ホーム > ニュース > パナソニック 関連会社 社員 西岡壱成(20) 顧客住宅放火 香川県丸亀市
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

パナソニック 関連会社 社員 西岡壱成(20) 顧客住宅放火 香川県丸亀市


パナソニック 関連会社 社員 西岡壱成(20) 顧客住宅放火 香川県丸亀市



勤務先のパナソニック関連会社に修理の依頼をした客の自宅に火を付けようとしたとして、香川県警丸亀署は、2016年2月22日、西岡壱成容疑者(20)(パナソニックエコソリューションズテクノサービス社員)(香川県高松市高松町)を現住建造物等放火未遂の疑いで、逮捕しました


西岡壱成容疑者(20)の逮捕容疑は、2016年2月18日午前2時頃、香川県丸亀市郡家町の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機、ベンチに火を付けた疑いで、トイレで目を覚ました男性が竹垣などの燃焼する音を聞き、自宅に燃え移る前に家族全員で消し止めたということです


香川県警丸亀署捜査幹部によりますと、2年前に購入し、西岡壱成容疑者(20)が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、昨年(2015年)12月にパナソニック関連会社に修理を依頼、その後も今年(2016年)2月までに 3回壊れ、数回修理しましたが、修理しても直らないことから、「直っていない」との苦情を受けていました


事件の有った2016年2月18日午前中、代替品を持って上司と謝罪、および、新品を設置する為に丸亀市郡家町の男性(64)宅を訪れる予定でしたが、西岡壱成容疑者(20)は代替品を用意しておらず、その前に、男性(64)宅の竹垣、エアコン室外機、ベンチに油をまいて火を付け、男性(64)宅を燃やそうとしました


竹垣から灯油の成分が検出され、トラブルとなっていた西岡壱成容疑者(20)が捜査で浮上、西岡壱成容疑者(20)は、「家が燃えたらクレームどころじゃないと思って火を付けた」と供述しています

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > パナソニック 関連会社 社員 西岡壱成(20) 顧客住宅放火 香川県丸亀市
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年2月23日 会社員「クレームなくなる」と思い顧客宅放火で逮捕 日刊スポーツ 2016年2月23日8時28分

 勤務先にクレームを入れた顧客の自宅に火を付けようとしたとして、香川県丸亀署は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、高松市の会社員西岡壱成容疑者(20)を逮捕した。逮捕容疑は18日午前2時ごろ、丸亀市内の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機などに火を付けた疑い。自宅に燃え移る前に男性が消し止めた。
 同署によると、西岡容疑者はパナソニックエコソリューションズテクノサービス社(本社・大阪)に勤務。同容疑者が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、修理しても直らないことから、男性がたびたび苦情を入れていた。18日に謝罪とともに、新品と交換する予定になっていたが、前日17日になっても交換の準備ができていなかったという。
 同容疑者は「家が燃えたらクレームどころじゃないと思って火を付けた」と供述、容疑を認めている。捜査関係者は「家人が(出火に)気付いたのでボヤで済んだものの、夜中だったので、もし寝ていたら大変なことになっていただろう」と語った。


2016年2月23日 パナソニック子会社社員 交換用の製品用意できず客の家に放火 スポニチ 2016年2月23日 05:30

 交換する約束をしていた製品を用意できず、うやむやにするため客の自宅に火を付けようとしたとして、香川県警丸亀署は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、パナソニックエコソリューションズテクノサービス社員(20)=高松市高松町=を逮捕した。
 逮捕容疑は、18日午前2時ごろ、丸亀市郡家町の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機などに火を付けた疑い。
 社員が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、修理しても直らないことから男性が社員の上司に相談。上司は修理の不備を認め、新品との交換を約束した。
 社員は、18日に交換すると約束していたが、代替品を用意できなかった。「家が燃えたら食器洗浄機どころじゃなくなると思った」と供述している。
 同日午前中、社員は上司と男性宅を訪れ、代替品について「用意していたけれど盗まれてしまった」と説明した。
 火は自宅に燃え移る前に男性が消し止めた。竹垣から灯油成分が検出され、トラブルとなっていた社員が浮上した。


2016年2月22日 <放火未遂容疑>苦情が嫌だった…逮捕のサービスマン 毎日新聞 2016年2月22日 18:20

 食器洗い乾燥機の修理を巡って苦情を言った客の家の竹垣などに火をつけたとして、香川県警丸亀署は22日、パナソニックの子会社「パナソニックエコソリューションズテクノサービス」社員、西岡壱成容疑者(20)=高松市高松町=を現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕した。「苦情が嫌だった。火事になれば苦情どころではなくなると思った」と容疑を認めているという。
 容疑は18日午前2時ごろ、同県丸亀市の客の男性(64)方敷地内の竹垣やエアコン室外機、ベンチに油をまいて火を付け、家を燃やそうとしたとしている。男性が気付いて家族で消火し、家には延焼しなかった。
 同署によると、男性は2年前に購入した食洗機の修理を昨年末に同社に依頼。西岡容疑者が数回修理したが「直っていない」との苦情を受けていた。事件当日に上司と新品を設置しに行く予定だったが、準備していなかったという。
 現場に火の気がなく、油の成分が検出されたことから、同署が放火の可能性があるとみて捜査していた。


2016年2月22日 パナソニック関連会社20歳社員が放火未遂 クレーム隠ぺいか? スポーツ報知 2016年2月22日 17:46

 勤務先の会社に修理の依頼をした個人客の自宅に火を付けようとしたとして、香川県警丸亀署は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、パナソニックエコソリューションズテクノサービス社員・西岡壱成容疑者(20)を逮捕した。西岡容疑者は「家が燃えたらクレームどころじゃないと思って火を付けた」と供述している。
 逮捕容疑は、18日午前2時ごろ、丸亀市郡家町の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機、ベンチに火を付けた疑い。トイレで目を覚ました男性が竹垣などの燃焼する音を聞き、自宅に燃え移る前に家族全員で消し止めたという。
 同署捜査幹部によると、西岡容疑者が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、昨年12月から今年2月まで3回壊れ、男性が修理を依頼していた。18日午前中、代替品を持って上司と謝罪に訪れる予定だったが、準備をしておらず、代替品を用意できなかった。その後、男性宅に火を付けようとした。竹垣から灯油の成分が検出され、トラブルとなっていた西岡容疑者が捜査で浮上した。


2016年2月22日 “食器洗い機”にクレーム受け、修理の男が放火未遂 テレ朝 2016/02/22 13:40

 高松市にあるパナソニックの関連会社の社員が商品についてのクレームを言ってきた顧客の男性の家に放火しようとしたとして逮捕されました。
 高松市にあるパナソニックの関連の電器製品修理会社の社員・西岡壱成容疑者(20)は今月18日午前2時ごろ、香川県丸亀市で64歳の男性の住宅にある竹垣などに灯油をまき、火を付けた疑いが持たれています。火は男性が気付いて消し止められましたが、竹垣とエアコンの室外機などが焼けました。男性にけがはありませんでした。西岡容疑者は男性から食器洗い機についてクレームを受けていて、事件当日の午前中に上司と一緒に新しい食器洗い機を持って謝りにいく予定でした。しかし、製品を用意できていなかったということです。警察の調べに対して、西岡容疑者は「火事になれば謝りにいくどころではなくなると思った」と容疑を認めています。


2016年2月22日 苦情の顧客宅に放火未遂 パナソニック子会社の社員 日刊スポーツ 2016年2月22日12時42分

 勤務先の会社に苦情を入れた個人客の自宅に火を付けようとしたとして、香川県警丸亀署は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、パナソニックエコソリューションズテクノサービス社員、西岡壱成容疑者(20)を逮捕した。
 逮捕容疑は、18日午前2時ごろ、丸亀市郡家町の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機などに火を付けた疑い。自宅に燃え移る前に男性が消し止めた。
 同署によると、西岡容疑者が設置した食器洗い乾燥機が原因でトラブルになっていた。


2016年2月22日 苦情の顧客宅に放火未遂容疑、パナソニック子会社の男逮捕 産経WEST 2016.2.22 11:50

 勤務先の会社に苦情を入れた、個人客の自宅に火を付けたとして、香川県警は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、パナソニックエコソリューションズテクノサービス社員、西岡壱成容疑者(20)=高松市高松町=を逮捕した。
 同署によると、西岡容疑者は容疑を認め「家が燃えたらクレームどころじゃないと思って火を付けた」と供述しているという。 
 逮捕容疑は、18日午前2時ごろ、丸亀市の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機などに火を付けたとしている。自宅に燃え移る前に男性が消し止めた。
 同署によると、西岡容疑者が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、修理しても直らないことから男性がたびたび苦情を入れていた。18日午前中、代替品を持って上司と謝罪に訪れる予定だったが、用意できなかったという。竹垣から灯油成分が検出され、トラブルとなっていた西岡容疑者が浮上した。


ページTOP
ページTOP
ページTOP