請したのに対し、都は2012年に支持を表明しています

GMOドメインレジストリでは、「 .com 」 「 .net 」 などほかのドメインと同様、「 .tokyo 」についても、利用者からドメインの購入を受付後、「既存の文字列と重複がなければ基本的に許可すると説明しています




日本レジストリサービス の空きドメイン検索



「 .jp 」(汎用型JPドメイン)では、指定文字を 1~2文字入れるだけで、その文字を含む 3~4文字の空きドメインを全て一覧表示してくれますので、短い空きドメイン名を探すのにとても便利です


  3文字4文字ドメイン名検索 - !JP 日本レジストリサービス



空き 「 .jp 」 以下の文字を含むドメイン名一覧


上記、「 3文字4文字ドメイン名検索 - !JP 日本レジストリサービス 」で検索した結果を一覧表示しています


  空き 「 .jp 」 ドメイン名一覧



JPドメイン名のサービス案内 JPRS
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は、ドメイン名の登録管理と、ドメインネームシステム(DNS)の運用を通して、インターネットの基盤を24時間×365日支えています。




お名前.com の空きドメイン検索



お名前.com で、全てのドメインについて、空きドメイン検索を行うことができます



空きドメイン検索





Agile Domain Search


指定したキーワードを含むドメイン名を自動生成、空き 「.com」 ドメインを検索、一覧表示してくれますが、生成文字列(単語の羅列)が長い為、自分で適当に単語をくっつけて検索しても空いてそうなものばかりで、あまり、利用価値はない

  Agile Domain Search – A Powerful Domain Name Generator  (「lifehack」で検索)

紹介記事
指定したキーワードを含む空きドメインを探してくれるサイト「Agile Domain Search」


空きドメイン リストアップ


「当サイトのツールで未登録の可能性有りと判定されたサイトのリストです。未登録サイトを全て網羅しているわけではありません。また、判定精度や更新頻度の問題で登録済みまたは登録不能なドメイン名も含まれています。」(下記ページより引用)

どのような判定方法を採っているのか不明ですが、下記ページで空いている可能性があると判定されていても、例えば、「アルファベット3文字.net 」は、実際は全て取得不可でした

まあ、やみくもに当たるより、少しは労力削減に役立つかもしれません

  空きドメイン リストアップ


ドメイン探し


「英数で3文字とか、oとrとzだけ使った5文字のとか、指定した条件にマッチするドメイン名が空いているか(取得可能か)調べるためのページです。」(下記ページより引用)

上記、「空きドメイン リストアップ」を個別に調べることのできるページですが、判定ロジックは同じと思われ、やはり、空いている可能性ありと判定されても、実際に空きを見つけることはできませんでした

個別に探す手間を考えると、上記、「空きドメイン リストアップ」で一覧表示されたものから探す方が楽でしょう

  ドメイン探し


Short Domain Search


希望のキーワードで空きドメインを検索できますが、トップレベルドメインが、「.bz」、「.cc」、「.co」 等馴染みのないものばかりなので、あまり実用性はありません

  Short Domain Search

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ネット > ドメインの種類 ・ 管理 と 空きドメイン検索
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.
ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2015年2月19日

「.tokyo」不正サイト初確認 自治体“お墨付き”でも潜む危険 知名度を悪用 産経新聞 2015年2月19日(木)05:25


 東京都などによると、全世界のドメインの管理は国際組織「ICANN」が担当。ドメインに地名を使う場合はICANNへ各自治体の「支持書」を提出する必要があり、ドメイン販売元のGMOドメインレジストリが「.tokyo」の使用を申請したのに対し、都は約3年前に支持を表明した。
 とはいえ「誰が利用しているか、都が把握しているわけではない」と政策課の担当者。GMOドメインレジストリは利用者からドメインの購入を受付後、「既存の文字列と重複がなければ基本的に許可する。『.com』『.net』などほかのドメインと手続きは同じ」と説明する。


ページTOP
ページTOP
ページTOP