ホーム > 道路 > 東京外環 自動車道 東京区間 関越道-東名高速 間 2020年 開通予定
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

東京外環 自動車道 東京区間 関越道-東名高速 間 2020年 開通予定


東京外環 自動車道 東京区間 関越道-東名高速 間 2020年 開通予定



東京外環 自動車道 とは 概要



東京外かく環状道路は、都心から 約 15kmの圏域を環状に連絡する 延長 約 85kmの道路で、東京外かく環状道路の自動車専用道路(高速道路部)は、東京外環 自動車道と呼称され、並行する一般道路部の国道 298号と併せて、東京外かく環状道路を構成、首都圏の渋滞緩和、環境改善や円滑な交通ネットワークを実現する上で重要な道路で、どちらも「外環」と略称されます


外環道計画図

外環道東京区間 路線図

Tokyo Ring Step_外環・外かん_計画概要(外環とは) 」 より



外環は、都心部からの放射道路を相互に連絡して、都心方向に集中する交通を分散するとともに、都心部の通過交通をバイパスさせる役割を担い、都心の渋滞緩和や環境の改善効果を担っています

2016年9月25日現在までに、「自動車専用部(高速道路)は、関越道と連絡する大泉JCTから三郷南ICまでの 約 34kmが開通しており、関越道から東名高速までの 約 16kmについては、2009年(平成21年)5月には、整備計画が策定され、さらに2009年(平成21年)度補正予算が成立したことを受けて事業化されています


また、2012年(平成24年)4月には、東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)に対して有料道路許可がなされ、国土交通省と共同して事業を進めていくことになりました

東名高速から湾岸道路までの約20kmについては予定路線に位置づけられています


外環道東京区間 路線図

外環道東京区間 路線図

外環道(東京区間)|3環状 」 より



外環道東京区間 関越道~東名高速間の計画概要 路線図

外環道東京区間 関越道~東名高速間の計画概要 縦断面図

外環道東京区間 関越道~東名高速間の計画概要 断面図

外環道東京区間 関越道~東名高速間の計画概要 路線図 縦断面図 断面図

Tokyo Ring Step_外環・外かん_計画概要(外環とは) 」 より



Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外環Webマップ 大泉JCT、目白通りIC
Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外環Webマップ 青梅街道IC
Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外環Webマップ 東八道路IC、中央JCT
Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外環Webマップ 東名JCT
大泉JCT、目白通りIC











青梅街道IC












東八道路IC、中央JCT












東名JCT
Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外環Webマップ 」 より



東京外環 自動車道 東京区間 関越道-東名高速 間 進捗状況 2016年9月14日



「東京外かく環状道路 関越~東名(外環道東京区間)」に関する事業連絡調整会議が、2016年9月14日、開催され、用地取得の進捗状況が順調に進んでいることが報告されました

2016年2月から8月までの 6ヶ月間で、全体の用地進捗率は 78%(+9%)となり、まだ 744件が未取得、また、大泉JCT周辺に関しては、買収で 17件、区分地上権(地下 40メートルより浅いところにトンネルを通す権利で、立ち退きは必要ない)で 17件、合計 34件残っているものの、工事には順番があり、先に必要な区域から優先的に進めている為、支障なく順調に推移しているとのことです


用地取得のイメージ図。法律に定められた大深度地下よりも浅い部分における用地を取得する必要がある(画像出典:国土交通省)

用地取得のイメージ図 (画像出典 :国土交通省)
法律に定められた大深度地下よりも浅い部分における用地を取得する必要がある





3環状 9放射ネットワーク構想



首都圏の道路交通の骨格として、1963年に 3環状 9放射のネットワークが計画され、それ以来、東名 ・ 中央 ・ 関越 ・ 東北道など、放射方向の高速道路は整備されましたが、環状方向は整備が遅れているのが現状です


3環状 9放射ネットワーク構想

Tokyo Ring Step_外環・外かん_計画概要(外環とは) 」 より


その結果、都心に用のない交通が 首都高速 都心環状線に集中し、慢性的な渋滞が発生していましたが、2015年3月7日に全線開業した 首都高速 中央環状線によって、首都高速 都心環状線の渋滞は大幅な減少となりましたが、首都高速 中央環状線で、深刻な渋滞が発生するようになっています

3環状道路が全て整備されれば、この都心を通過するだけの交通を迂回させることが可能になり、都心の渋滞解消が期待されています


3環状 東京外かく環状道路(外環)、 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、 首都高速道路中央環状線(中央環状)
9放射 湾岸道路、第三京浜、東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、東関東道(水戸線)、東関東道(館山線)

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 道路 > 東京外環 自動車道 東京区間 関越道-東名高速 間 2020年 開通予定
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


外環道(東京外かく環状道路)|3環状
外環道(東京区間)|3環状
Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外かく環状国道事務所
Tokyo Ring Step_外環・外かん_計画概要(外環とは)
Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外環Webマップ
東京外環自動車道 - Wikipedia

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年9月25日

外環道、五輪に間に合うかも 用地買収が大幅進展 「順調超えた」の声も 乗りものニュース 2016.09.25


 外環道、目下の課題は「用地取得」
 2016年9月14日(水)、「東京外かく環状道路 関越~東名(外環道東京区間)」に関する事業連絡調整会議が開催され、用地取得の進捗状況が報告されました。
 それによりますと、2016年2月から8月までの6ヶ月間で、全体の用地進捗率は78%(+9%)になったものの、まだ744件が未取得であるとのことです。
 工事の関係上、最も用地取得完了が急がれる大泉JCT周辺に関しては、以前から「2016年度半ば」が期限とされていましたが、買収で17件、区分地上権(地下40メートルより浅いところにトンネルを通す権利で、立ち退きは必要ない)で17件、合計34件残っています。
 2016年度半ばといえば、まさにいまです。いま、用地取得が完了していないということは、もはや目標である「2020年東京オリンピック・パラリンンピックまでの開通」は不可能になったのではないか――そんな疑問が湧きますが、報告では「課題はあるが、開通の可能性について引き続き検討していく」とされています。

外環道、五輪に間に合うかも 用地買収が大幅進展 「順調超えた」の声も 乗りものニュース 2016.09.25 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP