ホーム >  > 宮古空港 CIQ施設等の整備 宮古空港 国際線 旅客施設 整備事業
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

宮古空港 CIQ施設等の整備 宮古空港 国際線 旅客施設 整備事業


宮古空港 とは 概要



宮古空港 空撮画像
宮古空港 滑走路 概要図
沖縄県 宮古島 宮古空港 下地島 下地島空港 国土地理院地図
沖縄県 宮古島 宮古空港 下地島 下地島空港 Google マップ

上の地図で、右側にある大きな島が宮古島、左にあるひょうたん型の右上の大きい方が伊良部島、左下の小さい方が下地島です

最上 中上 「宮古空港国際線旅客施設整備事業 」  中下 「地理院地図 」 最下 「 Google マップ 」 より

宮古空港(みやこくうこう Miyako Airport)は、沖縄県宮古島市(宮古島)にある地方管理空港で、中型ジェット機が離着陸可能な施設を整えていますが、2016年10月12日現在、小型ジェット機、または、プロペラ機のみで運行されています


所在地 沖縄県宮古島市平良
運営者 沖縄県
運用時間 8:00 - 21:00
開港 1975年3月
敷地面積 123.9 ha
標高 42.8 m (140.9 ft)
座標 北緯24度46分58秒
東経125度17分42秒
滑走路 2,000×45 m


宮古空港のある宮古島は、通行料金を徴収しない橋としては日本最長の伊良部大橋(いらぶおおはし)で結ばれる伊良部島を介し、さらに短い橋で下地島空港のある下地島と陸路で結ばれています


宮古空港 位置図

宮古空港国際線旅客施設整備事業 」 より

参照 「 下地島空港 三菱地所 整備計画 2018年5月開業予定 」





宮古空港 CIQ施設等の整備 宮古空港 国際線 旅客施設 整備事業



公共事業事前評価調書 (平成26年度予算要望)
所管課 : 空港課 担当班 : 企画整備班
事業名 事業区分 空港整備事業 事業主体 沖縄県
事業箇所 宮古島市平良下里地内
事業の諸元 CIQ施設等の整備 A=約1,300㎡
事業の概要 当事業は宮古圏域における国際拠点機能の強化を目的とし、出入国審査及び待合所などの空港旅客施設整備を行うものである
事業の
必要性・効果等
【必要性等】
 宮古空港は観光機関等による様々なイベント等の誘致活動を行った結果、入域観光客数は2年連続で40万人を突破し、国際線旅客数も伸びている。また、宮古島市はゴルフ観光を中心としたトップセールスの誘致活動などを展開しており、今後も国際線の需要増加が期待される
 現在、国際線旅客は国内線施設を利用し、簡易的な仕切りを設けて分離しているため、待合所が手狭となり、また、保安対策等が不十分な状況である
 このような課題に対応するため、国際線旅客施設の設置が必要とされている
【効果等】
 国際線用に十分なスペースが確保され、出入国にかかる時間が短縮される等、利便性が向上する
 また、観光機関等の誘致交渉を支援することに繋がり、国際線利用者の増加が期待される
事業期間 平成26年度 完了(予定) 平成27年度
全体事業費 (億円) 補助・単独の別 単独 補助率
事業着手の
熟度・上位計
画との整合性
 当事業は「沖縄21世紀ビジョン」をはじめ「観光振興計画」など関連する上位計画で位置付けられ
ており、現在は県や宮古島市等で構成する「宮古空港CIQ等連絡会議」を設置し、施設導入に向け
て検討を進めている
環境への配慮 市の景観形成基準に配慮する
関係する地方
公共団体等の
意見
 県、宮古島市、宮古島観光協会などで構成している「宮古圏域離島観光振興会議」では国際線受け入れ施設が課題だと指摘されている
 さらに、宮古島市は県に対して宮古空港CIQ施設等の早期整備を正式に要請している
概要図 (位置図)
宮古空港 CIQ施設等の整備 宮古空港 国際線 旅客施設 整備事業 概要図 (位置図)

宮古空港国際線旅客施設整備事業 」 より





宮古空港 拡張 整備 の歴史



1943年6月 旧日本軍により海軍飛行場として建設
1956年6月 民間空港として、民間航空機の定期運航開始、その後、滑走路、エプロン等の整備がなされる
1968年 YS-11型機が就航
1972年度~ 航空法に基づく拡張整備等が行われる
1978年3月 滑走路 1,500mでの供用開始
1978年12月 利用客の増大や航空機の大型化に対応するため、滑走路、航空保安施設等を整備、暫定ジェット空港として供用開始
1979年度~ 滑走路 2,000mの空港拡張整備事業に着手
1983年7月 滑走路 2,000mでの供用開始
1992年度~ 航空需要の増大と機材の大型化に適切に対応するため、ターミナル地区を西側から東側への移転拡張整備事業に着手
1997年7月 ターミナル地区を西側から東側への移転拡張整備事業供用開始
2001年6月 混雑解消のため誘導路を増設し、以降、2016年10月12日現在まで、2本の誘導路での供用

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム >  > 宮古空港 CIQ施設等の整備 宮古空港 国際線 旅客施設 整備事業
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


宮古空港
宮古空港国際線旅客施設整備事業
宮古空港 - Wikipedia
伊良部大橋 - Wikipedia

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP