ホーム > ロケット > JAXA K-9M ロケット とは 観測ロケット 概要 (運用終了)
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

JAXA K-9M ロケット とは 観測ロケット 概要 (運用終了)


JAXA K-9M ロケット とは 観測ロケット 概要 (運用終了)



K-9M型ロケットは、IGY(国際地球観測年)後に開発された K-8型ロケットを改良したもので、初飛行は 1962年、飛翔体としての完成をみた 1965年以後、わが国科学観測ロケットの主力機として活躍、搭載側研究者の評価も高い名機で、“その場で”の計測を目的とし高度を必要とする場合には K-9Mを、大重量、大容量を必要とする天文観測等の場合には K-10を、という形で使い分けられていました


K-9M型ロケットはIGY(国際地球観測年)後に開発されたK-8型ロケットを改良したもので、初飛行は1962年、飛翔体としての完成をみた65年以後わが国科学観測ロケットの主力機として活躍した。

JAXA K-9M 観測ロケット 宇宙科学研究所 」 より

数次の改良を経ましたが、主なものは、ブースタ推薬のポリサルファイド系からウレタン系への変更(43号機)、ブースタ ・ メイン切断方式の変更(同)で、推薬はブースタ、メインともに ウレタン系推薬のブロック ・ ボンディング方式、燃焼室材料はブースタが HT-100のマレージング鋼、メインは アルミ合金製でした


ノズルは、ともにスティール製で、グラファイト ・ インサートがつけられ、内面コーティングが施され、ブースタ ・ メイン切断は ラプチャ・ディスク方式、切断、および、メイン点火は延時管によって行われますが、そこには バロー ・ スウィッチが組込まれており、高度 2.5km以下ではブースタの異常等に際しても点火しないように、保安上の配慮がなされていました

飛翔安定は、それぞれ 4枚の尾翼によりますが、メイン尾翼の後縁のねじりにより最終的には 3Hzのスピンが与えられます


近年に至るまで、初期故障を除けば、わずかに 36号機と 61号機の飛翔異常を数えるのみでしたが、70、71号機で相次いでメインモータが早期に推力停止するという不具合が発生、地上燃焼実験を含む故障解析によりモータケース内のレストリクタ厚さを増すことを主とする対策を施した結果、続く 72、73、74号機はいずれも正常に飛翔し、第一線に復帰しました

K-9M型ロケットは、1988年までの間に計88機が飛翔しました



JAXA 観測ロケット とは



観測ロケットは衛星打上げ用のロケットとは異なり、ロケット自身が宇宙空間を飛びながら落下するまでの間に観測を行なうもので、通常は 1段式、あるいは、2段式構成で、実験終了後、観測装置およびロケットは海上に落下します

観測機器はロケットの上段の頭胴部と呼ばれる場所に取り付けられ、飛翔中の空力加熱から保護するためにノーズコーンというとんがり帽子のような蓋をかぶせて打ち上げられます


観測はロケットが最高高度に達する前から、落下するまでの間に行われ、ロケットは上空のあらかじめ決められた高さでタイマによってノーズコーンを開き、観測機器のアンテナを伸ばしたり、観測のための試料を放出したり、いろいろな作業が設定されたタイマによって進められたのち、目的に応じた観測を行います

気球が到達可能な高度は 約 50kmまで、多くの人工衛星は 高度 250km以上を飛んでいますので、両者の間の空間を直接観測できるのは観測ロケットのみで、この空間は、中間圏や熱圏、電離圏と呼ばれている領域ですが、観測ロケットはこの空間に特異な現象を解明するために打ち上げられてきました


観測のテーマは全国の大学や研究機関に所属する研究者から提案されたものを評価 ・ 選定し決定され、宇宙科学研究所の観測ロケットは、天体物理学の観測、上層大気の研究、宇宙プラズマ物理学等に貢献し、日本の宇宙科学研究を支えてきました

宇宙科学研究所の工学チームも、姿勢制御システム、再突入技術、回収技術、航法技術等、新しい飛翔体システムを開発しています。

また、材料科学やライフ・サイエンスのための微小重力実験の分野でも、観測ロケットが使われています。


観測ロケットを使った実験では、計画立案から実験実施まで迅速な対応が可能であり、短期間で実験成果を得ることができるため、将来の人工衛星や惑星探査機などに搭載を予定している新しい観測装置や技術要素の機能や性能の確認試験としても優れた機動性を発揮しています。

現在、宇宙科学研究所で使用している観測ロケットは、S-310、S-520、SS-520の3機種です。


観測ロケットは毎年1~2機、鹿児島県大隅半島東端に位置する内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられています。

国内だけでなく海外でも観測ロケットの打上げを行っています。


S-310は国立極地研究所の南極での観測に、S-310とS-520は、ノルウェーのアンドーヤ・ロケット基地からオーロラの直接観測のために使われました。

SS-520はノルウェーのスピッツベルゲン島から磁気圏のカスプと呼ばれる領域の観測のためにも使われました。



JAXA 観測ロケット 一覧



JAXA 観測ロケット一覧

JAXA 観測ロケット 宇宙科学研究所 」 より


目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ロケット > JAXA K-9M ロケット とは 観測ロケット 概要 (運用終了)
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


JAXA K-9M 観測ロケット 宇宙科学研究所
JAXA 観測ロケット 宇宙科学研究所
JAXA 宇宙航空研究開発機構 (プレスリリース)
JAXA サイトポリシー 利用規約 (商用利用不可)
JAXA デジタルアーカイブス
JAXA デジタルアーカイブス 素材のご使用条件 (個人利用可)
経済産業省 (Ministry of Economy, Trade and Industry)
経済産業省 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP