ホーム > ニュース > 高崎硫酸事件 女性 3人に硫酸 北村宣晃(30) 執行猶予中の犯行
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

高崎硫酸事件 女性 3人に硫酸 北村宣晃(30) 執行猶予中の犯行


高崎硫酸事件 女性 3人に硫酸 北村宣晃(30) 懲役 2年6月 2016年1月29日



群馬県高崎市内で、買い物中の当時 23~44歳の女性 3人に硫酸をかけ、衣服やストッキングを溶かし、脚に 7~10日間のやけどを負わせた事件で、傷害と器物損壊の罪に問われていた 北村宣晃被告(31)(無職)の判決が、2016年1月29日、前橋地裁で行われ、野口佳子裁判長は、「皮膚に変色が残った被害者もおり、結果は軽くない」「危険で思慮に欠ける犯行」と断罪しているにもかかわらず、求刑懲役 6年に対し、4割程度にしかならない、懲役 2年6月の実刑を言い渡しました


野口佳子裁判長は、「身勝手にも女性の衣服を損壊させ、驚かせようと考えた犯行。刑事責任を軽く見ることはできない」としながらも、
量刑では、執行猶予中だった懲役 1年6月の刑が合わせて執行されること、北村宣晃被告(31)が、被害者のうち 2人に賠償金の支払いを始めていることなどを考慮したとしていますが、もう一人の被害者は忘れ去られてしまったのでしょうか


また、 執行猶予中の犯行であれば、その分重い罪としなければいけないところ、これでは、逆に、執行猶予中に犯行を行えば、前の刑期はチャラになるということになります


北村宣晃被告(30)は、初公判まで否認を続け、動かぬ証拠を突きつけられた後、一転して起訴内容を全て認める等、反省の様子は全く感じられませんでしたし、もともと、別の事件での執行猶予中の犯行


今回も、手のひら返しとなるのでしょうか




高崎硫酸事件 北村宣晃(30) 女性 3人に硫酸をかけ逮捕 2015年4月7日



群馬県高崎市で女性に相次いで硫酸をかけた北村宣晃(30)(無職 元自称ゲームクリエーター)は、警察が、2015年4月6日夕方に、事件に関与したとみられる男が映った防犯カメラの画像を公開、防犯カメラ映像を見た知人からの通報と被害女性が顔を覚えていたことがキメ手となり、2015年4月7日午前、逮捕されました


北村宣晃(30)は、2015年4月2日、高崎市矢中町のショッピングセンターで買い物をしていた女性(23)の足に硫酸をかけてけがをさせた他、同じ日に、JR高崎駅の商業施設でも別の女性、新潟県新発田市に住む44歳の女性の足や服などに硫酸をかけ、軽いやけどをさせたとして、2015年4月27日傷害などの容疑で再逮捕されました


高崎市内では、先月(2015年3月)から今月(2015年4月)6日にかけ、逮捕容疑も含め同様の事件が計7件発生していて、警察で関連を調べています


北村宣晃(30)は、「考えさせてもらいます」とだけ述べて、具体的な供述はしていないということです




北村宣晃(30)の前科 判決は今年(2015年)の3月 何故こんな男に執行猶予!?



北村宣晃(30)は、2013年11月、東京メトロ 市ケ谷駅のホームで、通学途中の女子高校生(18)のバッグに自分の体液を入れ、2014年4月には、JR錦糸町駅前の歩道で、通勤途中の会社員の女性(20)のバッグの中に、自分の体液が入ったコーヒーの空き缶を入れた等、自分の体液や尿を入れた空き缶を3人の女性のカバンの中に入れたとして、昨年(2014年)12月に逮捕され、今年(2015年)3月、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡されたばかり、執行猶予中の犯行でした


この時は、「仕事でむしゃくしゃしてやった」と供述しています


北村宣晃(30)は、両親と姉、弟と5人暮らしでしたが、現在は、母親と弟の3人暮らしです

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 高崎硫酸事件 女性 3人に硫酸 北村宣晃(30) 執行猶予中の犯行
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年1月29日 女性3人に硫酸 男に懲役2年6月 時事通信 2016年1月29日 12:20

 群馬県高崎市内で買い物中の女性3人が相次いで硫酸をかけられた事件で、傷害と器物損壊の罪に問われた無職北村宣晃被告(31)の判決が29日、前橋地裁であり、野口佳子裁判長は「危険で思慮に欠ける犯行」として懲役2年6月(求刑懲役6年)の実刑を言い渡した。
 野口裁判長は「皮膚に変色が残った被害者もおり、結果は軽くない」と述べた。量刑では、同被告が被害者のうち2人に賠償金の支払いを始めていることなどを考慮した。
 同被告は初公判で否認したが、その後一転して起訴内容を全て認めていた。


2016年1月29日 <硫酸事件>女性にかけた被告、懲役2年6月判決…前橋地裁 毎日新聞 2016年1月29日 11:50

 群馬県高崎市で昨年4月、買い物中の女性3人が硫酸をかけられ、けがをした事件で、傷害と器物損壊の罪に問われた同市山名町、無職、北村宣晃被告(31)に対し、前橋地裁(野口佳子裁判長)は29日、懲役2年6月(求刑・懲役6年)を言い渡した。
 判決理由で野口裁判長は「身勝手にも女性の衣服を損壊させ、驚かせようと考えた犯行。刑事責任を軽く見ることはできないが、求刑は事案と見合っていない」と指摘。量刑について、北村被告が反省し被害者との賠償を始めているほか、別の器物損壊などの事件で執行猶予中だった懲役1年6月の刑が合わせて執行されることも考慮した。


2016年1月29日 女性に硫酸かけた被告、懲役2年6カ月の判決 前橋地裁 朝日新聞 2016年1月29日 11:42

 群馬県高崎市で昨年4月、女性が相次いで硫酸をかけられてけがをした事件で、傷害と器物損壊の罪に問われた同市山名町、無職北村宣晃(のりあき)被告(31)に対し、前橋地裁は29日、懲役2年6カ月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。野口佳子裁判長は「身勝手にも女性を驚かせようと考え、準備した上での犯行。被害者はけがを負っており、責任は軽くない」などと述べた。
 判決によると、北村被告は昨年4月2日と6日、JR高崎駅のビル店舗内や同市内の商業施設などで、計3人の女性の背後から硫酸をかけて、衣服やストッキングを溶かし、脚に7〜10日間のやけどを負わせた。


2015年4月27日 硫酸を別の女性にかけた疑いで再逮捕 NHK 4月27日 17時40分

 今月2日、高崎市で買い物をしていた女性の足に硫酸をかけてけがをさせたとして30歳の男が逮捕された事件で、警察は、この男が同じ日にJR高崎駅の商業施設でも別の女性に硫酸をかけてけがをさせた疑いが強まったとして、27日傷害などの疑いで再逮捕しました。
 再逮捕されたのは、高崎市山名町の無職、北村宣晃容疑者(30)です。
 北村容疑者は今月2日、高崎市にあるJR高崎駅の中にある商業施設で、新潟県新発田市に住む44歳の女性の足や服などに硫酸をかけ、軽いやけどをさせたとして傷害などの疑いが持たれています。
 調べに対して北村容疑者は「考えさせてもらいます」とだけ述べて、具体的な供述はしていないということです。
 北村容疑者は今月2日、高崎市矢中町のショッピングセンターで23歳の女性の足に硫酸をかけたとして、すでに逮捕されています。
 高崎市内では、先月から今月6日にかけて逮捕容疑も含めると同じような事件が合わせて7件発生していて警察で関連を調べています。


2015年4月8日 硫酸男「北村宣晃」執行猶予中だった!女子高生らのカバンに体液や尿入れ有罪 J-CAST 2015/4/ 8 15:28

 群馬県高崎市で女性に相次いで硫酸をかけた元ゲームクリエーターの北村宣晃容疑者(30)の逮捕は、防犯カメラ映像を見た知人からの通報と被害女性が顔を覚えていたことがキメ手になった。
 北村は容疑を否認しているが、女性に対する悪質ないたずらで今年3月(2015年)、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡されたばかりだった。当時の新聞報道によると、13年11月から昨年4月にかけて、自分の体液や尿を入れた空き缶を通学途中の女子高生ら3人の女性のカバンの中に入れ、昨年12月に逮捕された。この時は「仕事でむしゃくしゃしてやった」と供述していた。


2015年4月7日 硫酸男 北村宣晃に前科発覚!自分の体液を入れた缶を女性のバッグに混入 Woman Eyes 2015年4月7日

今月2日から6日にかけて群馬県高崎市で発生した「硫酸男」事件。女性に相次いで硫酸をかけた容疑で逮捕されたのは、無職の北村宣晃容疑者(30)。その北村宣晃容疑者には前科があり昨年12月に逮捕されていたことが判明したが、その前科とは、女性に対する驚くべき悪質な犯罪であった。
北村宣晃容疑者の前科のあらまし
群馬県高崎市内の駅ビルやショッピングセンターで買い物をしていた20代から40代の女性3人が、突然何者かに硫酸をかけられるという「硫酸男」事件が発生したのは、今月2日から6日にかけて。
警察は6日夕方に、事件に関与したとみられる男が映った防犯カメラの画像を公開し、男の行方を追っていたが、7日午前にその犯人が逮捕された。犯人の名前は北村宣晃。ニュース報道では職業は無職となっている。


ページTOP
ページTOP
ページTOP