ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 T-7 初等練習機
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

航空自衛隊 T-7 初等練習機


航空自衛隊 T-7 初等練習機



航空自衛隊 T-7 初等練習機 写真画像

主要装備 T-7|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 」 より

新初等練習機、性能向上、騒音低減が図られています



T-7 初等練習機は、T-3の後継機として、2000年度(平成12年度)に選定された新初等練習機で、特徴は、ターボプロップ ・ エンジン搭載による性能向上と騒音低減が図られていること、さらに冷房装置搭載とコックピットの居住性の向上が実現しています

2000年度(平成12年度)に 2機を取得して以降、2008年度(平成20年度)までに 49機取得されています




航空自衛隊 T-7 初等練習機 主要諸元



主要スペック
分類 初等練習機 乗員 2人
全幅 10.04m 全長 8.59m 全高 2.96m
エンジン
搭載数 1基 名称 250-B17F
性能
最大速度 約203kt 航続距離 約950km

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 T-7 初等練習機
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


主要装備 T-7|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
航空自衛隊 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP