ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 パトリオット PAC3 ミサイル
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

航空自衛隊 パトリオット PAC3 ミサイル


航空自衛隊 パトリオット PAC3 ミサイル



航空自衛隊 パトリオット PAC-3ミサイル 写真画像

主要装備 ペトリオット|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 」 より

弾道ミサイル防衛 (BMD) システム



日本の弾道ミサイル防衛 (BMD) システムは、海上のイージス艦と陸上の迎撃ミサイル パトリオット PAC3の 2段構えの態勢となっています

弾道ミサイルの発射を最初に探知するのは、アメリカの早期警戒衛星で、この情報をもとに、おおまかな発射場所や発射の方向などが割り出され、日本海に展開する海上自衛隊のイージス艦が高性能レーダーで追尾を開始、弾道ミサイルを大気圏外で SM3 迎撃ミサイルを使用して迎撃します

イージス艦が、撃ち落とせなかった場合は、航空自衛隊の地上配備型の迎撃ミサイル、パトリオット PAC3が大気圏内、着弾寸前の高度数十キロの上空で迎撃する態勢となっており、防護範囲は、数十キロ程度(半径 約 20キロとの報道もありますが公式発表ではありません)とされます



高い性能、撃墜能力を持った パトリオット(ペトリオット) PAC3 迎撃ミサイル



パトリオットは、地上から航空機、および、弾道ミサイルを撃墜するミサイルで、現存する地対空誘導弾のなかでは最も優れたシステムといわれており、それは先の湾岸戦争でも証明されました


多機能フエーズド ・ アレイ ・ レーダーや TVM 誘導方式の採用、さらにコンピュータの大幅な活用によって各種機能の自動化、迅速化、高精度化が図られ、超低高度から高高度にいたる複数目標に対し、同時に対処可能であり、高い撃墜能力を有しています

日本では 1985年度(昭和60年度)から整備に着手、1994年度(平成6年度)中に配備(那覇)を完了しましています


また、弾道ミサイル防衛 (BMD) システムの整備にともない、パトリオット能力向上と PAC3 ミサイルの取得が計上され、2010年度(平成22年度)末までに 1、2、及び、4高群、高射教導隊、および、第 2術科学校に整備されました

注.パトリオットは、自衛隊では、米軍(アメリカ英語)に倣って、「ペトリオット」と称されます




航空自衛隊 パトリオット PAC3 ミサイル 主要諸元



主要スペック
分類 地対空誘導弾ペトリオット(PAC-3)
全長 約5m 直径 約0.25m 重量 約0.3t
射程 数十km
構成 レーダー装置、射撃管制装置、発射機、アンテナマスト・グループ、電源車、ミサイル




パトリオット PAC3 ミサイル 中四国 4県 緊急展開 2017年8月12日



ミサイル発射のイメージとPAC3の展開地
陸上自衛隊高知駐屯地に配備された地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」 2017年8月12日午前10時15分 高知県香南市

(上図) ミサイル発射のイメージとPAC3の展開地
PAC3発射機搭載の車両が高知と愛媛に到着 NHK 2017年8月12日 05:41 」 より
(下写真) 陸上自衛隊高知駐屯地に配備された地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」 2017年8月12日午前10時15分 高知県香南市
「PAC3」、高知県に配備 陸自4駐屯地で順次展開 朝日新聞 08月12日 11:21 」 より

北朝鮮が予告した米領グアム島周辺への弾道ミサイルの発射予告に対応、コースを外れた本体や破片といった落下物などがあった場合に備え、航空自衛隊は中部地方の 迎撃ミサイル パトリオット PAC3部隊を、上空を通過すると予告された県など中国・四国地方の 4ヵ所に配備します

高知県(陸自高知駐屯地)、愛媛県(陸自松山駐屯地)には、2017年8月12日朝、パトリオット PAC3部隊が到着、広島県(陸自海田市(かいたいち)駐屯地)、島根県(陸自出雲駐屯地)に引き続き到着する予定で、12日中に態勢を整えることになっています


北朝鮮はグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を 今月(2017年8月)中旬までに完成させると発表、島根県、広島県、高知県の上空を通過するとする飛行ルートを予告しています

現在、中国・四国地方には、パトリオット PAC3部隊が配備されていないため、空自岐阜基地(岐阜県)、白山分屯基地(三重県)などから移動させるとのことで、岐阜基地のパトリオット PAC3部隊が、2017年8月11日夜、出発しました


ミサイルの破壊措置命令は、2016年8月以降、常時発令された状態となっていますが、迎撃ミサイル パトリオット PAC3部隊の配置場所の変更に伴う手続き上、改めて、小野寺防衛相は、2017年8月11日、ミサイルの破壊措置命令を発令しました

安倍首相は、2017年8月12日午前、「国民の生命と財産を守るために最善を尽くしていく」と語り、引き続き北朝鮮問題の外交的解決を目指すとともに、不測の事態に備える考えを強調しました


政府は北朝鮮による弾道ミサイル飛行コースの予告に応じ、撃ミサイル パトリオット PAC3部隊を、2009年(平成21年)には岩手、秋田両県に、2012年(平成24年)、2016年(平成28年)には沖縄県に展開しています

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 パトリオット PAC3 ミサイル
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


主要装備 ペトリオット|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
航空自衛隊 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2017年8月12日

防衛省、「PAC3」を中国・四国地方に展開 読売新聞 2017年8月12日 12:43


 北朝鮮による米領グアム島周辺への弾道ミサイル発射に備えるため、防衛省は12日未明から昼、ミサイルを迎撃する航空自衛隊の地対空誘導弾「PAC3」を中国・四国地方の4県に展開した。
 4県はミサイルの飛行ルートとされており、同省は、本体や破片の落下といった不測の事態に対応できる態勢を整える。
 高知県の陸自高知駐屯地では、同日午前2時45分頃、PAC3の機材を積んだトラックが到着。その後、早朝までには発射機を搭載した車両も着き、隊員が点検作業などを行った。松山(愛媛県)、出雲(島根県)、海田市(広島県)の各駐屯地にもPAC3が次々と持ち込まれた。
 一方、小野寺防衛相は11日、ミサイルの破壊措置命令を出した。命令は昨年8月以降、常時発令された状態だが、PAC3の配置場所を変更したため、手続き上、改めて発令した。
 安倍首相は12日午前、山口県内で記者団に「国民の生命と財産を守るために最善を尽くしていく」と語り、引き続き北朝鮮問題の外交的解決を目指すとともに、不測の事態に備える考えを強調した。


2017年8月12日

PAC3、中四国に=ミサイル落下に備え―防衛省 時事通信 08月12日 12:28


 北朝鮮が米領グアム沖へ弾道ミサイルを発射する計画を発表したことを受け、防衛省は12日、ミサイルの日本国内への落下に備え、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を中国・四国地方の陸上自衛隊駐屯地に展開した。
 航空自衛隊第4高射群(岐阜県)のPAC3部隊は11日夜に移動を開始。出雲(島根県)、海田市(広島県)、松山(愛媛県)、高知(高知県)の各駐屯地に展開し、ミサイルが不具合で日本に落下する場合など、不測の事態に備える。
 北朝鮮は、グアム島周辺に向け発射する中距離弾道ミサイルが島根、広島、高知各県の上空を通過すると発表。日本のミサイル防衛は、海上自衛隊のイージス艦に搭載された迎撃ミサイルSM3と、地上のPAC3の2段構えで撃ち落とす態勢を取っている。


2017年8月12日

北朝鮮ミサイルに備え 中国・四国の4か所にPAC3配備 NHKニュース 08月12日 11:55


 北朝鮮が弾道ミサイルをグアム島周辺に発射する場合に備えて、自衛隊の迎撃ミサイルPAC3の部隊が、上空を通過すると予告された県など中国・四国地方の4か所に配備されました。自衛隊は24時間態勢で警戒と監視を続けることにしています。
 北朝鮮はグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を今月中旬までに完成させると発表し、島根県、広島県、高知県の上空を通過すると具体的な飛行ルートを予告しました。
 これを受けて自衛隊は、万が一、落下物などがあった場合に備えて、中部地方のPAC3の部隊を飛行コースと予告された県など中国・四国地方の4か所に配備することになり、12日未明から午後にかけて各地に部隊が到着しました。
 PAC3が配備されたのは、島根県の出雲駐屯地、広島県の海田市駐屯地、愛媛県の松山駐屯地、それに高知県の高知駐屯地です。
 このうち、高知県の高知駐屯地には、午前5時20分ごろ発射機を搭載した車両が到着し、その後発射機の角度を調整するとともに弾道ミサイルを追尾するレーダーなどを組み立てる様子が確認されました。


2017年8月12日

「PAC3」、高知県に配備 陸自4駐屯地で順次展開 朝日新聞 08月12日 11:21


 北朝鮮が米軍基地のある米領グアム島周辺の海域を狙ってミサイルを撃つと警告したことを受け、政府は12日、グアムに向けたコースを外れて誤って日本に落ちてきた場合を想定し、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を陸上自衛隊の高知駐屯地(高知県)に配備した。複数の政府関係者が明らかにした。
 航空自衛隊の基地から発射機などを移動させており、出雲(島根県)、海田市(広島県)、松山(愛媛県)の陸自各駐屯地にも順次到着し、展開を進めている。
 PAC3の射程は半径約20キロ。北朝鮮が発射したミサイルがグアムへ向けて正常に飛んだ場合には、PAC3で迎撃することはない。
 一方、海上自衛隊も、海上配備型迎撃ミサイルSM3を搭載したイージス型護衛艦1隻を日本海に展開し、警戒監視にあたっている。


2017年8月12日

PAC3、広島など4県に展開へ…北発射警戒 読売新聞 08月12日 06:29


 北朝鮮による米領グアム島周辺への弾道ミサイル発射計画を受けて、防衛省は11日夜、ミサイルを迎撃する航空自衛隊の地対空誘導弾「PAC3」を広島、島根、高知、愛媛各県に展開する準備を始めた。
 ミサイルが発射された場合、各県上空を通過するとみられ、同省は、ミサイルや破片が領土に落下するなどの万が一の事態に備える。
 政府関係者によると、空自第4高射群(本部・岐阜県)の複数の基地から、12日朝までに陸自の海田市(広島県)、出雲(島根県)、高知(高知県)、松山(愛媛県)各駐屯地にPAC3が移動する。このうち、岐阜県の空自岐阜基地では11日午後8時過ぎ、車両に搭載された発射機などが次々と運び出された。


2017年8月12日

PAC3発射機搭載の車両が高知と愛媛に到着 NHK 2017年8月12日 05:41


 北朝鮮による弾道ミサイルの発射に備えるため自衛隊の迎撃ミサイルPAC3の部隊が上空を通過すると予告された県など中国・四国地方の4か所に配備されることになり、このうち高知県と愛媛県には12日朝、部隊が到着しました。残りの広島県と島根県にもまもなく到着する見込みで、各地で12日中に態勢を整えることになっています。
 北朝鮮はグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を今月中旬までに完成させると発表し、島根県、広島県、高知県の上空を通過すると具体的な飛行ルートを予告しました。
 これを受けて自衛隊は万が一落下物などがあった場合に備えて、中部地方のPAC3の部隊を飛行コースと予告された3県に愛媛県を加えた中国・四国地方の4か所に配備することになりました。
 このうち高知県の高知駐屯地には12日午前5時20分ごろ、発射機を搭載した車両が到着し、その後、発射機の角度を調整するなど組み立ての作業が進められています。また、愛媛県の松山駐屯地にも12日午前6時15分ごろ、装備を搭載した車両が到着しました。


2017年8月12日

PAC3、島根・広島・愛媛・高知に展開 破壊措置命令 朝日新聞 2017年8月12日 03:00


 北朝鮮が米軍基地のある米領グアム島周辺の海域を狙ってミサイルを撃つと警告したことを受け、小野寺五典防衛相は11日、グアムに向けたコースを外れて誤って日本に落ちてきた場合を想定し、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を中国・四国地方の計4カ所の陸上自衛隊の駐屯地に展開する破壊措置命令を出した。複数の日本政府関係者が明らかにした。
 展開するのは出雲(島根県)、海田市(広島県)、松山(愛媛県)、高知(高知県)の四つの駐屯地。航空自衛隊のPAC3の発射機などの移動を11日から始め、12日午前に4駐屯地への展開が終わる見通しだ。
 国家安全保障局(NSS)は、北朝鮮からグアムに向けてミサイルが発射された際の飛翔(ひしょう)コースを推定。度重なる発射によって北朝鮮は技術を向上させており、正常に飛べば島根県から広島県、高知県にかけてのはるか上空を飛ぶことになる一方、機器のトラブルなどでコースを外れ、日本に落ちてくる場合にも備える必要があると判断した。


2017年8月11日

【北ミサイル】PAC3展開作業を開始 空自岐阜基地から部隊出発 産経新聞 08月11日 23:14


 政府は11日、北朝鮮が米領グアム沖に弾道ミサイルを発射する計画を表明したことを受け、ミサイルが上空を通過すると名指しされた島根、広島、高知の3県と愛媛県の陸上自衛隊駐屯地に、空自の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開する作業を開始した。12日朝には展開を終えたい考えで、部品の落下など不測の事態に備える。
 PAC3を展開するのは出雲(島根)、海田市(広島)、松山(愛媛)、高知(高知)の各駐屯地。4県はPAC3部隊が配備されておらず、空自岐阜基地(岐阜)、白山分屯基地(三重)などから移動させる。11日夜、岐阜基地のPAC3部隊が出発した。
 PAC3は、海自のイージス艦が迎撃ミサイルで打ち漏らした場合、着弾寸前の高度数十キロの上空で迎撃する。防護範囲は数十キロ程度とされる。
 政府は昨年8月以降、弾道ミサイル迎撃の法的根拠となる自衛隊法の破壊措置命令を常時、発令しており、東京・市谷の防衛省にもPAC3が常時展開している。
 政府は北朝鮮による弾道ミサイル飛行コースの予告に応じ、PAC3を平成21年には岩手、秋田両県に、24、28年には沖縄県に展開した。


2017年8月11日

PAC3、12日配備=島根、高知など4県―防衛省 時事通信 08月11日 20:56


 北朝鮮が米領グアム沖へ弾道ミサイルを発射する計画を公表したことを受け、防衛省は11日、島根、広島、愛媛、高知の4県に対し、地上から迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開すると連絡した。部隊は同日夜、航空自衛隊第4高射群(岐阜県各務原市)を出発。4県の陸上自衛隊駐屯地に向かい、12日中に配備を完了する。
 北朝鮮はグアム島周辺に中距離弾道ミサイルを発射する計画を公表。「島根と広島、高知各県の上空を通過する」としているが、PAC3は中国・四国地方に配備されていなかった。
 島根県の溝口善兵衛知事は「迅速な対応に感謝する。政府は引き続き警戒・防護体制を強化し、住民の安全確保に万全を期していただきたい」との談話を発表した。


2017年8月11日

<防衛省>PAC3配備へ 北朝鮮ミサイル落下に備え 毎日新聞 08月11日 20:19


 中国・四国地方の4カ所に
 北朝鮮が公表した米領グアム沖への弾道ミサイル発射計画を受け、防衛省は11日、ミサイルが上空を通過すると予告された中国・四国地方の4カ所に、地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)を展開することを決めた。ミサイルに不具合が生じた場合、日本国内に落下する可能性を排除できないためだ。
 政府関係者が明らかにした。北朝鮮の計画では、グアム島周辺に中長距離弾道ミサイル「火星12」を4発撃ち、「島根、広島、高知の上空を通過する」としている。PAC3は現在、中国・四国地方に配備されていないため、岐阜県の岐阜基地のPAC3を移動させる。展開先は島根県の出雲駐屯地、広島県の海田市駐屯地、愛媛県の松山駐屯地、高知県の高知駐屯地の予定だ。
 日本のミサイル防衛は、海上自衛隊のイージス艦に搭載された海上配備型迎撃ミサイル「SM3」と、地上のPAC3との2段構え。2016年に北朝鮮が「人工衛星」と称した弾道ミサイル発射を予告した際、防衛省は飛行経路に近い沖縄県の宮古島や石垣島に臨時にPAC3を配備した。


2017年6月21日

【北ミサイル】朝霞駐屯地でPAC3の訓練を公開 産経新聞 06月21日 18:14


 北朝鮮による弾道ミサイル発射が相次ぐ中、防衛省は21日、弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区など)で行い、報道陣に約4年ぶりに公開した。
 訓練は航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)の第1高射群が実施。午前6時過ぎから約15分で発射機の設置作業を終えた。PAC3は海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が打ち漏らした弾道ミサイルを着弾前に狙うシステム。26日には北熊本駐屯地で同様の訓練を行う。


2017年6月21日

ミサイル防衛「見える化」方針 防衛省、訓練公開を推進 朝日新聞 06月21日 11:06


 防衛省は21日、弾道ミサイル防衛訓練を4年ぶりに報道陣に全面公開した。早朝の陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区など)に地対空誘導弾PAC3やレーダーを載せた車両、電源車が集結。空自で関東を担当する部隊が、軌道を捉え迎撃するため装置を素早く設置する手順を確認した。
 北朝鮮のミサイル発射が続き、「落ちたらどうする」といった政府への問い合わせも増す中、防衛省は迎撃訓練を積極的に公開しミサイル防衛の「見える化」を進める方針に転換。今月はほかに愛知、福岡、熊本各県での実施を発表し報道陣に公開する所もある。
 先月の日米首脳会談で合意した「北朝鮮の脅威を抑止する具体的行動」の一環でもあり、自衛隊と在日米軍の共同訓練の初公開も検討中。ただ、北朝鮮への牽制(けんせい)になるのかは手探りで、日本政府はミサイル防衛自体の強化も進める。


2017年6月21日

<PAC3>朝霞駐屯地で訓練 公開は4年ぶり 毎日新聞 06月21日 11:00


 北朝鮮が弾道ミサイルを相次いで発射していることを受け、航空自衛隊が全国4カ所での実施を公表した地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)の機動展開訓練が21日、陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区など)で報道陣に公開された。PAC3の訓練公開は2013年10月以来4年ぶり。
 訓練したのは空自入間基地(埼玉県狭山市など)所属の第4高射隊。午前6時過ぎにPAC3を積んだ車両約10台が朝霞駐屯地に到着し、隊員約20人が発射機やレーダーを上空に向け、発射態勢を整える手順を確認した。
 訓練部隊を率いた花田哲典(あきのり)3等空佐は「訓練の公開で国民の安全・安心感の醸成に寄与すると考えている」と話した。


2017年6月13日

PAC3の展開訓練、全国各地で実施へ 稲田防衛相 朝日新聞 06月13日 13:00


 稲田朋美防衛相は13日の閣議後の記者会見で、地対空誘導弾「PAC3」の展開訓練を15日以降、全国各地で順次実施すると発表した。稲田氏は「北朝鮮の弾道ミサイル発射が相次いでいるなか、自衛隊の戦術技量の向上をはかることは極めて重要」と述べた。
 訓練は、各地にあるPAC3の発射機やレーダー装置、電源車など一式を基地や駐屯地などに設置するもので、15日は航空自衛隊小牧基地(愛知県)に第4高射群(本部・岐阜県)のPAC3を展開する。今後、米軍との共同訓練も行う予定だ。
 防衛省は、展開訓練について、5月の日米首脳会談で合意した「日米による防衛体制の能力を向上させるための具体的な行動」の一環と位置づける。訓練は従来は公表していないが、稲田氏は「自衛隊の即応体制を堅持することが国民の安心感の醸成にも寄与する」と述べ、公表することにしたという。


2017年6月13日

自衛隊が迎撃ミサイルの展開訓練、北朝鮮に対処 ロイター 06月13日 12:35


 稲田朋美防衛相は13日の閣議後会見で、地上配備型迎撃ミサイルPAC3の展開訓練を15日から全国で順次実施することを明らかにした。
 常に訓練は行っているが、あえて公表し、弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対する抑止効果を高めるとともに、国内に安心感を与える狙い。
 航空自衛隊のPAC3は、レーダーや発射機などで構成する移動式の迎撃ミサイル。訓練では基地から迎撃に最適な場所まで運び、組み立てて発射可能な態勢を整える。
 まずは15日に航空自衛隊の小牧基地(愛知県)、16日に陸上自衛隊の福岡駐屯地(福岡県)、21日に陸自の朝霞駐屯地、26日に陸自の北熊本駐屯地(熊本県)で実施する。
 稲田防衛相は会見で、「多くの国民が不安を感じている中、弾道ミサイル対処にかかる即応態勢を堅持することは、安心感の醸成にも寄与する」と語った。
 5月の日米首脳会談で一致した、防衛力強化に向けた「具体的な行動」の一環でもあるという。米軍とも共同で展開訓練を行う方向で調整している。


ページTOP
ページTOP
ページTOP