ホーム >  > 高松空港 国管理空港 民営化 仙台空港に続き 2例目 2018年4月
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

高松空港 国管理空港 民営化 仙台空港に続き 2例目 2018年4月


高松空港 とは 概要



高松空港(Takamatsu Airport)は、香川県高松市にある空港で、滑走路 ・ 誘導路の一部は、綾歌郡綾川町に属し、空港法で、第4条1項5号に該当する空港として政令で定める空港(国管理空港)に区分されています


高松空港(Takamatsu Airport)は、香川県高松市にある空港で、滑走路 ・ 誘導路の一部は、綾歌郡綾川町に属し、空港法で、第4条1項5号に該当する空港として政令で定める空港(国管理空港)に区分されています

高山航空公園から見た滑走路 高台にあることがわかる

高松空港 - Wikipedia 」 より

所在地 香川県高松市
運営者 国土交通大臣
運用時間 7:30 - 21:30
開港 1989年12月
敷地面積 153.9 ha
標高 185 m (607 ft)
座標 北緯34度12分51秒
東経134度00分56秒
滑走路
08/26 2,500×60


高松市の中心部から南へ約15kmの香南台地に、1989年12月に開港、標高 185mの高台にあるため、霧が発生しやすく、霧による視界不良を原因とした到着便の出発地への引き返しや降着地の変更、およびそれに伴う折り返し便の欠航が年に数回起きています

ターミナルビル内の 2階出発ロビーに、東京モノレール、京浜急行電鉄の自動券売機が設置され、また、旅行用トランクなどを運ぶベルトコンベアには、讃岐うどんの模型が搭載されており、うどん県香川をアピールしています




高松空港 国管理空港 民営化 2018年4月予定 仙台空港に続き 2例目 2018年7月8日



国土交通省は、2016年7月8日、民間のノウハウを生かしたサービス向上や、格安航空会社(LCC)の誘致などによる地域活性化を図る為、コンセッション(運営権売却)方式を導入、高松空港の運営を 2018年(平成30年)4月から民間事業者に委託すると発表しました

国管理空港としては、2016年7月1日民営化された仙台空港に続き 2例目となる高松空港の民営化は、委託期間が最長 55年、空港やターミナルビル、駐車場などの運営を一括委託、2016年7月8日に実施方針を公表、2016年9月に募集要項を提示、応募事業者の 1次審査を 2016年12月に開始、2017年8月に優先交渉権者を決定、民間会社は2018年4月に運営を始める計画です


国土交通省は、福岡空港も 2019年(平成31年)度に民営化する方針で、新千歳や広島についても検討が進められています

高松空港と福岡空港のコンセッション方式で、国が新たに導入した方式として、先に民営化した仙台空港や関空 ・ 伊丹空港で認められなかった、運営を担う会社に地元の自治体が 10%を上限に出資できる仕組みがあり、高松空港では、非常勤取締役 1人と常勤職員 1人を派遣することも実施方針に明記されました、


いずれも自治体が空港の運営に関与できるようにするための仕組みですが、民間会社と自治体との意見が対立したり、経営判断の遅れを招いたりする恐れがあり、入札参加を予定する民間会社にとってはリスクと捉えられそうです




高松空港 拡張 移転の歴史



1980年に撮影された 旧高松空港付近の空中写真<br>

1980年に撮影された 旧高松空港付近の空中写真
新空港と比較すると平坦地に位置していたことがわかる

高松空港 - Wikipedia 」 より

1944年1月 旧日本陸軍が香川県木田郡林村大字下林で軍用飛行場建設に着手、その後完工を待たずに旧日本陸軍が使用開始
1955年5月 空港指定を受けないまま民間航空便(極東航空(現 全日本空輸)による伊丹線 1往復)が就航
1956年4月 空港整備法による第二種空港に指定
1956年9月30日 林村が高松市へ編入されたことに伴い、所在地が高松市林町となる

1958年6月 飛行場を事実上縮小し、滑走路長1,200mで供用を開始
地元では「林の飛行場」という通称が閉港まで使われていた
1972年 高松市生島町沖に 330万平方mの埋め立て地を造成、海上新空港の建設調査開始
1979年 オイルショック、瀬戸内海の環境保全問題から生島沖埋め立て計画は縮小、さらに、生島沖海上新空港自体断念、新空港建設候補地を香南台地と決定
1983年 空港整備法による第三種空港に指定変更、運輸大臣より香南台地の新空港建設が告示
1989年12月16日 香南台地(香川郡香南町大字岡)の新高松空港開港、滑走路長2,500mで供用開始
旧高松空港は廃止、跡地は産学施設が立地する「香川インテリジェントパーク」となり、コンベンションホールの香川県産業交流センター(サンメッセ香川)や、香川県立図書館、香川大学工学部のほか、企業の研究所などが立地
1991年 新高松空港を高松空港に改称
1992年 国際線旅客ターミナルの供用を開始
2004年4月 ターミナルビル 2階出発ロビーに、東京モノレール自動券売機を設置
2006年1月10日 香南町が高松市へ編入されたことに伴い、空港ターミナルビルの所在地が高松市香南町岡となる
2007年8月24日 ターミナルビル 2階出発ロビーに、京浜急行電鉄自動券売機を設置
2010年7月13日 ターミナルビル2階の空き店舗スペースに「空の駅かがわ」がオープン
2011年12月 中国 春秋航空就航に伴う国際線利用者増加に対応するため、国際線ターミナル増築が決定
2012年5月31日 高松進入管制区が関西進入管制区に統合されたことに伴い、当空港施設での管制業務を廃止
2013年3月15日 台北線就航を前に、国際線ターミナル増築竣工
2013年4月1日 関西航空地方気象台高松空港出張所閉鎖
2018年4月 民営化予定

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム >  > 高松空港 国管理空港 民営化 仙台空港に続き 2例目 2018年4月
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


高松空港 - Wikipedia

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年8月4日

福岡空港が2019年めどに民営化 日経コンストラクション 2016/08/04


 国土交通省は7月22日、福岡空港にコンセッション(運営権売却)方式を導入し、2019年4月をめどに民間会社による運営を始めると明らかにした。民間会社は滑走路とターミナルビルなどを一体で運営。着陸料や商業収入、貨物の取扱手数料などを得る一方、運営権対価を国に支払う。
 事業期間は30年間とする。運営権の獲得を目指し、西日本鉄道が九州電力とともに新会社を設立する方針を表明するなど、周辺の動きも活発になってきた。
 国交省は同日、福岡空港の運営事業について基本計画案を公表し、運営形態や経営手法、民間会社の選定方法などについて幅広く意見を募るマーケットサウンディングを始めた。民間からの意見は8月26日まで受け付ける。集まった意見などを踏まえて、17年3月に実施方針を、17年5月に募集要項をそれぞれ公表する。優先交渉権者は18年5月に決まる見込みだ。
 国は運営権の売却収入などを財源として、現在は1本しかない滑走路を増設する計画を進めている。新滑走路の完成は25年3月の予定で、完成後は民間会社が既存の滑走路とともに運営を担う。


2016年7月8日

高松空港を民営化へ 国管理2例目 フジサンケイビジネスアイ 07月08日 16:27


 国土交通省は8日、高松空港の運営を平成30年4月から民間事業者に委託すると発表した。国管理空港としては、今月民営化された仙台空港に続き2例目。民間のノウハウを生かしたサービス向上や、格安航空会社(LCC)の誘致などによる地域活性化を図る。
 委託期間は最長55年。空港やターミナルビル、駐車場などの運営を一括委託する。9月に募集要項を公表し、応募事業者の1次審査を12月に開始、来年8月に優先交渉権者を選定する。
 同省は福岡空港も31年度に民営化する方針。新千歳や広島についても検討を進めている。


ページTOP
ページTOP
ページTOP