ホーム > 防災 > 空自 > 航空自衛隊 F-35A ライトニングII 最新鋭 ステルス戦闘機
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

航空自衛隊 F-35A ライトニングII 最新鋭 ステルス戦闘機


航空自衛隊 F-35A ライトニングII 最新鋭 ステルス戦闘機



F-35 ライトニングII は、航空自衛隊が導入を予定している、米英などを中心に国際共同開発中の、最新鋭ステルス戦闘機で、開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(Joint Strike Fighter)の略称 JSF とも呼称されます


Wikipedia F-35 写真画像
F-35Aは、F-4戦闘機の後継として導入が決定された最新鋭の戦闘機で、2017年(平成29年)度から三沢基地に配備される計画です

(上写真) 「 Wikipedia F-35
(下写真) 「 主要装備 F-35|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 」 より

F-35A は 最新鋭の次期戦闘機です



F-35Aは、F-4戦闘機の後継として導入が決定された最新鋭の戦闘機で、2017年(平成29年)度から三沢基地に配備される計画です


F-35Aは高いステルス性能のほかこれまでの戦闘機から格段に進化したシステムを有しており、日本国土の防衛、ひいては地域の安定に多大な貢献をしてくれる期待の戦闘機です


F-35B (米海兵隊仕様) は 垂直離着陸が可能



F-35 には、空軍型のF-35A、海兵隊型のF-35B、海軍型のF-35Cがあり、航空自衛隊としては当然空軍型のF-35Aということになるのですが、海兵隊型のF-35Bは、かつて、イギリスにて開発されフォークランド紛争で活躍、後に、アメリカ海兵隊でも採用されたハリアー同様、垂直離着陸性能を持っています

F-35Bは、狭い国土に十分とは言えない航空自衛隊基地しかもたず、周囲を海に囲まれた日本にとっても魅力的な仕様です

F-35Aとともに、F-35Bも導入して、新型輸送艦(多目的輸送艦)にも離着陸できるようにしてもらいたいものです




航空自衛隊 F-35A ライトニングII 主要諸元



主要スペック
分類 戦闘機 乗員 1人
全幅 10.7m 全長 15.6m 全高 4.4m
エンジン
搭載数 1基 名称 F135-PW-100
性能
最大速度 マッハ約1.6 航続距離 約2,200km
武装 25mm機関砲 空対空レーダーミサイル 空対空赤外線ミサイル




航空自衛隊配備 F-35A に 射程 300キロ 空対地ミサイル導入 検討 2017年6月26日



航空自衛隊配備 F-35A に 射程 300キロ 空対地ミサイル導入 検討 2017年6月26日

F35に空対地ミサイル検討…射程300キロ 読売新聞 2017年6月26日 08:38 」 より

政府は、航空自衛隊の 「F-4EJ」 戦闘機の後継として配備予定の、最新鋭ステルス戦闘機 「F-35A」 に、遠く離れた地上の敵を攻撃できる「空対地ミサイル」を導入する方向で、2018年度予算に関連経費の計上を目指して検討に入ったことが、複数の政府関係者によって明らかになりました

自衛隊では、これまで空対艦ミサイルは装備していましたが、空対地ミサイルの導入は初めてのこととなります


航空自衛隊の F-35 に導入する空対地ミサイルの有力候補として検討されているのは、米英豪などとともに、F-35 の国際共同開発に参加した 9ヶ国のメンバーであるノルウェーが主体となって開発中の 「ジョイント ストライク ミサイル(JSM)」で、海上の艦船を狙う「空対艦」の能力とともに、自衛隊が現在保有していない「空対地」ミサイルの能力を併せ持ち、射程は 約 300キロメートルとされています


国内の離島有事に備えるのが主目的とされていますが、自衛のために相手国の基地などを攻撃する 「敵基地攻撃能力」 の保有を念頭に置いているとの見方もあります

最新鋭ステルス戦闘機 F-35A ライトニングII は、敵のレーダーに探知されにくい高度なステルス性能を持っており、航空自衛隊は、計 42機の導入を予定し、2017年度末から青森県 三沢基地に順次配備する予定です




最新鋭ステルス戦闘機 F-35A ライトニングII 空自配備 1号機 米で初公開 2016年9月23日



米ロッキード ・ マーチン社は、2016年9月23日、テキサス州のフォートワース工場で、米空軍でも実戦配備が始まったばかりの最新鋭主力戦闘機 F-35A ライトニングII の航空自衛隊向け 1号機を初公開しました

F-35A ライトニングII は、レーダー探知されにくいステルス性が高く、情報収集能力やネットワーク交戦能力にも優れ、今後数十年間、日本の防空を担うことになる最新鋭戦闘機です


F-35A ライトニングII は、航空自衛隊 F4戦闘機の後継機として 2016年10月納入され、2018年に三沢基地(青森県)に配備、2024年までに計42機を導入する予定になっており、1機 約 180億円とされ、米国内では開発の遅れと大幅な予算超過が批判されてきましたが、ようやく実戦配備の道筋が見えてきました

F-35A ライトニングII は、ミサイルを機体内部に格納装備するなどステルス性を追求し、敵機やミサイルの探知能力も高く、機体に埋め込まれた 6個の赤外線カメラの映像が、パイロットのヘルメット内側に投影され、状況への対処能力が飛躍的に向上、様々な任務遂行に威力を発揮するとされ、米空軍が「従来の航空機ができなかった領域を達成した」(航空戦闘軍団司令官)と語る程優れた次世代戦闘機です




最新鋭ステルス機 F-35A ライトニングII 米軍海兵隊 岩国基地 16機配備 2016年8月20日



米軍では、2017年1月、及び、8月、海兵隊岩国基地(山口県岩国市)に、最新鋭ステルス戦闘機 F-35Bが配備されます

配備されるのは海兵隊仕様のF-35 B型 垂直離着陸機 計 16機、2017年1月、FA18ホーネット戦闘攻撃機 12機との交代で F-35B 10機、8月には、AV8Bハリアー垂直離着陸攻撃機 8機との交代で F-35B 6機が配備される計画で、F-35B配備に伴い、岩国基地に所属する米軍人と家族は、約130人増となります


F35は、米英などが中心となる国際共同開発のマルチロール(多用途)機で、航空自衛隊は、空軍仕様の A型機を導入する予定です

米国外への配備はこの岩国基地が初めてで、米軍には、核 ・ ミサイル開発を進める北朝鮮や海洋進出を強める中国を念頭に、最新鋭ステルス戦闘機 FF-35の配備で、アジア太平洋地域における抑止力を高める狙いがあります




最新鋭ステルス戦闘機 F-35A ライトニングII 日本向け 初号機 写真公開 2016年8月16日



航空自衛隊は、米ロッキード ・ マーチン社が、フォートワース工場(テキサス州)で製造中の、航空自衛隊向け最新鋭ステルス戦闘機 F-35 初号機の写真を公開しました


航空自衛隊が公開した最新鋭ステルス戦闘機F-35の日本向け初号機(空自提供)

航空自衛隊が公開した最新鋭ステルス戦闘機F-35の日本向け初号機 (空自提供)

航空自衛隊は、F-35A 計 42機を調達する計画で、初号機は、飛行試験を行った後、2016年10月に引き渡される予定です

引き渡しを受けた後、航空自衛隊は、米アリゾナ州のルーク空軍基地で、航空自衛隊パイロットの操縦訓練を行います


日本国内でも、三菱重工の小牧南工場(愛知県豊山町)に設置された F-35A 最終組み立て検査工場 (FACO)において、国内生産型 F-35A の組み立てが始まっており、2017年中に 2機の引き渡しが予定されていますが、この三菱重工製の機体も、当面はルーク空軍基地で訓練に用いられる見込みです

F-35A (空軍仕様機)は、2016年8月2日に、米空軍が初めて実戦配備が可能になる「初期運用能力」を獲得したと発表したばかりで、2016年度は 4機の引き渡しが予定されており、2017年度から航空自衛隊三沢基地(青森県)に実戦配備されます




F-35 日本に国際整備拠点 2014年12月18日



日米両政府は、2014年12月18日、F-35の国際整備拠点の一つを日本に置くと正式発表しました

日本では、F-35のエンジンや機体組み立てを受注している三菱重工業小牧南工場(愛知県)とIHI瑞穂工場(東京都)が拠点となり、アジア太平洋地域では、日本の他、オーストラリアに整備拠点が置かれ、日豪両国で、2018年以降、アジア太平洋地域の各国が導入するF-35の整備を請け負います

航空自衛隊は次期主力戦闘機として、2017年度以降に F-35を 42機導入する方針で、日本での整備の対象は、空自の機体に加え、在日 ・ 在韓米軍が保有する機体で、オーストラリアでの整備は約100機の自国分のほか、F-35の導入を検討しているシンガポール分が対象になる予定です

韓国空軍もF-35の導入を決めているが、韓国国内には日本での整備に反発する声があり、どこで整備するのかを米韓両国で協議することになります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 防災 > 空自 > 航空自衛隊 F-35A ライトニングII 最新鋭 ステルス戦闘機
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


主要装備 F-35|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
航空自衛隊 利用規約 (商用利用可)
ウィキペディア (Wikipedia) F-35 (戦闘機)
ウィキペディア (Wikipedia) 引用 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2017年6月26日

F35に空対地ミサイル検討…射程300キロ 読売新聞 2017年6月26日 08:38


 政府は、航空自衛隊に配備予定の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に、遠く離れた地上の敵を攻撃できる「空対地ミサイル」を導入する方向で検討に入った。
 自衛隊への導入は初めてとなり、2018年度予算に関連経費の計上を目指している。国内の離島有事に備えるのが主目的だが、自衛のために相手国の基地などを攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を念頭に置いているとの見方もある。
 複数の政府関係者が明らかにした。空自のF4戦闘機の後継となるF35は米軍などが採用している。敵のレーダーに探知されにくい高度なステルス性能を持つ。空自は計42機を導入し、今年度末から三沢基地(青森県)に順次配備する予定だ。このF35に導入する有力候補として検討しているのは、F35の国際共同開発に参加したノルウェーが主体となって開発中の「ジョイント・ストライク・ミサイル(JSM)」だ。海上の艦船を狙う「空対艦」とともに、空自が現在保有していない「空対地」ミサイルの能力を併せ持ち、射程は約300キロ・メートルとされている。


2016年9月24日

最新鋭ステルス機F35、空自配備1号機を米で初公開 朝日新聞 2016年9月24日11時45分


 米ロッキード・マーチン社は23日、テキサス州のフォートワース工場で航空自衛隊に配備される最新鋭主力戦闘機F35Aの1号機を初公開した。レーダー探知されにくいステルス性が高く、情報収集能力やネットワーク交戦能力にも優れ、中国も新たにステルス戦闘機を開発するなか、今後数十年間、日本の防空を担うことになる。
 公開されたのは、米空軍が実戦配備を始めたF35「ライトニングⅡ」と同型機。F4戦闘機の後継として空自に1号機が来月納入され、2018年に三沢基地(青森県)に配備予定で、24年までに計42機を導入する。1機約180億円とされる。米国内では開発の遅れと大幅な予算超過が批判されてきたが、ようやく実戦配備に道筋がついた。
 ミサイルを機体内部に装備するなどステルス性を追求し、弾道ミサイルの探知能力も高い。機体に埋め込まれた6個の赤外線カメラの映像が、パイロットのヘルメット内側の前部に投影される。様々な任務遂行に威力を発揮するとされ、米空軍が「従来の航空機ができなかった領域を達成した」(航空戦闘軍団司令官)とする次世代戦闘機だ。


2016年8月20日

最新鋭ステルス機F35、米軍岩国基地に16機 読売新聞 2016年8月20日 12:55


 米海兵隊による米軍岩国基地(山口県岩国市)への最新鋭ステルス戦闘機F35の配備計画が19日、分かった。
 配備されるのは海兵隊仕様のB型機計16機で、2017年1月に10機、8月に6機を順次配備する。日本政府関係者が明らかにした。
 F35は米英などが開発しており、航空自衛隊が空軍仕様のA型機の導入を決めている。B型機は垂直離着陸が可能で、米国外への配備は岩国基地が初めて。米軍には、核・ミサイル開発を進める北朝鮮や海洋進出を強める中国を念頭に、F35の配備でアジア太平洋地域における抑止力を高める狙いがある。
 計画によると、1月はFA18ホーネット戦闘攻撃機12機と、8月はAV8Bハリアー攻撃機8機とそれぞれ交代する形で配備される。配備に伴い、岩国基地に所属する米軍人と家族は、約130人増となる。


2016年8月16日

最新鋭ステルス戦闘機F35、これが日本向け初号機だ 空自ホームページで写真公開 産経新聞 08月16日 18:34


 航空自衛隊は16日までに、米ロッキード・マーチン社がフォートワース工場(テキサス州)で製造中の日本向け最新鋭ステルス戦闘機F35初号機の写真をホームページ上で公開した。空自は計42機を調達する計画で、初号機は10月に引き渡される予定となっている。
 写真は工場内の格納庫で前方と後方から撮影した計2枚。引き渡しを受けた後、空自は米アリゾナ州のルーク空軍基地で空自パイロットの操縦訓練を行う。今年度は4機の引き渡しが予定されており、来年度から空自三沢基地(青森県)に実戦配備される。 
 F35をめぐっては、米空軍が今月2日に米空軍が空軍仕様機が初めて実戦配備が可能になる「初期運用能力」を獲得したと発表したばかり。


2016年8月15日

空自、次期主力戦闘機F-35Aを公開 「グレー日の丸」を初採用 乗りものニュース 08月15日 14:51


 日本向けのステルス戦闘機F-35Aの姿が2016年8月15日、初公開されました。機体に描かれている「日の丸」に「ロービジ迷彩」が採用されるなど、これまでの空自機にない特徴を持っています。
 2016年10月までに4機を出荷
 航空自衛隊が2016年8月15日(月)、その次期主力戦闘機であるロッキード・マーチンF-35A「ライトニングII」日本向け初号機「#701」の写真を初めて公開。その組み立てが完了したことを明らかにしました。
 公開されたF-35A初号機「#701」は、ロッキード・マーチン社(アメリカ)のフォートワース工場(テキサス州)において飛行試験を行ったのち、航空自衛隊へ引き渡しが行われる見込み。2016年10月までに4機が出荷され、合計42機が航空自衛隊へ導入される予定です。
 航空自衛隊で最初のF-35A実戦部隊は三沢基地(青森県三沢市)での編成が決まっていますが、まず出荷される4機はルーク・アメリカ空軍基地(アリゾナ州)へ移され、同基地に所在する「F-35Aアカデミックトレーニングセンター」において、航空自衛隊パイロットらの訓練機材として用いられる予定です。


2016年2月6日

ステルス機F-35、今夏にも空自受領へ 劣化版F-22は誤った認識 乗りものニュース 2016.02.06


 高性能なF-22を売ってもらえず、仕方なく導入したF-35?
 F-35Aは航空自衛隊が配備するF-4EJ改「ファントムII」の後継となる次期主力戦闘機であり、レーダーなどのセンサーに捉えられにくい超低視認性を特徴とする、いわゆる「ステルス機」です。
 航空自衛隊は当初、F-4EJ改の後継機選定においてロッキード・マーティンF-22「ラプター」を希望していました。しかし、アメリカ政府が難色を示し導入が不可能になり、その後にF-35Aの導入が決定された経緯から、一部に「F-35はF-22の性能低下型」という認識があるようですが、それは事実と大きく異なります。
 F-35Aの情報収集および処理能力については、既存の戦闘機をはるかに凌駕する高性能レーダーや赤外線など各種センサー、ソフトウェアを有しています。また複数のデジタルデータリンクを活用した情報共有能力によって、自身の得た情報を友軍に分配。F-15J「イーグル」やF-2Aといった旧型の戦闘機にも、F-35Aに準ずる状況認識力を与えることが可能です。さらに弾道ミサイルの監視能力まで備えています。


2014年12月18日

「F35」整備拠点、愛知・東京に…正式発表 読売新聞 2014年12月18日 23時25分


 日米両政府は18日、米国の最新鋭戦闘機「F35」の国際整備拠点の一つを日本に置くと正式発表した。
 F35のエンジンや機体組み立てを受注している三菱重工業小牧南工場(愛知県)とIHI瑞穂工場(東京都)が拠点となる。


2014年10月29日

空自F35、生産条件合意=単価3.6%下がる 時事通信 2014年10月29日


米防衛大手ロッキード・マーチンは28日までに、最新鋭ステルス戦闘機F35の次期生産契約の内容で国防総省と原則合意したと発表した。合意したのは、2016年から納入を始める第8次生産分の43機。17年3月末までに日本の航空自衛隊に引き渡す4機も含まれている
ロッキード社によると、第8次生産分の機体の平均単価(エンジンを除く)は、従来より約3.6%下がる見通しという


2014年10月28日

空自の最新鋭ステルス「F35」、本格生産へ 読売新聞 2014年10月28日


米国防総省は27日、最新鋭のステルス戦闘機「F35」について、43機分の契約をロッキード・マーチン社と結んだと発表した
この中には、航空自衛隊に2017年3月までに納入される最初の4機が含まれており、空自のF35が本格生産に入ることになる


2014年10月24日

米国防総省とロッキード、F35の第8次納入契約条件で合意 ロイター


米国防総省と防衛大手ロッキード・マーチン は、約40億ドルに上る最新鋭ステルス戦闘機「F35」の第8次納入契約の条件で合意に達した。事情に詳しい複数の関係筋が23日に明らかにした
関係筋によると、今回契約で納入する43機には米国のほか英国などの同盟国に引き渡す分も含まれ、全体として製造コストは3%程度下がる。このうち米空軍向け27機の製造コストは4%近く低下する、と関係筋の1人は話している


ページTOP
ページTOP
ページTOP