ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 U-125A 救難捜索機
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

航空自衛隊 U-125A 救難捜索機


航空自衛隊 U-125A 救難捜索機



航空自衛隊 U-125A 救難捜索機 写真画像

主要装備 U-125A|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 」 より

捜索レーダーや援助物資投下機構などの装備で遭難者を救援します



U-125Aは、救難捜索機 MU-2 の後継機の位置付けで、MU-2に比べ、性能、能力ともに一段と向上しています



捜索レーダー、赤外線暗視装置の装備による捜索能力の向上、さらに援助物資投下機構を装備したことによって、遭難者に対する延命も含めた援助能力が向上したことが特徴です

近年は、作戦機の行動範囲が広がっており、それに対応した救難能力の強化を図ることができ、初号機は1995年(平成7年)、航空自衛隊に納入されました




航空自衛隊 U-125A 救難捜索機 主要諸元



主要スペック
分類 救難捜索機 乗員 4人
全幅 15.66m 全長 15.60m 全高 5.36m
エンジン
搭載数 2基 名称 TFE731-5R-1H
性能
最大速度 マッハ約0.78 航続距離 約2,000km

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 U-125A 救難捜索機
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


主要装備 U-125A|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
航空自衛隊 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP