ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 F-2A / B 日米共同開発 支援戦闘機
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

航空自衛隊 F-2A / B 日米共同開発 支援戦闘機


航空自衛隊 F-2A / B 日米共同開発 支援戦闘機



航空自衛隊 F-2A / B 日米共同開発 支援戦闘機 写真画像

主要装備 F-2A-B|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 」 より

日米の先進の技術を結集して生まれました



航空自衛隊 F-2A / Bは、米国戦闘機 F-16を、日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し日米共同で改造開発した支援戦闘機です


1988年(昭和63年) FS-Xとして開発に着手
1995年(平成7年) 初飛行
2000年度(平成12年度) 開発完了


F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のため主翼面積を増やし、軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと、および、離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、さらに最新レーダーなど、先進の電子機器を採用しています




航空自衛隊 F-2A / B 日米共同開発 支援戦闘機 主要諸元



主要スペック
分類 戦闘機 乗員 1人/2人
全幅 11.1m 全長 15.5m 全高 5.0m
エンジン
搭載数 1基 名称 F110-GE-129
性能
最大速度 マッハ約2.0
武装 20mm機関砲 空対空レーダーミサイル 空対空赤外線ミサイル 空対艦ミサイル

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 F-2A / B 日米共同開発 支援戦闘機
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


主要装備 F-2A-B|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
航空自衛隊 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP