ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 E-767 早期警戒管制機
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

航空自衛隊 E-767 早期警戒管制機


航空自衛隊 E-767 早期警戒管制機



航空自衛隊 E-767 早期警戒管制機 写真画像

主要装備 E-767|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 」 より

優れた飛行性能と高高度で長時間の警戒監視能力を持っています



E-767 は、B-767をベースに、警戒管制システムを搭載した新型の早期警戒管制機です

速度性能に優れ、航続時間が長いので、遠隔地まで飛行して長時間の警戒が可能です

さらに高高度での警戒もできるので見通し距離が長いなど、優れた飛行性能と警戒監視能力を持っています

主な装備は、3次元方式の捜索用レーダー、味方識別装置、通信装置、航法装置、コンピュータ、状況表示装置などで、2000年(平成12年)から運用を開始しています





航空自衛隊 E-767 早期警戒管制機 主要諸元



主要スペック
分類 早期警戒管制機 乗員 約20人
全幅 約48.0m 全長 約49.0m 全高 約16.0m
エンジン
搭載数 2基 名称 CF6-80C2
性能
最大速度 約450kt 航続距離 約9,000km

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 自衛隊 > 航空 > 航空自衛隊 E-767 早期警戒管制機
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


主要装備 E-767|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
航空自衛隊 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP