ホーム > ニュース > 20代女性下半身触って 現行犯逮捕なのに 無罪判決の怪 兵庫県男性(26)
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

20代女性下半身触って 現行犯逮捕なのに 無罪判決の怪 兵庫県男性(26)


20代女性下半身触って 現行犯逮捕なのに 無罪判決の怪 兵庫県男性(26)



電車内で女性(当時20代)に痴漢をしたとして大阪府警の警察官に現行犯逮捕され、府迷惑防止条例違反罪で起訴された兵庫県の元会社員男性(26)に対し、大阪地裁堺支部(渡部市郎裁判官)は、2015年8月18日、無罪(求刑罰金 40万円)を言い渡し、その後、検察側は控訴を断念、無罪判決が確定しました

弁護人を務めた藤野恵介弁護士(大阪弁護士会)は、「警察官による現行犯逮捕で無罪判決は珍しい。手が接触して 1~2秒で逮捕しているが、故意かどうか、もう少し見てから判断すべきだったのではないか」と話していますが、動かぬ証拠を押さえるためとはいえ、被害女性(20代)がもっと深刻な被害を受けるまで、警察官は黙って見てろということにもなりかねず、複雑な思いを感じます


元会社員男性(26)は、2014年12月4日朝、通勤で使っていた南海電鉄高野線の堺東駅(大阪府堺市堺区)に停車中の電車内で、乗客の 当時20代女性の下半身を触ったとして起訴されました

確定判決によると、被害女性(20代)は、この約 2週間前、男性と似た人物に痴漢の被害を受けたと府警に相談しており、2014年12月4日は、捜査員 3人が被害女性(20代)に同行、当時、大阪府狭山市に住んでいた元会社員男性(26)は、堺東駅の手前の北野田駅から電車に乗り、被害女性(20代)の後ろに立ちました


捜査員は、女性の指摘で様子を見ていましたが、堺東駅に到着した際、元会社員男性(26)の手のひら女性の下半身に触れるのを捜査員が目撃、被害女性(20代)も、警戒中の捜査員に「痴漢をされた」と申告した為、同駅で元会社員男性(26)を降車させ、現行犯逮捕しました

公判で元会社員男性(26)は、「満員の車内で手のひらが女性の身体に当たったかもしれないが、痴漢の意図はまったくない」と犯意を否定、20日間勾留の末、起訴されましたが、判決では、「手の接触は女性のコートの上からでごく短時間席に座ろうとして乗客をかき分けて動いたという男性の行動は不自然ではない。痴漢の意図があったと判断できない」としました


が、満員の車内と言っても、捜査員からその手の動きが見えたということは、ぎゅうぎゅう詰で身動きもとれない程というわけではなかったのですよね

「満員の車内」で、腕やひじが当たったというならともかく、普通手のひら女性の下半身に当たりますか?
意図もなく手が勝手に動いて、手のひら女性の下半身を触っちゃたということでしょうか?
女性の下半身を触っても、短時間であれば痴漢ではないということでしょうか?

なんとも不可解な主張 ・ 判決です


少なくとも、「席に座ろうとして乗客をかき分けて動いた」為に手のひらが触れたという主張は、自分が席に座ろうとして他の人を力ずくでどかしたということですよね

その自らの行為に対する反省、謝罪はないのでしょうか?
そっちが、先だと思いますが


元会社員男性(26)は、2016年8月23日夕方、会見を開き、大阪府警は誤認逮捕を謝罪すべきだと主張していますが、真っ当な職務を追行した大阪府警に謝罪しろとは、どういう了見なのでしょう

なんとか猛々しいというやつでしょうか

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 20代女性下半身触って 現行犯逮捕なのに 無罪判決の怪 兵庫県男性(26)
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年8月23日

痴漢現行犯の男性に無罪=「当たった手、意図なし」―大阪地裁支部 時事通信 08月23日 19:18


 通勤の電車内で女性に痴漢行為をしたとして現行犯逮捕され、大阪府迷惑防止条例違反罪に問われた兵庫県の元会社員の男性(26)に、大阪地裁堺支部(渡部市郎裁判官)が昨年8月、無罪判決(求刑罰金40万円)を言い渡していたことが分かった。検察側は控訴せず、無罪が確定した。男性の弁護人によると、痴漢の現行犯が無罪となるのは珍しいという。
 男性は2014年12月、南海電鉄堺東駅(堺市堺区)に停車中の電車内で、当時29歳の女性の尻を触ったとして、警戒中の警察官に現行犯逮捕された。

痴漢現行犯の男性に無罪=「当たった手、意図なし」―大阪地裁支部 時事通信 08月23日 19:18 」 より


2016年8月23日

謝罪は…痴漢現行犯逮捕で無罪 ABC NEWS 08月23日 19:06


 電車内で痴漢をしたとして現行犯逮捕された男性が、「証拠がない」として無罪判決を受けていたことがわかりました。男性は23日夕方、会見し、大阪府警は誤認逮捕を謝罪すべきだと主張しました。
 兵庫県の元会社員の男性(26)は、おととし12月、通勤中の南海電車の車内で、当時20代の女性の下半身を触ったとして大阪府警の捜査員らに現行犯逮捕されました。女性は以前にも痴漢に遭あって警察に相談していて、当時、捜査員が車内で警戒中でした。男性は、「満員の車内で手のひらが女性に触れたかもしれないが、痴漢の故意はなかった」と無実を訴え続けましたが、20日間の勾留の末、起訴されました。しかし、大阪地裁堺支部は去年8月、「当時の男性の行動に不自然な点はなく、痴漢の意図があったと認定できない」として無罪を言い渡しました。会見した男性は、「誤認逮捕に対する(大阪府警の)謝罪は、ないのかと思います。間違ったことなので、頭を下げるべきだと思います。私も時間など、さまざま失ったものがありますので」と話しました。男性の弁護人によりますと、痴漢の現行犯で無罪となるのは異例で、「有罪立証できないなら、20日間も拘束する必要は、なかったはずだ」としています。

謝罪は…痴漢現行犯逮捕で無罪 ABC NEWS 08月23日 19:06 」 より


2016年8月23日

「痴漢現行犯」で無罪判決 大阪地裁堺支部、昨年8月 産経新聞 08月23日 12:34


 電車内で女性に痴漢をしたとして大阪府警の警察官に現行犯逮捕され、府迷惑防止条例違反罪で起訴された兵庫県の元会社員男性(26)に対し、大阪地裁堺支部(渡部市郎裁判官)が昨年8月に無罪(求刑罰金40万円)を言い渡していたことが23日、男性の弁護人への取材で分かった。検察側は控訴を断念し、無罪判決が確定した。
 弁護人を務めた藤野恵介弁護士(大阪弁護士会)によると、捜査員に痴漢の現行犯として逮捕されたケースで無罪になるのは珍しいという。
 男性は平成26年12月4日朝、通勤で使っていた南海電鉄高野線の堺東駅(堺市堺区)に停車中の電車内で、乗客の20代女性の下半身を触ったとして起訴された。
 確定判決によると、女性はこの約2週間前、男性と似た人物に痴漢の被害を受けたと府警に相談。このため12月4日は捜査員3人が女性に同行していた。男性は堺東駅の手前の駅から電車に乗り、女性の後ろに立っていた。堺東駅に到着した際、男性の手のひらが女性の下半身に触れるのを捜査員が目撃。同駅で男性を降車させ、現行犯逮捕した。

「痴漢現行犯」で無罪判決 大阪地裁堺支部、昨年8月 産経新聞 08月23日 12:34 」 より


2016年8月23日

電車で痴漢、男性に無罪判決 地裁「行動不自然でない」 朝日新聞 08月23日 11:44


 電車内で女性に痴漢をしたとして、大阪府迷惑防止条例違反罪に問われた兵庫県の男性(26)に対し、大阪地裁堺支部(渡部市郎裁判官)が昨年8月、「痴漢の意図があったとは認定できない」として、無罪判決(求刑罰金40万円)を言い渡していたことがわかった。検察側は控訴を断念し、判決は確定した。
 男性は2014年12月4日朝、南海高野線堺東駅(堺市堺区)に停車中の電車内で、当時20代の女性の下半身を触ったとして痴漢を捜査していた警察官に現行犯逮捕された。男性は逮捕後、「車内は満員で、手のひらが触れたが痴漢ではない」と無罪を主張していた。
 昨年8月18日付の判決によると、女性は痴漢被害を大阪府警に相談しており、堺東駅で降りようとした際、警戒中の捜査員に「痴漢をされた」と申告。捜査員もその現場を目撃していたこともあり、男性は現行犯逮捕された。渡部裁判官は「手の接触は女性のコートの上からで、ごく短時間。席に座ろうとして乗客をかき分けて動いたという男性の行動は不自然ではない」と結論づけた。
 弁護人の藤野恵介弁護士は「警察官による現行犯逮捕で無罪判決は珍しい。手が接触して1〜2秒で逮捕しているが、故意かどうか、もう少し見てから判断すべきだったのではないか」と話している。

電車で痴漢、男性に無罪判決 地裁「行動不自然でない」 朝日新聞 08月23日 11:44 」 より


2016年8月23日

<痴漢事件>大阪地裁支部、無罪判決…警察が誤認現行犯逮捕 毎日新聞 08月23日 00:27


 南海電車の車内で2014年12月、乗客の女性に痴漢をしたとして大阪府迷惑防止条例違反罪に問われた兵庫県の元会社員の男性(26)に対し、大阪地裁堺支部(渡部市郎裁判官)が昨年8月、無罪判決(求刑・罰金40万円)を言い渡したことが分かった。弁護人の藤野恵介弁護士が明らかにした。警戒中の大阪府警の捜査員が男性を取り押さえたが、結果は誤認逮捕で、検察側は控訴を断念した。
 「全国痴漢冤罪(えんざい)弁護団」の生駒巌弁護士によると、警察官が現行犯逮捕したケースの無罪は極めて珍しい。
 通勤中だった男性は南海高野線・堺東駅(堺市堺区)に停車中の電車内で14年12月4日朝、20代だった女性の下半身を触ったとして起訴された。
 判決によると、女性はこの約2週間前、同じ車内で男性に似た人物に痴漢されたとして府警に被害相談。12月4日は、鉄道警察隊の捜査員3人が女性に同行し、警戒した。
 当時、大阪狭山市に住んでいた男性はその前の北野田駅から乗車し、女性のすぐ後ろに立つことになった。捜査員は女性の指摘で様子を見ていた。堺東駅で降りようとした女性が「痴漢された」と申告したため、捜査員は男性を駅に降ろし、現行犯逮捕した。

<痴漢事件>大阪地裁支部、無罪判決…警察が誤認現行犯逮捕 毎日新聞 08月23日 00:27 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP