ホーム > IT > HDエミュレーション ブータブルメディア 作成方法
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

HDエミュレーション ブータブルメディア 作成方法


HDエミュレーション ブータブルメディア とは



Windows パソコンを使用している場合、通常の使用では、必要としないだけに、いざ、マザーボードとか拡張カードの 「 bios 」 を更新しようとして、「 Dos 」 の起動環境が必要ですと言われ、お困りになる方も少なくないのではないでしょうか


少し前までは、「 Dos 」 の起動FD(フロッピーディスク)とFDD(FDドライブ)を用意しておけば、作業できたのですが、筆者の環境で使用している Adaptec RAID アダプタ (カード) 「 Adaptec RAID 7805 」 では、bios rom (フラッシュイメージデータ) が、8MBにもなり、FDには収まりません


また、HD (ハードディスク) は、TBクラスの上、NTFS フォーマットのため、「 Dos 」 起動では、HDに置いておいてもアクセスできません


そこで重宝するのが、DOS起動のハードディスクをエミュレーションしてくれる HDエミュレーション ブータブルメディア (DVD/CD ブートディスク) です


注.Adaptec RAID アダプタ (カード) 「 Adaptec RAID 7805 」 の bios アップデートは、「 maxView Storage Manager 」 を使用すれば、Windows 上でも行えます

コントローラのファームウェアをアップデートするには、以下の手順に従います。
1. Enterprise ビューで、システムを選択します。
2. リボン上の、System グループで、Firmware Updateをクリックします。




HDエミュレーション ブータブルメディア 作成に必要なソフト



HDエミュレーション ブータブルメディア を作成する為の下記ソフトを用意します


項番 ソフト名 説明
1 MS-DOS (または 相当品) DOS起動に使用しますので、MS-DOS または その相当品 が必要です
2 VMware Workstation 有料ソフト とても便利なソフトですのでこの機会に購入するのもアリかと
VMware Japan オンラインストア
3 ImgBurn フリーソフト 下記等を参照して入手します
ImgBurnのダウンロード・インストール・日本語化




HDエミュレーション ブータブルメディア 作成手順



手順 1. VMWare 上で、ハードディスクからの Dos 起動 仮想マシンを構築



まずは、VMWare 上でハードディスクから起動できる Dos 環境を構築します



手順 2. VMWare 上で、Windows 7 等の ImgBurn が使用できる仮想マシンを構築



VMWare 上で、Windows 7 等の ImgBurn が使用できる仮想マシンを構築し、手順 1.で作成した Dos 起動ハードディスクを接続します



手順 3. ImgBurn を使用して、VMWare 上で、ハードディスクからの Dos 起動 仮想マシンを構築



VMWare 上で、ImgBurn が使用できる仮想マシン上で、ImgBurn を使用して、Dos 起動ハードディスクのイメージファイル(~.iso)を作成します


「 ImgBurn 」 ブータブルメディア作成画面



「 ImgBurn 」 ブータブルメディア作成画面

「入力元」 Dos起動仮想HDを指定
「出力先」 HDエミュレーション起動ブータブルメディアイメージファイル名を指定 (~.iso)
「ブータブルイメージを作成する」 にチェックを付ける
「ブートイメージの抽出」 Dos起動仮想HDを指定

「ブートイメージの抽出」 の右側にあるFDアイコンをクリックする

抽出されたブートイメージファイルは、他に使用することもないので、適当な場所に仮保存し、本作業終了後削除する

※.「ブータブルイメージを作成する」 の下にある設定項目は、「ブートイメージの抽出」 時に、自動的に設定されるので、手動設定は不要




手順 4. ImgBurn を使用して、Dos 起動ハードディスクのイメージファイル(~.iso)をDVD/CD等のメディアに焼く



手順 3.で作成した Dos 起動ハードディスクのイメージファイル(~.iso)をDVD/CD等のメディアに焼けば、ハードディスクエミュレーションブータブルメディアの完成です

※.この例では、一旦 iso イメージファイルを作成しているが、直接DVD等のメディアに焼いても良い




補足. ハードディスクエミュレーションブータブルメディアの起動



ハードディスクエミュレーションブータブルメディアの起動は、通常のDVD/CD等のメディア起動と同じ手順になりますが、起動してからは、そのハードディスクエミュレーションブータブルメディア(DVD/CD)が、Cドライブとなります


通用のWindowsPCを立ち上げると、ハードディスクがCドライブとなり、DVD/CD等のドライブは、もっと後方のドライブ文字(アルファベット)が割当られますが、ここで作成したハードディスクエミュレーションブータブルメディア(DVD/CD)は、起動時に自分自身をハードディスクとしてエミュレーションしていますので、自分自身(DVD/CD)が、Cドライブとなります


とは言え、実態は、DVD/CD-ROM (リードオンリー)として動作しますので、書き込みはできません


中身を変更したい場合は、作成元の VMWare 上のハードディスクから変更、作り直します

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > HDエミュレーション ブータブルメディア 作成方法
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP