ホーム > ニュース > 水道検針員女性(31)監禁殺害 渡辺豊(40) 岩手県奥州市 無期懲役
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

水道検針員女性(31)監禁殺害 渡辺豊(40) 岩手県奥州市 無期懲役


水道検針員女性(31)監禁殺害 渡辺豊(40) 奥州市 無期懲役 2016年3月8日



岩手県奥州市で、2015年5月22日、水道検針員の女性(当時31)を殺害したなどとして、殺人や強制わいせつなどの罪に問われたていた、渡辺豊被告(40)(岩手県奥州市前沢区裏新田)(農業)に対する盛岡地裁の裁判員裁判で、岡田健彦裁判長は、2016年3月8日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡しました


盛岡地裁 判決によると、渡辺豊被告(40)は、2015年5月22日、水道の検針で自宅を訪ねて来た女性にわいせつな行為をしようと拘束、衣服をはぎ取るなどし、女性に覚醒剤を投与した上で、首を絞めて殺害、2015年5月23日午前 0時半頃までに遺体を山林に埋めました

盛岡地裁 岡田裁判長は、「猟奇的ともいえる異常な行為まで行い、卑劣で凶悪。生涯をもって罪を償うのが相当」と述べています


渡辺豊被告(40)の弁護人によると、渡辺豊被告(40)は控訴しない方針ということです




水道の検針で訪れた女性(31)を監禁殺害 渡辺豊(40) 奥州市 2015年5月26日



被害者の水道検針員女性(31)は、2015年5月22日、検針のため渡辺豊容疑者(40)(岩手県奥州市前沢区裏新田)(農業)宅に向かい、その後、水道検針員女性(31)の知人が水道検針員女性(31)と会う約束をしていましたが連絡が取れず、別の知人が、2015年5月22日夜、「連絡が取れなくなった」と岩手県警水沢署に届け出ていました


渡辺豊容疑者(40)(死体遺棄容疑で逮捕)の供述に基づき、自宅から南に約2キロ離れた林道付近(岩手県奥州市前沢区)を捜索、2015年5月25日午後10時頃、山林に埋められ女性の遺体を発見した死体遺棄事件で、2015年5月26日、被害者の女性は、水道検針員女性(31)(岩手県奥州市)(水道管理会社員)と判明しました


岩手県奥州市水道部によると、水道検針員女性(31)は、奥州市が水道メーターの検針業務を委託している水道管理会社のパート社員で、2013年夏から水道メーター検針員として勤務を始め、渡辺豊容疑者(40)の自宅がある裏新田地区を担当、屋外にある水道メーターを検針し、結果を郵便受けなどに入れる仕事をしており、検針業務には通常午前9時~午後3時に当たっていたということです


水道検針員女性(31)は、2015年5月22日午後、水道メーター検針の為、渡辺豊容疑者(40)の自宅を訪問していたことが判明、岩手県警では、2015年5月23日、自宅にいた渡辺豊容疑者(40)に任意同行を求め事情を聴くとともに、自宅を監禁容疑で家宅捜索しました


2015年5月23日未明、水道検針員女性(31)の車が、渡辺豊容疑者(40)の自宅から約4キロ離れたショッピングセンターの駐車場で発見され、前日の2015年5月22日午後4時頃、渡辺豊容疑者(40)が周辺にいるところが目撃されています


渡辺豊容疑者(40)は、2015年5月25日夕以降になってようやく、「女性を山林内に埋めた。(水道検針員女性(31)とは)直接の面識はなかった。」と供述し、供述通りの場所で、土に埋まっていた水道検針員女性(31)の遺体を発見しました


水道検針員女性(31)は、発見時は土砂にまみれた状態でしたが、目立った外傷はなく、その後、死亡推定時刻は、2015年5月22日午後から23日午前、死因は窒息死だったことが判明しています


水道検針員女性(31)は、約2週間後の6月6日、奥州市内のホテルで結婚式を挙げる予定だったということです


岩手県警水沢署は、水道検針員女性(31)が監禁されていた疑いがあるとして、渡辺豊容疑者(40)の自宅を監禁容疑で現場検証するとともに、司法解剖で詳しい死因を調べ、殺人容疑も視野に入れて捜査するとしてた岩手県警は、2015年6月15日、死体遺棄容疑で逮捕していた同市前沢区、農業、渡辺豊容疑者(40)を殺人容疑で再逮捕しました


逮捕容疑は、2015年5月22日午後、自宅の部屋で、水道検針員女性(31)(岩手県奥州市)の首を手で絞めて殺害した疑いで、渡辺豊容疑者(40)は、「首を手で絞めた」と認めているものの殺意は否認しているということです


母親と2人で暮らしていたという渡辺豊容疑者(40)について、近所の人は、「前から、こういういろんな問題は起こしてた方ですけどね」、「何かあって、ちょっとあると、すごく怒るというか。バタフライナイフで(女性を)拉致したこともあったみたい」などと話し、以前から、多くのトラブルを起こしていたようです

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 水道検針員女性(31)監禁殺害 渡辺豊(40) 岩手県奥州市 無期懲役
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年3月8日 岩手女性殺害 被告に無期判決 毎日新聞 2016年3月8日 20:28

 岩手県奥州市で水道検針員の女性(当時31歳)を殺害したなどとして、殺人や強制わいせつなどの罪に問われた同市前沢区、農業、渡辺豊被告(40)に対する盛岡地裁の裁判員裁判で、岡田健彦裁判長は8日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 岡田裁判長は「猟奇的ともいえる異常な行為まで行い、卑劣で凶悪。生涯をもって罪を償うのが相当」と述べた。弁護人によると、渡辺被告は控訴しない方針という。
 判決によると、渡辺被告は昨年5月22日、水道の検針で自宅を訪ねて来た女性にわいせつな行為をしようと拘束。衣服をはぎ取るなどし、女性に覚醒剤を投与した上で、首を絞めて殺害し、同23日午前0時半ごろまでに遺体を山林に埋めた。


2015年6月15日 女性検針員遺体、接点ない男を殺人容疑で再逮捕 読売新聞 6月15日(月)20時52分

 岩手県奥州市前沢区の山林で水道検針員の女性の遺体が見つかった事件で、県警は15日、死体遺棄容疑で逮捕していた同市前沢区、農業渡辺豊容疑者(40)を殺人容疑で再逮捕した。
 発表によると、渡辺容疑者は5月22日午後、自宅の部屋で、奥州市水沢区、伊藤友美さん(31)の首を手で絞めて殺害した疑い。渡辺容疑者は「首を手で絞めた」と認めているが、殺意は否認しているという。
 県警によると、伊藤さんは以前から渡辺容疑者宅の水道検針を担当していたが、渡辺容疑者と個人的な接点はなかったという。
 伊藤さんは奥州市が水道メーターの検針業務を委託している会社のパート社員。5月22日に行方不明になり、当日の訪問先だった渡辺容疑者に事情を聞いたところ、自宅から約2キロの山林に埋めたと供述し、供述通りに遺体が見つかった。


2015年6月14日 容疑者、15日再逮捕へ 奥州・死体遺棄事件 岩手日報 06月14日 22:23

 奥州市前沢区の山林に同市水沢区の会社員伊藤友美(ゆみ)さん(31)の遺体が埋められた事件で、県警捜査本部は14日、死体遺棄容疑で逮捕した同市前沢区の農業渡辺豊容疑者(40)を15日に再逮捕する方針を固めた。捜査本部は殺人容疑を視野に捜査を展開してきたが、渡辺容疑者の犯行前後の目撃情報が乏しく、立証は供述に頼る部分が大きいとみられる。再逮捕容疑は勾留期限の15日までぎりぎりの調整が続きそうだ。
 捜査関係者は14日、「15日に再逮捕する。しかし、容疑は(県警の方針と)変化する可能性がある」と述べた。県警は殺意の有無などについて、慎重に取り調べを進めている。
 司法解剖の結果、伊藤さんの死因は窒息死と判明し、伊藤さんの顔全体がうっ血していた。首を絞められ窒息した場合にもうっ血が現れることがある。捜査本部は、渡辺容疑者が伊藤さんの死亡に大きく関与したことは間違いないとみている。
 しかし、渡辺容疑者は捜査本部のこれまでの取り調べに対し、伊藤さんが行方不明となった5月22日の午後以降「1人でいる時間がかなり長かった」などと供述している。
 渡辺容疑者のその後の足取りは解明されていない部分があり、関係者からの事情聴取や渡辺容疑者の自宅周辺での聞き込み、防犯カメラの解析を行い、供述の裏付け作業を進めている。
 逮捕容疑は5月22〜23日、奥州市前沢区の山林に伊藤さんの遺体を埋めた疑い。


2015年6月14日 <奥州死体遺棄>殺人容疑で再逮捕へ 河北新報 06月14日 10:03

 岩手県奥州市前沢区の山中から同市水沢区桜川、会社員伊藤友美さん(31)が遺体で見つかった事件で、岩手県警が、死体遺棄容疑で逮捕した同市前沢区裏新田、農業渡辺豊容疑者(40)を殺人の疑いで、近く再逮捕する方針を固めたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、渡辺容疑者は5月22日午後、水道メーターの検針で渡辺容疑者宅を訪れた伊藤さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれている。伊藤さんの顔には首を絞めた際に現れるうっ血があった。
 渡辺容疑者は伊藤さんが行方不明になった5月22日以前の水道検針で、自宅を訪れた伊藤さんを見掛けていた可能性もあり、県警は詳しい経緯を調べる。
 県警によると、伊藤さんは5月25日夜、容疑者宅から約2キロ南の山林で埋められているのが見つかった。渡辺容疑者は同26日に死体遺棄容疑で逮捕された。


2015年5月29日 <奥州の死体遺棄>容疑者、目撃される 女性の車付近で /岩手 毎日新聞 05月29日 11:42

 奥州市内の山林で水道検針員の女性の遺体が発見された事件で、女性の車がとまっていたショッピングセンター駐車場付近で、死体遺棄容疑で逮捕された渡辺豊容疑者(40)が目撃されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。殺害への関与をほのめかす供述もしているといい、県警捜査本部は殺人容疑での立件を視野に、22日からの渡辺容疑者の足取りなどについても慎重に調べている。
 捜査本部などによると、同市の水道検針員、伊藤友美さん(31)は22日午後、検針のため渡辺容疑者宅へ行った。しかし、同日夕に知人が伊藤さんと連絡が取れなくなり、その後行方不明届が出されていた。
 伊藤さんの車は23日未明、渡辺容疑者の自宅から約4キロ離れたショッピングセンターの駐車場で発見。前日の22日午後4時ごろ、渡辺容疑者が周辺にいるところを目撃されており、情報が捜査本部にも寄せられているという。


2015年5月28日 <奥州死体遺棄>女性は窒息死 外傷なし 河北新報 05月28日 09:32

 奥州市前沢区の山林で、同市水沢区桜川、会社員伊藤友美さん(31)が土中から遺体で見つかった事件で、岩手県警は27日、伊藤さんの死因は窒息死だったと発表した。県警は死体遺棄容疑で逮捕した同市前沢区裏新田、農業渡辺豊容疑者(40)が伊藤さんを遺棄した経緯や時間帯の解明を急ぐとともに、殺人容疑を視野に詳しい動機を調べる。
 県警によると、伊藤さんの体に目立った外傷はなく、発見時は土砂にまみれた状態だった。死亡推定時刻は22日午後から23日午前とみられる。
 伊藤さんが勤務していた水道管理会社によると、伊藤さんは2013年夏から水道メーター検針員として勤務を始めた。渡辺容疑者の自宅がある裏新田地区を担当していた。検針業務には通常午前9時〜午後3時に当たっていたという。
 県警によると、伊藤さんは22日午後に渡辺容疑者宅を訪問後、行方不明になった。渡辺容疑者は県警の事情聴取に「女性を山林内に埋めた」と供述。25日夜、自宅から約2キロ南の林道近くの山林で伊藤さんが埋められているのが見つかった。


2015年5月27日 挙式目前、突然の悲劇 奥州の死体遺棄容疑事件 岩手日報 05月27日 08:36

 奥州市前沢区の山林で女性の遺体を埋めたとされる死体遺棄容疑事件で、県警捜査本部(本部長・西野悟刑事部長)は26日、遺体は行方不明となっていた同市水沢区、水道検針業務の会社員伊藤友美さん(31)と発表した。捜査本部は死体遺棄容疑で逮捕した農業渡辺豊容疑者(40)=同市前沢区=を26日盛岡地検に送検し、殺人容疑も視野に捜査を進めている。
 捜査本部によると遺体の身元は伊藤さんの遺族が26日未明に確認。同日は遺棄現場や容疑者の自宅の検証を30人態勢で行い、渡辺容疑者を死体遺棄容疑で盛岡地検に送検した。逮捕容疑は22日から23日にかけ、伊藤さんの遺体を奥州市前沢区の山林に埋めた疑い。
 伊藤さんは22日午後、水道の検針のため容疑者宅を訪れたとみられている。県警は23日、自宅にいた渡辺容疑者に任意同行を求め事情を聴くとともに、自宅を監禁容疑で家宅捜索していた。渡辺容疑者は25日夕以降に遺棄を認め、同日午後10時ごろに供述通りの場所で、土に埋まっている遺体を発見した。
 伊藤さんは約2週間後の6月6日、奥州市内のホテルで結婚式を挙げる予定だった。幸せの絶頂で起きた突然の悲劇。同級生や同僚らは、未来を奪われた伊藤さんの無念さを思い、悲しみと憤りを募らせている。


2015年5月26日 <死体遺棄容疑>40歳容疑者と31歳被害女性は面識なしか 毎日新聞 5月26日(火)19時40分

 岩手県奥州市の山林に女性の遺体を埋めたとして、県警捜査1課と水沢署は26日、同市前沢区裏新田、農業、渡辺豊容疑者(40)を死体遺棄容疑で逮捕した。容疑を認めているという。遺体は同市水沢区桜川、水道検針員、伊藤友美さん(31)で、県警は渡辺容疑者が死亡の経緯についても知っているとみて追及する。
 容疑は22~23日、遺体を山林の土中に遺棄したとしている。
 県警によると、伊藤さんは22日、検針のため渡辺容疑者宅に向かった。その後、伊藤さんの知人が伊藤さんと会う約束をしていたが連絡が取れず、別の知人が県警に届けた。
 県警は23日から渡辺容疑者に事情を聴き、渡辺容疑者は25日に「遺体を埋めた」と供述。供述通りの場所から遺体を発見した。遺体に目立った外傷はなく、司法解剖をして死因を調べている。
 奥州市水道部によると、伊藤さんは市が水道メーターの検針業務を委託している業者のパート社員。屋外にある水道メーターを検針し、結果を郵便受けなどに入れる作業をしていた。訪問先の人と接触することはあまりないといい、県警も2人はほとんど面識がなかったとみている。


2015年5月26日 岩手・奥州市女性遺体 水道検針でトラブルに巻き込まれたか フジテレビ系(FNN) 5月26日(火)18時29分

岩手・奥州市の山林に女性の遺体を埋めたとして、市内に住む40歳の男が逮捕された。
捜索のため、岩手・奥州市の山中に向かう捜査員たち。
この山林で、女性の遺体が見つかった。
「女性を山林内に埋めた」と供述したのは、農業・渡辺 豊容疑者(40)。
渡辺容疑者は、岩手・奥州市の山林に、会社員・伊藤友美さん(31)の遺体を埋めた疑いが持たれている。
伊藤さんは、22日から行方不明になっていた。
伊藤さんは、22日午後2時ごろ、渡辺容疑者の家の水道の検針に訪れた際、トラブルに巻き込まれたとみられている。
渡辺容疑者の家は、高さ20メートルほどの背丈の高い木で囲われていた。
渡辺容疑者は、遺棄現場から、およそ2km離れた自宅で、母親と2人で暮らしていた。
伊藤さんは、渡辺容疑者の自宅に、水道メーターの検針に訪れたのを最後に、行方がわからなくなった。


2015年5月26日 遺体で発見の女性、水道の検針で容疑者宅訪問 岩手 朝日新聞 14:42

 岩手県奥州市内の山林で25日夜に女性の遺体が見つかり、県警は26日未明、同市前沢区の農業渡辺豊容疑者(40)を死体遺棄容疑で逮捕した。県警の調べに対し、「遺体を埋めた」と話しているという。県警は司法解剖して死因の特定を急ぐとともに、殺人容疑なども視野に捜査を進める。
 県警によると、遺体は、行方不明になっていた同市水沢区の水道管理会社員、伊藤友美さん(31)。伊藤さんと連絡がとれないと、22日に知人から届け出があった。伊藤さんの足取りを調べると、水道メーターの検針員として22日午後、渡辺容疑者宅を訪れていたという。
 県警が渡辺容疑者に事情を聴いたところ、伊藤さんを遺棄したと供述。その供述に基づいて捜索し、25日午後10時ごろ、容疑者宅から南に約2キロ離れた山林の土の中に埋められた遺体を発見した。
 県警は26日、伊藤さんが監禁されていた疑いがあるとして、渡辺容疑者の自宅を家宅捜索している。


2015年5月26日 <奥州死体遺棄>身元は31歳女性 河北新報 13:57

 奥州市前沢区の山林で25日夜、女性の遺体が見つかった死体遺棄事件で、岩手県警は26日、身元は同市水沢区桜川、会社員伊藤友美さん(31)と判明したことを明らかにした。水沢署捜査本部は、死体遺棄容疑で逮捕した同市前沢区裏新田、農業渡辺豊容疑者(40)の自宅を監禁容疑で現場検証している。
 遺体は、渡辺容疑者の供述に基づき、自宅から南に約2キロ離れた林道付近の山林に埋められているのが見つかった。
 捜査本部によると、伊藤さんの知人が22日夜、「連絡が取れなくなった」と水沢署に届けた。伊藤さんは水道検針の仕事をしており、22日午後に渡辺容疑者の自宅を訪問していたことが判明した。
 事情を聴いたところ、渡辺容疑者は「女性を山林内に埋めた」と認めた。伊藤さんとは直接の面識はなかったという。
 県警は司法解剖して詳しい死因を調べ、殺人容疑も視野に入れて捜査する。


2015年5月26日 遺体は奥州市の不明女性=監禁容疑で容疑者宅捜索―岩手県警 時事通信 12:02

 岩手県奥州市の山林で女性の遺体が見つかった事件で、県警は26日、遺体は行方が分からなくなっていた同市水沢区桜川の会社員伊藤友美さん(31)と確認した。県警は伊藤さんを監禁した疑いがあるとして、同市内にある渡辺豊容疑者(40)=死体遺棄容疑で逮捕=の自宅を家宅捜索した。
 県警捜査1課によると、伊藤さんは22日午後、水道検針の仕事で渡辺容疑者宅を訪れていた。遺体に目立った外傷はなく、司法解剖するなどして死因を調べる。
 伊藤さんの知人男性から22日夜、「女性が行方不明になっている」と水沢署に届け出があった。同容疑者の供述に基づき25日夜、遺体を発見した。


2015年5月26日 <岩手女性遺体>身元は31歳水道検針員と判明 毎日新聞 10:00

 岩手県奥州市の山林に女性の遺体を埋めたとして、県警捜査1課と水沢署は26日、同市前沢区裏新田、農業、渡辺豊容疑者(40)を死体遺棄容疑で逮捕した。容疑を認めているという。遺体は容疑者宅を訪れていた水道検針員、伊藤友美さん(31)=同市水沢区桜川=で、県警は死亡した経緯や動機についても調べている。
 逮捕容疑は今月22〜23日、遺体を山林の土中に遺棄したとしている。伊藤さんの知人から22日、「連絡が取れなくなった」と県警に届け出があった。
 同日の検針先だった渡辺容疑者に事情を聴き、説明通りの場所から25日夜、遺体が見つかった。伊藤さんは渡辺容疑者と面識はなかったという。26日に司法解剖を行い詳しい死因を調べる。


2015年5月26日 奥州の山林に女性遺体 遺棄容疑で男逮捕 河北新報 09:22

 岩手県奥州市の山林に遺体を捨てたとして、水沢署などは26日未明、死体遺棄の疑いで、同市、農業渡辺豊容疑者(40)を逮捕した。同署は、遺体は行方不明となっている同市内の女性(31)とみて、身元や死因の特定を急いでいる。
 逮捕容疑は5月22日から23日の間、遺体を奥州市前沢区の山林に捨てた疑い。
 岩手県警によると、女性の知人から22日、「連絡が取れない」と届けがあった。女性が立ち寄った住宅にいた渡辺容疑者に事情を聴いたところ「遺体を山林に捨てた」と供述。25日夜、供述通りの場所から遺体を発見した。県警は同日、水沢署に捜査本部を設置した。


2015年5月26日 山林に女性遺体=遺棄容疑で男逮捕―岩手県警 時事通信 01:46

 岩手県奥州市の山林で女性の遺体が見つかり、県警捜査1課と水沢署は26日未明、死体遺棄容疑で同市の農業渡辺豊容疑者(40)を逮捕した。容疑を認めているという。同課などは、遺体が市内の女性会社員(31)とみて身元の特定を急ぐとともに、司法解剖して死因などを調べる。
 逮捕容疑は今月22〜23日、同市前沢区の山林に女性の遺体を遺棄した疑い。同課によると、遺体は土の中に埋められていた。
 女性の知人男性から22日夜、「女性が行方不明になった」と届けがあり、女性が同日午後、仕事で渡辺容疑者の自宅を訪れたことが判明。同容疑者に事情を聴いたところ、遺棄したことを認め、供述通りの場所から遺体が発見された。


2015年5月26日 <死体遺棄容疑>奥州市の山林に女性遺体 40歳男を逮捕 毎日新聞 01:09

 岩手県奥州市内の山林で25日夜、女性の遺体が見つかった。県警捜査1課と水沢署は死体遺棄事件として捜査。26日未明、同市前沢区裏新田、農業、渡辺豊容疑者(40)を死体遺棄容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は5月22〜23日の間に、女性の遺体を遺棄したとしている。渡辺容疑者の供述通りに遺体を発見した。
 県警によると、女性は同市内の会社員(31)とみて身元確認を進めている。この女性は5月22日、仕事で渡辺容疑者のもとを訪れて以来、行方が分からなくなっていた。


2015年5月26日 山林から女性の遺体、遺棄容疑で男逮捕 岩手・奥州 朝日新聞 01:07

 岩手県奥州市内の山林で女性の遺体が見つかり、県警は26日、同市に住む農業渡辺豊容疑者(40)を死体遺棄の疑いで逮捕したと発表した。
 逮捕容疑は、今月22〜23日、同市内の山林に女性の遺体を遺棄した疑い。
 県警によると、22日に奥州市内の会社員の女性(31)が行方不明になったと届け出があり、女性の足取りを調べたところ、女性が22日午後に仕事で渡辺容疑者宅を訪れていたという。
 県警が渡辺容疑者から事情を聴いたところ、女性を遺棄したと供述したという。県警は、遺体はこの女性の可能性があるとみて調べている。


ページTOP
ページTOP
ページTOP