ホーム > ニュース > 警視庁巡査部長 小野寺毅(35) カッターナイフで脅し 女子高生 強姦致傷
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

警視庁巡査部長 小野寺毅(35) カッターナイフで脅し 女子高生 強姦致傷


警視庁巡査部長 小野寺毅(35) カッターナイフで脅し 女子高生 強姦致傷



警視庁巡査部長 小野寺毅被告(35)は、2015年5月30日、埼玉県富士見市の路上で、自らが女子高校生を盗撮した映像を見せ、女子高校生に、「盗撮を防止するための仕事をしている。協力しないと個人情報が流出する」などと言ってだまし、ホテルに連れ込んだ後、カッターナイフを突き付け、強姦し、けがをさせたとして逮捕されました

女子高校生を暴行したなどとして、逮捕された警視庁の巡査部長、小野寺毅被告(35)は、懲戒免職の処分を受け、2015年12月16日、さいたま地検に起訴されました




強姦致傷 元警視庁巡査部長 小野寺毅(35) 埼玉県三芳町 懲役 10年判決 2016年6月10日



埼玉県富士見市で、2015年5月30日、女子高校生をホテルに連れ込み暴行したとして、強姦(ごうかん)致傷とわいせつ目的誘拐の罪に問われた埼玉県三芳町の元警視庁巡査部長、小野寺毅被告(35)の裁判員裁判で、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)は、2016年6月10日、懲役 10年(求刑懲役 12年)の判決を言い渡しました

佐々木裁判長は判決で、「当時 18歳の高校生が被った精神的苦痛は相当に大きい」と指摘、「事前にカッターナイフやガムテープなどを用意し犯行を実行した点は非難の程度を強める」などとしました


判決によると、小野寺毅被告(35)は、2015年5月30日、富士見市内の路上で女子高校生に「あなたは盗撮の被害に遭っている。私は盗撮防止の仕事をしており、協力しないとあなたの個人情報が流出する」などとうそを言って同市内のホテルに連れ込み、「抵抗したら殺す」などと脅して暴行、全治 1週間のけがを負わせました

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 警視庁巡査部長 小野寺毅(35) カッターナイフで脅し 女子高生 強姦致傷
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年6月11日

女子高生強姦致傷:暴行の元警官、懲役10年 さいたま地裁判決 毎日新聞 2016年6月11日


 埼玉県富士見市で昨年5月、女子高校生をホテルに連れ込み暴行したとして、強姦(ごうかん)致傷とわいせつ目的誘拐の罪に問われた同県三芳町の元警視庁巡査部長、小野寺毅被告(35)の裁判員裁判で、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)は10日、懲役10年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。
 佐々木裁判長は判決で「高校生が被った精神的苦痛は相当に大きい。事前にカッターナイフやガムテープなどを用意し犯行を実行した点は非難の程度を強める」などと述べた。
 判決によると、小野寺被告は昨年5月30日、富士見市内の路上で女子高校生に「あなたは盗撮の被害に遭っている。私は盗撮防止の仕事をしており、協力しないとあなたの個人情報が流出する」などとうそを言って同市内のホテルに連れ込み、「抵抗したら殺す」などと脅して暴行し、全治1週間のけがをさせた。

女子高生強姦致傷:暴行の元警官、懲役10年 さいたま地裁判決 毎日新聞 2016年6月11日 」 より


2016年6月10日

強姦致傷:元警視庁巡査部長に懲役10年 さいたま地裁 毎日新聞 2016年6月10日 20時50分


 埼玉県富士見市で昨年5月、女子高校生をホテルに連れ込み暴行したとして、強姦(ごうかん)致傷とわいせつ目的誘拐の罪に問われた同県三芳町の元警視庁巡査部長、小野寺毅被告(35)の裁判員裁判で、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)は10日、懲役10年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。
 佐々木裁判長は判決で「当時18歳の高校生が被った精神的苦痛は相当に大きい」と指摘。「事前にカッターナイフやガムテープなどを用意し犯行を実行した点は非難の程度を強める」などと述べた。
 判決によると、小野寺被告は昨年5月30日、富士見市内の路上で女子高校生に「あなたは盗撮の被害に遭っている。私は盗撮防止の仕事をしており、協力しないとあなたの個人情報が流出する」などとうそを言って同市内のホテルに連れ込み、「抵抗したら殺す」などと脅して暴行し、全治1週間のけがをさせた。

強姦致傷:元警視庁巡査部長に懲役10年 さいたま地裁 毎日新聞 2016年6月10日 20時50分 」 より


2016年6月6日

女子高生強姦致傷:元警官、起訴内容認める さいたま地裁 毎日新聞 2016年6月6日


 埼玉県富士見市で女子高校生に暴行したとして強姦(ごうかん)致傷とわいせつ目的誘拐の罪に問われた同県三芳町、元警視庁巡査部長、小野寺毅被告(35)は6日、さいたま地裁で開かれた裁判員裁判(佐々木直人裁判長)の初公判で「その通りです」と起訴内容を認めた。
 起訴状などによると、千住署地域課に所属していた小野寺被告は昨年5月30日、市内の路上で女子高校生に画像をみせ「盗撮防止の仕事をしている。協力しないとあなたの画像が流出するかもしれず、身が危ない」などとうそを言ってホテルに連れ込み、刃物で脅して暴行し、軽傷を負わせたとされる。
 冒頭陳述で、検察側は「仕事の帰りに電車内で女子高校生を見つけ、尾行してスーパーなどで盗撮を繰り返した上で犯行に及んだ」と指摘。弁護側は「妻との関係が悪く仕事でも降格されてしまい、現実逃避の妄想を実行に移した。計画性はない」と述べた。

女子高生強姦致傷:元警官、起訴内容認める さいたま地裁 毎日新聞 2016年6月6日 」 より


2015年12月17日

女子高生に暴行、警視庁巡査部長を懲戒免職 TBS系(JNN)) 12月17日(木)7時23分


 女子高校生をホテルに連れ込み暴行したなどとして、逮捕された警視庁の巡査部長が懲戒免職の処分を受けました。
 懲戒免職の処分を受けたのは、警視庁千住警察署の巡査部長・小野寺毅容疑者(35)です。
 小野寺容疑者は今年5月、埼玉県富士見市の路上で女子高校生に声をかけてホテルに連れ込み、カッターナイフで脅して暴行し、けがをさせたとして逮捕され、16日、さいたま地検に起訴されました。
 小野寺容疑者は女子高校生に「盗撮を防止するための仕事をしている。協力しないと個人情報が流出する」などとウソを言って誘ったということです。

女子高生に暴行、警視庁巡査部長を懲戒免職 TBS系(JNN)) 12月17日(木)7時23分 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP