ホーム > 道路 > 東名高速道路 大和トンネル 付加車線設置 車線増 渋滞対策
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

東名高速道路 大和トンネル 付加車線設置 車線増 渋滞対策


東名高速道路 大和トンネル 付加車線設置 車線増 渋滞対策



国土交通省は、2016年6月21日、2020年の東京五輪開催までに、渋滞対策として東名高速道路の大和トンネルを含む約 5kmの区間に、上り線に約4km、下り線に約5km、付加車線を設置すると発表、既存の道路の幅員を最大限活用し、総事業費を約140億円に抑え、道路管理者の中日本高速道路会社が事業費を負担して整備します

大和トンネルは、長さ約280mで、現在、片側3車線とも幅 3.6mですが、付加車線設置後は 3.5mに狭め、進行方向左側(道路外側)の路肩も 3mを 1.75mに縮小、取得済みの用地内でトンネルの両側を拡げ、既存の側壁を撤去して車線を増やします



大和トンネルは、長さ約280mで、現在、片側3車線とも幅 3.6mですが、付加車線設置後は 3.5mに狭め、進行方向左側(道路外側)の路肩も 3mを 1.75mに縮小、取得済みの用地内でトンネルの両側を拡げ、既存の側壁を撤去して車線を増やします

大和トンネル付近の渋滞対策の概要(資料:国土交通省)



橋梁部の拡幅は 5橋を予定しており、このうち国道と小田急電鉄江ノ島線との交差部に架かる 2橋の拡幅には、用地の取得が必要となる為、準備が整った区間から順次、工事に着手する方針です


大規模な道路拡幅や迂回路の建設などは多額の費用が必要で、完了までに時間がかかりますが、国交省では最近、「ピンポイント渋滞対策」と名付けて、上り坂やトンネルなど速度低下によって渋滞が起きやすい箇所に限定して対策を施すことに力を入れています

東名高速の大和トンネル付近には下り坂から上り坂に変わる「サグ部」があり、上り線では主に休日の午後、下り線では休日の午前に、トンネル付近を先頭にそれぞれ約 10kmの渋滞が発生、走行車両と双方向通信できる次世代型の「ETC2.0」で取得したデータを活用、時速 40kmを下回る区間を「渋滞」として抽出し、対策箇所として大和トンネル付近を選定しました

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 道路 > 東名高速道路 大和トンネル 付加車線設置 車線増 渋滞対策
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年6月26日

海老名、大和「渋滞名所」返上なるか 進む対策、その未来は? 乗りものニュース 2016.06.26


 2016年6月21日(火)、国土交通省は東名高速関連の渋滞対策についてプレスリリースを出しました。その要旨は以下の2点です。
(1)海老名JCTの圏央道八王子方面から東名高速方面に向かうランプウェイについて、7月中旬を目標に既存の道路幅員のなかで2車線運用を始める。
(2)すでに事業着手している東名高速大和トンネル付近の付加車線設置について、2020年の「東京オリンピック」までに運用を開始することを目標とする。
 東名高速と圏央道が交差する神奈川県の海老名JCT。そのランプウェイのうち、東名高速から圏央道外回り(北行き)に向かうものは昨年10月、拡幅工事なしに路面のペイントを引き直すことで2車線化され、酷かった渋滞がほぼ完全に解消されました。私(清水草一:首都高研究家)は「反対側も早急に実施すべき」と指摘しましたが、9カ月遅れでそれが実現することになったわけです。

海老名、大和「渋滞名所」返上なるか 進む対策、その未来は? 乗りものニュース 2016.06.26 」 より


2016年6月22日

東名・大和トンネルを東京五輪までに拡幅 日経コンストラクション 2016/06/22


 国土交通省は6月21日、2020年の東京五輪開催までに、渋滞対策として東名高速道路の大和トンネルを含む約5kmの区間に付加車線を設置すると発表した。既存の道路の幅員を最大限活用し、総事業費を約140億円に抑える。道路管理者の中日本高速道路会社が事業費を負担して整備する。
 上り線に約4km、下り線に約5km、それぞれ付加車線を設置する。長さ約280mの大和トンネルも、取得済みの用地内でトンネルの両側を拡げ、既存の側壁を撤去して車線を増やす。
 大和トンネルは現在、片側3車線とも幅3.6mだが、付加車線設置後は3.5mに狭める。進行方向に向かって左側の路肩も3mを1.75mに縮小する。

東名・大和トンネルを東京五輪までに拡幅 日経コンストラクション 2016/06/22 」 より


2015年4月26日

なぜ大和トンネルは渋滞名所であり続けるのか 解消を妨げている東名の「蓋」 乗りものニュース 2015.04.26


 首都圏では新路線の開通や対策で、深刻な渋滞ポイントが消滅しつつありますが、東名高速の大和トンネルについては今後も「渋滞の名所」であり続けそうです。はたしてどうしたら良いのでしょうか。実は、取るべき対策はハッキリしています。問題は「東名の蓋」です。また、大和トンネルの上にも行ってみました。
渋滞の名所が消えるなか、残り続ける大和トンネル
 1年以内に圏央道が東名から東関東道まで開通し、3年後には外環道千葉区間が、10年以内には首都高横浜環状北西線や外環道東京区間も完成。日本の高速道路からは、深刻な渋滞ポイントがほとんど消滅していきます。
 しかし、それでも渋滞が残ると予想されるのが、中央道の小仏トンネル付近と、東名高速の大和トンネル付近です。
 小仏トンネルについては、上り線のみとはいえ、対策がようやく明確になりましたが、大和トンネルはどうなっているのでしょう。

なぜ大和トンネルは渋滞名所であり続けるのか 解消を妨げている東名の「蓋」 乗りものニュース 2015.04.26 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP