ホーム > ニュース > 日本マクドナルド 続々と明らかになる異物混入の実態 それでも 安全!
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

日本マクドナルド 続々と明らかになる異物混入の実態 それでも 安全!


日本マクドナルド 続々と明らかになる異物混入の実態 それでも 安全! 2015年1月7日



ビニール片にプラスチック、歯…、次々と明らかになっていく日本マクドナルド(マック ・ マクド)商品への異物混入事案に対し、日本マクドナルドホールディングスの青木岳彦上席執行役員は、2015年1月7日、社長不在の会見を開き、具体的な混入理由は「不明」と繰り返すだけで、消費者の不安や疑問に対し一切答えられていないにも関わらず、安全性には問題はないと強調し、販売を中止する考えのない事を放言しました


サラ・カサノバ社長は海外出張からの帰国中で、会見を欠席したと釈明していますが、何故帰国を待って会見を開かなかったのでしょうか
何日もかかるのでしょうか (海外から徒歩で帰国中?途中の宿は、やはり本陣に泊まるのでしょうか?)
もし、事実だとしたら、改めて会見を開き、サラ・カサノバ社長の口から釈明を聞きたいところです
報道陣からは、サラ・カサノバ社長が出れないのなら、何故、原田泳幸現会長は出席しないのかとの声も出ています
当然ですよね



歯が混入したケースは、2014年8月、大阪の店舗のドライブスルーで、ビッグマックセットを購入した客が「ポテトの中に入っていた」と届け出たということで、マクドナルド側では、店員に聞き取り調査を実施し、歯が欠けるなどした店員がいないことを確認し、歯の分析を専門機関に依頼したが、揚げるなどした油の付着は確認されなかったということですが、「店員に聞き取り調査」というのが、いかにも怪しいですよね

マクドナルドのドライブスルーの店員ってバイトでしょ
そんなことただ聞かれて、まともに答えるのでしょうか


サンデーの異物混入を除く 3件の原因は究明されていませんが、それでも「品質に問題はない」と言い切っています
何を根拠に・・・??と普通の人には理解できない思考回路の持ち主の様です

青木上席執行役員は「自分の家族にも自信を持って食べさせられる」と繰り返したとの事ですので、ぜひともご家族に、他人の歯を食べさせてあげて下さい




混入理由が不明なのに提供過程での混入は考えられない ・・・ って



ただし、混入理由の質問に対する、日本マクドナルドの菱沼秀仁上席執行役員の答え、「現時点で(提供過程での混入は)考えられない」とし、暗に店舗側に非がないことを強調する場面が見られたというのも、戴けませんね

ぺヤングの事例から何も学んでいない
ぺヤングの場合、シジシージャパン 堀内淳弘とか、捏造記事と得意とする朝日新聞とかの悪の応援団まで駆り出して、ゴキブリ食べても健康に問題ないと開き直ってしまったため、よけい不信感を煽った面もありますが




公表が遅れた理由



公表が遅れたことについて青木上席執行役員は「(公表は)品質や健康に重大な影響を及ぼすものが対象」などとし、デザートの「サンデーチョコレート」で子供が負傷した2014年12月のケースも含め、大きな広がりは予想されなかったなどとし、他の異物混入事例や年間の件数などについても公表を避けました

要は、騒がれなければ黙っておくと堂々とのたまわっていますね





2015年1月7日現在明らかになっている日本マクドナルド異物混入の実態



日本マクドナルドが、2015年1月7日の会見にて公表した事案は、(2015年1月7日の会見にて公表)と記入してある4件のみで、それ以外は、新聞報道されていて、製造、 販売過程での混入が強く推認される事案、および、日本マクドナルド社として既に公認しているにも関わらず、何故か個別事案には答えられないとして、会見で秘匿しようとした事案です

下記以外にも、京都府や沖縄県の店で金属片などの異物などが混入していた可能性があることについても触れていますが、その他の事案を含め、内容や苦情件数などは「個別事案」として答える気はないそうですので、きっといっぱいあり過ぎて、一々答えられないのでしょう
一々知ったこっちゃないとの意識がありありと出た会見でした

そもそも、2015年1月7日の会見にて公表した事案は、以前から新聞報道されていた事案で、同社からの自主的な報告はひとつもありませんでした
騒ぎにならなければ応える気はないとあからさまに言っているようです


項番 発生日 店舗 ・ 場所 ・ 商品 事案
1 2014年8月 大阪府河内長野市
「外環河内長野店」
「フライドポテト」
 ドライブスルーで商品を購入した客から、セットメニューの「フライドポテト」に「プラスチック片が入っていた」などとする申し出があり、調査の結果、混入物は人の歯だったことが判明 (2015年1月7日の会見にて公表)
2 2014年10月31日 岡山県津山市
「チキンナゲット」
 女性客が店内で飲食中、「チキンマックナゲット」の端に、約3~5ミリのひし形状をした異物、青色のゴム片を発見し、店員に申し出た
日本マクドナルド社の調査で、タイの製造工場の従業員が肉の裁断などに着用するゴム手袋(使い捨て)であると判明(たったそれだけの調査に、2ヶ月余もかかった?)
 同社は2015年1月8日に女性に謝罪していたことが、2015年1月10日、日本マクドナルド社への共同通信社の取材にて判明
3 2014年12月5日 川口市長蔵新田
「戸塚安行店」
「ハンバーガー」
 「ハンバーガー」を購入し、自宅で食べた客から「ハンバーグの中に鉄くずが入っていた」と同店に連絡があった。鉄くずは長さ約1.5センチ。同店から15日に報告を受けた川口保健所が立ち入り検査した結果、店内でハンバーグを焼く鉄板を掃除した際に出た鉄くずが混入した可能性が高いという
4 2014年12月19日 福島県郡山市
「4号線郡山安積店」
「サンデーチョコレート」
 「サンデーチョコレート」に、プラスチック片が混入しており、購入客から「食べた子供が口の中を切った」と報告があり発覚
 店員が製造器の整備をした際に必要な部品を取り付け忘れたため、機械の一部が破損して混ざったとのことですが、日本マクドナルドは「他店への拡散の可能性は低い」としてこれまで公表しておらず、当然社内での注意伝達もなし  (2015年1月7日の会見にて公表)
5 2014年12月27日 吉川市平沼
「吉川店」
「チキンナゲット」
 「チキンナゲット」を購入し自宅で食べた客が「スポンジのかけらが入っていた」と同店に連絡。客は1月5日に草加保健所に通報し、立ち入り検査の結果、店内の調理室で使うスポンジの一部が混入したとみられるという
6 2014年12月29日 大分県大分市
「大分明野店」
「ハンバーガー」
 ハンバーガー「チキンクリスプ」を持ち帰りで購入した客から大分明野店に、ビニール片混入の指摘があり、大分明野店は客の自宅を訪れ、謝罪し回収
 ビニール片は、透明、長さ4~5センチで、チキンとレタスの間に入っていたが、大分明野店は、その後ビニール片を紛失(捨てた?!)しており、混入の原因は不明
 日本マクドナルドの担当者は「現物がなく異物が何か特定できないとしていることが、2015年1月10日、日本マクドナルド社への共同通信社の取材にて判明
7 2014年12月31日 東京都江東区
「東陽町駅前店」
「チキンナゲット」
 2014年12月31日昼、女性客から「チキンナゲット」に、長さ5ミリほどの透明か乳白色のビニール片が混入していたとの苦情を受け、店員は客に謝罪したものの、店長には報告せず、青森県三沢市を知った客が、改めて本社に相談し本社が問題を把握
 同社は適切な対応ではなかったとし、「今後、類似事例があった場合は直ちに報告するよう全店舗に指示した」と説明
 (2015年1月7日の会見にて公表)
8 2014年12月 「てりやきマックバーガー」  店内で飲食中、「歯に金属のようなものが当たり、誤って異物をのみ込んだ」と店側に申し出た
 病院で内視鏡検査を受けたところ、ネジ(長さ約7ミリ)が見つかった
 2015年2月6日、日本マクドナルドでは、男性に謝罪した上で返金し、治療費用を負担しているが、「経緯を慎重に調査中で、プライバシーに関わる内容は公表できない」として店舗名等詳細を明かしていない
9 2015年1月1日 福島県会津若松市
「門田ヨークベニマル店」
「チーズバーガー」
 2015年1月1日に購入し自宅に持ち帰った客から、食べた際に違和感があり、異物が見つかったと連絡があった
 異物は長さ5ミリ程度の細長い鉄製の金属片で、調査の結果、店のキッチンにある鉄板の汚れを取るため、金属のヘラでこすった際に出た削りかすと判明、調査結果を会津若松市の保健所に連絡、目視の強化や作業手順の徹底などの指導を受けた
 同社は「店舗での管理を徹底し、再発防止に取り組む」としている
 (共同通信 2015年1月12日(月)14時50分配信)
10 2015年1月3日 青森県三沢市
「三沢店」
「チキンマックナゲット」
 2015年1月3日夜に男性が購入した「チキンナゲット」に、数センチほどの細長いビニール片のようなものが入っていたとの苦情を受け、男性には代金を返金、現物を回収し、原因などを調べている
 同「チキンナゲット」はタイの工場で製造したもので、異物が入っていた商品と同じ製造ライン、同じ日に作られたナゲット19万食分(5個入り換算)の提供を中止した
 (2015年1月7日の会見にて公表)
 2015年1月14日、日本マクドナルドは、外部の調査で、混入物が「ポリアセタール」という材質と特定、製造したタイの工場と店舗で使用する全てのビニールを調査したが、同じ素材のものはなく、また、熱を加えられた形跡がないことから、店舗で揚げる段階で混入する可能性も低いとし、混入の経路が特定できなかった」との調査結果を発表しました
 (共同通信 2015年1月14日(水)17時41分配信)
11 京都府宮津市 会見で報道陣から、マフィンに異物が混入していた疑いが指摘され、日本マクドナルド社は、会見後に事実を確認した
12 沖縄県北谷町




2014年7月 期限切れ鶏肉問題発覚後 ・・・



2014年7月、中国の工場で期限切れ鶏肉を使用していることが発覚
以降、日本マクドナルド社の売上は低迷、既存店売上高は、2014年2月から11月まで、10ヶ月連続マイナス、期限切れ鶏肉問題の発覚の2014年7月以降は、前年同月比で5ヶ月連続2桁減、特に2014年8月は、前年同月比25.1%減で上場後最大のマイナスを記録しています




日本マクドナルド とは



1971年5月、創業者の故藤田田(ふじた・でん)氏が、米マクドナルドと折半出資で設立した国内外食大手で、1971年7月に国内1号店を東京・銀座にオープン、低価格路線でハンバーガー文化を日本に根付かせました

2001年にジャスダック上場、2002年に持ち株会社制に移行、2004年に原田泳幸現会長が社長に就任、2013年にサラ・カサノバ(49)が社長に就任

2013年12月期の連結売上高は、2604億円、最終(当期)利益は、51億円
店舗数(2014年9月末)は、直営1003店、独立会社が加盟料を支払って運営するフランチャイズ2097店、連結社員数は、2891人(2013年12月末時点)




日本マクドナルドホールディングスCEO サラ・カサノバ とは



これだけ大きな事案になっているのに、会見の場に社長が出てこないというのは、どういう人物なのでしょう

サラ・カサノバ は、1965年、カナダ生まれ、2013年日本マクドナルド社長兼CEO、2014年3月日本マクドナルドホールディングス社長兼CEOに就任

2013年8月27日、日本マクドナルドホールディングス(HD)の原田泳幸会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)が、傘下の中核事業会社、日本マクドナルドの社長とCEOを退き、後任として、カナダ法人のサラ・カサノバ氏が就任、原田氏は会長に留まる


その後、2014年7月、仕入れ先である中国の食品会社で、期限切れの食肉が使用されていた問題が発覚
サラ・カサノバ社長兼最高経営責任者(CEO)が公の場で説明したのは、問題発覚から1週間以上たった2014年7月29日

事件直後に会見を開かず、この日の決算会見で記者からの質問に答え、サラ・カサノバは、「(中国企業に)だまされたと思うし大変憤りを感じる」と怒りを露わにし顰蹙を買う


カナダ出身のサラ・カサノバは、20数年間マクドナルド一筋
これまでロシア、マレーシアなど計6カ国でキャリアを積み、日本には2004年から5年間籍を置く
2009年に東南アジアに赴任した後、2013年に日本に戻って事業会社・日本マクドナルドの社長兼CEOに就任
2014年3月に持ち株会社である日本マクドナルドHDのトップに就任




日本マクドナルドホールディングスCEO サラ・カサノバ の謝罪って ・・・ 2015年2月5日



日本マクドナルドホールディングス社長(CEO) サラ・カサノバ が公式の場で謝罪したのは、2015年1月7日に社長不在の会見を開いてから1ヶ月後の、2015年2月5日、しかも、2014年12月期(通期)連結決算で、純損益218億円の赤字で、11年ぶりの通期赤字決算発表の場

「お客様に多大なご迷惑をかけた」「本日までおわびする機会を持たなかった。これについてもおわびする」と述べていますが、場を考えれば、この「お客様」が一般消費者ではなく、株主を指していることは明らかですね




日本マクドナルドが苦情受付アプリを配信 2015年3月9日



日本マクドナルドホールディングスが、2015年3月9日発表した2015年2月の売上高(既存店)は、前年同月比で28.7%減と、13か月連続で前年割れを記録、1か月間の落ち込み幅としては、2001年の上場後、最大だった1月(38.6%減)に次ぐ記録です

日本マクドナルドでは、信頼回復のため、2015年3月9日(月)、苦情や要望を常時受け付ける、新たなスマートフォン向けアプリを配信し、2015年4月をめどに運用を始めると発表しました

電話窓口は、午前9時~午後5時でしたが、アプリでは24時間受付可能で、「対応が必要なものはできるだけ早く担当者から連絡する」(広報)ということです

う~~~ん ・・・ なんか違うような気が ・・・




日本マクドナルドHD 原田泳幸会長に3億3千9百万円 「多大な貢献」 2015年3月25日



日本マクドナルドホールディングス(HD)の会長を2015年3月25日退任した原田泳幸の退職慰労金が、事業子会社分を含めて1億7千万円、2014年中の報酬は、1億6千9百万円で、合わせて、3億3千9百万円となることが、同日、公表された有価証券報告書の記載により明らかになり、また、この他にもこれまで積み立てられた退職金も別にあるそうです

日本マクドナルドHDの広報は、退職慰労金の金額について、「これまでの多大なる貢献に報いるため、規定に定める基準により相当額の範囲内で決めた」と説明しました

消費者の事はそっちのけですね




これはひどい マック飲料にプラスチック破片 女性が口内に軽傷 2015年9月4日



マクドナルドで買った商品にプラスチック片が混入、2015年9月2日、大阪府枚方市の女性(23)が口の中を切るけが(軽傷)をしました

日本マクドナルド社によると、女性は2015年9月2日午後1時頃、枚方市の「マクドナルド枚方禁野(きんや)店」に家族3人で来店、ドライブスルーで「抹茶ラテフラッペ」を購入、車の中で女性が口に入れた時に痛みを感じ、はき出すと、直径約5ミリの破片が出てきました

家族は店に戻り、店員と残った商品を容器から出して確認すると、他にも、5ミリ前後の大小数十個の破片が出てきたため、「マクドナルド枚方禁野(きんや)店」はその場で家族に謝罪し、その後、商品代を返金したとのことです

日本マクドナルド社によると、ラテアートを描くためのプラスチック製の板が店で1枚なくなっており、洗い場でフラッペを作る器具に入ってしまった可能性が高いとしています

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 日本マクドナルド 続々と明らかになる異物混入の実態 それでも 安全!
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年10月6日

マック売上高 10カ月連続プラス 時事通信 2016年10月6日 18:49


 日本マクドナルドホールディングスが6日発表した9月の既存店売上高は、前年同月比11.5%増と10カ月連続プラスとなった。定番の季節限定メニュー「月見バーガー」に加え、「満月チーズ月見」などの販売も好調だった。

マック売上高 10カ月連続プラス 時事通信 2016年10月6日 18:49 」 より


2015年9月4日

マック飲料にプラスチック破片 女性が口内に軽傷 大阪 朝日新聞 2015年9月4日 05:08


 マクドナルドで買った商品にプラスチック片が混入しており、大阪府枚方市の女性(23)が口の中を切ったことが3日、わかった。店は「申し訳なかった」と謝罪。日本マクドナルドが原因を調べているが、プラスチック製の板が混入した可能性があるという。
 同社によると、女性は2日午後1時ごろ、枚方市の「マクドナルド枚方禁野(きんや)店」に家族3人で来店し、ドライブスルーで「抹茶ラテフラッペ」を購入。車の中で女性が口に入れた時に痛みを感じ、はき出すと、直径約5ミリの破片が出てきた。女性は口の中に軽傷を負ったという。
 家族は店に戻り、店員と残った商品を容器から出して確認すると、5ミリ前後の大小数十個の破片が出てきた。店はその場で家族に謝罪し、その後、商品代を返金した。
同社によると、ラテアートを描くためのプラスチック製の板が店で1枚なくなっており、洗い場でフラッペを作る器具に入ってしまった可能性が高いとみている。

マック飲料にプラスチック破片 女性が口内に軽傷 大阪 朝日新聞 2015年9月4日 05:08 」 より


2015年4月30日

マックが異物混入で改善策 対応策を店員教育に盛る、調査結果のDB化も 産経新聞 2015年4月30日(木)15:58


 日本マクドナルドは30日、商品への異物混入問題を受けた計20項目にわたる顧客対応の改善策を発表した。外部有識者を交えた「お客様対応プロセス・タスクフォース」からの最終答申を受け、まとめた。
 改善策では異物混入について、調査の必要性の有無にかかわらず本社に報告することを徹底する。利用客から調査依頼があったもの以外にも、混入物・原因が不明なものは基準を設けて調査を行うことにする。
 また、利用客への対応に関する社内情報を一元化し、データベースを充実させる。
 このほか、店の従業員の知識を高めるため、社内教育施設のトレーニングプログラムに、異物の知識と初期対応のあり方に関する講義を追加することなどを明記。すでに導入済みのスマートフォン用アプリの活用や、お客様サービス室の体制強化などを通じ、客の声を拾い上げる取り組みを拡充するとした。

マックが異物混入で改善策 対応策を店員教育に盛る、調査結果のDB化も 産経新聞 2015年4月30日(木)15:58 」 より


2015年3月9日

「多大な貢献」に1億7千万円=原田氏に退職金―日本マクドナルドHD 時事通信 2015年3月26日(木)18:35


 日本マクドナルドホールディングス(HD)の会長を25日退任した原田泳幸氏の退職慰労金が、事業子会社分を含めて1億7000万円に上ることが26日、分かった。2014年中の報酬は1億6900万円で、合わせて3億3900万円が原田氏に支払われる。同日、公表された有価証券報告書に記載された。このほかこれまで積み立てられた退職金も別にあるという。
 日本マクドナルドHDは退職慰労金の金額について、「これまでの多大なる貢献に報いるため、規定に定める基準により相当額の範囲内で決めた」(広報)と説明した。

「多大な貢献」に1億7千万円=原田氏に退職金―日本マクドナルドHD 時事通信 2015年3月26日(木)18:35 」 より


2015年3月9日

マックが苦情受け付けアプリ、大幅な来店客減に 読売新聞 2015年3月9日(月)21:05


 日本マクドナルドホールディングスが9日発表した2月の売上高(既存店)は前年同月比で28・7%減と、13か月連続で前年割れだった。
 信頼回復のため、同社は同日、苦情や要望を常時受け付ける、新たなスマートフォン向けアプリを配信すると発表した。4月をめどに運用を始める。
 電話窓口は午前9時~午後5時だったが、アプリでは24時間受け付け。「対応が必要なものはできるだけ早く担当者から連絡する」(広報)という。

マックが苦情受け付けアプリ、大幅な来店客減に 読売新聞 2015年3月9日(月)21:05 」 より


2015年3月9日

マック2月売り上げは3割減に迫る 1月に続いて過去2番目のマイナス幅 産経新聞 2015年3月9日(月)15:43


 日本マクドナルドホールディングスが9日発表した2月の売上高は、既存店ベースで28.7%減となり、昨年2月以来、13カ月連続でのマイナスとなった。1月は全店ベース、既存店ベースとも38.6%減と2001年7月の上場以来、最大のマイナスになったが、これに次ぐ過去2番目の下げ幅となった。
 1月は昨年7月に発覚した中国工場での鶏肉の期限切れ問題による客離れに加え、異物混入問題が次々と発覚。収まりかけていた客離れがさらに悪化。2月も引き続き不振が続いた。ハワイキャンペーンもいまひとつとなっている。

マック2月売り上げは3割減に迫る 1月に続いて過去2番目のマイナス幅 産経新聞 2015年3月9日(月)15:43 」 より


2015年2月20日

原田泳幸氏、日本マクドナルド会長退任へ 朝日新聞 2015年2月20日(金)17:15


 日本マクドナルドホールディングスは20日、原田泳幸会長(66)が退任する人事を発表した。3月25日付。原田氏は、兼ねていた社長を昨年3月に退いた。同6月から教育事業大手ベネッセホールディングスの会長兼社長を務めている。

原田泳幸氏、日本マクドナルド会長退任へ 朝日新聞 2015年2月20日(金)17:15 」 より


2015年2月6日

「てりやきマックにネジ」…のみ込んだと苦情 読売新聞 2015年2月6日(金)21:51


 マクドナルドで昨年12月に販売された「てりやきマックバーガー」に、ネジ(長さ約7ミリ)が混入していたとの苦情が客から寄せられていたことがわかった。
 客は誤ってのみ込み、病院で内視鏡検査を受けたところ、ネジが見つかったという。日本マクドナルドは6日、苦情があったことを認めたが、「経緯を慎重に調査中で、プライバシーに関わる内容は公表できない」として店舗名を明かしていない。

「てりやきマックにネジ」…のみ込んだと苦情 読売新聞 2015年2月6日(金)21:51 」 より


2015年2月6日

「てりやきマック」にネジ=謝罪し治療費負担―日本マクドナルド 時事通信 2015年2月6日(金)21:49


 日本マクドナルドが昨年12月に販売した「てりやきマックバーガー」に金属製のネジ(長さ7ミリ弱)が混入し、食べた男性が内視鏡で確認し摘出していたことが6日、分かった。同社は男性に謝罪した上で返金し、治療費用を負担している。

「てりやきマック」にネジ=謝罪し治療費負担―日本マクドナルド 時事通信 2015年2月6日(金)21:49 」 より


2015年2月5日

マック、純損失218億円=11年ぶり赤字、異物混入で15年未定 時事通信 2015年2月5日(木)17:43


 日本マクドナルドホールディングスが5日発表した2014年12月期(通期)連結決算は、純損益が218億4300万円の赤字(前期は51億3800万円の黒字)となった。赤字は11年ぶり。調達先だった中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉を使用していた問題で客離れが進んだ。15年12月期の業績予想は、年明けに発覚したナゲットなどの異物混入の影響が見通せず、未定とした。

マック、純損失218億円=11年ぶり赤字、異物混入で15年未定 時事通信 2015年2月5日(木)17:43 」 より


2015年2月5日

マックのカサノバ社長、異物混入問題で初めて謝罪 決算発表の場で 産経新聞 2月5日(木)16時5分


 日本マクドナルドホールディングス(HD)のサラ・カサノバ社長は5日、東京証券取引所(東京都中央区)で開いた決算発表会見で、今年に入って相次いだ異物混入問題に「お客様に多大なご迷惑をかけた」と謝罪し、頭を深々と下げた。この問題が発覚後に公の場で謝罪するのは初めて。

マックのカサノバ社長、異物混入問題で初めて謝罪 決算発表の場で 産経新聞 2月5日(木)16時5分 」 より


2015年2月5日

マック、赤字218億円 共同通信 2015年2月5日(木)16時5分


 日本マクドナルドホールディングスが5日発表した2014年12月期連結決算は、売上高が前期比14・6%減の2223億円、純損益は218億円の赤字(前期は51億円の黒字)となった。仕入れ先だった中国の食品加工会社が期限切れの鶏肉を使用していた問題が影響し、11年ぶりに赤字に転落した。

マック、赤字218億円 共同通信 2015年2月5日(木)16時5分 」 より


2015年2月3日

異物混入、マック15万人に訓練へ 産経新聞  2015年02月03日 12時58分


 日本マクドナルドは3日、異物混入問題対策と、顧客対応の改善策を発表した。全店での一斉清掃や店舗従業員ら全国15万人の「クルー」に、異物混入防止のためのトレーニングを実施する。さらに消費者問題などに詳しい有識者2人を「お客様対応プロセス・タスクフォース」に加え、異物混入問題を中心に顧客からの問い合わせへの対応のあり方などを検討する。

異物混入、マック15万人に訓練へ 産経新聞  2015年02月03日 12時58分 」 より


2015年1月25日

マクドナルド、日米中で不振 売上高12年ぶりマイナス 朝日新聞 2015年1月25日14時41分


 世界中にファストフードのハンバーガーを広めたマクドナルドが、苦境に立たされている。米マクドナルドが23日発表した2014年通期決算では、「世界の既存店売上高」が前年より1・0%減で、02年以来12年ぶりのマイナスになった。米国では新興勢力に押され、日本と中国では鶏肉期限切れ問題が響き、客足が離れている。

マクドナルド、日米中で不振 売上高12年ぶりマイナス 朝日新聞 2015年1月25日14時41分 」 より


2015年1月19日

マック異物混入 背景に「肩たたき」? AERA 2015年1月19日(月)


 全国のマクドナルドで異物混入が相次いでいる。一体マクドナルドで何が起きているのか。
 日本マクドナルドでは、2013年8月、「100円マック」などで一時代を築いた原田泳幸氏(66)が一線を退き、カナダやマレーシアなど各国の現場を渡り歩いてきた叩き上げの女性、サラ・カサノバ氏(49)がトップに就任した。

マック異物混入 背景に「肩たたき」? AERA 2015年1月19日(月) 」 より


2015年1月18日

マックの徹底した合理主義に陰り 毎日新聞 2015年01月18日 08時43分


<マクドナルド異物混入>不信増幅 合理主義、消費者とズレ ◇期限切れ肉発覚など 遠のく客足
 外食産業の雄、日本マクドナルドの経営が混迷している。昨年夏、取引先だった中国の工場で期限切れ鶏肉使用が発覚し、売り上げが激減。年明け以降は異物混入が相次いで表面化し、不振に追い打ちをかけた。コンビニエンスストアなどとの業態を超えた競争が激しくなる中、かつて業績を押し上げた「徹底した合理主義」にも陰りが見える。

マックの徹底した合理主義に陰り 毎日新聞 2015年01月18日 08時43分 」 より


2015年1月14日

同じ材質、工場と店舗で使用せず 共同通信 2015年1月14日(水)17時41分


 日本マクドナルドは14日、青森県三沢市のマクドナルド三沢店で販売したチキンマックナゲットの中にビニール片のような異物が混入していた問題で、「同じ材質のビニール素材は、製造工場と店舗で使用しておらず、混入の経路が特定できなかった」との調査結果を発表した。

同じ材質、工場と店舗で使用せず 共同通信 2015年1月14日(水)17時41分 」 より


2015年1月12日

チーズバーガーに金属片 共同通信 2015年1月12日(月)14時50分


 福島県会津若松市のマクドナルド門田ヨークベニマル店で販売されたチーズバーガーに、金属片が混入していたことが12日、分かった。
 日本マクドナルドによると、1日に購入し自宅に持ち帰った客から、食べた際に違和感があり、異物が見つかったと連絡があった。異物は長さ5ミリ程度の細長い鉄製の金属片。調査で、店のキッチンにある鉄板の汚れを取るため、金属のヘラでこすった際に出た削りかすと判明した。

チーズバーガーに金属片 共同通信 2015年1月12日(月)14時50分 」 より


2015年1月10日

大分、ハンバーガーにビニール片 共同通信 2015年1月10日(土)21時46分


 大分市のマクドナルド大分明野店で販売されたハンバーガーにビニール片が混入していたことが10日、日本マクドナルドへの取材で分かった。
 同社によると、昨年12月29日にハンバーガー「チキンクリスプ」を持ち帰りで購入した客から店に指摘があった。店は客の自宅を訪れ、謝罪し回収した。ビニール片は透明で長さは4~5センチ。チキンとレタスの間に入っていた。店はその後ビニール片を紛失しており、混入の原因は不明。

大分、ハンバーガーにビニール片 共同通信 2015年1月10日(土)21時46分 」 より


2015年1月10日

マック、ナゲットにゴム手袋片 共同通信 2015年1月10日(土)12時10分


 岡山県津山市の日本マクドナルドの店舗で、昨年10月に女性客が食べたチキンマックナゲットに、青色のゴム片が混入していたことが10日、同社への取材で分かった。タイの製造工場の従業員が使用する手袋の一部と判明し、同社は今月8日に女性に謝罪した。

マック、ナゲットにゴム手袋片 共同通信 2015年1月10日(土)12時10分 」 より


2015年1月9日

マック異物混入 埼玉の2店舗でもハンバーガーに鉄くず、ナゲットにスポンジ 産経新聞 1月9日(金)21時1分


 埼玉県川口市と吉川市のマクドナルド2店舗で昨年12月、ハンバーガーに鉄くずが、チキンナゲットにスポンジが混入する事例があり、県が保健所を通じて2店に衛生指導を行っていたことが9日、分かった。いずれも店舗内で混入したとみられ、客にけがはなかった。

マック異物混入 埼玉の2店舗でもハンバーガーに鉄くず、ナゲットにスポンジ 産経新聞 1月9日(金)21時1分 」 より


2015年1月9日

マック炎上対応「ペヤング以下」 異物混入問題の会見にカサノバ社長不在 イザ! 2015.1.9 19:56


 ビニールからアクセサリーの金具、プラスチックに人間の歯まで…。異物混入問題が相次いで発覚した日本マクドナルド。7日にはサラ・カサノバ社長(49)が不在のまま記者会見が開かれたが、不信の火は燃え広がるばかり。世界最大級の外食チェーンの対応は「ペヤング以下」との批判もある。

マック炎上対応「ペヤング以下」 異物混入問題の会見にカサノバ社長不在 イザ! 2015.1.9 19:56 」 より


2015年1月8日

異物混入、マック謝罪 繰り返す「不明」安心どこへ 社長は会見欠席 産経新聞 2015年1月8日(木)08:03


 商品への異物混入が相次いでいる問題で、日本マクドナルドは7日、福島県内の店舗で販売したデザートにプラスチック片が混入し子供が負傷する事例があったと発表した。同社は同日、東京都内で会見を開き、一連の異物混入について「多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪した。ただ、一部では具体的な混入理由は「不明」と繰り返し、消費者の不安や疑問に対する明確な答えはなかった。

異物混入、マック謝罪 繰り返す「不明」安心どこへ 社長は会見欠席 産経新聞 2015年1月8日(木)08:03 」 より


2015年1月8日

マック利用客反応「少し怖い」「死ぬわけでは」 社会 スポーツ報知 2015年1月8日6時0分


 日本マクドナルドは7日、チキンマックナゲットなどの商品への異物が混入していた問題で初めて都内で会見し幹部が謝罪した。昨年から今年にかけて6件の異物混入が明らかになったが、同社は把握しながら公表しなかったことが発覚。出席した青木岳彦上席執行役員は「大きな健康被害が起こるものではない」とし、商品の販売中止をしないことを明かした。この日は、他社でも食品の異物混入が発覚。連鎖反応のような異常事態となっている。

マック利用客反応「少し怖い」「死ぬわけでは」 社会 スポーツ報知 2015年1月8日6時0分 」 より


2015年1月7日

マック陳謝…異物混入4件、福島では子供けが 読売新聞 2015年1月7日(水)20:28


 商品への異物混入が相次ぐ日本マクドナルドホールディングスは7日、青木岳彦取締役上席執行役員が記者会見し、この約半年間で少なくとも大阪府、福島県、東京都、青森県で計4件の異物混入が発生したことを明らかにした。
 ほかにも未公表の異物混入があることを認めたが、詳しい情報を明かさなかった。

マック陳謝…異物混入4件、福島では子供けが 読売新聞 2015年1月7日(水)20:28 」 より


2015年1月7日

<マクドナルド>「またか」の製品問題 株価6日続落 毎日新聞 2015年1月7日(水)20:09


 日本マクドナルドへの信頼が大きく揺らいでいる。同社では昨年7月に、仕入れ先の中国の食品会社が消費期限切れ鶏肉を使用していた問題が発覚し、客離れを招いた。売り上げ回復の糸口が見えない中で、再び製品問題が浮上したことで株価も下落に転じた。一連の問題が経営に大きな打撃となりかねない。

<マクドナルド>「またか」の製品問題 株価6日続落 毎日新聞 2015年1月7日(水)20:09 」 より


2015年1月7日

マック異物混入 ビニール片にプラスチック、歯… 原因不明も「安全性には問題ない」 産経新聞 2015年1月7日(水)20:03


 ビニール片にプラスチック、歯…。次々と明らかになったマクドナルドの商品への4件の異物混入。日本マクドナルド側は7日の会見で異物混入は「重大な事案」との認識を示したものの、安全性には問題はなく販売中止の措置は取らないと強調した。ただ、一部では具体的な混入理由は「不明」と繰り返し、消費者の不安や疑問に対する明確な答えはなかった。
 「食の安全安心を図る上で異物混入は重要な問題とらえている」。会見で、日本マクドナルドホールディングスの青木岳彦上席執行役員はこう訴え、

マック異物混入 ビニール片にプラスチック、歯… 原因不明も「安全性には問題ない」 産経新聞 2015年1月7日(水)20:03 」 より


2015年1月7日

マック、遠のく復活=消費者の不安再燃も 時事通信 1月7日(水)19時0分


 日本マクドナルドホールディングスは昨年7月、仕入れ先の中国の食品会社が消費期限切れ鶏肉を使用していた問題が発覚し、客離れを招いた。直近では売り上げは回復傾向にあるが、ナゲットなどへの異物混入で再び消費者の不安が膨らめば、復活が遠のくのは避けられない。

マック、遠のく復活=消費者の不安再燃も 時事通信 1月7日(水)19時0分 」 より


2015年1月6日

<マクドナルド>異物混入、本社「適切な対応ではなかった」 毎日新聞 2015年1月6日(火)20:28


 日本マクドナルドが東京都内で販売したチキンマックナゲットにも異物が混入していたことが明らかになり、同社の信頼回復への道がさらに遠のきそうな状況だ。中国の工場で期限切れ鶏肉の問題が発覚した昨年7月以降、同社の売り上げは低迷しており、2件目となる異物混入問題がさらに打撃になりかねない。

<マクドナルド>異物混入、本社「適切な対応ではなかった」 毎日新聞 2015年1月6日(火)20:28 」 より


2015年1月5日

マックナゲットに異物混入 タイの工場で製造 朝日新聞 2015年1月5日17時18分


 日本マクドナルドは5日、青森県三沢市のマクドナルド三沢店で販売したチキンマックナゲット1個に異物が混入していたことを明らかにした。ナゲットはタイの工場で製造したもの。同社は、異物が入っていた商品と同じ製造ライン、同じ日に作られたナゲット19万食分(5個入り換算)の提供を中止した。年間売上数の0・1%程度で、販売に影響はないとしている。

マックナゲットに異物混入 タイの工場で製造 朝日新聞 2015年1月5日17時18分 」 より


2014年11月25日

日本マクドナルドHD CEO サラ・カサノバ -食肉問題で失墜した信頼を回復できるか PRESIDENT Online 2014年11月25日(火)


日本マクドナルドホールディングスCEO サラ・カサノバ
1965年、カナダ生まれ。2013年日本マクドナルド社長兼CEO。14年3月日本マクドナルドホールディングス社長兼CEO。
日本マクドナルドホールディングス(HD)の2014年12月期の連結純損益は170億円の赤字見通しとなった。赤字転落は03年12月期以来、11年ぶり。

日本マクドナルドHD CEO サラ・カサノバ -食肉問題で失墜した信頼を回復できるか PRESIDENT Online 2014年11月25日(火) 」 より


2013年9月30日

マック社長交代に見る「逃げ場ない」外資の苦脳 PRESIDENT 2013年9月12日(木)


経営革新の神通力もさすがに衰えた印象が否めない日本マクドナルドホールディングス(HD)の原田泳幸会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)が、傘下の中核事業会社、日本マクドナルドの社長とCEOを退いた。後任には8月27日付で、カナダ法人のサラ・カサノバ氏が就任。原田氏は会長に留まり支援役に回る。HDの経営は原田氏が全権を掌握したままとはいえ、本丸の事業会社のトップ交代は、2004年以降の「原田体制」が岐路にさしかかった現実を印象付けた。

マック社長交代に見る「逃げ場ない」外資の苦脳 PRESIDENT 2013年9月12日(木) 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP