ホーム > ニュース > 東京サマーランド 切りつけ事件 18~24歳 女性 9人 尻など負傷
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

東京サマーランド 切りつけ事件 18~24歳 女性 9人 尻など負傷


東京サマーランド 切りつけ事件 18~24歳 女性 9人 尻など負傷 2016年8月21日



東京都あきる野市の遊園地「東京サマーランド」で、2016年8月21日午後1時20分頃、切りつけ事件が発生、警備員から、「プールで遊んでいた女性が切られた」と 110番があり、18~24歳の女性 8人(その後負傷者は、9人となっています)が尻などを切られており、病院に運ばれました

いずれも軽傷ということですが、警視庁福生署は、何者かが女性客を狙い、刃物のようなもので切りつけた傷害容疑として捜査しています


事件があったのは、 1時間に 1回、人工的に波が起きる 「コバルトビーチプール」 と呼ばれる屋内プール(全長 60メートル、幅 22メートル、最深部 1.2メートル)で、午後 1時頃に波を起こした 約 20分後に女性 2人が負傷しているとの通報があり、6午後 2時頃に波を起こした後も、新たに 6人が被害を訴えました

いずれも水着の上から尻などをカミソリのような刃物で切られたとみられ、約 10センチにわたる傷を負った女性もいます


東京サマーランドは、事件当日(2016年8月21日)、約 1万3000人が訪れ、プールは利用者同士が密着するほど混雑しており、午後 3時台から波を起こすのを取りやめ、警視庁福生署がプールから出る客の手荷物検査を実施しましたが、不審物は発見できなかったということで、防犯カメラを解析するなど容疑者の割り出しを進めています


被害を受けた女性の一人は、警視庁福生署の調べに、「プールでチクッとした。尻を切られていた」と話したといい、友人 2人が負傷したという埼玉県の女性(23)によると、4人で遊泳していたところ、2人が突然「痛い」と叫び、水着が切れて尻から出血、手当てを受けました

女性は「プールは混雑して身動きが取れないような状況だった。自分がやられていたかもと思うと怖い」とショックを受けているとのことです


来園していた東京都世田谷区の大学生の女性(21)は「プールサイドでビキニ姿の女性が尻を押さえ、泣いていた」と話し、家族で遊びに来ていた八王子市の男性会社員は、「女性客数人がキャーと悲鳴をあげていた。監視員がバスタオルで女性を覆い、救護室に連れて行った」と語っています


東京サマーランドは、同園のホームページによると、1967年にレジャーランドとしてオープン、屋内 ・ 屋外プールの他に宿泊施設などもあり、年間 約 100万人が来園するとのことです



東京サマーランド 痴漢続発 警察要請 入場制限 無視 切りつけ事件後もそのまま営業


東京サマーランドでは、これまで痴漢被害が続発しており、今シーズン前から 警視庁福生署から 入場制限するよう要請されていたにも関わらず これを無視、今回の切りつけ事件後も、そのまま営業入園客に何も知らせずに営業を続けたため、被害者を拡大させており、東京サマーランドの対応に批判が高まっています

  東京サマーランド 痴漢続発 警察要請 入場制限 サマーランドは無視




東京サマーランド 切りつけ 防犯カメラに 不審な少年十数人 2016年11月19日



東京都あきる野市のレジャー施設「東京サマーランド」で、2016年8月21日、女性 9人が刃物のようなもので切りつけられた事件で、事件前後の園内の防犯カメラに、不審な少年が十数人写っていたことが分かり、女性を狙った連続切りつけ事件は、少年グループによる犯行の可能性が浮上、警視庁は画像の解析を行い、特定を進めています

捜査関係者によると、事件発生時、被害女性らはそれぞれプール内の別の場所にいたにもかかわらず、ほぼ同時刻に被害にあっているため、警視庁は複数人による犯行の可能性を視野に捜査、防犯カメラの映像を解析から、被害女性の近くで、10代とみられる同一グループの少年が不自然な動きをしている様子が写っており、女性はその直後、水着を切られるなどしたということです


同園は事件後、臨時休業を余儀なくされたほか、事件現場となった人工の波が出るプールは一度に入れる入場者数を最大 650人に制限して営業、被害総額は数億円に上るとみられ、担当者は「損害賠償請求も視野に入れている」と話しています

事件は2016年8月21日午後 1時20分頃と同 2時ごろの2回、屋内の「コバルトビーチ」と呼ばれるプールで発生、プールでは毎時 約 3分間、70センチほどの高さの人工の波が出るのに合わせ、1時台に 3人、2時台に 6人の女性が尻などを刃物で切られました

傷の幅は最も長い人で 約 10センチ、いずれも水着ごと切られ軽傷を負っています

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ニュース > 東京サマーランド 切りつけ事件 18~24歳 女性 9人 尻など負傷
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

出来事一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年11月19日

サマーランド切りつけ、少年グループの犯行か 不審な少年十数人、防犯カメラに写る 産経新聞 2016年11月19日 13:49


 東京都あきる野市のレジャー施設「東京サマーランド」で今年8月、女性9人が刃物のようなもので切りつけられた事件で、事件前後の園内の防犯カメラに、不審な少年が十数人写っていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。女性を狙った連続切りつけ事件は少年グループによる犯行の可能性が浮上した。警視庁は画像の解析を行い、特定を進めている。
 捜査関係者によると事件発生時、被害女性らはそれぞれプール内の別の場所にいたにもかかわらず、ほぼ同時刻に被害にあっていた。このため、警視庁は複数人による犯行の可能性を視野に捜査。防犯カメラの映像を解析した結果、被害女性らの周辺に、10代とみられる同一グループの少年が写っていたことが判明したという。
 同園は事件後、臨時休業を余儀なくされたほか、事件現場となった人工の波が出るプールは一度に入れる入場者数を最大650人に制限していた。被害総額は数億円に上るとみられ、担当者は「損害賠償請求も視野に入れている」と話している。

サマーランド切りつけ、少年グループの犯行か 不審な少年十数人、防犯カメラに写る 産経新聞 2016年11月19日 13:49 」 より


2016年11月19日

防犯カメラに不審な少年ら=プールで女性9人被害―警視庁 時事通信 2016年11月19日 12:30


 東京都あきる野市のレジャー施設「東京サマーランド」のプールで8月、女性客9人が連続して切り付けられた傷害事件で、防犯カメラに不審な行動をする少年グループの姿が映っていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は少年グループが事件に関与した疑いがあるとみて、慎重に捜査を進める。
 捜査関係者によると、事件があったプールの防犯カメラの映像を解析したところ、少年らは被害に遭った女性の近くで不自然な動きをしていた。女性はその直後、水着を切られるなどした。少年らのグループは以前もサマーランドに遊びに来たことがあるという。

防犯カメラに不審な少年ら=プールで女性9人被害―警視庁 時事通信 2016年11月19日 12:30 」 より


2016年8月23日

女性客切り付け事件のプール休園 毎日新聞 2016年8月23日 10:47


 プールの女性客9人が何者かに切り付けられ負傷する事件があった東京都あきる野市の遊園地「東京サマーランド」は23日、休園した。再発防止策を検討中で、安全管理体制が整うまで休園するという。事件翌日の22日は台風のため休園していた。
 屋外プールは9月末まで、屋内プールは11月末まで営業する予定だった。チケット購入者については返金手続きに応じるという。

女性客切り付け事件のプール休園 毎日新聞 2016年8月23日 10:47 」 より


2016年8月22日

痴漢続発だったサマーランド、警察要請した入場制限せず 朝日新聞 2016年8月22日11時31分


 東京都あきる野市のテーマパーク「東京サマーランド」のプールで21日、女性客らが切りつけられた事件で、警視庁が事件前、波が出る時間帯の現場のプールへの入場制限を実施するよう、サマーランドに申し入れていたことが捜査関係者への取材で分かった。痴漢被害を防ぐために混雑を減らす目的だったが、事前の対応はなかったという。
 女性客が切りつけられたのは、「コバルトビーチ」と呼ばれる屋内プールで、1時間おきに人工的な波が出る約3分間のタイミングだった。これまでも、波が出る間にプール内での痴漢被害が相次いでいたため、福生署はシーズン前、この時間帯の入場制限を要請していたという。
 しかし、サマーランド側は警備員の増員や防犯カメラの設置などの対応のみで、入場者の人数制限は行っていなかった。21日の入園者数は約1万4千人で、今年4番目に多かった。事件当時、波が出る時間帯のプール内は満員電車のような人混みだったという。

痴漢続発だったサマーランド、警察要請した入場制限せず 朝日新聞 2016年8月22日11時31分 」 より


2016年8月21日

切りつけ:女性8人軽傷 東京サマーランドのプールで 毎日新聞 2016年8月21日 17時24分


 21日午後1時20分ごろ、東京都あきる野市の遊園地「東京サマーランド」の警備員から、「プールで遊んでいた女性が切られた」と110番があった。警視庁福生署によると、18〜24歳の女性8人が尻などを負傷し病院に運ばれた。いずれも軽傷という。同署は何者かが女性客を狙い、刃物のようなもので切りつけたとみて傷害容疑で捜査している。
 同署や同園によると、事件があったのは「コバルトビーチプール」と呼ばれる屋内プール(全長60メートル、幅22メートル、最深部1.2メートル)。
 同プールは1時間に1回、人工的に波を起こしている。午後1時ごろに波を起こした約20分後に女性2人が負傷しているとの通報があった。午後2時ごろに波を起こした後も、6人が被害を訴えた。いずれも水着の上から尻などをカミソリのような刃物で切られたとみられ、約10センチにわたる傷を負った女性もいるという。
 同園は午後3時台から波を起こすのを取りやめ、同署はプールから出る客の手荷物検査を実施した。防犯カメラを解析するなど容疑者の割り出しを進めている。

切りつけ:女性8人軽傷 東京サマーランドのプールで 毎日新聞 2016年8月21日 17時24分 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP