ホーム > 道路 > 首都高速 中央環状線 小松川ジャンクション (JCT) 2019年度 完成予定
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

首都高速 中央環状線 小松川ジャンクション (JCT) 2019年度 完成予定


首都高速 中央環状線 小松川ジャンクション (JCT) 2019年度 完成予定



東京都の墨田、江東、江戸川の 3区を東西に走る 首都高 7号 小松川線と、荒川沿いを南北に走る首都高中央環状線(C2)とは、2017年7月11日現在、単純に立体交差しているだけで、両者の間に連絡路が設けられていないため、お互いを行き来することはできません

この首都高 7号 小松川線と首都高中央環状線(C2)の間に連絡路を設けて、両者を接続するため小松川ジャンクション (JCT) の建設工事が、2019年度の完成を目指して進められています


小松川JCTと附属街路の計画概要(資料:首都高速道路会社)

小松川JCTと附属街路の計画概要 (資料:首都高速道路会社)



新設される連絡路は、首都高 7号 小松川線上り(都心方面車線)から中央環状線内回り(常磐道 ・ 東北道方面車線)へと向かう 700mの“右折ルート”と、中央環状線外回り(湾岸線方面車線)から小松川線下り(千葉方面車線)へと向かう 280mの“左折ルート”の2本で、中央環状線の機能強化事業の一環として、小松川JCTは都心への流入を減らす効果が期待されています


小松川JCTと附属街路の断面イメージ (資料:首都高速道路)

小松川JCTと附属街路の断面イメージ (資料:首都高速道路)


首都高 7号 小松川線と中央環状線を 1方向 1車線ずつ結ぶ小松川JCTは、市川方から埼玉方面へ、小菅方から千葉方面への 2本の連絡路(設計速度 40km/h)で、都心環状線をバイパスするルートが造られます

小松川JCT付近には、この連絡路のほか、小松川ランプ埼玉方面入口の新設、同出口の付け替え、幅員 8.5mの附属街路 (車道 ・ 歩道) も設置され、小松川ランプは、出口 1ヵ所、都心方面入口(既設)、埼玉方面入口(新設)の 3ヵ所になります


また、住宅が密集する小松川エリアは、新たなジャンクションの整備によって車道幅員が拡大し、火災や震災が起こったときの消防作業や救命活動などの円滑化も図られます

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 道路 > 首都高速 中央環状線 小松川ジャンクション (JCT) 2019年度 完成予定
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


首都高速道路株式会社
首都高速道路株式会社 このサイトについて (著作権法準拠)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2017年2月9日

首都高と京葉道に二つの新たな結節点 日経コンストラクション 2017/02/09


 首都高速7号小松川線と中央環状線を接続させる小松川ジャンクション(JCT)と、京葉道路と東京外かく環状道路が交わる京葉JCT(仮称)の架橋工事が山場を迎えた。2月12、19日に両JCTを含む区間12.8kmを夜間通行止めにし、同時に架設する。
 墨田、江東、江戸川の3区を東西に走る首都高小松川線と、荒川沿いを南北に走る首都高中央環状線(C2)とは単純な立体交差で、連絡路がなく双方を行き来できなかった。連絡路を設置して2線を結ぶのが小松川JCTだ。
 新設する連絡路は、小松川線上り(都心方面車線)から中央環状線内回り(常磐道・東北道方面車線)へと向かう700mの“右折ルート”と、中央環状線外回り(湾岸線方面車線)から小松川線下り(千葉方面車線)へと向かう280mの“左折ルート”の2本。
 つまり、小松川JCTは都心への流入を減らす狙いがある。中央環状線の機能強化事業の一環だ。2019年度の完成を目指す。
 一方、小松川線から千葉方へ延びる京葉道。京葉JCTは、京葉道と建設中の東京外かく環状道路(外環道)千葉県区間(12.1km)を結ぶ連絡路などで構成される。京葉道も外環道千葉県区間も、東日本高速道路会社(NEXCO東日本)が管理する高速道路だ。


ページTOP
ページTOP
ページTOP