ホーム > IT > 機器 > ハードディスク (HDD) 用途で選ぶ WD HDD 5色シリーズ
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

ハードディスク (HDD) 用途で選ぶ WD HDD 5色シリーズ


ハードディスク (HDD) 用途で選ぶ WD HDD 5色シリーズ



Western Digital製 HDDのブランドは、Blue、Black、Red、Purple、Goldの 5色で構成されています


Western Digital製 HDDのブランドは、Blue、Black、Red、Purple、Goldの 5色で構成されています 少し前まではGreen、Blue、Black、Redの 4色で構成でしたが、Green は Blue に統合され、新たに Gold、Purpleが加わっています



スタンダードモデルの「WD Blue」



「一般クライアント向け」という位置づけの製品で、Western Digitalによると「日本で小売りされるHDDの1/3はWD Blue」だというほど売れているとか。

WD Blueは7,200rpmクラスのパフォーマンスタイプと5,400rpmクラスのエコタイプの2タイプあり、このほかにSSDキャッシュを搭載したWD Blue SSHDもある。フォームファクタとしては3.5インチと2.5インチの2種類だ。

以前あった「WD Green」はこのBlueに統合されている。



オーディオ・ビデオ記録向けの「WD AV」



色分けシリーズの名前ではないが、オーディオ・ビデオ記録向けの「WD AV」シリーズもある。これは、365日24時間の運用を想定しつつ、コストパフォーマンスも重視した、といった位置づけの製品で、「PCでTV録画をしたり、外付けHDDケースを介してTV接続しているユーザーにはWD Blueよりもこちらがおすすめ」(Western Digital社)という。



ハイパフォーマンスモデル「WD Black」



WD Blue同様に「クライアントPC向け」だが、クリエイターやゲーマーなど「より高品質そして高性能な製品が欲しい」人向けの製品だ。

高性能PCのシステムドライブはSSDが当たり前になっているが、このWD Blackは「SSDと組み合わせ、データドライブとして使うにも適している」(同社)そう。ビデオ編集のデータエリアや大容量ゲームのインストール先なども想定しているという。

基本設計は「エンタープライズ向けの技術を一部使っている」(同社)とのこと。例えばコントローラチップもデュアルコア、キャッシュ制御もパフォーマンス優先となっており、振動による速度低下なども起きにくい設計なのだという。保証期間も5年と長い。

フォームファクタは3.5インチおよび2.5インチ。現在はラインナップから外れているが、2.5インチではSSDとHDDを1つのきょう体に共存させた「WD Black2」のような変わり種もあった。



NAS用の「WD Red」



「NAS用にカスタマイズされたHDD」として高い人気を誇るシリーズだが、この製品の登場前は「5,400rpmなのか7,200rpmなのか?」といったスペックだけでHDDを選ぶことも多く、初めて登場したときから話題になっていた。

設計としては、NASのように複数HDDを小さな筐体に収めるようなシーンでも高い信頼性を実現することに注力されており、ラインナップとしては3.5インチと2.5インチが展開されている。

また、WD Redの上位版「WD Red Pro」も存在するが、WD Red Proは、8ベイや10ベイといった4ベイ以上のNASに対応するためのもの。多ベイのNASで重要になる振動対策などをより高めているほか、スピンドル回転数も7,200rpmに向上している。

なお、一般クライアント向けのWD BlueやWD Blackは「24時間365日」といった常時稼働を想定していないが、WD Redや以下で紹介するシリーズは、基本的に24時間365日の稼働を想定。耐久性の点でも差がついている。



監視カメラ向けの「WD Purple」



監視カメラ(サーベイランス)向けモデルとされており、一般PC向けのニーズとは少々異なる。主に組み込み向けだが店頭販売されていることもある。

監視カメラでは、複数ストリームを同時に記録・再生するが、そうした書き込みを行う際、HDD内でできるだけ連続した領域に書き込むような制御を行い、データを扱いやすくする、といった 「監視カメラ向け」の専用ファームウェアを搭載。さらに、設置環境を考慮し、24時間365日の稼働や、熱変動、機器の振動への耐久性を備えているとされている。



エンタープライズモデル「WD Gold」



「データセンター向け」という位置づけの製品で、保証期間も5年と長く、当然、24時間365日の運用を想定。耐久性も特に高くなっている。

エンタープライズでは、複数のクライアントから同時にアクセスするような用途があり、そのような状況でもパフォーマンスを発揮するのがWD Goldなのだという。現在のWDブランドのなかで唯一10TBモデルをラインナップしているのもWD Goldだ。

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > 機器 > ハードディスク (HDD) 用途で選ぶ WD HDD 5色シリーズ
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


「用途で選ぶHDD」5色のWDシリーズを全解説、「色分けのルーツ」も聞いてみた - AKIBA PC Hotline!

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP