ホーム > SEO > ページネーション(ページ分割)を明示する
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

SEO対策 ページネーション(ページ分割)を明示する


SEO対策 ページネーション(ページ分割)を明示する



先頭ページのヘッダー部 <link rel="next" href="http://~サイトURL~/後のページ.html">
中間ページのヘッダー部 <link rel="prev" href="http://~サイトURL~/前のページ.html">
<link rel="next" href="http://~サイトURL~/後のページ.html">
最終ページのヘッダー部 <link rel="prev" href="http://~サイトURL~/前のページ.html">

※XHTMLで記述するときは、最後を「 ~" />」で終了します



ページネーション ( pagination )とは、丁付けとか、ページ割り、ページ送りという意味です

一連の長い文章を複数のページに分割したり、多数のカテゴリがある時にいくつかのまとまりに分けたりする際、各ページへのリンクを並べて、複数のページを持って、1つのまとまりを持ったグループを形成することを指します

Google では、ページネーション(ページ分割)を行う際、rel=”canonical”で1ページ目に正規化するのではなく、rel=“next”とrel=“prev”を使ってグルーピングすることを推奨しています


かつて、Googleでは、全ページのコンテンツをまとめたページ(View-All ページ、スーパーセットページ)を作成することを推奨していましたが、あまりに巨大なページは見辛くまりますし、表示に時間が掛かることも予想されます

どちらも、閲覧者にとって、望ましいことではありません


その解決策として、Google では、rel=“next”とrel=“prev”( rel=“previous” と書いても可)がサポートされました

ページ分割によって個々のページに分かれたコンテンツを、rel=“next”とrel=“prev”を使うことにより、ひとまとまりのコンテンツへと統合することができます



rel=“next” / rel=“prev” 使用方法



一連のコンテンツが3つのページに分かれていた場合、rel=“next”には次のページを、rel=“prev”には前のページを指定します

http://xxx.web.fc2.com/1.html
<link rel="next" href="http://xxx.web.fc2.com/2.html">

http://xxx.web.fc2.com/2.html
<link rel="prev" href="http://xxx.web.fc2.com/1.html">
<link rel="next" href="http://xxx.web.fc2.com/3.html">

http://xxx.web.fc2.com/3.html
<link rel="prev" href="http://xxx.web.fc2.com/2.html" />


指定するURLは、相対URL、完全URLどちらでも可能ですが、rel=”canonical”と合わせる意味で、完全URLに統一した方が、混乱がなくていいと思います

また、rel=”canonical”で、別のページに正規化されているページを、一連のページネーションの一部に含めることはできません

ただし、rel=“next”/rel=“prev”とrel=”canonical”は、別のコンポーネントなので、併記はできます
その場合、rel=“next”/rel=“prev”はrel=”canonical”に先立って処理されます



rel=“next” / rel=“prev”を使用した場合のインデックス



rel=”canonical”は重複コンテンツを、一方のみが正規のページだと伝える(正規化する)のが目的です
正規化されたページだけをインデックスします

rel=“next” / rel=“prev”は、一連の続きものグループのページだと伝えるのが目的です
被リンクはまとめてくれますが、個々のページもインデックスされます

rel=”canonical”と同じく、Google では、参考情報として扱いますので、検索結果が指定通りになることは保証されません

逆に、あるべきはずのrel=“next”やrel=“prev”がなかったりするような場合は、Google 独自のヒューリスティック(解決法)により、処理されます

ページネーションしているときでも、rel=“next” / rel=“prev”は、必須ではありません
また、rel=“next”とrel=“prev”を使用していても、各ページにユニークなtitleタグは必須です



このページは、以下の記事を参考に作成しています
検索エンジン最適化に役立つ海外情報を投稿するSEOブログ 2011年09月16日
Google、ページネーション問題を解決するrel=“next”タグとrel=“prev”タグをサポート開始
rel=“prev”とrel=“next”のページネーションにおける正しい使い方 海外SEO情報ブログ


目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > SEO > ページネーション(ページ分割)を明示する
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP