ホーム > 鉄道 > JR 上野東京ライン 2015年3月14日開業
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

JR 上野東京ライン 2015年3月14日開業


JR 上野東京ライン 2015年3月14日開業



2015年3月14日開業した宇都宮線、高崎線、常磐線と東海道線を直通運転する「上野東京ライン」は、2002年に整備着手、2008年5月より工事が行われ、上野―東京駅間に「東北縦貫線」約 3.8kmを建設、上野駅止まりだった高崎線、宇都宮線、常磐線の一部が東京駅に乗り入れるようになりました

上野駅から秋葉原駅付近までは3線の引き上げ線を改良し、その先は東北新幹線の直上に高架橋を建設、神田駅を過ぎたところで、東海道線の引き上げ線に入り、東京駅に乗り入れます


「上野東京ライン」の開業により、午前8~9時頃に東京駅に到着する朝の通勤ラッシュ時間帯は、宇都宮線、高崎線、常磐線の各線で5本ずつ東京駅に乗り入れ、上野駅で山手線や京浜東北線に乗り換える必要がなくなり、大宮―横浜間では、「湘南新宿ライン」より約4分短縮される等、目的地までの所要時間が短縮され、山手線,京浜東北線の混雑緩和も期待されます

高崎線と宇都宮線は、それぞれ70%前後が東海道線との相互直通運転になり、常磐線は、普通・快速電車の25%前後、特急は74本中44本が品川直通になりますが、引き続き上野駅発着の電車も運転されます




宇都宮線 高崎線


宇都宮線は7~10時ごろ全20本のうち13本が、高崎線は全21本のうち13本が東海道線に直通、上野発8時台でみると10本運行されます
大宮駅から東京駅までの所要時間を9分短縮し36分に、品川駅までは10分短縮し46分となります

昼間は両線とも片道1時間当たり3本ずつ計6本が、ほぼ10分おきに直通し、東京の南北を貫くもう1つの路線「湘南新宿ライン」の計4本よりも多くなります

宇都宮・高崎線と東海道線は相互直通運転をし、列車名などは現状を維持、宇都宮線の「快速ラビット」、高崎線の「快速アーバン」、東海道線の「快速アクティー」が直通先で普通として運行されます



常磐線


常磐線特急 計44本品川駅発着


常磐線特急は、上野東京ライン開業、品川駅乗り入れに伴い、常磐線特急の名前を、特急「ひたち」「ときわ」に変更し、全運転本数上下計74本の内、データイム(10~16時台)の全列車を含む44本が、途中東京駅停車の品川駅発着となります

特急「ひたち」は、速達タイプの列車で、計15往復運転され、「ひたち3・5号」が上野発となる他は、全て品川~いわき間の運転となり、上野~水戸間の停車駅も見直され、下り9本・上り12本が同区間ノンストップで運転され、下り列車の平均到達時分は品川~水戸間96分・東京~水戸間85分で、いずれも現在より10分以上の時間短縮となります

特急「ときわ」は、停車タイプの列車で、上野~水戸間の柏駅・土浦駅・石岡駅・友部駅などに停車(停車駅は列車により異なる)、運転本数は下り23本(品川発9本・上野発14本)、上り21本(品川行7本・上野行14本)となります

下り・上りともに半数以上の列車が勝田駅発着となり、上下各4本が高萩駅発着、上下各1本がいわき駅発着、上り「ときわ56号」(勝田駅5時53分発、上野行)は平日のみ、「ときわ68号」(勝田駅9時4分発、上野行)は土休日のみの運転、金曜日夕方には、臨時の特急「ときわ96号」(勝田発上野行)も運転されます


常磐線快速・普通列車 品川駅直通


常磐線の快速・普通列車も、品川駅まで直通する列車が設定され、柏駅から東京までを7分短縮し39分に、品川までは8分短縮し49分となります

朝の時間帯は平日・土休日ともに快速5本(常磐線取手発3本・成田線成田発2本)が品川駅へ乗り入れ、品川駅発着の列車は設定されていません

9時台以降、おもに中距離電車(特別快速・普通)が品川駅へ直通運転を行い、16時前後から取手・成田方面へ快速も運転されます
中距離電車の直通運転は品川駅17時14分発の普通列車(勝田行)をもって終了し、その後は終電まで快速のみの運転となります

上野東京ラインを経由し、品川駅へ乗り入れる中距離電車(特別快速・普通)の運転本数は上下計34本(17往復)、特別快速は直通運転開始にともない、新たに北千住駅にも停車して利便性向上が図られています

上野で、宇都宮・高崎線から東海道線に向かう列車と、常磐線から東海道線に向かう列車は、平面交差となる関係から、本数が多い朝ラッシュ時にそれを避けるダイヤとなっています



京浜東北線


データイムに山手線と並行する区間(田端~浜松町間)で実施している快速運転の停車駅に、新たに神田駅が停車駅となり、中央線との乗換え利便性が向上するとともに、土休日には御徒町駅にも停車します




JR 上野東京ライン 2015年3月14日開業初日 激混み区間の川崎~品川が益々の破壊力に



開通後、初の出勤日となった2015年3月16日の朝には、山手線、京浜東北線の混雑が解消され空いていることや、乗換が不要になった点等で、喜びの声が上がる一方、東海道線ユーザーからは、混雑の破壊力が増したとの声が



15両編成の東京行きが、10両編成の前橋行きにになって、混雑が激化



これまで湘南電車(東海道線)は、15料編成(内2両が2階建てグリーン車)だった時間帯にも、高崎線、宇都宮線との相互に離入れにより、10両編成電車が走るようになり、ただでさえ混雑の激しい湘南電車の混雑がさらに激しくなったようです

その点について、事前にJRからの情報、少なくとも周知はされて無かったと思います

日中等の空いている時間帯に、効率化の一環として10両化するのは当然としても、以前からの混雑時間帯にも10両化が行われたようで、これは頂けません

少なくとも運転区間が伸びればそれだけで乗車率も伸びるはずなのに、編成長を短くしてしまっては混雑に拍車がかかるのは火を見るより明らか

JRには、早急な善処を望みます

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 鉄道 > JR 上野東京ライン 2015年3月14日開業
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


国土交通省
国土交通省 リンク 著作権 免責事項 (商用利用可)
鉄道・運輸機構 (独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 旧 日本鉄道建設公団)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年3月12日 上野東京ライン開業1年、山手線混雑緩和に効果 読売新聞 03月12日 17:47

 上野駅止まりだった宇都宮、高崎、常磐の3線の一部列車が東京駅に乗り入れる上野東京ラインが、14日で開業から1年を迎える。
 並走する山手線などの混雑緩和に効果が出る一方、トラブル時の影響範囲が広がることもある。
 JR東日本によると、開業前の朝のラッシュ時、山手線と京浜東北線の上野―御徒町駅間の混雑率は首都圏トップクラスの200%近くで、「体が触れあい、相当圧迫感がある」という状態だった。これが現在は160〜170%に低下。当初の想定だった「折りたたむなど無理をすれば新聞を読める」という180%を下回った。
 各線の相互乗り入れにより、上野東京ラインで最も長い距離を走るのは、熱海駅(静岡県)と黒磯駅(栃木県)を結ぶ268キロ。この結果、静岡で発生したダイヤの乱れが栃木まで及ぶことがある。昨年3月30日に京浜東北線鶴見駅(横浜市)で起きた人身事故では、並走する東海道線などが運休、さらに宇都宮線や高崎線との直通運転も取りやめとなり、18万人に影響が出た。


2015年3月24日 上野東京ライン開業「感動してる」「激混み…やめてほしかった」評価真っ二つに 産経新聞 3月24日(火)8時5分

 14日に開業したJR東日本の「上野東京ライン」をめぐり、インターネット上の反応が大きく分かれている。上野駅が終点だったJR常磐、東北(宇都宮)、高崎各線が東京駅に乗り入れるようになり、北関東から首都圏への利用者は歓迎ムード。一方、東海道線の一部区間では混雑が激化したと訴える声も相次ぎ、評価は真っ二つに分かれている。
 「宇都宮駅で、熱海行きが見られて、めっちゃ感動してる」「熱海、伊東、沼津…。とても海無し県とは思えない電光掲示板になった」
 ツイッターでは14日以降、上野東京ラインに対する感想が続々と投稿されている。開業で、東北、高崎の両線は東海道線と相互直通運転を開始。アクセスの良さが増したことで北関東の利用客からは、おおむね歓迎する声が上がっている。特に周囲が海と隣接していない栃木、群馬両県民の多くは、海とつながったことに大きな感慨を抱いたようだ。


2015年3月16日 「上野東京ライン」開通でなんと「痛勤」ラッシュ 東海道線ユーザーからは悲鳴「足が地面に着いてない」 J-CASTニュース 2015年3月16日(月)13時16分

 JR高崎線、宇都宮線、常磐線の一部列車が東京駅に乗り入れる「上野東京ライン」が2015年3月14日に開通し、16日朝には初の通勤ラッシュを迎えた。
 ツイッターでは「上野駅での乗り換え不要」、「上野-御徒町間の混雑緩和」などの恩恵にあずかった通勤者らがさっそく喜びの報告をしているが、一部ユーザーからは悲鳴が続出している。
 「15両編成の東京行きが、今日から10両編成の前橋行きに」
  「上野東京ライン」は上野-東京に新設した3.8kmの線路を通る電車の愛称。宇都宮線と高崎線は東海道線と相互直通運転を行い、常磐線は品川駅まで直通運転を実施する。北関東から首都圏南部へのアクセス向上、上野駅での乗り換え不要など、メリットは大きい。山手線や京浜東北線の混雑緩和も重要なポイントで、特に、平日朝には高い混雑率を誇っていた「上野~御徒町間」では大幅な緩和が期待できるとして話題になっていた。


2015年3月14日 <上野東京ライン>常磐、東北、高崎、東海道…直通で便利に 毎日新聞 2015年3月14日(土)08:53

 上野-東京両駅間に3.8キロの「東北縦貫線」新設
 JR常磐、東北(宇都宮)、高崎各線が、これまでの上野駅終点から東京駅に乗り入れ、東海道線への直接乗り入れが可能になる「上野東京ライン」(愛称)が14日開業した。品川駅では記念式典が開かれた。
 JR東日本によると、同ラインにより常磐線は普通・快速電車の25%前後、特急は74本中44本が品川直通に。東北線と高崎線は、それぞれ70%前後が東海道線との相互直通運転になる。


2015年3月14日 上野東京ライン14日開業…山手線乗り換え不要 読売新聞 2015年3月14日(土)07:25

 JR東日本の上野東京ラインが14日開業し、上野駅止まりだった高崎線、宇都宮線、常磐線の一部が東京駅に乗り入れる。
 同ラインの建設は2008年5月に始まり、新たに上野―東京駅間に線路約3・8キロ・メートルが敷かれた。開業により、3線の利用者は上野駅で山手線や京浜東北線に乗り換える必要がなくなり、目的地までの所要時間が短縮される。午前8~9時頃に東京駅に到着する朝の通勤ラッシュ時間帯は、各線で5本ずつ東京駅に乗り入れ、混雑の緩和も期待される。


2015年3月13日 上野東京ライン、14日開通 東京駅直通で利便向上 埼玉新聞 2015年3月13日(金)12:17

 JR高崎、東北(宇都宮)、常磐の各線が東京駅に乗り入れる「上野東京ライン」(愛称)の運行が14日から始まる。通勤や通学で都内に通う「埼玉都民」の多い埼玉県民にとって、乗り換えの解消による所要時間の短縮や横浜方面へのアクセス向上など、利便性が高まりそうだ。
 上野東京ラインは上野駅止まりの高崎、宇都宮、常磐の3線を東京駅まで結び、東海道線に直通させる運行系統。JR東日本によると、上野―東京間の輸送力向上や通勤時の山手線と京浜東北線の混雑緩和のため、3線の東京駅までの延伸計画が浮上した。
 2002年に整備着手、08年から工事を進めてきた。上野駅から秋葉原駅付近までは3線の引き上げ線を改良し、その先は東北新幹線の直上に高架橋を建設。神田駅を過ぎたところで、東海道線の引き上げ線に入り、東京駅に乗り入れる。当初は13年度に完成予定だったが、工事計画を一部変更するなど、14年度末の開業となった。


2015年2月24日 JR東、上野―東京ノンストップ 共同通信 2015年2月24日(火)12時25分

 JR東日本は24日、3月14日に開業する「上野東京ライン」の新線区間の試運転の様子を報道陣に公開した。上野が終点の常磐、東北(宇都宮)、高崎各線が、開業後は東海道線に直接乗り入れるようになって利便性が向上する。首都圏で朝の通勤時間帯に最も混み合う上野―御徒町間の混雑緩和が期待されている。
 上野東京ラインは、上野―東京間に新設した「東北縦貫線」(約3・8キロ)を通る。


2015年2月24日 来月14日開業 「上野東京ライン」試乗会 日本テレビ系 2月24日(火)14時8分

 JR宇都宮線など上野駅止まりだった3つの路線が東京駅まで延長されるのを前に、延長区間の「上野東京ライン」が24日、公開された。
 「上野東京ライン」は、来月14日に開業予定で、開業すると、これまで上野駅止まりだったJR宇都宮線、高崎線、常磐線の3路線が東京駅までつながる。ビルが密集する神田駅周辺は平行した線路を新設することができなかったため、新幹線の線路の真上に在来線の線路を作るという国内でも珍しい造りになっている。


2014年12月22日 上野東京ラインは10分おき、通過駅への配慮も 日経BP社 ケンプラッツ 2014/12/22

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は12月19日、2015年3月14日のダイヤ改正の概要を発表。宇都宮・高崎・常磐の3線が東海道線に直通する「上野東京ライン」の運行体系やダイヤを公表した。現ダイヤで上野駅止まりの列車の多くを東京駅以南に直通して、並走する山手線と京浜東北線の混雑を緩和する。


2014年12月21日 JRダイヤ改正、上野東京ライン開業で特急ひたち・ときわ計44本が品川駅へ! マイナビニュース 2014年12月21日(日)14時10分

JR東日本は2015年3月14日のダイヤ改正で、上野東京ライン開業にともない常磐線特急列車の品川駅への直通運転を開始し、列車名を「ひたち」「ときわ」に変更する。


2014年10月31日 高崎・宇都宮・常磐線、3月14日東京駅に直結 - 読売新聞 10月31日(金)11時11分配信

JR東日本が上野―東京駅間で建設を進める「上野東京ライン」の運行開始が来年3月14日に決まった。
上野駅止まりだった高崎線、宇都宮線、常磐線(快速)の上り線が、朝の通勤ピーク時に各5本ずつ東京駅方面に乗り入れる。


2014年10月31日 JR常磐線、東京乗り入れで明暗 ビジネス客は歓迎、通勤客落胆 茨城 - 産経新聞

JR東日本が30日に発表した「上野東京ライン」開業の概要。常磐線の特急は品川までの乗り入れで利便性が向上する一方、普通列車で通勤時間帯に乗り入れるのは取手発の快速電車のみ。この日の発表を、ビジネス客らは歓迎する一方、東京方面へ通勤する県南地方のサラリーマンからは落胆の声が上がり、明暗分かれる結果となった。


2014年10月30日 常磐線、品川駅に乗り入れ=宇都宮、高崎線も横浜方面へ―JR東日本 - 時事通信 10月30日(木)17時2分配信

JR東日本は30日、上野―東京駅間に新設される「上野東京ライン」を来年3月14日に開業すると発表した。これにより、常磐線の一部列車が品川駅まで乗り入れるほか、宇都宮線と高崎線も一部が東海道線に直通運転し、横浜方面に行きやすくなる。


2014年10月30日 「上野東京ライン」ダイヤ概要発表 常磐線はやはり品川止まり - 乗りものニュース

宇都宮・高崎線とは事情が異なる常磐線
2014年10月30日、JR東日本は「上野東京ライン」が2015年3月14日に開業することと、そのダイヤの概要について発表しました。


2014年10月30日 上野東京ライン、来年3月14日開業…常磐線は品川発着に - Yahoo!ニュース

JR東日本は10月30日、宇都宮線・高崎線・常磐線と東海道線の直通運行系統「上野東京ライン」の運行開始日を2015年3月14日に決めたと発表した。宇都宮線・高崎線~東海道線の直通列車を運転するほか、常磐線が品川駅まで乗り入れる。


2014年08月04日 上野東京ラインの試運転始まる…2014年度末から運転開始

JR東日本はこのほど、東京~上野間に建設した新しい線路「東北縦貫線」の試運転を開始した。7月29日未明に営業用車両を用いた試験走行を初めて実施。8月1日からは日中の試運転も始まっている。


ページTOP
ページTOP
ページTOP