ホーム > SEO > Search Console > モバイル ユーザビリティ
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

SEO対策 Google Search Console モバイル ユーザビリティ


Google Search Console モバイル ユーザビリティ



Google では、ウェブサイトにモバイル ユーザビリティ の問題があると、Google モバイル検索結果 (同じエンジンを使用している Yahoo! モバイル検索を含みます)での順位を下げられてしまいます

以下では、モバイル ユーザビリティ の問題の確認方法、各メッセージ毎の対処法について説明しています


  1. レスポンシブ ウェブ デザイン
  2. モバイル ユーザビリティ 確認方法
  3. モバイル フレンドリー テスト 使い方
  4. PageSpeed Insights 使い方
  5. ビューポートが設定されていません
  6. フォントサイズが小です
  7. タップ要素同士が近すぎます
  8. Flash が使用されています
  9. インタースティシャルが使用されています
 10. 圧縮を有効にする (.htaccess)
 11. ブラウザのキャッシュを活用する (.htaccess)
 12. ビューポートが設定されていません (.htaccess)




Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時について


Google Search Console Google AdSense 等 Googleで使用、表示される日時は、Google アメリカ本社のある「アメリカ合衆国 カリフォルニア州 マウンテンビューアンフィシアターパークウェイ1600番」の時間である「ロサンゼルス時間」(タイムゾーンの名称 「アメリカ合衆国 太平洋時間」)になっています
日本との時差は、「-16」で、日本の方が、16時間進んでいます (日本で日付が変わっても、現地で日付が変わるのは 16 時間後です)

日本時間に置き換えたい時は、Google Search Console で表示される日時に、16 時間足すことにより求められます
例えば、、Google Search Consoleでの表示時間、「2014.4.27 0:00」 は、日本時間、「2014.4.27 16:00」のことになります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > SEO > Search Console > モバイル ユーザビリティ
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


 はじめる - ウェブマスター向けモバイルガイド

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP