ホーム > ネット > .htaccess 使い方 サイトの閉鎖 一時休止等 特定ページ表示
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

.htaccess 使い方 サイトの閉鎖 一時休止等 特定ページ表示


.htaccess 使い方 サイトの閉鎖 一時休止等 特定ページ表示



「404 Not Found エラー」に代表されるように、IE(Internet Explorer)等のブラウザで、インターネット上の Web サイトを閲覧しようとした際、特定のエラー発生時に、そのエラー内容に対応したエラーコード(HTTPステータスコード)ページがブラウザに表示されます

デフォルトでは、単にエラーコード(HTTPステータスコード)、簡単なエラー内容(意味)が表示されるだけですが、「.htaccess」ファイルを利用すると、特定のページを表示することができます


例えば、「404 Not Found エラー」の際は、多くは、閲覧者が URL を打ち間違えたか、サイト側でお引越しなどにより URL が変更されているような場合ですので、そのまま「そんなページはありません」と言っておしまいでは、あまりに不親切というもので、例えば、代わりに、サイトのホームページ(トップページ)とか目次ページ、あるいは、サイトマップを表示してあげる方が、お互いの得というものでしょう




代表的な エラーコード(HTTPステータスコード) と その意味



エラーコード 意味
401 Unauthorized 認証が必要
403 Forbidden アクセス拒否
404 Not Found ページが見つからない
500 Internal Server Error サーバ内部エラー
503 Service Unavailable サービス利用不可
(過負荷やメンテナンス等の為利用不可)




「.htaccess」ファイル 記述内容 (HTTPステータスエラー時 リダイレクト)



記述場所
.htaccess
構文
ErrorDocument (エラーコード) (HTMLファイルの絶対パス(ルートからのパス))
記述例
ErrorDocument 403 /err/err_403.html
ErrorDocument 404 /index.html
説明
ErrorDocument (エラーコード) (HTMLファイルの絶対パス(ルートからのパス))
「エラーコード 」(HTTPステータスコード)と、表示したいページの「HTMLファイルの絶対パス(ルートからのパス)」(「/err/err_403.html」「/index.html」等)を、半角スペースで区切って記述します

※.IEでは、独自エラーページ(HTMLファイル)のHTML構文等を含んだファイルサイズが、512バイト(=0.5KB)を下回っていると、IE内部のエラー画面が優先されて表示されますので、ファイルサイズが、512バイト(=0.5KB)を超えるようにしておく必要があります
(改行コード)
最終行は必ず改行し、改行コードのみの空行とします




「HTTPステータスコード」 (エラーコード等) と その意味



HTTPステータスコードは、HTTPにおいて、HTTPリクエストに対する Webサーバからのレスポンス(結果)の意味を表現する 3桁の数字からなるコードで、各種の正常系、異常系、それぞれのHTTPリクエストに対する応答が、RFC 2616、RFC 7231等によって定められています


「HTTPステータスコード」 (エラーコード等) と その意味については、
.htaccess 使い方 「HTTPステータスコード」 (エラーコード等) と その意味 一覧 」 をご参照下さい
(別タブ(ウィンドウ)が開きます)

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ネット > .htaccess 使い方 サイトの閉鎖 一時休止等 特定ページ表示
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


Not Foundなど エラーページの変更(カスタマイズ)方法 [ホームページ作成] All About
HTTPステータスコード - Wikipedia

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP