ホーム > 鉄道 > 北海道新幹線 新函館北斗 2016年3月26日開業 最速 4時間 2分
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

北海道新幹線 新函館北斗 2016年3月26日開業 最速 4時間 2分


北海道新幹線 新函館北斗 2016年3月26日開業 最速 4時間 2分 東京直通 10往復



東京駅と北海道の新函館北斗を結ぶ北海道新幹線(新函館北斗-新青森間、約 149キロ)が、2016年3月26日に開業、運行本数は 1日 13往復で、うち 10往復は乗り換えなしで新函館北斗と東京を直結する列車、最速 4時間2分で東京と新函館北斗が結ばれました


北海道新幹線 路線図

鉄道・運輸機構 鉄道建設パンフレット 」 より

停車駅の少ない速達型列車である「はやぶさ」が、新函館北斗-東京間を 1日 10往復、新函館北斗-仙台間でも1往復、停車駅の多い「はやて」は、新函館北斗-盛岡間と新函館北斗-新青森間でそれぞれ 1日 1往復します


車両は、北海道新幹線用に開発された、JR北海道の H5系 (10両編成、定員731人)、及び、基本性能が同じJR東日本のE5系により運行されます



北海道新幹線 東京-新函館北斗 最速 4時間2分 2019~2020年度には 3時間台へ



東京と新函館北斗を最速4時間2分で結ぶのは下り2本、上り1本の計3本で、停車駅は大宮、仙台、盛岡、新青森になり、東京駅からの接続列車を含めた最短到達時間は、函館駅 4時間29分、札幌駅 7時間44分となり、現在よりそれぞれ 53分、1時間23分の短縮となります

最も遅い列車は、4時間33分、平均の所要時間は 4時間22分程度、東京発の新函館北斗行き下り始発は、午前6時32分、下り最終は、午後 7時20分、新函館北斗発東京行き上り始発は、午前 6時35分、上り最終は午後 6時36分です



北海道新幹線 新在共用区間 最高速度引き上げ 2019~2020年度



長距離移動で、航空機よりも新幹線が選ばれる目安は「4時間切り」とされており、国土交通省省では、青函トンネル内での最高速度引き上げを検討していましたが、2016年10月27日、北海道新幹線の青函トンネル内での走行速度を、2019~2020年度に、時速 140キロから 時速200キロ以上へ引き上げる方針を明らかにました

当初 2018年度を目標にしていましたが、レールの強化やダイヤの調整に時間がかかるため先延ばしになりましたが、実現すれば、東京-新函館北斗間は、現在の最速 4時間2分から 3時間台に縮まります


青函トンネルと前後の区間(約 82キロ)は、新幹線と在来線貨物列車が線路を共有する共用区間の為、すれ違い時、新幹線の風圧による貨物列車の荷崩れを防ぐため、新幹線の最高速度は、在来線と同じ時速 140kmに制限されています

国土交通省では、貨物列車が走らない時間帯を設け、この間に限って時速 200キロ以上での走行を認める方向で、共用区間を最高速度 260キロで走れば、約 19分間所要時間を短縮できるとみられています




北海道新幹線 ゴールデンウィーク 10万7,600人利用 前年比 193% 2016年5月10日



2016年3月26日に開業した 北海道新幹線 新函館北斗-新青森間のゴールデンウィーク期間中(2016年4月28日から5月8日まで)の利用者数は、10万7,600人で、前年同期比 193%(在来線特急・急行列車との比較)と好調に推移しました

東北新幹線は、盛岡-八戸間の利用者数が 24万5,000人となり、前年比 14%増、大宮-宇都宮・古川-北上間は、前年(2015年)とほぼ同じ 182万3,000人が利用(前年比101%)、期間中の新青森駅の降車人数は 5万5,000人で、前年比 20%増と大きく伸びました


JR北海道の在来線特急列車は、函館方面行が北海道新幹線乗継ぎ需要で前年比 103%とやや伸びる一方、旭川方面行は前年比 92%、釧路方面行は前年比 94%と、それぞれ前年実績を下回り、これら3線区を合わせた利用者数は前年比 4%減の 198万9,000人、期間中の札幌駅の利用者数は前年比 5%減の 161万3,000人、新千歳空港駅は前年比 5%増の31万4,000人でした

JR東日本の新幹線、特急、急行列車の利用者数は、前年とほぼ同じ 416万3,000人で、各線区の利用状況もおおむね前年並みに推移しています




北海道新幹線 開業1カ月間の利用者数 前年在来線の2倍 2016年4月26日



北海道新幹線 新函館北斗-新青森間、開業 1ヶ月間(2016年3月26日から4月25日まで)の利用者数は、前年(2015年)比 199%(在来線との比較)となり、「想定どおり順調に推移している」とJR北海道は発表しました

開業 1ヶ月間の 1日平均利用者数は、上り(新函館北斗発)、下り(新函館北斗着)ともに約 2,800人、前年同曜日期間の在来線(中小国~木古内間)利用は上り、下りともに 1日平均約 1,400人でしたので、新幹線開業で利用者数が倍増したことになります

乗車率は 27%、座席別では、普通車 26%、グリーン車 28%、グランクラス 34%となり、料金が高い座席ほど利用率が高い傾向がみられました




北海道新幹線 新函館北斗-新青森間 開業2週間 平均乗車率 27% 2016年4月13日



JR北海道は、2016年4月13日、2016年3月26日の開業から4月10日までの 16日間の集計で、乗車率が、東京発着の列車で 31%、仙台以北の発着列車は 13%、北海道新幹線全体での平均乗車率が 27%だったと発表しました

JR北海道では、当面の北海道新幹線の平均乗車率を約 25%と想定、今後 3年間の収支見通しを年約 48億円の赤字と見込んでいます


乗車率 乗車人員 前年同期(在来線特急)比 備考
2016年3月26日 約 61% 約 1万4200人 3.3倍増 開業初日
2016年3月27日 約 37% 約 8700人 2.1倍増
2016年3月28日 約 31%
20%台
2016年4月3日 約 30% 2度目の日曜日
2016年4月6日~8日 10%台後半
開業後 16日間
(開業初日~4月10日)
31% 東京発着
13% 仙台以北発着
27% 平均




北海道新幹線 最高速度 新函館北斗-盛岡間 260キロ 青函トンネル区間 140キロ



新函館北斗-盛岡間の最高速度は、整備新幹線(※)の規格として、北陸新幹線同様、時速260キロ(盛岡-東京間は320キロ)ですが、今回開通する北海道新幹線全体の約6割を占める、青函トンネル を含む在来線貨物列車との共用区間約82キロでは、列車擦れ違い時の風圧による荷崩れ問題から、時速140キロでの走行となります


その為、実際の距離に対する所要時間を見ると、大都市市街地を走行する為最高速度を抑えられている東京-大宮間に次いで、所要時間のかかる区間となっています


東京-大宮間、大宮-高崎間は、旧国鉄が東北 ・ 上越新幹線を建設する際、騒音対策で沿線自治体などと交わした約束に基づき、最高速度が、それぞれ、時速 110キロ、240キロに制限されています


区間 距離(km) 最高速度(km/h) 表定速度(km/h) 建設主体
東京-新函館北斗 823.7 320 204
東京-大宮 31.3 110 73 国鉄
大宮-宇都宮 77.7 275 194
宇都宮-盛岡 387.5 320 291
盛岡-新青森 178.4 260 229 整備新幹線
新青森-新函館北斗 148.8 260 147
新函館北斗-札幌 211.5 260 237 (推定)

北海道新幹線に勝機はあるか? 深読みチャンネル 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 4-5 」 より編集





北海道新幹線 東京-新函館北斗間 2万2690円



北海道新幹線の料金は、東京-新函館北斗間普通車指定席が、2万2690で、2015年10月13日現在の東北新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合より、2810円高くなり、1編成のの定員が18人の最上級座席「グランクラス」は、3万8280円、全座席にコンセントを備えたグリーン車は、3万60円となります


北海道新幹線は、東京-新函館北斗間が最速約4時間で結ばれますが、東京-函館間の航空機利用時の所要時間は、乗り継ぎを除くと約1時間半、料金は、2万7390~3万5490円です


羽田空港−函館空港に路線を持つ航空各社は、北海道は東京から距離があり、北陸新幹線のように航空機の乗客を奪われることはなく、むしろ、北海道新幹線で新たな客層が増え、行きは新幹線、帰りは飛行機といった相乗効果が期待できると見ているようです


また、仙台-新函館北斗間は、1万7310円、盛岡-新函館北斗間は、1万2880円、新青森-新函館北斗は、7260円(いづれも普通車指定席利用時)となり、現在の在来線特急(函館−新青森)より約2000円程高くなる新函館北斗−新青森間の特急料金は、同じ距離で比較した場合、東海道新幹線の1.58倍、東北新幹線の1.52倍となり、仮に東北新幹線の料金率を適用した場合、1500円程安くなる計算です


JR北街道の三浦雅行営業部専任部長は、記者会見で、北海道新幹線の料金が割高になった理由について、「青函トンネルや冬季の線路維持費、収支予測などを考慮した」と説明し、また、インターネットで早期に購入すれば、新函館北斗−新青森間を正規料金より4割安く利用できるようにするとの方針を示しています




北海道新幹線 割引料金 ネット事前購入で最大 40%割引 2016年1月5日



北海道新幹線 東京-新函館北斗間で、インターネットでの事前購入を対象に、割引料金が摘要され、最大割引率は、「新青森−新函館北斗」の 40%、東北新幹線とまたがる「東京-新函館北斗」では、運賃と普通車指定席の特急料金の合計額が、正規料金、2万2690円に対し、最安で、割引率 31%の1万5460円となります


「東京-新函館北斗」のスマートフォン等を切符代わりに利用するJR東の「スーパーモバイルSuica(スイカ)特急券」では、乗車前日までに購入した場合に、最安となりますが、原則として年会費 1030円が必要です


無料で会員登録できるJR北の「北海道お先にネットきっぷ」(JR東は「お先にトクだ値」)の場合、2週間前までにネットで購入すると、「東京-新函館北斗」間は、1万7010円(割引率 25%)、「新青森-新函館北斗」間は、4350円(割引率 40%)となります


乗車前日までネットで購入できる「北海道ネットきっぷ」は、割引率 5~20%で、「東京-新函館北斗」間は、2万1550円(割引率 5%)です




函館-新函館北斗間アクセス列車 「はこだてライナー」



函館-新函館北斗間在来線のアクセス列車「はこだてライナー」は、新函館北斗駅で北海道新幹線と接続し、新幹線停車駅の新函館北斗と函館間約 17.9kmを1日16往復の定期列車が、通常時3両、混雑時6両の車両編成で結び、輸送能力は3両編成時約440人、所要時間は、すべての駅には止まらない速達タイプが17分、各駅停車が約20分と見込まれています

新函館北斗駅では、新幹線ホームとアクセス列車のホームが同一平面で、スムーズに乗り換えられるようになる予定です


アクセス列車用の車両は733系1000番台、車内の座席はロングシート、札幌圏で運行されている733系電車をベースに4編成12両が製作されます

このアクセス列車の愛称「はこだてライナー」は、2014年11~12月公募した結果、6,173件の応募があり、最多の289件を得票し、目的地が明確で親しみやすくわかりやすいとして、「はこだてライナー」に決定されました


北海道新幹線 新青森-新函館北斗間開業初日となる2016年3月26日早朝には、通常の 函館駅 6時1分発の始発列車の前に、函館駅 5時44分発の普通列車の「はこだてライナー」が、定期列車と同じ733系3両編成で増発されます




北海道新幹線 1日13往復 東京直通 1日10往復 の波紋



開業当初の北海道新幹線の運行計画では、東京から新函館北斗の直通電車「はやぶさ」は1日10往復、これに加えて新青森発、盛岡発、仙台発の区間運転「はやて」がそれぞれ1往復、合計で北海道新幹線の運行は1日13往復とされています

現在、東京-新青森間を直通運転する「はやぶさ」は1日17往復ありますので、通常時、その中の10本だけしか北海道新幹線には乗り入れないことになります


年末年始やお盆などの多客期には1日最大4往復程度の臨時列車が検討されているとのことですが、合わせても1日17往復にしかなりません

定期列車のみで見ても、北陸新幹線の東京-金沢間直通列車は、「かがやき」「はくたか」合わせて1日24往復、新大阪-鹿児島中央間を走る「みずほ」「さくら」が1日23往復、ミニ新幹線の東京-秋田間の「こまち」が1日15往復、東京-山形・新庄間の「つばさ」が16.55往復設定されています


東京-金沢間最速2時間28分、東京-富山間最速2時間8分の北陸新幹線と比較するのは酷としても、その他の区間と比較しても、ちょっと少ない感じがします

新函館北斗駅の新幹線停車本数1日13往復というのは、1時間当たり1本にも満たない本数で、碓氷峠越えの為、既存市街地から遠く離れた地に設置された北陸新幹線の安中榛名(12往復)並です


現在、在来線特急として新青森-函館間を結ぶ「白鳥」「スーパー白鳥」の臨時列車を含めた本数(9~11月)は12本あり、北海道新幹線開業に伴い廃止される「北斗星」「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」も運行されていますので、本数としてはさほど増えないということになります

青函トンネル(共用)区間 最高速度140キロということを合わせて考えてみますと、現行の「白鳥」「スーパー白鳥」のスジをそのまま北海道新幹線用に振り替えただけなのかもしれません


その理由として、青函トンネルというのは、農産物の大生産地ある北海道と大消費地である首都圏を結ぶ物流の大動脈であるため、
実は、旅客路線というより、貨物路線としての性格、役割が強い為、自由に旅客車を増やすことができない事情が挙げられるのかと思います



※.「白鳥」「スーパー白鳥」とは
 すでに廃止された青函トンネル内の竜飛海底駅・吉岡海底駅の見学コースの指定列車でもあった「白鳥」「スーパー白鳥」は、それまで盛岡-函館間を結んだ新幹線接続列車「スーパーはつかり」に変わり、2002年の東北新幹線盛岡-八戸間の開業に伴い、八戸-函館間を結ぶ新幹線接続列車として登場しました
 「スーパー白鳥」と「白鳥」の違いは使用する車両で、「スーパー白鳥」は、JR北海道の特急形電車789系、「白鳥」は国鉄時代のベストセラー電車485系をリニューアルした3000番台が使用されています
 初代の「白鳥」は、初登場は1960年12月、奥羽本線秋田駅と八戸線鮫駅を結ぶ準急列車で、奥羽本線秋田駅7時27分発→青森駅→尻内(現 八戸)駅→八戸線鮫駅13時着、八戸線鮫駅15時40分発→尻内(現 八戸)駅→青森駅→奥羽本線秋田駅21時5分着の、青森県を横断するビジネス用途の列車でしたが、1961年10月登場の大阪-青森間を結ぶ日本海縦貫特急にその名を譲り、1961年9月、「岩木」に改名されています



先に述べましたように、現行在来線としての昼行特急は、臨時列車を含めても12本程度なのに対し、コンテナ貨物列車は、毎日約23往復していて、人と物で輸送力を比較することは困難ですが、少なくとも運行本数では、貨物の方がおよそ2倍の本数が走っている程の貨物にとって重要路線なのです


とはいえ、北海道新幹線の開通により爆発的に旅客流動が増えると予想されれば、それに応じた施策※も講じられたのかも知れませんが、やはり、残念ながらそこまでコストを掛けるだけの需要が見込めないということなのでしょう



※.例えば、トレイン・オン・トレイン(Train on Train、異軌間軌道列車移動システムおよび列車搭載型貨物列車、現在開発研究中、 詳細は、「トレイン・オン・トレイン - Wikipedia」等をご参照下さい)を実施し、貨物列車を新幹線網の車両に積み込み、貨物列車も新幹線同様260km走行で新幹線との平行ダイヤを引くとか



鉄道には、4時間程度で行けるところまでが鉄道の守備範囲で、それを超えると飛行機の選択率の方が高くなっていくという、いわゆる4時間の壁というものがあり、東京-新函館北斗間で約4時間、そこまでであれば飛行機に対抗できますが、そこからまたアクセス列車に乗り換えてと言われると不利な感じが否めません


まして、最大の旅客流動である東京-札幌間で考えますと、1編成だけ試作して開発を止めてしまった「キハ285系ハイブリッド振り子車両」を投入して、新函館北斗-札幌間で3時間を切ると言われても、併せて7時間では、これまで通り飛行機の優勢は変わらないでしょうから、あくまでも道南観光、ビジネスの拠点として、これから発展していくことを期待して止みません



あくまでも私個人の感想ですが、「新函館北斗」と言う駅名は非常に残念です

北斗市の方には失礼かもしれませんが、「北斗」という地名は全国的にはネームバリューが無く、単に、「新函館北斗」駅が「函館」駅とは離れている、遠い(函館-新函館北斗間18キロメートル)というイメージを強調するだけのマイナス要素にしかならなかったのではないかと思います

単純に、「新函館」としておけば、これまでも在来線の主要駅と新幹線駅が離れて設置される例はありましたので、例えば、「新横浜」とか「新神戸」とか、函館に行くなら「新函館」駅という旅行者の行動パターンに影響を与えられるようなイメージ形成につながったのではないでしょうか




青函トンネル区間 最高速度 200キロ 貨物新幹線 構想 2016年1月1日



国土交通省、JR北海道、JR東日本、JR貨物の3社などは、コンテナを新幹線直接載せる方式で、最高速度 200キロで走行できる新幹線仕様の貨物列車を開発し、北海道新幹線新青森-新函館北斗間 (約149キロ区間)に走らせる方向で検討を始めました

いわば「貨物新幹線」と言える構想で、2016年度以降、車両の開発に着手、2020年代前半の実用化を目指すとのことで、北海道新幹線の高速化が可能となり、同区間の所要時間を18分短縮できる上、貨物輸送のスピードアップにもつながるとみられています


今回の貨物新幹線構想は、東北、北海道新幹線で使われるE5系、H5系車両をベースとし、5トンコンテナを約100個積める20両程度の編成とし、新青森側と新函館北斗側に建設する積み替え基地で、専用クレーンを使って「在来線」「新幹線」双方の貨物列車間でコンテナを積み替える構想で、積載するコンテナの左右両側に「側壁」を設けて対向車両の風圧を防ぐ方式です



貨物新幹線 時間短縮効果



高速列車がすれ違う際の風圧でコンテナが荷崩れする恐れを大幅に軽減できる為、この荷崩れ問題から、最高時速140キロに制限されている北海道新幹線の青函トンネル区間(約82キロ)で、本来の最高速度である時速260キロで、また、従来貨物列車の110キロに対し、貨物新幹線も200キロで走行が可能となります


この効果により、新幹線の新青森-新函館北斗間の所要時間は、現在の最短1時間1分から43分となり、東京-新函館北斗間は、開業時の最速4時間2分から3時間44分となり、2030年度までに予定される札幌延伸時も東京-札幌間を4時間台で結ぶことができ、貨物列車についても、コンテナの積み替え時間を加えても、新青森-新函館北斗間の所要時間は、2時間半から1時間40分程度に短縮できます



貨物新幹線 費用



貨物新幹線の事業費は、新幹線仕様の貨車開発や積み替え基地建設費などで、800億~1千億円とみられています



トレイン・オン・トレイン(TOT)方式



これまで、新青森-新函館北斗間(青函トンネル区間)の貨物列車の高速化は、2005年度から、コンテナを載せた貨車ごと新幹線用車両に載せる、「トレイン・オン・トレイン(TOT)方式」を中心に検討されていましたが、台車部分の重量が大きすぎ、重心も高くなるなどの問題を抱えていました




青函トンネル とは



青函トンネルは、北海道新幹線開業前は、在来線の海峡線として使用され、北海道新幹線開業後は、北海道新幹線、及び、在来線の貨物線として使用されています

1988年(昭和63年)の開業以来、30年近く、全長 53.9km の世界最長トンネルでしたが、2016年6月1日、スイスに、「ゴッタルド・ベース・トンネル」、全長 57.1km が開通したため、世界 2位となりました

今後は、海底トンネル 世界最長(スイス「ゴッタルド・ベース・トンネル」は、山岳トンネル)とでも呼称することになるのでしょうか

参照 「 世界最長 鉄道トンネル スイス 「ゴッタルドベース」 2016年6月1日開通 」


北海道新幹線 青函トンネル 共用走行のイメージ図

鉄道・運輸機構 鉄道建設パンフレット より
新幹線の方が車体断面が大きい他、勾配は小さくや曲線半径は大きくしないといけない等、在来線と新幹線は規格が異なりますが、青函トンネルは、当初から新幹線の車両が通れる新幹線規格でトンネルは建設されましたが、当時新幹線はまだ青森にすら到達しておらず、1988(昭和63)年3月13日、在来線の海峡線として開業しました

その為、線路幅や電気や信号システム等は在来線規格となっており、線路は、幅の違う新幹線と在来線両方に対応できるよう3線軌条化、電気や信号システム等は新幹線用に改修の上、新幹線用に対応できる在来線用機関車を新規に開発、製造して対応しています

そして、2014年12月7日未明、遂に、新幹線車両が津軽海峡をくぐり、本来の規格を発揮できるようになりました



青函トンネル建設の目的



新幹線規格で造られた青函トンネルですが、もともとの建設目的は、新幹線を通すことではありませんでした

あまり知られていない事かもしれませんが、日本の海難事故で最大の惨事、タイタニック」の悲劇とほぼ同じ、合わせて約1500名の人命が失われたとされる1954(昭和29)年の「洞爺丸事故」が、青函トンネル建設の大きな契機となっています

青函トンネルが開業するまで、国鉄(現JR)は青森-函館間に鉄道連絡船、「青函連絡船」を運航していました


1954(昭和29)年9月26日、九州へ上陸したのち日本海を北上した台風15号が津軽海峡に接近
気圧は960ヘクトパスカル、風速50m/秒という強い台風のため青函連絡船の運航も中止されていましたが、夕方17時頃、天候や海の状況が次第に落ち着いてきたことから、1167名の旅客を乗せた青函連絡船「洞爺丸」が函館港から青森港へ向けて出港します

しかしその後、天候が再び悪化
暴風と激しい波浪に襲われるなか、洞爺丸は意図的に海岸近くの浅瀬に座礁させて船体を安定させようとしましたが、間に合わず横転、沈没、1051名の洞爺丸乗員乗客が亡くなったほか、貨物専用の青函連絡船4隻も沈没し、一夜にして乗員乗客合わせて1430名もの犠牲者が出てしまいました


本州と北海道を海底トンネルで結ぼうという構想自体は戦前から存在していましたが、この「洞爺丸事故」をきっかけに国鉄も世論も、その実現に向けて大きく動き出します




ブルートレイン「北斗星」 2015年3月 北海道新幹線開業に先立ち廃止



ブルートレイン「北斗星」 2015年3月 北海道新幹線開業に先立ち廃止につきましては、下記ページをご参照下さい


  ブルートレイン「北斗星」 2015年3月 北海道新幹線開業に先立ち廃止




北海道新幹線 新函館北斗延伸 進捗経過 開業をめぐる動き



年月日 イベント
2014年12月1日~
2015年3月1日

北海道新幹線「H5系」 試験走行 


4編成製造される計画のH5系新幹線営業編成が、10両編成に組み上げられ、2014年12月1日~2015年3月1日までの間に60日程度、奥津軽いまべつ-新函館北斗(約110km)間を1日1~3往復、試験走行を行う計画で、徐々に最高速度を上げていき、2014年12月中には、営業最高速度の260kmで走行、厳冬期の走行で線路や信号設備が正常に機能するかなどを点検します
2014年12月7日

北海道新幹線「H5系」 青函トンネルを走行


2014年12月7日未明には、ついに、北海道新幹線用の10両編成、H5系編成が津軽海峡の下をくぐり、本州と北海道を結ぶ青函トンネルを初めて新幹線試運転列車が走り、青函トンネルを含む在来線との共用区間で、新幹線用に切り替える電気系統に異常がないか等を調べました
2015年4月21日~
2015年7月30日

北海道新幹線「H5系」 試験走行 新青森-新函館北斗


2015年4月21日から2015年7月30日まで、北海道新幹線用車両 「H5系」及び新幹線電気 ・ 軌道総合検測車(イースト ・ アイ)を使用し、新青森-新函館北斗間で、基本的に夜間、1往復/日程度の走行試験が実施されます
2015年5月24日

北海道新幹線「H5系」 試験走行 新青森駅に初乗り入れ


北海道新幹線「H5系」車両が、2015年5月24日午前3時20分、初めて試験走行で新青森駅(青森市)に乗り入れ、新函館北斗(北海道北斗市)-新青森の全線を「H5系」車両が走行しました
2015年12月21日

北海道新幹線 開業前の試乗会 応募受付を開始


JR北海道は、2015年12月21日(月)、北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が来年3月26日(土)に開業するのに先立ち、2日間にわたり計5回の試乗会を開催すると発表しました

使用車両はJR北海道の北海道新幹線用車両H5系で、日程は以下の通り、各回の開催に合わせて、在来線の函館~新函館北斗(渡島大野)間に臨時列車が運転されます

2016年2月13日(土)
第1回:新函館北斗10時頃発~木古内(折り返し)~新函館北斗11時頃着
第2回:木古内15時頃発~新函館北斗(折り返し)~木古内16時頃着

2016年2月14日(日)
第3回:新函館北斗10時頃発~木古内(折り返し)~新函館北斗11時頃着
第4回:新函館北斗13時頃発~木古内(折り返し)~新函館北斗14時頃着
第5回:新函館北斗16時頃発~木古内(折り返し)~新函館北斗17時頃着

募集は各回600人の合計3000人で、うち「親子限定車両」が各回100人(応募多数の場合は抽選)

応募は、12月21日(月)14時から12月28日(月)23時59分まで、「北海道新幹線スペシャルサイト」において1人1回限り(1回の応募で4人まで)で受け付けています







目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 鉄道 > 北海道新幹線 新函館北斗 2016年3月26日開業 最速 4時間 2分
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


北海道新幹線スペシャルサイト
国土交通省
国土交通省 リンク 著作権 免責事項 (商用利用可)
鉄道・運輸機構 (独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 旧 日本鉄道建設公団)
鉄道・運輸機構 サイトマップ
鉄道・運輸機構 サイトポリシー (著作権法準拠)
福井県新幹線建設推進課 整備新幹線ルート図:北陸新幹線
北海道新幹線 - Wikipedia

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年12月4日

<北海道新幹線>高速走行3年延期に青森困惑 河北新報 2016年12月4日 08:00


 北海道新幹線の新青森−新函館北斗間(約149キロ)のうち、青函トンネルを含む貨物列車との共用走行区間(約82キロ)の高速走行実現が3年程度先延ばしとなった。全ダイヤでの高速走行を長年要望してきた青森県議会と県は、国土交通省の見通しの甘さを批判。今後のスケジュールを示さない国の姿勢に不信感を募らせている。
 ◎貨物共用区間 国の姿勢に不信感
 「高速走行時期が延びるという今回の説明は、誠に唐突な感を免れない」
 今月上旬に開かれた青森県議会新幹線・鉄道問題対策特別委員会で、国の報告に対する受け止めを聞かれた三村申吾知事は不満をのぞかせた。出席した国交省の担当者に対し、県議からも「なぜ今ごろになって新たな問題が出てくるのか」「3年間の議論は何だったのか」と質疑が相次いだ。
 青森県は、全ダイヤでの高速走行実現を条件に2005年、北海道新幹線の着工に同意した背景がある。今回の報告に、県幹部も「高速走行を本気で実現しようとしていないのではないか。調整の仕方は考えようと思えば出てくるはずだ」と疑念を抱く。
 新幹線は本来、時速200キロ以上で走行する。北海道新幹線の最高速度は時速260キロで、青函トンネルも将来的に新幹線が高速走行する前提で規格設計、建設された。

<北海道新幹線>高速走行3年延期に青森困惑 河北新報 2016年12月4日 08:00 」 より


2016年10月28日

北海道新幹線高速化は19―20年度 朝日新聞 2016年10月28日 01:58


 国土交通省は27日、北海道新幹線の青函トンネル内での走行速度の引き上げを、2019〜20年度に実施する方針を明らかにした。18年度を目標にしてきたが、レールの強化やダイヤの調整に時間がかかるため先延ばしする。実現すれば、東京―新函館北斗間は現在の最速4時間2分から3時間台に縮まる。
 同日の有識者会議で方針が報告された。青函トンネルと前後の線路は貨物列車と共用で速度を落としている。今後は貨物列車が走らない時間帯を設け、この間に限って時速200キロ以上での走行を認める方向だ。
 長距離移動で航空機よりも新幹線が選ばれる目安は「4時間切り」とされ、同省は青函トンネル内での速度の引き上げを検討していた。

北海道新幹線高速化は19―20年度 朝日新聞 2016年10月28日 01:58 」 より


2016年10月27日

3時間台、3年先送り 道新幹線 新函館北斗―東京間 北海道新聞 10月27日 22:34


 国土交通省は27日、北海道新幹線の東京―新函館北斗間を3時間台で走る新幹線を1日1往復は実現させる目標時期を、従来の「2018年春まで」から「遅くとも20年度」へと、最大3年間先送りすると発表した。高速走行に向けて青函トンネル内のレールを研磨する作業に、当初の想定よりも時間がかかることが分かったためだ。
 北海道新幹線の最高速度は時速260キロだが、青函トンネルを含む貨物列車との共用区間(約82キロ)では、風圧による荷崩れなどを防ぐため同140キロで走っている。東京―新函館北斗間は現在、最短で4時間2分だが、共用区間を同260キロで走れば、あと約19分間短縮できる。

3時間台、3年先送り 道新幹線 新函館北斗―東京間 北海道新聞 10月27日 22:34 」 より


2016年10月27日

北海道新幹線「4時間切り」は平成31年度以降に 産経新聞 10月27日 22:34


 国土交通省は27日、北海道新幹線の青函トンネル通過時の最高時速を200キロ超に引き上げる時期が、当初目標の「平成30年春」から「遅くとも平成32年度、可能であれば31年度」にずれ込むと発表した。高速運転に必要な保安システムや高精度の線路整備などに想定以上の日数を要すると判明したため。
 青函トンネル内では貨物列車とすれ違う際にコンテナが荷崩れする恐れがあるなどとして最高時速140キロに制限、東京〜新函館北斗間の所要時間が最短でも4時間2分かかっている。

北海道新幹線「4時間切り」は平成31年度以降に 産経新聞 10月27日 22:34 」 より


2016年6月26日

北海道新幹線、開業3カ月 函館・近郊活況続く 「朝市」は午後も行列 宿泊施設不足が課題 北海道新聞 2016年6月26日 06:50


 北海道新幹線新青森―新函館北斗間の開業から26日で3カ月。函館市と近郊は今も大勢の旅行客が押し寄せ、「開業効果」が薄れる気配はない。プロ野球選手が移動に使うなど、在来線にはなかった新たな需要も生まれている。地元の観光関係者は期待以上のにぎわいに笑顔を見せるが、一方で宿泊施設の不足という課題も浮かび上がっている。
■来客3割増し
 「早朝に続いて午後から第二の人の波が来る」。函館朝市協同組合連合会の井上敏広理事長は、今までになかった客の流れに驚く。
 函館朝市の「どんぶり横丁」で自身が経営する食堂は新幹線開業後、従来は閑散としていた午後1時ごろから混み合うようになった。ちょうど、東京駅午前8時20分発「はやぶさ5号」の乗客が新函館北斗駅でアクセス列車に乗り換え、函館駅に到着する時間帯だ。
 客足は大型連休以降も伸び、井上さんの店は、1日の平均客数が昨年同期より約3割(約100人)多い400人前後で推移。対応しきれず、旅行会社からの団体客の予約注文もほとんど断っているという。

北海道新幹線、開業3カ月 函館・近郊活況続く 「朝市」は午後も行列 宿泊施設不足が課題 北海道新聞 2016年6月26日 06:50 」 より


2016年5月10日

北海道新幹線、ゴールデンウィーク期間中は10万7,600人利用 - 前年比193%に マイナビ 05月10日 17:04


 JR北海道とJR東日本は、ゴールデンウィーク期間中(4月28日から5月8日まで)の北海道新幹線・東北新幹線と在来線の利用状況を発表した。このうち、3月26日に開業した北海道新幹線(新青森〜新函館北斗間)の利用者数は10万7,600人で、前年同期比193%(在来線特急・急行列車との比較)と好調ぶりを見せた。
 東北新幹線は盛岡〜八戸間の利用者数が24万5,000人となり、前年比14%増と伸びた。大宮〜宇都宮・古川〜北上間は前年とほぼ同じ182万3,000人が利用(前年比101%)。期間中の新青森駅の降車人数は5万5,000人で、前年比20%増と大きく伸びている。
 JR北海道の在来線特急列車は、函館方面行が北海道新幹線乗継ぎ需要で前年比103%とやや伸びる一方、旭川方面行は前年比92%、釧路方面行は前年比94%と、それぞれ前年実績を下回る結果に。これら3線区を合わせた利用者数は前年比4%減の198万9,000人となった。期間中の札幌駅の利用者数は前年比5%減の161万3,000人、新千歳空港駅は前年比5%増の31万4,000人だった。
 JR東日本の新幹線・特急・急行列車の利用者数は、前年とほぼ同じ416万3,000人。各線区の利用状況もおおむね前年並みに推移した。

北海道新幹線、ゴールデンウィーク期間中は10万7,600人利用 - 前年比193%に マイナビ 05月10日 17:04 」 より


2016年4月26日

北海道新幹線、開業1カ月間の利用状況は前年の在来線の2倍 - JR北海道発表 マイナビ 2016/04/26


 JR北海道は26日、北海道新幹線開業1カ月間(3月26日から4月25日まで)の利用状況を公表した。新青森~新函館北斗間の利用者数は前年比199%(在来線との比較)となり、「想定どおり順調に推移している」と同社は発表している。
 今回の発表によれば、開業1カ月間の1日平均利用者数は下り(新函館北斗着)・上り(新函館北斗発)ともに約2,800人。前年同曜日期間の在来線(中小国~木古内間)利用は下り・上りともに1日平均約1,400人だったため、新幹線開業で利用者数が倍増したことになる。
 乗車率は27%で、座席別では普通車26%、グリーン車28%、グランクラス34%となり、料金が高い座席ほど利用率が高い傾向がみられる。JR北海道の集計はあくまで新青森~新函館北斗間の利用状況であるため、東京~新青森間の利用状況は反映されないが、乗車時間の長さ(東京~新函館北斗間は最短4時間2分)から、少しでも快適に移動したいとの心理が影響しているともいえそうだ。
 JR北海道は今後も北海道新幹線の利用促進のため、新幹線往復のパック商品の販売促進に力を入れるほか、各旅行会社が設定する片道新幹線・片道航空機の旅行商品を後押ししていく考え。さらに、7~9月に開催される「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」専用商品の設定や修学旅行の誘致など、利用増に向けてさまざまな策を講じる構えだ。

北海道新幹線、開業1カ月間の利用状況は前年の在来線の2倍 - JR北海道発表 マイナビ 2016/04/26 」 より


2016年4月13日

平均乗車率、27%=開業2週間―北海道新幹線 時事通信 2016年4月13日 19:55


 JR北海道の島田修社長は13日の定例記者会見で、開業から約2週間がたった北海道新幹線の平均乗車率が27%だったと発表した。10日までの16日間で集計した。乗車率は東京発着の列車で31%、仙台以北の発着列車は13%にとどまった。
 北海道新幹線は3月26日に開業。初日の乗車率は61%に上ったが、翌27日は37%、28日は31%に低下。2度目の日曜日となった3日は30%に回復したが、それ以外は20%台で推移し、6〜8日は10%台後半に落ち込んだ。
 JR北海道は、当面の新幹線の平均乗車率を約25%と想定し、今後3年間の収支見通しを年約48億円の赤字と見込んでいる。島田社長は記者会見で、北海道新幹線について「関連の旅行商品には多くの申し込みがあり、支持されている」と指摘したが、平均乗車率の評価には言及しなかった。

平均乗車率、27%=開業2週間―北海道新幹線 時事通信 2016年4月13日 19:55 」 より


2016年4月13日

北海道新幹線「低乗車率」には3つ誤解がある 「満席」には決してできない本当の事情 東洋経済 2016年4月13日 06:00


 元来「はやぶさ」というのは2011年にE5系列車が導入されて以来、「東京〜新青森間」の速達型列車として設定されたものだ。議論の分かれるところではあるが、県庁所在地である宇都宮と福島は停車せず、主として「首都圏・仙台・盛岡以北」を最速で結ぶことを目的としている列車である。
 今回の新函館北斗開業では、基本的にこの「はやぶさ」を新青森から新函館北斗に延伸したダイヤとなっている。ちなみに、北海道新幹線に乗り入れない新青森止まり、あるいは盛岡止まりの「はやぶさ」というのも多少残っているが、過半数は新函館北斗まで直通する。
 ということは、「北海道新幹線の東京発新函館北斗行き『はやぶさ』」が、仮に「東京から北海道新幹線まで通して乗る」乗客が100%になってしまうと、仙台まで、盛岡まで、新青森までといった乗客は溢れてしまうことになる。
 現状については、例えば私が開業日に乗車した経験で言えば、大宮までの時点では80%程度の乗車率で、それが仙台で半分降り、更に盛岡でも降りて、新青森になって「開業初日の北海道新幹線に乗る」という鉄道ファンがドッと乗ってきたという感じだった。

北海道新幹線「低乗車率」には3つ誤解がある 「満席」には決してできない本当の事情 東洋経済 2016年4月13日 06:00 」 より


2016年4月2日

新幹線、道南に活気 開業1週間 乗車率「GWに期待」 北海道新聞 2016年4月2日 08:05


 北海道新幹線が開業して、2日で1週間となる。開業した3月26日と翌27日の土、日曜を中心に、新幹線の駅や函館の観光地はにぎわったほか、新幹線との競合が注目された航空機の搭乗率も堅調で好影響があった。ただ肝心の新幹線の乗車率は平日を中心に伸び悩んでいるもようで、関係者は観光客が増える4月末からの大型連休に期待している。
■累計7万人
 「まさかこんなに人が集まるとは」。木古内駅(渡島管内木古内町)では、1月に駅前にオープンした道の駅「みそぎの郷きこない」に開業2日間で計9千人が訪れ、累計で7万人を超えた。道の駅の浅利文博センター長(64)は「大型連休には累計10万人の大台もみえてくる」と驚きを隠せない。
 新函館北斗駅(北斗市)で26日から31日まで6日間行われた「北斗おもてなし祭」も延べ約15万人が来場し、半数は開業から2日間に集中した。北斗市は「物珍しさもあって当面は地元客を中心ににぎわいが続く」とみる。
 函館市内でも函館市電の乗客数は開業から2日間、前年同期より3割増加した。函館山ロープウェイは、開業6日間の利用客数が前年同期に比べ約1割(約3600人)増えた。同社は「メディアで広く紹介されたことが大きい」という。

新幹線、道南に活気 開業1週間 乗車率「GWに期待」 北海道新聞 2016年4月2日 08:05 」 より


2016年3月28日

北海道新幹線 初日の乗車率61% 朝日新聞 2016年3月28日 20:40


JR北海道は28日、開業2日間(26、27日)の北海道新幹線(新函館北斗―新青森)の乗車実績を公表した。26日は約1万4200人で乗車率は約61%。前年同期の在来線特急と比べ3・3倍増えた。27日は約8700人で同2・1倍増。乗車率は約37%だった。
 開業後9日間の平均の予約率は約24%(21日現在)で、JR北は平均の乗車率を約26%とみている。島田修社長は「平日になるとさらに落ち着いていく、と予測せざるを得ない」と話し、ゴールデンウィークや夏の行楽期に乗車率を上げていくための営業強化が不可欠だとした。

北海道新幹線 初日の乗車率61% 朝日新聞 2016年3月28日 20:40 」 より


2016年3月27日

新幹線開業効果「予想以上」 地元商業者、にぎわい継続期待 北海道新聞 03月27日 06:30


【函館、北斗】函館、北斗両市の飲食店やホテルなどは26日、北海道新幹線で訪れた観光客らで混雑した。「こんなに忙しくなるなんて」。商業関係者は開業効果を歓迎し、にぎわいの継続を期待していた。
 新函館北斗駅(北斗市)の地場産品アンテナショップ「ほっとマルシェおがーる」は午後2時ごろ、急きょ入店を制限した。店内が混み合い、渡辺正憲店長(49)によると「身動きが取れなくなりそうだった」。同じ駅舎内の弁当カフェ「41°(よんいち)ガーデン」は弁当約千個を完売した。吉田広城(ひろき)社長(48)は「予想の3倍の売れ行きだった」と驚いていた。
 にぎわいは周辺に波及した。駅前に店舗を構えるJR北海道の駅レンタカーは26日、家族連れら45件が利用した。新幹線切符とのセット割引が好評で、ゴールデンウイーク中も約100件の予約が入っている。

新幹線開業効果「予想以上」 地元商業者、にぎわい継続期待 北海道新聞 03月27日 06:30 」 より


2016年3月26日

はやぶさ10号、高揚感と生活感 新函館北斗発一番列車・乗車ルポ 北海道新聞 03月26日 10:23


JR新函館北斗駅を午前6時35分に出発した北海道新幹線の一番列車「はやぶさ10号」は30分後には青函トンネルの深部へと走行していた。車窓を見ると、白く曇っている。青函トンネル内は湿度が高いので、高速走行の新幹線は即、窓が曇ると事前に教えられていたのだが、新鮮な感じがした。
 トンネルを抜けると、車掌から「かつてナウマン象が渡った津軽海峡を、北海道新幹線の一番列車が通り抜け本州に到達しました」と抑制された声ながら歴史的瞬間を伝えてくれた。
 間もなく、奥津軽いまべつ駅に到着。ホームで大勢の地元の人が旗を振って歓迎してくれる。何か熱いものを感じてきた。
 いくつかの短いトンネルを抜けると、車窓には青森の風景と、その向こうには津軽海峡が広がる。つい先ほど、函館山を遠望し、その向こうにあった海を今は反対側から見ているのだ。やはり新幹線は速いと実感する。

はやぶさ10号、高揚感と生活感 新函館北斗発一番列車・乗車ルポ 北海道新聞 03月26日 10:23 」 より


2016年3月26日

<北海道新幹線>青函新時代開く 河北新報 2016年3月26日 13:45


 北海道新幹線新青森−新函館北斗間(約149キロ)が26日、開業した。1973年の整備計画決定から43年、本州と北の大地がつながり、新幹線で日本列島が結ばれた。新幹線駅では最北の終着駅となる新函館北斗駅(北海道北斗市)では、早朝から一番列車の出発式があった。ラベンダー色のラインが鮮やかな新型車両「H5系」を前に、関係者らが長年待ち望んだ北海道新幹線誕生を祝った。
 出発式に先立ち、午前5時45分からコンコースで開業式典が行われた。
 JR北海道の島田修社長が「新たな連携のスタートだ。道民の夢を乗せた北海道新幹線が東北地域との交流を拡大する。沿線地域にも効果を実感してもらえるよう、安全運行を最大限心掛けて取り組む」とあいさつした。高橋はるみ北海道知事は「新幹線を活用し地域の活性化に取り組む。多くの人に新幹線を利用してもらい、より快適で何より安全に旅を楽しんでいただくことを願う」と述べた。

<北海道新幹線>青函新時代開く 河北新報 2016年3月26日 13:45 」 より


2016年3月26日

北海道新幹線が開業=津軽海峡越え本州直結―東京から新函館北斗4時間 時事通信 2016年3月26日 13:21


 北海道新幹線(新青森―新函館北斗、約149キロ)が26日、開業した。東京と新函館北斗は最速4時間2分。津軽海峡を越え北海道から本州、九州まで初めて新幹線でつながった。1964年の東海道新幹線開業から半世紀余り。日本の高速鉄道網に新たな歴史が刻まれた。沿線各駅では記念式典が開かれ、一番列車が走りだした。
 北海道新幹線は整備計画決定から43年での開業。海底トンネルとして世界最長の青函トンネル(約54キロ)を走行し、一部区間で貨物列車とレールを共用する。新幹線の開業は、2015年3月の北陸新幹線延伸(長野―金沢)以来。
 北海道側の始発駅「新函館北斗駅」(北海道北斗市)での式典には、石井啓一国土交通相やJR北海道の島田修社長、高橋はるみ知事らが出席。集まった市民ら約2500人に見送られ、定刻の午前6時35分、上り一番列車「はやぶさ10号」が出発し、4時間余りで東京駅に到着した。

北海道新幹線が開業=津軽海峡越え本州直結―東京から新函館北斗4時間 時事通信 2016年3月26日 13:21 」 より


2016年3月26日

北海道新幹線開業! 「はやぶさ」一番列車が新函館北斗駅を発車 - 写真25枚 マイナビ 2016年3月26日 11:55


 北海道新幹線新青森〜新函館北斗間が26日に開業し、新函館北斗駅にて開業式典・出発式が開催された。H5系を使用した東京行の一番列車「はやぶさ10号」は6時35分、駅長による出発合図とともに新函館北斗駅を発車した。
 北海道新幹線は新函館北斗駅発着の定期列車13往復26本を運行。このうち、東京〜新函館北斗間を結ぶ直通列車「はやぶさ」は10往復20本。仙台〜新函館北斗間「はやぶさ」も1往復設定される。残る2往復は盛岡〜新函館北斗間・新青森〜新函館北斗間で各1往復設定され、どちらも列車名は「はやて」となる。
 開業式典では、JR北海道代表取締役社長の島田修氏が登壇。「多くの方々の熱意により、北海道新幹線として一番列車が走り出そうとしています。関わった多くの方々への感謝を胸に、北海道における新幹線時代のスタートをきりたいと思います。開業はゴールではなくスタート。さまざまな形で成果・効果を実感していただけるよう、安全運転に努めていきたい」と挨拶した。

北海道新幹線開業! 「はやぶさ」一番列車が新函館北斗駅を発車 - 写真25枚 マイナビ 2016年3月26日 11:55 」 より


2016年3月26日

<北海道新幹線>列島、結ばれた…「東海道」から52年経て 毎日新聞 2016年3月26日 11:40


津軽海峡を越えて北海道と本州を結ぶ初めての新幹線「北海道新幹線」(新青森−新函館北斗、148.8キロ)が26日、開業した。1964年の東海道新幹線開業から52年を経て、北海道から九州・鹿児島まで約2150キロが新幹線で結ばれた。
 北海道新幹線は、新青森以南の東北新幹線との直通運転で東京−新函館北斗は最速4時間2分で運行され、東北や関東とのビジネスや観光の交流拡大で地域の経済活性化が期待される。一方、JR北海道では、列車の事故やトラブル、社員の不祥事が相次いでおり、新幹線の安全運行が求められている。
 この日、北海道北斗市の新函館北斗駅で記念式典があった。石井啓一国土交通相が「外国人を含め多くの観光客が訪れ、効果が表れることを期待している」とあいさつ。JR北海道の島田修社長は「道民の悲願だった開業を迎え、これからが新たな始まりだ。安全運転を実行したい」と述べた。鳴海正駅長がホームで「出発」と合図すると、午前6時35分、東京行き一番列車「はやぶさ10号」が出発した。川崎市から来た会社員、馬場健太郎さん(29)は「わくわく、どきどきの期待感でいっぱい。新青森に向かった後に北海道に戻って、新幹線と沿線の街を楽しみたい」と笑顔で乗り込んだ。

<北海道新幹線>列島、結ばれた…「東海道」から52年経て 毎日新聞 2016年3月26日 11:40 」 より


2016年3月26日

<北海道新幹線>海くぐり、つながった…構想43年、夢実る 毎日新聞 2016年3月26日 11:13


 構想から43年。北海道新幹線の新青森−新函館北斗間(148.8キロ)が26日、開業した。朝日を浴びた一番列車には、多くの鉄道ファンや観光客らが乗り込み、沿線では大漁旗を掲げた住民が歓迎。夢や希望を乗せて、新幹線が北の大地を走り抜けた。
 ◇北海道
 新函館北斗駅(北海道北斗市)では、駅が開く26日午前5時前から一番列車の乗客や見送りに来た約300人が列を作った。駅前広場の温度計は氷点下2.3度。乗客らは白い息を吐きながら、期待に満ちた表情で入場を待ちわびた。
 岡山市の公務員、森寄幸さん(56)は、新函館北斗からの一番列車に乗り込み、新幹線を乗り継いで26日午後6時ごろには鹿児島中央(鹿児島市)に到着する日本縦断に挑む。「開業初日に日本縦断できるのはうれしい。新幹線のレール1本で日本がつながったことを実感したい」と興奮した様子で話した。

<北海道新幹線>海くぐり、つながった…構想43年、夢実る 毎日新聞 2016年3月26日 11:13 」 より


2016年3月26日

<きょう開業・北海道新幹線>新函館北斗−新青森 道民の悲願、ついに 整備計画決定から43年 /北海道 毎日新聞 2016年3月26日 11:09


 ◇連絡船終了/貫通式で歓声
 津軽海峡を隔てた北海道と本州を結ぶ交通機関は長らく航路が中心だった。戦前から構想のあった青函トンネルの早期実現が叫ばれるようになったきっかけは1954年9月の洞爺丸事故だ。台風15号で青函連絡船「洞爺丸」など5隻が函館港内などで沈没し、乗客乗員ら計1430人が犠牲となった国内最悪の海難事故を受け、トンネル建設を求める声が高まった。【立松敏幸】
 トンネルは新幹線規格で64年に着工した。最深部が海面下240メートルで、国内最長の53・85キロに及ぶ海底トンネルの工事は難航した。度重なる湧水(ゆうすい)で工事が中断し、完成までに34人が命を落とした。
 この間、航空機の発達もあり、トンネルは無用の長物との批判も浴びた。国鉄の分割民営化でJR北海道が発足した87年に24年の歳月を経てようやく完成。総工費は約6900億円、作業員は延べ約1400万人に上った。88年3月に海峡線が開業し、青函連絡船は役目を終えた。

<きょう開業・北海道新幹線>新函館北斗−新青森 道民の悲願、ついに 整備計画決定から43年 /北海道 毎日新聞 2016年3月26日 11:09 」 より


2016年3月26日

<北海道新幹線>命がけ難工事報われ…トンネル作業員、万感 毎日新聞 2016年3月26日 10:40


 北海道新幹線が通る青函トンネルは、24年の工期をかけて1988年3月に開業した北海道知内町と青森県今別町を結ぶ日本最長53.85キロのトンネルだ。「『海の底に新幹線を通す』を合言葉にした、命を削るような工事だった。やっと思いが遂げられた」。トンネル作業員の一人、角谷敏雄さん(81)は26日朝、知内側のトンネル出入り口付近で、青森から北海道へ駆け抜ける一番列車を確認し、「感動した」と語った。
 角谷さんは北海道福島町出身で同町在住。漁師だったが、65年からトンネル工事に関わった。担当は調査と技術開発のための「先進導坑」掘削。北海道側から最先端の作業を担った。
 工事は手探り状態で難航を極めた。スイス製の大型掘削機は軟弱な地盤で掘り進めていた坑道に沈んだ。掘り進めるたびに出水し、ずぶぬれになった。100メートルも掘れなかった年もあり、「砂を手でかき出すような工事だった」と証言する。

<北海道新幹線>命がけ難工事報われ…トンネル作業員、万感 毎日新聞 2016年3月26日 10:40 」 より


2016年3月26日

北海道新幹線きょう開業 新函館北斗―東京、最速4時間2分 新時代へ出発 北海道新聞 2016年3月26日 00:00


 青函トンネル(53・85キロ)を通り、北海道と本州を最高時速260キロで結ぶ北海道新幹線の新青森―新函館北斗間(149キロ)が26日、開業する。東北新幹線と直通運転し、東京―新函館北斗間は最速4時間2分。26日は午前6時35分、新函館北斗駅から上りの一番列車となる「はやぶさ10号」が東京に向けて出発する。北海道と東北、関東地方との行き来が便利になり、観光とビジネス両面での効果が期待される。
 下りの一番列車は「はやて91号」が新青森を、「はやぶさ1号」が東京をそれぞれ午前6時32分に出発し、新函館北斗に向かう。新青森―新函館北斗間の最短所要時間は1時間1分。
 新函館北斗駅では「はやぶさ10号」の出発前の午前5時45分から開業式典と出発式が行われる。石井啓一国土交通相、高橋はるみ知事、島田修JR北海道社長らが出席する。
 東京、仙台、盛岡、新青森、奥津軽いまべつ、木古内の各駅でも出発式が行われ、函館市や北斗市などの沿線自治体も歓迎イベントを開く。

北海道新幹線きょう開業 新函館北斗―東京、最速4時間2分 新時代へ出発 北海道新聞 2016年3月26日 00:00 」 より


2016年3月23日

JRダイヤ改正 - 北海道新幹線開業で青森~函館間遠くなる 乗換え2回必要に マイナビ 2016/03/23


 北海道新幹線開業にともなう3月26日のダイヤ改正で、運行終了となった特急「スーパー白鳥」「白鳥」に代わり、津軽新城・新青森~青森間に新幹線アクセス列車が新設される。津軽線普通列車は現行の運行本数が維持され、時刻が一部変更となる。
 奥羽本線津軽新城~青森間で運行される新幹線アクセス列車の本数は上下各11本(うち上り1本は蟹田発津軽新城行)。各列車とも新青森駅で東北・北海道新幹線と接続を図る。新青森~青森間の列車は朝6時台に上り1本、23時台に下り1本を設定。ともに東京駅発着の東北新幹線「はやぶさ」に接続する。新青森駅から青い森鉄道線へ直通する普通列車は、新青森駅6時56分発・八戸駅8時43分着の1本のみとなる。
 3月21日まで運行された特急「スーパー白鳥」「白鳥」では、青森~函館間を乗換えなしで移動でき、所要時間は2時間前後、運賃・指定席特急料金(通常期)は5,490円だった。北海道新幹線が開業する3月26日以降、青森~函館間で列車を利用する場合は少なくとも2回乗り換える必要がある。時間帯によっては、新青森駅または新函館北斗駅で乗換えに30分以上かかることも。青森~函館間の所要時間はダイヤ改正後もおおむね2時間前後。同区間の運賃・指定席特急料金(通常期)は7,690円とされた。

JRダイヤ改正 - 北海道新幹線開業で青森~函館間遠くなる 乗換え2回必要に マイナビ 2016/03/23 」 より


2016年3月22日

急行「はまなす」終幕 最終列車が札幌駅に到着 北海道新聞 2016年3月22日 11:56


 JR最後の定期急行列車で、道内を発着する最後の夜行列車ともなった「はまなす」(青森―札幌)が22日朝、札幌駅に到着し、28年間の歴史に幕を閉じた。青函トンネルを走る在来線定期旅客列車は全て運行を終え、26日開業の北海道新幹線にバトンタッチする。
 11両編成のはまなすは定刻の午前6時7分、長い汽笛を鳴らしながら札幌駅に滑り込んだ。ホームで待ち構えていた約700人の鉄道ファンは、長旅を終えた夜行列車の最後の姿を熱心にカメラに収めていた。
 道内を鉄道旅行した後、はまなすで札幌―青森間を往復した大阪府豊中市の主婦阪本久美子さん(67)は「モーター音を楽しみながら寝台車に乗るのが好きだった。新幹線開業のために在来線の列車がなくなるのは残念だ」と話していた。
 JR北海道は22〜25日、青函トンネルを含む新幹線と在来線の共用走行区間(約82キロ)を運休し、架線の電圧や信号設備を新幹線用に切り替える作業を行う。

急行「はまなす」終幕 最終列車が札幌駅に到着 北海道新聞 2016年3月22日 11:56 」 より


2016年3月22日

青函トンネル、海峡線の在来線旅客列車終了 26日に新幹線走行 北海道新聞 2016年3月22日 07:00


北海道新幹線開業を前に青函トンネル(53・85キロ)を含むJR海峡線の在来線定期旅客列車の運行が21日、最終日を迎えた。最後の列車となった青森発札幌行きの急行「はまなす」は22日午前0時40分すぎに函館駅に到着した。同線の大半を占める82キロは新幹線と在来線の共用区間として整備されており、22日からの設備切り替え作業を経て26日朝、新幹線の一番列車が青函トンネルを駆け抜ける。
 1988年の青函トンネル開通以来、本州と北海道を結んできた海峡線の在来線旅客列車はこの日で28年間の歴史に幕を下ろした。
 「はまなす」最終列車は通常より4両多い11両編成。国鉄時代から1世紀余りの急行の歴史にも終止符が打たれるとあって、青森駅には800人を超すファンらが集まった。

青函トンネル、海峡線の在来線旅客列車終了 26日に新幹線走行 北海道新聞 2016年3月22日 07:00 」 より


2016年3月21日

誘客に一役「観光列車を」 北海道新幹線開業効果、再検討求める声も 北海道新聞 2016年3月21日 15:00


 JR北海道は、26日の北海道新幹線開業に際し、新幹線の停車駅と周辺観光地を結ぶ観光列車の導入を見送った。近年の新幹線開業・延伸で、道外のJR各社はいずれも観光列車を運行し、集客につなげている。JR北海道は「安全投資などに経営資源を集中させるため」と説明するが、関係者からは「新幹線の開業効果を広げる絶好の機会なのに」と観光列車運行の再検討を求める声も出ている。
 「安全の再生も新幹線の準備も、あれもこれもというのは、なし得ない状況だった」。JR北海道の島田修社長は9日の記者会見で、観光列車を見送った経緯をそう説明した。
 JR各社が新幹線開業・延伸時に導入した観光列車は、車体の内外装や車内販売に地域色を出し、楽しめるよう工夫されている。2010年の東北新幹線の新青森延伸、11年の九州新幹線全線開業、15年の北陸新幹線開業時にそれぞれ運行を始めた。

誘客に一役「観光列車を」 北海道新幹線開業効果、再検討求める声も 北海道新聞 2016年3月21日 15:00 」 より


2016年3月21日

カシオペア最終列車が上野に到着 時事通信 2016年3月21日 11:40


 北海道新幹線開業に伴い定期運行が廃止される寝台特急「カシオペア」の最終列車が21日午前、JR上野駅(東京都台東区)に到着した。ホームに詰め掛けた約2200人の鉄道ファンらが別れを惜しむ中、運行を終えた。
 前日夕に札幌駅を出発したカシオペアは午前9時25分、定刻通りに到着。汽笛を鳴らした後、ゆっくりとホームに入った。カメラを構えたファンからは「おかえり」「お疲れさま」との声が飛んだ。

カシオペア最終列車が上野に到着 時事通信 2016年3月21日 11:40 」 より


2016年3月20日

【北の大地へ 北海道新幹線開業】(上)突破できなかった「4時間の壁」 貨物と共用、高速化に課題 産経新聞 03月20日 19:44


 本州と北の大地を結ぶ北海道新幹線が26日、開業する。東海道新幹線の開業から半世紀を経て、北海道から鹿児島県まで約2150キロが新幹線のレールで結ばれる。北海道の経済活性化も期待される中、成功の鍵を握るのはJR北海道の運行力だ。ただ、青函トンネルでは貨物列車と線路を共用するため時速を抑えて走行せざるを得ず、高速化に向けた課題を残したままの出発となる。
 ダイヤ通りに走る「定時運行」で世界トップの実績を誇る新幹線。雪や冬の寒さに耐える北海道新幹線で本州と北海道が結ばれることは、道民にとって長年の悲願だった。航空機は天候に左右されやすく、大雪が続けば遅れや欠航も珍しくなかったからだ。
 「官民一体となって進めてきた北海道初の新幹線がやっと実現する。北海道の新幹線時代の幕開けだ」。大内全(たもつ)・北海道経済連合会会長は期待を込める。

【北の大地へ 北海道新幹線開業】(上)突破できなかった「4時間の壁」 貨物と共用、高速化に課題 産経新聞 03月20日 19:44 」 より


2016年3月20日

<青函トンネル>22〜25日「休業」新幹線設備へ切り替え 毎日新聞 03月20日 08:22


 26日の北海道新幹線(新青森−新函館北斗)開業を前に、本州と北海道を結ぶ青函トンネル(53.85キロ)を通る在来線旅客列車の通常運行が、21日で終了する。直前の4日間で、トンネルの設備を新幹線用に切り替えたり、新幹線の最終訓練運転をしたりするため。JR北海道によると、4日間で約1万2000人に影響が出る見込みで「期間中はフェリーなど他の交通機関を利用してほしい」と呼びかけている。
 今年1月1日にも新幹線の訓練運転のため、青函トンネルを通る列車が終日運休したが、4日間にわたる運休は1988年の同トンネル開通以来初めて。
 同トンネルを通る在来線旅客列車の最終運行は21日午後10時18分青森発札幌行きの急行「はまなす」となる。
 設備の切り替え作業は22日未明から、札幌にある新幹線運行管理センターからの遠隔操作で行われる。具体的には電圧を在来線用の2万ボルトから新幹線用の2万5000ボルトに引き上げるほか、貨物列車と新幹線の運行管理システムを連携させる。4日間で新幹線車両を9往復させ、切り替え後の設備に問題がないかを確認する。
 青函トンネルを通る旅客列車は、新青森と函館を結ぶ特急「スーパー白鳥・白鳥」(1日計10往復)と、寝台特急「カシオペア」(上野−札幌)、急行「はまなす」で、いずれも最終運行を迎える。

<青函トンネル>22〜25日「休業」新幹線設備へ切り替え 毎日新聞 03月20日 08:22 」 より


2016年3月20日

鉄道トリビア (346) 北海道新幹線の計画上の終点は札幌駅ではなく、旭川駅である マイナビニュース 2016年3月20日


 北海道新幹線がついに開業する。新青森~新函館北斗間の約149kmを約1時間で結ぶ。函館周辺では開業に向けて期待が高まっているようだ。ただし、北海道新幹線のゴール(終点)は新函館北斗駅ではない。札幌駅まで建設工事が始まり、2031年3月の開業目標である。しかし、札幌駅も北海道新幹線の終点ではない。計画上の終点はもっと先、旭川駅だ。
 北海道新幹線の計画から着工、開業までの経緯をなぞってみよう。1964年に東海道新幹線が開業し、営業面でも大成功を収めた。そこで「全国に新幹線を」という気運が高まった。政府は1970年、「全国新幹線鉄道整備法」を制定した。この法律は新幹線の計画から着工までの手順を定めている。

鉄道トリビア (346) 北海道新幹線の計画上の終点は札幌駅ではなく、旭川駅である マイナビニュース 2016年3月20日 」 より


2016年3月18日

<26日開業!北海道新幹線>準備は整ったか/2 あと8日 本州との物流 線路共用、貨物減の懸念 /北海道 毎日新聞 03月18日 10:30


 ◇受け皿狙うフェリー業界
 北海道新幹線開業で「渋い顔」になっているのが、本州への物流を貨物列車に頼る道内農業の関係者だ。
 「貨物列車の本数が相当減ることが想定される。大いに懸念している」。2月下旬、ホクレン農業協同組合連合会(札幌市)の佐藤俊彰会長は記者会見で、新幹線開業による物流への影響について、要望が多い青函トンネル内での新幹線のスピードアップを念頭にこう答えた。
 北海道開発局によると、2013年に道内から本州方面へ出荷された農畜産物約335万トンの2割以上、約82万トンを貨物列車が運んだ。
 その役割は道内農業にとって極めて重要にもかかわらず、青函トンネルを含む約82キロの区間では北海道新幹線と線路を共用するため、新幹線から見ると貨物列車は「邪魔者」になっている。
 全国の新幹線は毎日午前0〜6時に列車を運行せずに保守点検作業をしている。だが、北海道新幹線の共用区間では1日最大51本の貨物列車が昼夜を分かたず走行し、1日約2時間しか保守作業ができない。JR北の島田修社長は9日の記者会見で「週に1回は作業時間を拡大できるよう、JR貨物と折衝中だ」と話した。

<26日開業!北海道新幹線>準備は整ったか/2 あと8日 本州との物流 線路共用、貨物減の懸念 /北海道 毎日新聞 03月18日 10:30 」 より


2016年3月17日

JR貨物、青函トンネルを通過する貨物に「青函付加料金」を導入へ - 4-1から マイナビ 03月17日 17:44


 JR貨物は4月1日から、青函トンネルを通過する貨物に12フィートコンテナ1個あたり1,000円(税別)の追加料金を課す「青函付加料金」を導入する。
 北海道新幹線開業にともない、3月26日以降、青函トンネルを新幹線と貨物列車が共用する。JR貨物はこれに備え、EH800形式交流電気機関車の投入や機関区改修工事、駅基地整備、地上設備駅作業など、総額約160億円にのぼる設備投資を行った。
 追加料金の必要性について同社は、「先例のない共用走行の安全性を最大限確保しつつ、北海道物流における鉄道貨物輸送へのご期待に応え、将来にわたりこれを維持・発展させていくため」と説明。暫定的に3年間導入し、2019年4月1日以降については状況に合わせて判断するとしている。
 なお、青函トンネルを通過する旅客列車が全便運休となる3月22〜25日(北海道新幹線開業に備えて架線の電圧や運行システムを切り替える「地上設備最終切替」が3月22日に実施され、新幹線開業前日までの4日間は旅客列車が運行しない)に関して、貨物列車は通常通り運行することが発表されている。

JR貨物、青函トンネルを通過する貨物に「青函付加料金」を導入へ - 4-1から マイナビ 03月17日 17:44 」 より


2016年3月10日

北海道新幹線の予約率まだ25% 開業後9日間、JR社長「全力挙げる」 北海道新聞 03月09日 17:26


 JR北海道の島田修社長は9日の記者会見で、北海道新幹線の予約状況について、開業日の3月26日から9日間の提供座席数約20万席に対し、予約数が現在までに25%に当たる約5万席分にとどまっていることを明らかにした。
JRはビジネス需要の少ない新青森―新函館北斗の想定乗車率を当面26%と見込んでおり、予約座席数は前年同期の在来線(津軽海峡線)の実績と比べると約6倍もある。ただ、開業日は新函館北斗駅発の一番列車の切符が25秒で売り切れるなど混雑が予想される半面、それ以降はまだ空席が多い状況にあり、島田社長は「(予約状況を)どれだけ引き上げるかに全精力を挙げたい」と述べた。
 また、JRは1〜2月の北海道新幹線の冬季試験走行中、貨物列車を走らせる在来線の線路と新幹線の線路を切り替える三線分岐器(ポイント)が、凍結などで動かなくなる不具合が14件起きたと発表した。

北海道新幹線の予約率まだ25% 開業後9日間、JR社長「全力挙げる」 北海道新聞 03月09日 17:26 」 より


2016年3月9日

北海道新幹線の定期券26日から発売 JR「需要ある 北海道新聞 03月09日 07:00


JR北海道は8日、北海道新幹線の定期券を開業日の26日から発売すると発表した。通勤用の「FREX(フレックス)」と通学用の「FREXパル」があり、有効期間はそれぞれ1カ月と3カ月。通勤用1カ月の価格は、木古内―新函館北斗間が6万1830円で新青森―新函館北斗間は15万9610円となった。
 定期券はグリーン車と最上級座席「グランクラス」では利用できない。1〜8号車の普通車指定席で空席の場合のみ定期券で座れる。満席の場合は立ち席となる。新青森―新函館北斗間の場合、空席時のみ座ることができる特定特急券を利用した運賃との比較では、1カ月に12往復以上する場合は定期券が割安という。
 新幹線の定期券は高額だが、通勤圏が一気に広がり、環境が良く家賃の低い地域から通勤、通学できるようになることなどから、道外の新幹線では一定の需要がある。また首都圏などでは、新幹線定期券の費用の一部を通勤手当として補助する企業もある。

北海道新幹線の定期券26日から発売 JR「需要ある 北海道新聞 03月09日 07:00 」 より


2016年3月8日

北海道新幹線定期券3-26発売、新青森〜新函館北斗間1カ月通勤定期15万円超 マイナビ 03月08日 20:28


 JR北海道は8日、北海道新幹線の通勤・通学用定期券を3月26日から販売開始すると発表した。新青森〜新函館北斗間の1カ月定期券の価格は、通勤用15万9,610円、通学用11万6,160円となる。
 通勤用定期券は「FREX」、通学用定期券は「FREXパル」の名称で発売。それぞれ1カ月用・3カ月用の2種類を設定する。新青森〜新函館北斗間の場合、3カ月定期券は通勤用45万4,880円、通学用33万1,100円となり、1カ月定期券に比べて5%程度安くなる。その他の区間の1カ月定期券の料金は、新青森〜木古内間の通勤用11万7,900円・通学用8万7,640円、奥津軽いまべつ〜木古内間の通勤用8万6,450円・通学用6万5080円、奥津軽いまべつ〜新函館北斗間の通勤用11万7,900円・通学用8万7,210円。
 本州側・北海道側のみの区間の定期券も設定され、新青森〜奥津軽いまべつ間は通勤用6万3,040円・通学用5万120円、木古内〜新函館北斗間は通勤用6万1,830円・通学用4万9,760円となっている。なお、北海道新幹線は全列車において全車指定席となり、定期券「FREX」「FREXパル」では指定席を利用できないものの、普通車指定席に空席があれば着席して良いとのこと。

北海道新幹線定期券3-26発売、新青森〜新函館北斗間1カ月通勤定期15万円超 マイナビ 03月08日 20:28 」 より


2016年2月26日

北海道新幹線開業まであと1か月、記念グルメ続々発売 スポーツ報知 2016年2月26日 08:10


 3月26日の北海道新幹線開業まで、今日(26日)であと1か月。開業後は「はやぶさ」で新函館北斗〜東京が最短4時間2分で、つながる。スタートに合わせ地元では「つながるニッポン祭り」(3月26、27日・JR函館駅前特設会場)、「北斗おもてなし祭」(同26〜31日・新函館北斗駅西側公園)など記念イベントを開催。目玉は、会場でお披露目される、地元グルメ。新商品や記念商品が目白押しで、開業効果に期待した「道南新グルメ」の全国発信、売り込みへの熱気は増している。

北海道新幹線開業まであと1か月、記念グルメ続々発売 スポーツ報知 2016年2月26日 08:10 」 より


2016年2月26日

北海道新幹線、一番列車は即完売 読売新聞 2016年2月26日 11:37


 3月26日の北海道新幹線開業1か月前となった26日、開業日の指定券の販売が午前10時からJR札幌駅やJR函館駅などで始まった。
 JR北海道によると、東京―新函館北斗(北海道北斗市)間を結ぶ全席指定「はやぶさ」(731席)の一番列車の指定券は、新函館北斗午前6時35分発上りが約25秒、東京午前6時32分発下りが約30秒で完売した。
 JR札幌駅には25日午後7時半頃から購入希望者が並び始め、みどりの窓口がオープンする26日午前5時40分には約20人が列を作った。インターネットでの事前受け付け分と合わせ、午前10時から一斉に発券処理が始まり、チケットを購入できた人は「やった!」などと笑顔を見せた。

北海道新幹線、一番列車は即完売 読売新聞 2016年2月26日 11:37 」 より


2016年2月24日

新青森―新函館北斗間が3月26日開業、北海道新幹線 日経コンストラクション 2016/02/24


 北海道新幹線の新青森―新函館北斗間(延長約149km)が3月26日に開業する。開業区間はトンネル構造が最も多く、区間延長全体の約65%を占める。高架橋などは約27%で、切り土や盛り土は約8%だ。東北新幹線との直通運転によって、東京―新函館北斗間(延長約863km)が最速4時間2分でつながる。同区間の整備に要した事業費は5508億円に及ぶ。
 開業区間には北海道側に6カ所、本州側に6カ所、計12カ所のトンネルを新たに築いた。これらのトンネルのうち、最も長いのは北海道北斗市と木古内町の間に位置する渡島当別(おしまとうべつ)トンネルで、延長は約8.1km。施工は西側の3.9kmを鉄建・伊藤組土建・岩田地崎建設・松本組JVが担当し、東側の4.2mを大成建設・岩田地崎建設・岩倉建設・加藤組土建JVがそれぞれ担当した。総工費は約140億円に上る。

新青森―新函館北斗間が3月26日開業、北海道新幹線 日経コンストラクション 2016/02/24 」 より


2016年2月21日

ラストランまで1カ月 撮り鉄でにぎわう デーリー東北 2016年2月21日 09:00


 北海道新幹線開業に伴い、JR津軽海峡線の旅客列車が来月21日で廃止される。ラストランを1カ月後に控え、沿線には、消えゆく列車をカメラに収めようと、全国各地の鉄道ファンが集まっている。
 新幹線開業は同26日だが、22日未明から25日にかけては設備の切り替え作業が行われるため、その間は旅客列車の運行はない。
 海峡線で廃止されるのは、新青森—函館駅間を走る特急「スーパー白鳥」「白鳥」、青森—札幌駅間の急行「はまなす」、上野—札幌駅間の寝台特急「カシオペア」。

ラストランまで1カ月 撮り鉄でにぎわう デーリー東北 2016年2月21日 09:00 」 より


2016年2月19日

JR北海道「はこだてライナー」北海道新幹線開業で3-26早朝に臨時列車を設定 マイナビ 02月19日 17:52


 JR北海道は19日、北海道新幹線開業当日の3月26日早朝に臨時「はこだてライナー」を増発すると発表した。函館駅6時1分発の始発列車の前に、函館駅5時44分発の普通列車1本を設定する。
 「はこだてライナー」は新函館北斗駅で北海道新幹線と接続し、同駅から函館駅までの区間(17.9km)を結ぶアクセス列車で、1日16往復の定期列車を設定。新幹線開業当日、新函館北斗駅は新幹線の始発列車への乗車や見送りで多くの利用者が見込まれることから、増発を決めたという。
 増発される臨時「はこだてライナー」は、途中の五稜郭駅・桔梗駅・大中山駅・七飯駅にも停車。6時7分に新函館北斗駅に到着し、始発の新幹線「はやぶさ10号」(新函館北斗駅6時35分発)に余裕を持って接続できる。なお、函館駅6時1分発・新函館北斗駅6時23分着の「はこだてライナー」も「はやぶさ10号」の発車に間に合う。臨時列車の使用車両は、定期列車と同じ733系3両編成となる。

JR北海道「はこだてライナー」北海道新幹線開業で3-26早朝に臨時列車を設定 マイナビ 02月19日 17:52 」 より


2016年2月19日

新幹線H5系、新函館北斗発着、1日わずか4本 北海道新聞 02月19日 07:00


 3月26日に開業する北海道新幹線で、新函館北斗を発着する定期列車上下26本(13往復)のうち、JR北海道の新型車両「H5系」は4本にとどまることが18日分かった。事故対応や車両の整備点検のため、全4編成のうち2編成しか常時使用できないため。日中、同駅でH5系を見られるのは午前10時すぎと正午すぎに限られる。
 この4本は、上りが新函館北斗午前6時35分発「はやぶさ10号」(東京行き)と同午後0時44分発「はやぶさ22号」(同)。下りは仙台発で午前10時7分新函館北斗着の「はやぶさ95号」と東京発で午後9時48分着の「はやぶさ29号」。
 H5系のはやぶさ95号は新函館北斗到着後、いったん函館新幹線総合車両所(渡島管内七飯町)に移り、はやぶさ22号として出発前に同駅に戻るため、H5系目当てに駅に入場する場合は時間が限られる。
 残りの22本はJR東日本のE5系での運行だ。東北・北海道両新幹線は一体化してダイヤを編成するため、東京―仙台など東北新幹線の区間のみを運行するH5系列車も3本ある。

新幹線H5系、新函館北斗発着、1日わずか4本 北海道新聞 02月19日 07:00 」 より


2016年2月13日

北海道新幹線、初の一般試乗会 北海道新聞 2016年2月13日 12:00


 【北斗、木古内】JR北海道は13日午前、開業が3月26日に迫る北海道新幹線の、初の一般向け試乗会を開いた。14日と合わせた2日間に計約3千人が乗車する予定で、新函館北斗(北斗市)―木古内(渡島管内木古内町)間35・5キロを、開業時と同じ片道13分間で計5往復する。
 試乗会の乗客は9倍を超える応募から抽選で選ばれた。2往復した初日は、沿線住民や鉄道ファンら546人を乗せた第一便が、新函館北斗駅を午前10時に出発。乗客は開業より一足早く最高時速260キロの新幹線の乗り心地を楽しみ、津軽海峡や函館山など車窓からの眺めに目を凝らした。

北海道新幹線、初の一般試乗会 北海道新聞 2016年2月13日 12:00 」 より


2016年1月24日

北陸新幹線に時間短縮の壁…速度制限や減速区間 読売新聞 2016年1月24日 17:31


 北陸新幹線は3月、延伸開業後初のダイヤ改正を行うが、「かがやき」の最速所要時間は東京―富山2時間8分、東京―金沢2時間28分のまま据え置かれる。
 時間短縮が難しいのは、運転速度の上限が時速260キロに規定され、減速走行区間もあるためだが、識者からは「技術的にスピードアップの余地はある」との声が出ている。
 台湾に続き、インドでも導入が決まった日本の新幹線。最高時速は、東北新幹線(宇都宮―盛岡間)320キロ、山陽新幹線300キロ、東海道新幹線285キロなどとなっている。東海道・山陽、東北のいずれも、開業当初は時速210キロだったが、技術革新でスピードアップを実現してきた。
 ところが、北陸新幹線は、東海道より約50年後に開業したにもかかわらず、時速260キロにとどまっている。その理由は、北陸が1970年に作られた全国新幹線鉄道整備法(全幹法)に基づく整備新幹線として建設され、上限速度が整備計画で規定されたからだ。東北(盛岡―新青森間)、九州、今年3月開業の北海道(新青森―新函館北斗間)も時速260キロで横並びになっている。

北陸新幹線に時間短縮の壁…速度制限や減速区間 読売新聞 2016年1月24日 17:31 」 より


2016年1月5日

<北海道新幹線>割引料金、ネット事前購入で最大40% 毎日新聞 01月05日 21:32


 ◇東京−新函館北斗 最安で割引率31%の1万5460円
 3月26日に開業する北海道新幹線(新青森−新函館北斗)の割引料金を5日、JR北海道とJR東日本が発表した。いずれもインターネットでの事前購入が対象で、最大割引率は「新青森−新函館北斗」の40%。東北新幹線とまたがる「東京−新函館北斗」は、運賃と普通車指定席の特急料金の合計額が最安で1万5460円(割引率31%)となる。
 「東京−新函館北斗」の正規料金は2万2690円。スマートフォンなどを切符代わりに利用するJR東の「スーパーモバイルSuica(スイカ)特急券」で乗車前日までに購入した場合、最安となる。ただし、購入には原則として年会費1030円が必要だ。
 無料で会員登録できるJR北の「北海道お先にネットきっぷ」(JR東は「お先にトクだ値」)で2週間前までにネットで購入すると、割引率は25〜40%。「東京−新函館北斗」は1万7010円(割引率25%)、「新青森−新函館北斗」は4350円(同40%)となる。

<北海道新幹線>割引料金、ネット事前購入で最大40% 毎日新聞 01月05日 21:32 」 より


2016年1月3日

JR北など、貨物専用の新幹線検討 朝日新聞 2016年1月3日 09:05


 国土交通省とJR貨物、JR北海道などが、北海道新幹線に貨物専用の新幹線を導入する検討を始めたことがわかった。
 3月26日に開業する北海道新幹線は、新青森―新函館北斗間149キロのうち青函トンネルを含む82キロで新幹線と貨物列車が線路を共用する。新幹線の風圧で貨物コンテナが崩れないよう、この区間では新幹線が260キロから在来線並みの140キロに減速する。
 貨物新幹線は、北海道新幹線のH5系などがベースになるとみられる。新幹線の風圧を受けてもコンテナの安定性を保てる構造とし、新幹線が減速せずに共用区間を走れるようにすることを目指す。新幹線が減速しなければ、東京―新函館北斗の所要時間は18分短縮され、最速で3時間44分となる。また、青森側と北海道側の双方にコンテナを積み替える基地を設ける。

JR北など、貨物専用の新幹線検討 朝日新聞 2016年1月3日 09:05 」 より


2016年1月1日

北海道新幹線が日中に全区間走行 朝日新聞 01月01日 13:51


 3月26日に開業する北海道新幹線H5系車両が1日、新青森―新函館北斗の全区間を通して走った。日中に全区間を走るのは初めて。沿線には北海道新幹線の「晴れ姿」を見ようと、多くの鉄道ファンが詰めかけた。
 北海道新幹線は、新青森―新函館北斗間149キロのうち青函トンネルを含む82キロで貨物列車と線路を共用する。走行試験は2014年12月に始まったが、昼間に走行できるのは木古内―新函館北斗間の専用線だけで、残りの区間では貨物列車が走らない午前1時〜3時半に限られていた。今月1日未明から2日未明にかけては貨物列車と運行が重ならないといい、JR北海道は旅客列車57本も運休し、新幹線の運行管理システムが24時間安定して稼働するかなどをチェックする。

北海道新幹線が日中に全区間走行 朝日新聞 01月01日 13:51 」 より


2016年1月1日

青函に時速200キロ「貨物新幹線」検討 新幹線は東京まで最速3時間44分に 北海道新聞 1月1日(金)7時30分


コンテナの左右に「側壁」 風圧による荷崩れ防ぐ
 国土交通省とJR北海道、東日本、貨物の3社などは、コンテナを直接載せる方式で、最高時速200キロで走行できる新幹線仕様の貨物列車を開発し、3月開業の北海道新幹線新青森―新函館北斗間(約149キロ)に走らせる方向で検討を始めた。いわば「貨物新幹線」と言える構想。北海道新幹線の高速化が可能になり同区間の所要時間を18分短縮できる上、貨物輸送のスピードアップにもつながる。積み込むコンテナの左右に「側壁」を設けて対向車両の風圧を防ぐ。新年度以降、車両の開発を急ぎ、2020年代前半の実用化を目指す。

青函に時速200キロ「貨物新幹線」検討 新幹線は東京まで最速3時間44分に 北海道新聞 1月1日(金)7時30分 」 より


2015年12月25日

北海道新幹線に勝機はあるか? 深読みチャンネル 読売新聞 2015年12月25日 05時20分


飛行機との時間差は?
 12月18日、ついに北海道新幹線のダイヤが発表された。運行本数は1日13往復で、このうち10往復は東京~新函館北斗間で運行される「はやぶさ」となる。最速の所要時間は4時間2分。これは、東京発の下り2本と新函館北斗発の上り1本のみで、平均の所要時間は4時間22分程度となる。最も遅い列車は4時間33分となり、最速列車とはおよそ30分の開きがある。東京発着の列車ダイヤは東北新幹線区間がほぼ現在の「はやぶさ」と同じなので、北海道新幹線のダイヤは単純に新函館北斗まで延長したものとなっている。

北海道新幹線に勝機はあるか? 深読みチャンネル 読売新聞 2015年12月25日 05時20分 」 より


2015年12月21日

北海道新幹線 開業前の試乗会、応募受付を開始 乗りものニュース 2015年12月21日 15:10


2016年3月の開業に先立ち、北海道新幹線で試乗会が行われます。新函館北斗〜木古内間の往復で、計5回開催される予定です。
親子限定車両も設定
 JR北海道は2015年12月21日(月)、北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間が来年3月26日(土)に開業するのに先立ち、2日間にわたり計5回の試乗会を開催すると発表しました。
 使用車両はJR北海道の北海道新幹線用車両H5系です。日程は以下の通りで、各回の開催に合わせて、在来線の函館〜新函館北斗(渡島大野)間に臨時列車が運転されます。

北海道新幹線 開業前の試乗会、応募受付を開始 乗りものニュース 2015年12月21日 15:10 」 より


2015年12月18日

<北海道新幹線>最速4時間2分は3本 東京−新函館北斗 毎日新聞 2015年12月18日 21:21


 JRグループ7社は18日、北海道新幹線(新青森−新函館北斗)開業を含む来年3月26日実施のダイヤ改正の概要を発表した。北海道新幹線は東京−新函館北斗を最速4時間2分で結ぶ列車が上下3本運行される。東京駅からの接続列車を含めた最短到達時間は函館駅4時間29分、札幌駅7時間44分となり、現在よりそれぞれ53分、1時間23分近くなる。
 北海道新幹線は13往復(東京−新函館北斗間は10往復)設定され、新函館北斗駅(北海道北斗市)で、函館市中心部の函館駅に向かう新設の「はこだてライナー」や札幌行き在来線特急に接続する。

<北海道新幹線>最速4時間2分は3本 東京−新函館北斗 毎日新聞 2015年12月18日 21:21 」 より


2015年12月18日

北海道新幹線のダイヤ発表 東京まで最速4時間2分 朝日新聞 2015年12月18日 19:08


 来年3月26日開業の北海道新幹線について、JR北海道は18日、東京―新函館北斗間を最速4時間2分で1日10往復するダイヤを発表した。青函トンネルを貨物列車と共用するため速度を落とし、4時間を切れなかったが、沿線や観光業界の期待は高まっている。
 記者会見したJR北の田畑正信常務は「航空機とは違う強みがある。たくさんの方に来て頂けるダイヤができた」と語った。
最速4時間2分で結ぶのは下り2本、上り1本の計3本で停車駅は大宮、仙台、盛岡、新青森になる。東京発の新函館北斗行きの下り始発は午前6時32分、下り最終は午後7時20分、新函館北斗発東京行きの上り始発は午前6時35分、上り最終は午後6時36分。新函館北斗から東京までの10往復のほか、新青森まで1往復、盛岡まで1往復、仙台まで1往復の計13往復となる。札幌までの全線は2030年度開業予定だ。

北海道新幹線のダイヤ発表 東京まで最速4時間2分 朝日新聞 2015年12月18日 19:08 」 より


2015年10月14日

<北海道新幹線>割高料金に地元落胆 「高速区間短いのに」 毎日新聞 2015年10月14日 11:31


 13日に発表された北海道新幹線の特急料金は、青函トンネルの保守管理にコストがかかることなどで「全国の新幹線で最も割高となった」(JR北海道)という。JR北は、お得になる「早割」の導入や、航空路線の正規運賃より安い料金を強調するが、地元・道南の関係者からは落胆の声も漏れた。
 「全体的に割高な印象。新幹線としての速度が出せる区間が短いのに、値上げ幅が大きい」。函館商工会議所新幹線函館開業対策室の永沢大樹室長は、発表された料金について不満げに話した。

<北海道新幹線>割高料金に地元落胆 「高速区間短いのに」 毎日新聞 2015年10月14日 11:31 」 より


2015年10月13日

北海道新幹線の料金、東京―新函館北斗は2万2690円 朝日新聞 2015年10月13日 18:17


 来年3月26日に開業する北海道新幹線の料金は、東京―新函館北斗間が2万2690円(普通車指定席)になる。JR北海道が13日、発表した。東北新幹線と在来線特急を乗り継ぐ現在より2810円高くなる。
 1両あたりの定員が18人の最上級座席「グランクラス」は3万8280円、全座席にコンセントを備えたグリーン車は3万60円となる。
 北海道新幹線は東京―新函館北斗間が最速約4時間で結ばれる。東京―函館の航空普通運賃は2万7390〜3万5490円で、所要時間は乗り継ぎを除くと約1時間半のため、空路を意識した料金設定にしたという。

北海道新幹線の料金、東京―新函館北斗は2万2690円 朝日新聞 2015年10月13日 18:17 」 より


2015年9月21日

北海道新幹線、東京発の最終午後7時台 JR検討 どうしんウェブ 09/21 06:30


 来年3月26日に開業する北海道新幹線新函館北斗―東京間の「はやぶさ」(10往復)の運行ダイヤについて、JR北海道とJR東日本が、東京発の最終列車を午後7時台半ばにする方向で検討していることが20日分かった。ビジネス客らが少しでも遅くまで首都圏に滞在できるよう配慮する。
 新函館北斗発の最終は東京発より30分~1時間早い午後6時台の見通し。始発は東京発、新函館北斗ともに午前6時台とする案を軸に検討している。青函トンネル内で線路を共用するJR貨物との調整などを経て、12月までに最終決定する方針だ。

北海道新幹線、東京発の最終午後7時台 JR検討 どうしんウェブ 09/21 06:30 」 より


2015年9月20日

各駅停車か、最速運行か はこだてライナー「3分差」でさや当て どうしんウェブ 09/20 10:00、09/20 12:25


 【七飯、函館】来年3月26日の開業が決まった北海道新幹線新函館北斗駅(北斗市)と函館駅を結ぶJR函館線のアクセス列車「はこだてライナー」の停車駅をめぐり、沿線の渡島管内七飯町と函館市がさや当てを演じている。七飯側が通勤・通学客のため朝夕の停車駅を増やすようJR北海道に協議を申し入れたのに対し、函館側は「道外客を円滑に運ぶために速達性を重視すべきだ」と反発する。アクセス列車は誰のために走るのか―。
 JR北海道は16日、アクセス列車の運行本数を1日16往復と発表した。新幹線発着時刻に合わせ、函館―新函館北斗間約18キロを通常3両、混雑時6両の電車で結ぶ。輸送能力は3両で約440人。所要時間は、すべての駅には止まらない速達タイプが17分、各駅停車が約20分と見込まれる。 

各駅停車か、最速運行か はこだてライナー「3分差」でさや当て どうしんウェブ 09/20 10:00、09/20 12:25 」 より


2015年9月16日

北海道新幹線3月26日開業 JR2社が正式発表 北海道新聞 9月16日(水)14時3分


1日13往復 10往復は東京と直結
  北海道新幹線 (新函館北斗―新青森間、約149キロ)が来年3月26日に開業する。JR北海道は島田修社長が、JR東日本は太田朝道執行役員が16日、それぞれ札幌と東京の本社で記者会見して発表した。運行本数は1日13往復で、うち10往復は乗り換えなしで新函館北斗と東京を直結する列車となる。最速4時間前後で道南の中核都市と首都圏を結ぶことになる。
 停車駅の少ない「はやぶさ」が新函館北斗―東京間を10往復し、新函館北斗―仙台間でも1往復する。停車駅の多い「はやて」は新函館北斗―盛岡間と新函館北斗―新青森間でそれぞれ1往復する。
 車両はJR北海道の H5系 (10両編成、定員731人)で、基本性能などが同じJR東日本のE5系による運行も行う。

北海道新幹線3月26日開業 JR2社が正式発表 北海道新聞 9月16日(水)14時3分 」 より


2015年9月9日

北海道新幹線、なぜ「1日10往復」だけなのか 衝撃の少なさに地元民も落胆 東洋経済 09月09日 06:00


 2015年3月の北陸新幹線金沢延伸に続いて、2016年3月には北海道新幹線の新青森―新函館北斗間が開通する。
 だが、一部に新造車両「H5系」がニュースにはなっているものの、現時点では北陸新幹線ほどの話題を提供しているとは言いがたい。ともすれば、新幹線の試験運転のために寝台特急の「北斗星」が廃止されたというニュースの方が大きな関心を呼んでいるぐらいだ。
 東京直通「10往復」という運行計画の波紋
 そんな中、8月末に流れた報道では、「東京から新函館北斗の直通電車『はやぶさ』は1日10往復、これに加えて新青森発、盛岡発、仙台発の区間運転列車『はやて』がそれぞれ1往復、全体で北海道新幹線の運行は1日13往復」という運行計画が明らかとなった。これに加えて、年末年始やお盆などの多客期には1日最大4往復程度の臨時列車が検討されている。

北海道新幹線、なぜ「1日10往復」だけなのか 衝撃の少なさに地元民も落胆 東洋経済 09月09日 06:00 」 より


2015年5月24日

北海道新幹線の試験走行、新青森駅に初乗り入れ 朝日新聞 5月24日(日)5時31分


 2016年3月に開業する北海道新幹線の「H5系」車両が24日午前3時20分、試験走行で初めて新青森駅(青森市)に乗り入れた。これで新函館北斗(北海道北斗市)―新青森の全線をH5系車両が走行したことになる。

北海道新幹線の試験走行、新青森駅に初乗り入れ 朝日新聞 5月24日(日)5時31分 」 より


2015年2月21日

鉄道・運輸機構、北海道新幹線の列車走行試験を4月21日より実施 財経新聞 2015年2月21日(土)12時45分


 鉄道・運輸機構は20日、今年度末に完成予定の北海道新幹線(新青森・新函館北斗間)について、4月21日より土木構造物・軌道・電車線・信号設備の機能確認を目的として、新幹線車両を使用した走行試験を実施すると発表した。

鉄道・運輸機構、北海道新幹線の列車走行試験を4月21日より実施 財経新聞 2015年2月21日(土)12時45分 」 より


2014年12月7日

ついに新幹線が走行した青函トンネル その契機はタイタニックに匹敵する悲劇 乗りものニュース 2014年12月7日(日)17:20


ついに新幹線が走った津軽海峡
2014年12月7日未明、本州と北海道を結ぶ青函トンネルを初めて新幹線車両が走りました。2016年春の開業を予定している、北海道新幹線の試運転です。

ついに新幹線が走行した青函トンネル その契機はタイタニックに匹敵する悲劇 乗りものニュース 2014年12月7日(日)17:20 」 より


2014年12月7日

北海道新幹線「H5系」車両、走行試験で初の本州入り 朝日新聞 2014年12月7日(日)16:49


 2016年春に開業する北海道新幹線の新型車両「H5系」が7日早朝、走行試験で北海道から初めて本州入りした。到着した建設中の奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)では町民ら約70人が手を振り、初入線を歓迎した。

北海道新幹線「H5系」車両、走行試験で初の本州入り 朝日新聞 2014年12月7日(日)16:49 」 より


2014年12月1日

北海道新幹線、試験走行開始=15年3月まで実施 時事通信 2014年12月1日(月)17:34


 2016年春に新青森―新函館北斗間で開業する北海道新幹線で、「H5系」車両の試験走行が1日、スタートした。試験車両は午後1時20分ごろ、函館総合車両基地(七飯町)から走行を開始し、同2時20分ごろに新函館北斗駅に到着した。

北海道新幹線、試験走行開始=15年3月まで実施 時事通信 2014年12月1日(月)17:34 」 より


2014年11月20日

北海道新幹線の列車名、東京・仙台発「はやぶさ」盛岡・新青森発「はやて」 マイナビニュース 2014年11月20日(木)14:44


JR北海道とJR東日本は20日、北海道新幹線の列車名について発表した。北海道新幹線は2015年度末、新青森~新函館北斗間で開業予定とされている。両社の発表によれば、北海道新幹線の列車名は運転区間ごとに異なり、東京・仙台~新函館北斗間で直通運転を行う列車は「はやぶさ」、盛岡・新青森~新函館北斗間の列車は「はやて」に決定。

北海道新幹線の列車名、東京・仙台発「はやぶさ」盛岡・新青森発「はやて」 マイナビニュース 2014年11月20日(木)14:44 」 より


2014年11月9日

北海道新幹線、なるか「札幌開業前倒し」 2016年函館開業へ向け走行試験を開始 東洋経済オンライン 2014年11月9日(日)07:30


緑と白で彩られたロングノーズがゆっくりと車庫から姿を現した。北海道新幹線H5系の先頭車両だ。
製造工場から海上輸送で運ばれた車両は10月13日に函館港に陸揚げされた。建設中の新函館北斗駅に近い新幹線車両基地に1日2両ずつ、5日間かけて運び込まれ、車体と台車の接続や車体間部品の設置など組み立て作業が行われた。

北海道新幹線、なるか「札幌開業前倒し」 2016年函館開業へ向け走行試験を開始 東洋経済オンライン 2014年11月9日(日)07:30 」 より


2014年11月1日

北海道新幹線レール締結式 鹿児島から北海道まで新幹線のレールが貫くも、立ちはだかる「東京駅の壁」 - goo ニュース


北海道新幹線のレール締結式が行われ、ついに鹿児島から北海道まで新幹線で結ばれました。しかし、謎かけのようですが「新幹線のレールが鹿児島から北海道まで繋がった」わけではありません。また、鹿児島発北海道行きの列車を運転することもできません。どういうことなのでしょうか。

北海道新幹線レール締結式 鹿児島から北海道まで新幹線のレールが貫くも、立ちはだかる「東京駅の壁」 - goo ニュース 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP