ホーム > SEO > Search Console > モバイル > モバイル SEO ガイド
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

モバイル SEO - ウェブマスター向けモバイルガイド


モバイル フレンドリー テスト 使い方



ウェブサイトのモバイル フレンドリー 度について、下枠左側の 「 モバイル フレンドリー テスト 」 にて、URLを指定して、ページ毎に確認することができます

検出された問題の詳細については、同様に、下枠右側の 「 PageSpeed Insights 」 で確認します


モバイル フレンドリー 度確認 検出された問題の詳細確認
モバイル フレンドリー テスト PageSpeed Insights




モバイル SEO - ウェブマスター向けモバイルガイド



「 モバイル フレンドリー テスト 」 で検出されたエラーについて、ガイダンスを参照したい場合、例えば、「自分で作成した」「自分で作成した。コーディングの方法を理解している。」の下にある、「次へ」をクリックした場合、下記、ガイダンスが表示されます



「モバイル SEO - ウェブマスター向けモバイルガイド」 が表示されますので、それぞれ、対処していくことになります




モバイル SEO - ウェブマスター向けモバイルガイド」 が表示されますので、それらを参考に、対処していきます


「モバイル設定を選択する」をクリックします
「モバイル設定を選択する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になりますので、「0001デバイスの違いを理解する」をクリックします




モバイル設定を選択する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になります

「01デバイスの違いを理解する」をクリックします
「デバイスの違いを理解する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になりますので、「02モバイル フレンドリーにする際の注意事項」をクリックします




デバイスの違いを理解する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になります

「02モバイル フレンドリーにする際の注意事項」をクリックします
「モバイル フレンドリーにする際の注意事項 - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になりますので、「03モバイル設定を選択する」をクリックします




モバイル フレンドリーにする際の注意事項 - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になります

「03モバイル設定を選択する」をクリックします
「モバイル設定を選択する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になりますので、「04よくある質問」をクリックします




モバイル設定を選択する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になります

「04よくある質問」をクリックします


「01 レスポンシブ ウェブ デザイン」をクリックした際の画面は、下記、「レスポンシブ ウェブ デザイン - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面 ※ をご参照下さい


01 レスポンシブ ウェブ デザイン

ユーザーのデバイス(パソコン、タブレット、モバイル、非視覚的ブラウザ)に関係なく、同じ URL で同じ HTML コードを配信しますが、画面サイズに応じて(つまり「レスポンシブ」に)表示を変えることができます

Google では、デザイン パターンとしてレスポンシブ ウェブ デザインを推奨しています

「よくある質問 - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になります




よくある質問 - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面になります
「モバイル設定を選択する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面で、「01 レスポンシブ ウェブ デザイン」をクリックすると、この「レスポンシブ ウェブ デザイン - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面が表示されます

モバイル設定を選択する - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面で、「01 レスポンシブ ウェブ デザイン」をクリックすると、

この「レスポンシブ ウェブ デザイン - ウェブマスター向けモバイルガイド」画面が表示されます


ページがすべてのデバイスに対応していることをブラウザに知らせるには、ドキュメントのヘッダーに次のメタタグを追加します

<meta name="viewport" content=
"width=device-width, initial-scale=1.0">


meta viewport タグは、ページのサイズや縮尺を、デバイスの幅に合わせてどう調整すべきかをブラウザに伝えるために使用します。meta viewport 要素を指定しない場合は、モバイル ブラウザのデフォルトであるパソコン画面の幅(デバイスによって異なりますが通常はおよそ 980 ピクセル)でページがレンダリングされます。その後モバイル ブラウザが、フォントを大きくして画面に合う縮尺に変える、コンテンツの一部のみが画面に収まるように表示する、といった調整を試みます。

このような調整によって、フォントサイズの統一感が失われたり、コンテンツを操作するためにダブルタップやピンチで拡大する必要が生じたりすることもあります。Google としては、モバイル端末でこのような操作が必要になるページについては、モバイル フレンドリーと見なすことができない場合もあります。




Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時について


Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時は、Google アメリカ本社のある「アメリカ合衆国 カリフォルニア州 マウンテンビューアンフィシアターパークウェイ1600番」の時間である「ロサンゼルス時間」(タイムゾーンの名称 「アメリカ合衆国 太平洋時間」)になっています
日本との時差は、「-16」で、日本の方が、16時間進んでいます (日本で日付が変わっても、現地で日付が変わるのは 16 時間後です)

日本時間に置き換えたい時は、Google Search Console で表示される日時に、16 時間足すことにより求められます
例えば、、Google Search Consoleでの表示時間、「2014.4.27 0:00」 は、日本時間、「2014.4.27 16:00」のことになります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > SEO > Search Console > モバイル > モバイル SEO ガイド
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


 はじめる - ウェブマスター向けモバイルガイド

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP