ホーム > ニュース > リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 池永チャールストーマス(23)
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 池永チャールストーマス(23)


リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 池永チャールストーマス(23) 懲役 22年 2016年3月15日



東京都三鷹市で、2013年10月8日、元交際相手の女子高校生(当時 18歳)を殺害したとして、殺人と児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた 池永チャールストーマス被告(23)(無職)の差し戻し審の裁判員裁判で、求刑懲役 25年に対し、2016年3月15日、東京地裁立川支部(菊池則明裁判長)は、懲役 22年の判決を言い渡しました

差し戻し前の 1審判決、および、起訴状によると、池永チャールストーマス被告(23)は、2013年10月8日午前、東京都三鷹市の高校生の自宅に侵入、同日夕、女子高校生(18)の首や腹を所持していたナイフで刺して殺害、2013年7~10月インターネット上に女子高校生(18)の裸の画像 13点を投稿、2013年10月6日と8日、画像を保存したサイトのURLをインターネット上で公開、不特定多数が閲覧できる状態にしたとされています


1審は、画像投稿を 「殺害と密接に関連する」と重視して懲役 22年としましたが、東京高裁は 「起訴されていない罪で実質的に処罰した疑いがある」と審理を差し戻し、その後に遺族が児童ポルノ禁止法違反容疑で告訴、女子高校生(18)の裸の画像をインターネットで公開した「リベンジポルノ」について、差し戻し審で追起訴されていました




リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 池永チャールストーマス(23) 控訴 2016年3月23日



東京都三鷹市で、2013年10月8日、元交際相手の女子高校生(当時 18歳)を殺害したとして、殺人と児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた 池永チャールストーマス被告(23)(無職)の弁護団は、2016年3月23日、殺人などの罪で懲役 22年とした東京地裁立川支部の差し戻し審判決を不服として、東京高裁に控訴しました




リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 池永チャールストーマス(24) 控訴審 2016年11月29日



東京都三鷹市で、2013年10月8日、元交際相手の女子高校生(当時 18歳)を殺害したとして、殺人と児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた 池永チャールストーマス被告(24)(無職)のやり直しの裁判の控訴審が、2016年11月29日、東京高裁で始まりました

この日は被告人質問があり、池永チャールストーマス被告(24)は、「自分のしたことを生涯背負っていく。ご遺族には申し訳なく思います」などと述べましたが、遺族の代理人弁護士は、女子生徒の母親の意見陳述書を読み上げ、「被告の謝罪はパフォーマンスに過ぎない。被告はポルノ画像をばらまき、娘を 2回殺した」と訴えました


裁判では、被害者の画像をネットに投稿して流出させる「リベンジポルノ行為」を量刑で考慮するかどうかが争点となり、やり直し前の一審 東京地裁 立川支部の裁判員裁判は、リベンジポルノ行為を重視、懲役 22年の判決を言い渡しましたが、二審の東京高裁判決は、「起訴されていない行為について実質的に処罰しており違法」と判断、一審判決を破棄、審理を差し戻しました

検察側は、遺族の告訴を受けて、児童買春 ・ 児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの罪で追起訴していました




リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 双方の控訴棄却 リベンジポルノ認定 2017年1月24日



東京都三鷹市で、2013年10月8日、元交際相手の女子高校生(当時 18歳)を殺害したとして、殺人や児童買春 ・ 児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの罪に問われた池永チャールストーマス被告(24)(無職)の差し戻し後の控訴審判決が、2017年1月24日、東京高裁で開かれ、秋吉淳一郎裁判長は、池永被告を懲役 22年とした差し戻し後の一審判決を支持、被告側、検察側の双方の控訴を棄却しました

判決によると、池永チャールストーマス被告(24)は、2013年7~10月には女子高生(当時 18歳)の画像をネットに投稿、画像へのアクセス方法をネットの掲示板に投稿、2013年10月、女子高生(当時 18歳)宅に侵入、ナイフで殺害しました


2014年8月の一審 東京地裁 立川支部判決は、起訴されていない「リベンジポルノ」を重視し、懲役 22年としましたが、東京高裁は 2015年2月、「起訴されていない罪で処罰しており違法だ」としてこれを破棄、審理を同支部に差し戻しました

検察側はリベンジポルノについて、児童買春 ・ 児童ポルノ禁止法違反などの罪で追起訴、2017年1月24日の高裁判決は、追起訴について、「検察官は当初から訴追できたが、被害者の名誉が傷つくことを考慮した。検察官の裁量の範囲内で違法とはいえない」と判断、改めて同支部が懲役 22年を言い渡していました




リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 池永チャールストーマス 懲役22年確定 2017年2月8日



東京都三鷹市で、2013年10月8日、元交際相手の女子高校生(当時 18歳)を殺害したとして、殺人と児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた 池永チャールストーマス被告(24)(無職)の差し戻し審となる東京高裁の懲役 22年とした判決について、検察、被告側はともに上告せず、2017年2月8日、判決が確定しました

池永チャールストーマス被告(24)が被害女子高生の画像をインターネットに投稿して拡散させたことから、事件は「リベンジポルノ」の問題が顕在化するきっかけともなった事件で、判決によると、池永被告(24)は、2013年10月8日、女子高生の首や腹をナイフで刺して殺害するなどしたほか、画像をネット上で不特定多数が閲覧できる状態にしました


差し戻し前の 1審は、懲役 22年(求刑 無期懲役)としましたが、2審では、「起訴されていない画像投稿行為を実質的に処罰した疑いがある」として審理を差し戻し、検察が児童買春 ・ ポルノ禁止法違反などで追起訴する異例の展開となりました

差し戻し審で、検察は、懲役 25年を求刑しましたが、1、2審とも懲役 22年の判決が維持されていました

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > リベンジポルノ 三鷹ストーカー殺人 池永チャールストーマス(23)
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2017年2月8日

<三鷹ストーカー事件>懲役22年の判決確定 毎日新聞 2017年2月8日 20:36


 東京都三鷹市で2013年、元交際相手の女子高校生(当時18歳)を殺害したとして殺人罪などに問われ、差し戻し審の東京高裁が懲役22年とした無職、池永チャールストーマス被告(24)について、検察、被告側はともに上告せず、8日に判決が確定した。
 池永被告が女子高生の画像をインターネットに投稿して拡散させたことから、事件は「リベンジポルノ」の問題が顕在化するきっかけになった。
 差し戻し前の1審は懲役22年(求刑・無期懲役)とした。これに対して2審が「起訴されていない画像投稿行為を実質的に処罰した疑いがある」として審理を差し戻し、検察が児童買春・ポルノ禁止法違反などで追起訴する異例の展開をたどった。
 差し戻し審で検察は懲役25年を求刑したが、1、2審とも懲役22年のままだった。
 判決によると、池永被告は13年10月8日に女子高生の首や腹をナイフで刺して殺害するなどしたほか、画像をネット上で不特定多数が閲覧できる状態にした。


2017年2月8日

三鷹ストーカー殺人 懲役22年の判決確定 NHK 2017年2月8日 16:54


 東京・三鷹市で女子高校生が殺害され、元交際相手の男が殺人やリベンジポルノと呼ばれる行為をした罪などに問われた裁判は、検察側と被告側の双方が上告しなかったため、懲役22年の判決が確定しました。


2017年2月8日

三鷹ストーカー事件が確定=元交際相手に懲役22年 時事通信 2017年2月8日 12:05


 東京都三鷹市で2013年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が刺殺されたストーカー事件で、殺人などの罪に問われた元交際相手の池永チャールストーマス被告(24)を懲役22年とした差し戻し後の東京高裁判決が、8日までに確定した。検察、弁護側双方が期限までに上告しなかった。
 最初の裁判で、一審東京地裁立川支部は懲役22年としたが、二審東京高裁は「起訴されていない余罪を処罰した疑いがある」として審理を差し戻した。検察側は、児童買春・ポルノ禁止法違反罪を追起訴。やり直しの一審も懲役22年を言い渡し、二審も支持した。
 判決によると、池永被告は13年10月、女子生徒の自宅に侵入し、首などを突き刺し失血死させ、生徒の裸の画像などをインターネット上に公開した。
 女子生徒の両親は代理人を通じ、「懲役22年では軽過ぎる。裁判員裁判だが、司法の判断は普通の人の良識とは懸け離れていると感じる」とするコメントを発表した。


2017年2月8日

<三鷹ストーカー事件>「懲役22年は軽すぎる」両親が心境 毎日新聞 2017年2月8日 15:59


 東京都三鷹市で2013年に女子高校生(当時18歳)を刺殺したとして、殺人罪などに問われた無職、池永チャールストーマス被告(24)に対する懲役22年の実刑判決が8日までに確定した。差し戻し後の東京高裁判決に対して検察、被告側がいずれも上告しなかった。判決確定を受け、女子生徒の両親が心境をつづった談話を公表した。


2017年2月8日

三鷹ストーカー事件が確定=元交際相手に懲役22年 時事通信 2017年2月8日 12:05


 東京都三鷹市で2013年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が刺殺されたストーカー事件で、殺人などの罪に問われた元交際相手の池永チャールストーマス被告(24)を懲役22年とした差し戻し後の東京高裁判決が、8日までに確定した。検察、弁護側双方が期限までに上告しなかった。
 最初の裁判で、一審東京地裁立川支部は懲役22年としたが、二審東京高裁は「起訴されていない余罪を処罰した疑いがある」として審理を差し戻した。検察側は、児童買春・ポルノ禁止法違反罪を追起訴。やり直しの一審も懲役22年を言い渡し、二審も支持した。
 判決によると、池永被告は13年10月、女子生徒の自宅に侵入し、首などを突き刺し失血死させ、生徒の裸の画像などをインターネット上に公開した。
 女子生徒の両親は代理人を通じ、「懲役22年では軽過ぎる。裁判員裁判だが、司法の判断は普通の人の良識とは懸け離れていると感じる」とするコメントを発表した。


2017年1月24日

三鷹高3刺殺、双方の控訴棄却 リベンジポルノも認定 朝日新聞 2017年1月24日19時54分


 東京都三鷹市で2013年に高校3年の女子生徒(当時18)が刺殺された事件で、殺人や児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの罪に問われた池永チャールストーマス被告(24)の差し戻し後の控訴審判決が24日、東京高裁で開かれた。秋吉淳一郎裁判長は、池永被告を懲役22年とした差し戻し後の一審判決を支持し、被告側、検察側の双方の控訴を棄却した。
 判決によると、池永被告は13年10月、生徒宅に侵入してナイフで殺害。同年7~10月には生徒の画像をネットに投稿し、画像へのアクセス方法をネットの掲示板に投稿した。
 14年8月の一審・東京地裁立川支部判決は、起訴されていない「リベンジポルノ」を重視し、懲役22年としたが、東京高裁は15年2月、「起訴されていない罪で処罰しており違法だ」として破棄。審理を同支部に差し戻した。検察側はリベンジポルノについて児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの罪で追起訴。改めて同支部が懲役22年を言い渡していた。


2016年11月29日

三鷹の高3刺殺、やり直しの控訴審 被告「生涯背負う」 朝日新聞 11月29日 12:19


 東京都三鷹市で2013年に元交際相手の高校3年の女子生徒(当時18)を刺殺したとして、殺人罪などに問われた池永チャールストーマス被告(24)のやり直しの裁判の控訴審が29日、東京高裁で始まった。
 この日は被告人質問があり、池永被告は「自分のしたことを生涯背負っていく。ご遺族には申し訳なく思います」などと述べた。遺族の代理人弁護士は女子生徒の母親の意見陳述書を読み上げ「被告の謝罪はパフォーマンスに過ぎない。被告はポルノ画像をばらまき、娘を2回殺した」と訴えた。控訴審は結審し、判決は来年1月24日に言い渡される。
 裁判では、被害者の画像をネットに投稿して流出させる「リベンジポルノ行為」を量刑で考慮するかどうかが争点となった。やり直し前の一審・東京地裁立川支部の裁判員裁判は、リベンジポルノ行為を重視して懲役22年の判決を言い渡した。だが、二審の東京高裁判決は「起訴されていない行為について実質的に処罰しており違法」と判断。一審判決を破棄し、審理を差し戻した。検察側は、遺族の告訴を受けて、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの罪で追起訴した。


2016年3月23日

三鷹殺害 元交際相手側が控訴 時事通信 2016年3月23日 18:54


 東京都三鷹市で2013年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が殺害された事件で、元交際相手の池永チャールストーマス被告(23)の弁護団は23日、殺人などの罪で懲役22年とした東京地裁立川支部の差し戻し審判決を不服として、東京高裁に控訴した。
 同支部は15日、追起訴された「リベンジポルノ」を含め、差し戻し前と同じ量刑を言い渡していた。


2016年3月15日

三鷹女子高生刺殺、差し戻し審も懲役22年判決 読売新聞 3月15日(火) 14時58分


 東京都三鷹市で2013年、高校3年の女子生徒(当時18歳)が刺殺された事件で、殺人罪と児童買春・児童ポルノ禁止法違反などに問われた無職池永チャールストーマス被告(23)に対する差し戻し審の裁判員裁判で、東京地裁立川支部(菊池則明裁判長)は15日、池永被告に懲役22年(求刑・懲役25年)を言い渡した。
 差し戻し前の14年8月の1審判決では懲役22年(求刑・無期懲役)だったが、起訴されていない画像投稿行為が過大に量刑に考慮された疑いがあるとして、東京高裁は昨年2月に審理を差し戻していた。


2016年3月15日

三鷹刺殺 差し戻し審も懲役22年 毎日新聞 2016年3月15日 14:45


 東京都三鷹市で2013年10月、元交際相手の女子高校生(当時18歳)を殺害したとして殺人と児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた無職、池永チャールストーマス被告(23)の差し戻し審の裁判員裁判で、東京地裁立川支部(菊池則明裁判長)は15日、懲役22年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。
 差し戻し前の1審判決や起訴状によると、池永被告は13年10月8日午前、三鷹市の高校生の自宅に侵入。同日夕、高校生の首や腹を所持していたナイフで刺して殺害した。また、10月6日と8日、高校生の画像13点を保存したサイトのURLをインターネット上で公開し、不特定多数が閲覧できる状態にしたとされる。
 1審は画像投稿を「殺害と密接に関連する」と重視して懲役22年としたが、東京高裁は「起訴されていない罪で実質的に処罰した疑いがある」と審理を差し戻した。その後に遺族が児童ポルノ禁止法違反容疑で告訴し、検察が追起訴した。


2016年3月15日

元交際相手に懲役22年=三鷹ストーカー差し戻し—東京地裁支部 時事通信 3月15日(火) 14時36分


 東京都三鷹市で2013年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われ一審で懲役22年とされた元交際相手、池永チャールストーマス被告(23)の差し戻し審の判決が15日、東京地裁立川支部であり、菊池則明裁判長は懲役22年(求刑懲役25年)を言い渡した。
 同被告は、女子生徒の裸の画像をインターネットで公開した「リベンジポルノ」について追起訴され、差し戻し審で起訴内容を認めていた。弁護側は「公訴権の乱用」として公訴棄却を求めていた。


2016年3月10日

元交際相手に懲役25年求刑=三鷹ストーカー差し戻し審 時事通信 3月10日(木) 17時35分


 東京都三鷹市で2013年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われ一審で懲役22年とされた元交際相手、池永チャールストーマス被告(23)の差し戻し審の論告求刑公判が10日、東京地裁立川支部(菊池則明裁判長)であり、検察側は「身勝手極まりない犯行」などとして懲役25年を求刑した。
 同被告は、女子生徒の裸の画像をインターネットで公開した「リベンジポルノ」について差し戻し審で追起訴され、検察側は論告で「強い未練と恨みから被害者を徹底的におとしめようとした」と非難。弁護側は「公訴権の乱用」として公訴棄却を求め、被告の過酷な成育歴などを理由に懲役14年が相当と主張した。
 女子生徒の母親も意見陳述し、「娘は尊厳と未来を奪われた。残虐の極みであり極刑で償うべきだ」などと述べた。判決は15日に言い渡される。
 起訴状によると、池永被告は13年10月、女子生徒の自宅に侵入。ナイフで首などを突き刺し失血死させ、同年7〜10月、ネット上に女子生徒の裸の静止画像13点を投稿したなどとされる。


ページTOP
ページTOP
ページTOP