ホーム > 鉄道 > JR 京急 品川駅 再開発
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

鉄道アラカルト JR 京急 品川駅 再開発


JR 京急 品川駅 再開発



JR東海が、リニア中央新幹線の東京側ターミナル駅をJR品川駅に決定したこともあり、品川駅の周辺を含めて大規模な再開発が計画されています

JR東日本では、2020年東京オリンピックまでに、品川駅の北側に広がる約20万平方mの品川車両基地を再編し、約13万平方メートルの再開発用地を捻出、山手線、京浜東北線の田町駅と品川駅の間に「新駅」を開設、その周辺地域と合わせて、再開発する計画です


品川駅の北側には北口駅前広場を整備し、高速バスの発着場を設け、環状4号線を延伸する他、羽田に通じる首都高速1号線に出入り口を設けることも検討されています

泉岳寺、品川から神奈川の三浦半島に至る路線を有し、1998年に羽田空港への乗り入れを果たしたことで、品川─羽田空港間は同社のドル箱路線となっている京急では、品川・高輪周辺にある6万平方メートルの土地を生かし、品川駅前に京急が中心となり、大規模ビルを建設する予定で、さらに、周辺の土地取得も進めています


現在は、JRの線路・ホームが地上、乗換跨線橋が2階部分、京急の線路・ホームは高架の2階部分、コンコースが地平にあるため、相互の乗り換えに不便を強いられていますが、この京急の線路・ホームを地上に移動させ、2面4線のホームを造る計画となっています
これにより、相互の乗換が便利になり、また、京急でも特急など優等列車との待ち合わせがや対比ができるようになり、列車設定の自由度が増します

品川駅の南側にある“開かずの踏切”、八ツ山橋踏切の解消・立体交差化も検討されています
京急線、八ツ山橋踏切ともに、JR線を跨ぎ越すための同一平面高架・交差となっていますが、品川駅京急線を地平に下したうえで、八ツ山橋踏切地点では、さらにその上を跨ぎ越す2重高架となる計画で、京急にとっては、減速を強いられていた踏切付近のS字カーブの解消による、運行のスピードアップにつながり、現在、品川─羽田空港(国際線)最短12分がさらに短縮される可能性があり、道路側にとっては、渋滞の解消効果の大きなものですが、京急品川駅と八ツ山橋踏切との間では、相当な急こう配の上り下りとなります


品川駅の西側、高輪地区にプリンスホテルをはじめとした広大な土地を有している西武ホールディングスの動きも気になるところです

2020年の東京オリンピック、2027年のリニア中央新幹線の開業と最も目の離せない地区と言えるでしょう

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 鉄道 > JR 京急 品川駅 再開発
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


国土交通省
国土交通省 リンク 著作権 免責事項 (商用利用可)
鉄道・運輸機構 (独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 旧 日本鉄道建設公団)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2014年8月4日 東西の新線構想も俎上 品川再開発はこうなる 東洋経済〉|dot.ドット 朝日新聞出版 2014/8/ 4 17:53

 東京都、JR、京急、西武。4者それぞれの構想が具体化し始めた。
 都心最後の大規模案件と言われる再開発事業の輪郭が見えてきた。7月17日、東京都は、「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン」の改定案を公表。8月にも正式決定される予定だ。


ページTOP
ページTOP
ページTOP