ホーム > SEO > Search Console > HTMLの改善
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

SEO対策 Google Search Console HTMLの改善


Google Search Console 検索のデザイン HTMLの改善



当ページのコンテンツ

重複するメタデータ ( descriptions)
短いメタデータ(descriptions)
タイトルタグの重複


SEO対策 Google Search Console Fetch as Google サイト選択




「Fetch as Google」の画面では、先に、前述の「Google サイトマップ送信」を行っておけば、デフォルトでそのサイトのURLが表示されています

自分のサイトの画像かURLをクリックします

SEO対策 Google Search Console 選択




「Search Console」の画面になります












SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 対象ページ表示




左サイドメニューの「検索のデザイン」の左にある「SEO対策 Google Search Console 検索のデザイン詳細行を開く」をクリックして、その下に出てくる、「HTMLの改善」を表示します

この例では、
「重複するメタデータ(descriptions)」
「短いメタデータ(descriptions)」
「タイトルタグの重複」
が、それぞれリンク文字として、青字下線付きになり、その右にページ数が表示されています
SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 重複するメタデータページ表示




「重複するメタデータ(descriptions)」

をクリックして開いた画面です

SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 重複するメタデータ詳細行を開く」をクリックすることにより、実際にどのページのメタデータが重複しているかが分かります
SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 重複するメタデータ ダウンロード形式の選択




上記画面にて、「このテーブルをダウンロード」をクリックすると、「ダウンロード形式の選択」ダイアログが表示されます「Googleドキュメント」を選択、「OK」をクリックしてみます
SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 重複するメタデータ Google スプレッドシート




「Google スプレッドシート」で開けます

ただし、各行を開いた状態でダウンロードしても、詳細行まではダウンロードされません

元の画面で、各行 「SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 重複するメタデータ詳細行を開く」をクリックして、確認する必要があります
SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 短いメタデータページ表示




「短いメタデータ(descriptions)」

をクリックして開いた画面です

どのページのメタデータが短いか、一覧表示されます
SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 タイトルタグ重複ページ表示




「タイトルタグの重複」

をクリックして開いた画面です

SEO対策 Google Search Console HTMLの改善 タイトルタグの重複詳細行を開く」をクリックすることにより、実際にどのページの「タイトルタグの重複」が重複しているかが分かります

URL変更を行った為に、「重複するメタデータ」、「タイトルタグの重複」が出る場合の対策



同一ドメイン内でURL変更を行うと、Google が保有している旧URLページの情報と、新しいURLページの情報が重複してしまう為、「重複するメタデータ(descriptions)」、「タイトルタグの重複」が出ます

旧URLページがアクセスできなくなっても、Google は、一時的なサーバーエラーなのか、本当にそのページが無くなったのか見極めるため、相当な長期間(数ヶ月)に渡って、Google は旧ページのキャッシュを保持し続けるため、放置しておくと、その間ずっと重複エラーが解消されません

少しでも早く重複エラーを解消する為、Google に対し、URLが変更されたことを知らせる必要があり、その方法として、旧ページにヘッダー部に、「 rel=”canonical” と meta none /meta refresh 」を記述する必要があります


「 rel=”canonical” と meta none /meta refresh 」 旧URLページ ヘッダー部 記述


【 旧URLページヘッダー部記述 】

<link rel="canonical" href="http://xxx.web.fc2.com/xxxx.html">
<meta name="robots" content="none">
<meta http-equiv="refresh" content="0;URL=http://xxx.web.fc2.com/xxxx.html">
新URLをクローラーに知らせます
このページをインデックス対象から除外します
自動的に新URLページを開きます

※XHTMLで記述するときは、最後を「 ~" />」で終了します


詳細につきましては、「 URL(ファイル名)変更を明示する 」 をご参照下さい




Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時について


Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時は、Google アメリカ本社のある「アメリカ合衆国 カリフォルニア州 マウンテンビューアンフィシアターパークウェイ1600番」の時間である「ロサンゼルス時間」(タイムゾーンの名称 「アメリカ合衆国 太平洋時間」)になっています
日本との時差は、「-16」で、日本の方が、16時間進んでいます (日本で日付が変わっても、現地で日付が変わるのは 16 時間後です)

日本時間に置き換えたい時は、Google Search Console で表示される日時に、16 時間足すことにより求められます
例えば、、Google Search Consoleでの表示時間、「2014.4.27 0:00」 は、日本時間、「2014.4.27 16:00」のことになります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > SEO > Search Console > HTMLの改善
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP