ホーム > ニュース > 京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件 中勝美(67) 大阪で女性(39)を殺人未遂
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件 中勝美(67) 大阪で女性(39)を殺人未遂


京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件 中勝美(67) 大阪で女性(39)を殺人未遂



京都府舞鶴市の女子高校生殺害事件で、2014年7月、証拠不十分の為無罪が確定した中勝美受刑者(67)(住所不定)(無職)は、そのすぐ後となる 2014年11月5日、大阪市内の雑居ビルで、元勤務先ホテルの女性経営者(39)にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた事件の裁判員裁判にて、2016年3月4日、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は、「凶悪で残忍な犯行だ」として懲役 16年(求刑懲役 25年)を言い渡しました


中勝美受刑者(67)は、2014年11月、大阪市北区兎我野町の雑居ビル内にある知人女性(当時 39)が経営するホテルに侵入、女性に果物ナイフ(刃渡り 10センチ)を突きつけ、「服を脱げ」などと脅し、衣服をめくりあげて胸を触るなどわいせつな行為をした上で、果物ナイフで複数回刺し、殺害しようとしたなど 4つの罪に問われました


検察側は、被害女性(当時 39)が、顔や首、胸等を何度も刺され、被害女性は全身に多数の傷を負っており、約 1ヶ月の重傷で、殺意があったのは明らかと主張、捜査に当たった当時の曽根崎署の調べでは、被害女性は胸や顔など 11ヶ所をメッタ刺しにされており、一命は取り留めたものの、瀕死の重傷で、特に首に 2ヶ所あった傷は、数ミリずれていれば頸動脈(けいどうみゃく)を損傷、致命傷になった可能性があったとされています


弁護側は、中勝美受刑者(67)は、別の窃盗事件で実刑判決を受けて2014年9月末に出所後、被害者女性(39)の経営するホテルで働いた際の未払い給料を払ってもらおうとしたが口論になり、被害女性(39)からナイフを持ち出されてもみ合いになるうちに刺さったとそ、殺意はなく無罪だと主張しました


公判で中勝美受刑者(67)は、わいせつ行為を否認、ナイフで攻撃してきたのは女性の方だと正当防衛を主張しましたが、長瀬裁判長は、被害女性の証言などを踏まえ、「被告の方が先に攻撃を加えた。被害女性がいきなり刺してきたとか、被害女性が自ら服を脱いで裸になったという被告の供述は、不自然かつ不合理で信用できない」と糾弾、性欲を満たす動機でわいせつ行為に及んだと認定しました


量刑については、「ナイフでめった刺しにし、被害女性に瀕死(ひんし)の重傷を負わせた。犯行の結果は殺人未遂の中でもかなり重い」とする一方、女性が一命を取り留めたことなどから懲役 16年が相当としました



京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件 中勝美(67) 医療刑務所内で病死 2016年7月11日



京都府舞鶴市で2008年(平成20年)5月8日に起きた女子高生殺害事件で、殺人などの罪で起訴された後、最高裁で証拠不十分の為無罪となり、大阪の女性(39)殺人未遂事件で実刑判決を受け、服役中の中勝美受刑者(67)は、2016年7月11日、大阪医療刑務所(堺市堺区)で病死しました

中勝美受刑者(67)は、2014年(平成26年)11月5日に勤務先だったホテルの女性経営者にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われ、大阪地裁が 2016年3月に懲役 16年の実刑を言い渡し、弁護側、検察側の双方が控訴せず刑が確定、大阪刑務所に服役したが、その後体調を崩し、医療刑務所に移送されていました


京都府 舞鶴の事件では、中勝美受刑者(67)は、高校 1年の女子生徒(当時 15)に乱暴しようとし、頭や顔を鈍器で殴って殺害したとして起訴されましたが、直接証拠はなく、状況証拠の評価が公判の焦点で、1審京都地裁では無期懲役とされたが、2審大阪高裁で逆転無罪とされ、最高裁が2014年(平成26年)7月に検察側の上告を棄却、無罪が確定しました




京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件 被疑者 中勝美(67) とは



2008年5月8日 京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件とは、2008年(平成20年)5月8日、京都府舞鶴市の雑木林で、行方不明となっていた府立高校 1年の女子高生(当時 15)が遺体で見つかった事件で、頭部には鈍器で繰り返し殴られた痕がありました

直接証拠がなく、京都府警の捜査は難航しましたが、2009年4月、別事件で服役中の中勝美(67)疑者を殺人と死体遺棄容疑で逮捕、京都地検は殺人と強制わいせつ致死罪で起訴しました

2011年5月 京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件、一審 京都地裁では、検察側の証拠の信用性を認め、「犯人と強く推認される」とし、無期懲役を判決

2012年12月 京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件、二審 大阪高裁では、有罪の根拠となった状況証拠の一部を「不合理」と指摘、「犯行現場付近で中勝美(67)容疑者と女子生徒らしき2人を見た」との複数の目撃証言のうち1人の証言を「内容が変遷している」と信用性を否定、「被告を犯人とするには合理的な疑いが残る」と判断、1審の無期懲役を破棄して逆転無罪

2013年5月 大阪市西成区のコンビニで、雑誌 1冊を万引したとして、窃盗容疑で現行犯逮捕、窃盗罪で起訴

2013年8月 大阪市西成区のコンビニで、雑誌 1冊を万引した窃盗罪で、懲役 1年2月の実刑判決を受け、服役
判決理由で裁判官は、「社会生活を送るようになり半年もしないうちに犯行に及んでおり、今後の再犯が強く懸念される」と指弾

2014年7月 京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件、最高裁が検察の上告を退けて無罪が確定

2014年9月末 大阪市西成区のコンビニで、雑誌 1冊を万引した窃盗罪で、服役を終え、刑務所を出所

2014年10月 大阪市西成区内の家賃月額 4万2千円のマンションで生活を始める
住人の大半は生活保護受給者で、中勝美受刑者(67)も入居に際し、受給を申請

2014年11月5日 大阪市女性 殺人未遂 強制わいせつ致傷事件、大阪市内の雑居ビルで、元勤務先ホテルの女性経営者(39)にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷容易で、逮捕、起訴

中勝美受刑者(67)の逮捕を受け、京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件の被害者の母親が、代理人の細川治弁護士を通じ、「驚きとともに憤りを感じた。一番恐れていたことが現実となってしまった。捜査機関は、真相解明に向けて全力をあげてほしい」とのコメントを出しています

2016年3月4日 大阪市女性 殺人未遂 強制わいせつ致傷事件、大阪地裁は、「凶悪で残忍な犯行だ」として、懲役 16年 (求刑懲役 25年)を判決
2016年7月11日 医療刑務所内で病死

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件 中勝美(67) 大阪で女性(39)を殺人未遂
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年7月11日

舞鶴事件無罪の中勝美受刑者 医療刑務所内で病死 大阪の殺人未遂事件で服役中に 産経新聞 07月11日 19:39


 京都府舞鶴市で平成20年5月に起きた女子高生殺害事件で、殺人などの罪で起訴された後、最高裁で無罪が確定し、別の殺人未遂事件で実刑判決を受けて服役していた中勝美受刑者(67)が11日、大阪医療刑務所(堺市堺区)で病死したことが関係者への取材で分かった。
 中受刑者は26年11月に勤務先だったホテルの女性経営者にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われ、大阪地裁が今年3月に懲役16年の実刑を言い渡した。弁護側、検察側の双方が控訴せず確定し、大阪刑務所に服役したが、その後体調を崩し、医療刑務所に移送されていたという。
 舞鶴の事件で、中受刑者は高校1年の女子生徒=当時(15)=に乱暴しようとし、頭や顔を鈍器で殴って殺害したとして起訴された。直接証拠はなく、状況証拠の評価が公判の焦点で、1審京都地裁では無期懲役とされたが、2審大阪高裁で逆転無罪とされた。最高裁が26年7月に検察側の上告を棄却、無罪が確定した。

舞鶴事件無罪の中勝美受刑者 医療刑務所内で病死 大阪の殺人未遂事件で服役中に 産経新聞 07月11日 19:39 」 より


2016年3月4日

舞鶴事件無罪の中被告 女性殺人未遂罪で懲役16年判決 大阪地裁 産経新聞 3月4日(金)19時2分


 大阪市内で平成26年、勤務先だったホテルの女性経営者にわいせつな行為をし、ナイフで刺殺しようとしたとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた無職、中勝美被告(67)の裁判員裁判の判決公判が4日、大阪地裁で開かれた。長瀬敬昭裁判長は「凶悪で残忍な犯行だ」として懲役16年(求刑懲役25年)を言い渡した。
 公判で中被告はわいせつ行為を否認し、ナイフで攻撃してきたのは女性の方だと正当防衛を主張したが、長瀬裁判長は被害女性の証言などを踏まえ「被告の方が先に攻撃を加えた。女性がいきなり刺してきたとか、女性が自ら服を脱いで裸になったという被告の供述は、不自然かつ不合理で信用できない」と指摘。性欲を満たす動機でわいせつ行為に及んだと認定した。
 量刑については「ナイフでめった刺しにし、女性に瀕死(ひんし)の重傷を負わせた。犯行の結果は殺人未遂の中でもかなり重い」とする一方、女性が一命を取り留めたことなどから懲役16年が相当とした。

舞鶴事件無罪の中被告 女性殺人未遂罪で懲役16年判決 大阪地裁 産経新聞 3月4日(金)19時2分 」 より


2016年2月24日

女性殺人未遂は「正当防衛」 被告が全面無罪主張 大阪 朝日新聞 2016年2月24日 13:44


 京都府舞鶴市の女子高校生殺害事件で無罪が確定した住所不定、無職の中勝美被告(67)が、その後の2014年11月に知人女性(39)をナイフで刺したとして殺人未遂罪などに問われた事件の裁判員裁判が24日、大阪地裁で始まった。中被告は「女性と口論になり、もみ合いになった際にナイフが刺さった」と起訴内容を否認し、正当防衛による全面無罪を主張した。
 検察側は冒頭陳述で、中被告は大阪市北区の雑居ビル内でホテルを経営する女性を訪ね、「服を脱げ」などと脅して犯行に及んだと指摘。果物ナイフ(刃渡り10センチ)で顔や首、胸などを刺された女性は約1カ月のけがを負い、殺意があったのは明らかと主張した。
 弁護側は、被告は別の窃盗事件で実刑判決を受けて14年9月末に出所後、女性の経営するホテルで働いた際の未払い給料を払ってもらおうとしたが口論になり、女性からナイフを持ち出されてもみ合いになるうちに刺さったと反論。殺意はなく無罪だと訴えた。

女性殺人未遂は「正当防衛」 被告が全面無罪主張 大阪 朝日新聞 2016年2月24日 13:44 」 より


2016年2月24日

【否認】知人女性への殺人未遂で無罪主張 ABC NEWS 2016年2月24日 12:35


 おととし、大阪市内の雑居ビルで女性を殺害しようとした罪などに問われている男が初公判で起訴内容を全面的に否認しました。男は8年前の女子高生殺害事件で無罪が確定しています。
 起訴状などによりますと、無職の中勝美被告(67)は、おととし11月、北区兎我野町の雑居ビル内にある知人女性(当時38)が経営するホテルに侵入し、女性に果物ナイフを突きつけ脅迫。わいせつな行為をした上でナイフで複数回刺し、殺害しようとしたなど4つの罪に問われています。初公判で中被告は、か細い声で、「女性が私にむかってナイフを振り回してきたので、取り上げてもみ合っただけで、殺そうとは思っていなかった」などと主張を読み上げ、起訴内容を全面否認。弁護人も、4つの起訴罪名はいずれも成立せず無罪だと主張しました。中被告は2008年に京都府舞鶴市で高校1年の女子生徒が殺害された事件で逮捕・起訴されましたが、おととし7月に無罪が確定しています。

【否認】知人女性への殺人未遂で無罪主張 ABC NEWS 2016年2月24日 12:35 」 より


2016年2月24日

検察「殺意があった」 舞鶴事件無罪確定の中被告 大阪殺未事件で 産経新聞 2016年2月24日 11:44


 大阪市内で平成26年、知人女性にわいせつな行為をしたうえ、ナイフで刺殺しようとしたとして、殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた無職、中勝美被告(67)の裁判員裁判の初公判が24日、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)で開かれた。中被告は「女性の暴力から自分の身を守るために、女性から取り上げたナイフが刺さってしまった。わいせつなこともしていない」として起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張した。
 検察側は冒頭陳述で「雇用主だった女性に好きだといってキスをし、抵抗されると上半身を刺した。女性は全身に多数の傷を負っており、殺意があった」と述べた。一方、弁護側は「女性に未払い分の給与を請求したところ口論になり、女性の方からナイフで攻撃してきた」として正当防衛だったと訴えた。

検察「殺意があった」 舞鶴事件無罪確定の中被告 大阪殺未事件で 産経新聞 2016年2月24日 11:44 」 より


2014年11月18日

誰もが恐れていた「再犯」…メッタ刺しの凶行に蘇った舞鶴事件の記憶 イザ! 2014.11.18 12:15


 世間を震撼(しんかん)させた6年前の京都・舞鶴女子高生殺害事件で逆転無罪を勝ち取った男が今、留置場の中にいる。大阪・キタの歓楽街の雑居ビルで今月、女性(38)が刃物で刺される事件が発生し、殺人未遂容疑で逮捕されたのが無職、中勝美容疑者(66)=大阪市西成区=だった。「一番恐れていたことが現実となった」。逮捕を受け、舞鶴事件の関係者は悔しさをにじませた。窃盗事件で服役していた刑務所を9月に出所したばかりでもあった。周辺では金の無心を繰り返しており、生活は困窮していたとみられる。事件は金絡みだったとみられるが、女性に瀕死(ひんし)の重傷を負わせるほどの凶行に及んだ動機は何だったのか。

誰もが恐れていた「再犯」…メッタ刺しの凶行に蘇った舞鶴事件の記憶 イザ! 2014.11.18 12:15 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP