ホーム > 自衛隊 > 航空 > 先進技術実証機 X-2 (ATD-X) 「心神(しんしん)」
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

先進技術実証機 X-2 (ATD-X) 初期コードネーム 「心神(しんしん)」


先進技術実証機 X-2 (ATD-X) 初飛行 2016年4月22日



先進技術実証機 X-2 (ATD-X)は、2016年4月22日、愛知県営名古屋空港の滑走路から離陸、高度 3000メートルまで上昇、約 25分間の初飛行に成功しました




先進技術実証機 X-2 (ATD-X) 公開 2016年1月28日



防衛装備庁は、2016年1月28日、国産初のステルス機となる「先進技術実証機 X-2」を、三菱重工業小牧南工場(愛知県)で公開しました


防衛省は、日本独自の技術を生かした戦闘機開発を目指しており、実証機は、2016年2月に初飛行を予定、有人ステルス機の飛行に成功すれば、米国、ロシア、中国に次いで4カ国目になるということです


実証機の型式は 「X2」、日米で共同開発した F2戦闘機が 2030年ごろから退役するのに備え、X2の技術を生かした後継機を、国産開発とするか、国際共同開発とするかを 2018年度までに判断するとしています




先進技術実証機 X-2 (ATD-X) 2016年2月初飛行予定 2015年12月.27日



国産のステルス戦闘機開発に向け、三菱重工業などが製造している先進技術実証機 (ATD-X)は、2016年1月末、各機能試験が行われている愛知県豊山町にある三菱重工の工場で地上滑走試験を開始、2016年2月に同工場に隣接する愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)から航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)まで初飛行する計画です


2016年3月から実証機を引き受ける防衛装備庁は、2016年度以降、飛行試験を行い、レーダーへの映りにくさや機動性などのデータを蓄積、その後、次期戦闘機(F3)を純国産開発にするか、国際共同開発にするか判断されます


実証機は当初、2015年3月までに防衛省へ納入される予定でしたが、エンジンや操縦系統でさらに検証が必要になり、2016年3月末まで納入期限を延長し、機体の作動確認を進めていました




先進技術実証機 X-2 (ATD-X) 初期コードネーム 「心神(しんしん)」 とは



先進技術実証機 X-2 (ATD-X Advanced Technological Demonstrator-X)は、国産技術で、ステルス戦闘機(F3)の開発が可能かを検証するための機体で、防衛省技術研究本部(技本)が三菱重工業を主契約企業として、2009年(平成21年)度に開発に着手、飛行試験を通じてステルス技術や高度な姿勢制御技術などを検証します


先進技術実証機 X-2 (ATD-X)は、全長 14.2メートル、全幅 9.1メートル、全高 4.5メートルで、機体は三菱重工業、主翼と尾翼は富士重工業、操縦席周辺は川崎重工業が、2基装備されているアフターバーナーを備えた国産初のエンジン、XF5-1は、IHIが製造、レーダーに映りにくい炭素繊維の電波吸収材を使用しており、ステルス性能を備え、小型で高出力なエンジンやジェット噴流の向きを変える装置を使った機動性の高さを特長とします


国産エンジン XF5-1は、「実証エンジン」という位置付けの為、推力は1基当たりおよそ 5トンで、F22戦闘機に搭載されているプラット&ホイットニー F119の 16トン、F35戦闘機のプラット&ホイットニー F135の 18.1トンに比べ 3分の1以下程度の性能ですが、F22の最大離陸重量 38トン、F35Aの最大離陸重量 31.8トンを考えると、X-2 は、最大離陸重量が 13トン程度、XF5-1エンジン自体の重さも 644キロなので、軽量コンパクトに作られていることが分かります


先進技術実証機 X-2 (ATD-X)は、地上試験用と飛行試験用が各 1機あり、合計の開発経費は約 392億円、当初、2014年度内を予定していた飛行試験は、スロットルの不具合で 2015年夏に延期されたものの、F3の開発スケジュールに支障はないとのことです


先進技術実証機 X-2 (ATD-X)は、技術実証機の為小型で、火器も積んでいないのに対し、日米共同開発戦闘機 F2 の後継となる F3は強力なエンジンを搭載して大型化、機体デザインも全く別物となる見込みです


プロジェクト初期には、部内で、富士山を意味する「心神(しんしん)」と呼ばれていましたが、2015年3月現在、心神という名称はプロジェクトでは公式、非公式ともに使用されていません

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 自衛隊 > 航空 > 先進技術実証機 X-2 (ATD-X) 「心神(しんしん)」
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


航空自衛隊 公式サイト
航空自衛隊 利用規約 (商用利用可)
政府、国産ステルス戦闘機「F3」開発へ 戦後初、エンジン製造にめど (5-5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
先進技術実証機 (航空機) - Wikipedia

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年4月22日

飛べ!国産ステルス戦闘機 時事ドットコム 2016年4月22日


試験機X2が初飛行
 防衛省が開発を進めている純国産ジェット戦闘機の試験機X2が2016年4月22日に初飛行した。機体だけでなくジェットエンジンも国産化した戦闘機は戦後初で、同省は今後、テスト飛行を重ねながら性能評価を実施。その結果を基にレーダーや熱センサーに捉えられにくいステルス性能を持つ超音速戦闘機の国産化を目指す。
 航空自衛隊は戦後、米国製の機体を主力戦闘機として導入してきた。16年度中に配備が始まる予定の次期主力戦闘機も米ロッキード・マーチン社製のステルス機F35Aだが、同省はその先を見据え、機体・エンジンの国産を前提とした「将来戦闘機」構想を既にまとめている。X2は「先進技術実証機(ATD-X)」として開発が進められてきた機体で、16年1月にX2という型式名称を与えられた。同省はその性能評価を通じ、将来戦闘機構想のベースとなる技術の開発を進める計画だ。

飛べ!国産ステルス戦闘機 時事ドットコム 2016年4月22日 」 より


2016年1月28日

国産初のステルス実証機「X―2」を初公開 読売新聞 2016年1月28日 21:00


 防衛装備庁は28日、敵のレーダーに探知されにくいステルス性能を備える国産初の先進技術実証機を、三菱重工業の小牧南工場(愛知県豊山町)で初めて公開した。
 実証機は全長約14メートル、全幅約9メートルで、型式は「X―2」。電波を反射・吸収するステルス性能のほか、エンジン噴射の向きを変えることで、高い機動性を可能にしたという。約400億円の開発費をかけ、防衛省が三菱重工やIHIなどとともに研究開発を進めてきた。
 初飛行は2月中旬以降を予定している。その後、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)を拠点に飛行実験を行ったうえで、2018年度までに後継機を国産とするか、国際共同開発とするか決める方針。

国産初のステルス実証機「X―2」を初公開 読売新聞 2016年1月28日 21:00 」 より


2016年1月28日

国産初のステルス実証機「X―2」を初公開 読売新聞 2016年1月28日 21:00


 防衛装備庁は28日、敵のレーダーに探知されにくいステルス性能を備える国産初の先進技術実証機を、三菱重工業の小牧南工場(愛知県豊山町)で初めて公開した。
 実証機は全長約14メートル、全幅約9メートルで、型式は「X―2」。電波を反射・吸収するステルス性能のほか、エンジン噴射の向きを変えることで、高い機動性を可能にしたという。約400億円の開発費をかけ、防衛省が三菱重工やIHIなどとともに研究開発を進めてきた。
 初飛行は2月中旬以降を予定している。その後、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)を拠点に飛行実験を行ったうえで、2018年度までに後継機を国産とするか、国際共同開発とするか決める方針。

国産初のステルス実証機「X―2」を初公開 読売新聞 2016年1月28日 21:00 」 より


2016年1月28日

国産初のステルス実証機公開 2月、初飛行へ 防衛省 朝日新聞 2016年1月28日 18:08


 防衛装備庁は28日、国産初のステルス機「先進技術実証機」を、三菱重工業小牧南工場(愛知県)で公開した。防衛省は日本独自の技術を生かした戦闘機開発を目指しており、実証機は2月に初飛行を予定している。有人ステルス機の飛行に成功すれば、米国、ロシア、中国に次いで4カ国目になるという。
 実証機の型式は「X2」。日米で共同開発したF2戦闘機が2030年ごろから退役するのに備え、X2の技術を生かした後継機を開発できるかどうかを18年度までに判断する。最新技術を詰め込んだ戦闘機は経費が高騰していて、開発する場合は国際共同開発の形が有力だが、日本は欧米をしのぐ先進的な技術を示し、開発の主導権を狙いたい考えだ。

国産初のステルス実証機公開 2月、初飛行へ 防衛省 朝日新聞 2016年1月28日 18:08 」 より


2016年1月13日

国産初ステルス実証機、2月に初飛行 朝日新聞 1月13日(水)17時39分


 防衛省は、次世代戦闘機開発に向けた国産初のステルス実証機を、2月、国内で初飛行させる。実証機の技術を生かし、航空自衛隊に現在配備しているF2戦闘機の後継機の開発を進め、2028年度以降の部隊配備を目指す。
 実証機は全長約14メートル、全幅約9メートルで実際の戦闘機よりひと回り小さい。機体は三菱重工業、エンジンはIHIが製造した。開発は09年度から始まり、開発費は約394億円。レーダーに映りにくいステルス性を備える航空機の飛行が成功すれば、米国、ロシア、中国に続くという。
 今月末の地上滑走試験を経て、2月には愛知県営名古屋空港(同県豊山町)から空自岐阜基地(岐阜県各務原市)まで初飛行させる。3月に実証機を引き受ける防衛装備庁は16年度に飛行試験を行い、レーダーへの映りにくさや機動性などのデータを蓄積する。その後、次期戦闘機を純国産にするか、国際共同開発・生産にするか判断し、設計・製造に進む。

国産初ステルス実証機、2月に初飛行 朝日新聞 1月13日(水)17時39分 」 より


2015年12月27日

国産ステルス実証機初飛行へ 来年2月にも 産経ニュース 2015.12.27 16:46


 国産初のステルス戦闘機開発に向け、防衛省の発注を受け三菱重工業などが製造している試作機「先進技術実証機」の初飛行が来年2月にも行われる見通しであることが27日、防衛省関係者への取材で分かった。
 実証機は当初、ことし3月までに防衛省へ納入される予定だったが、エンジンや操縦系統でさらに検証が必要になり、来年3月末まで納入期限を延長し、機体の作動確認を進めていた。
 関係者によると、初飛行に先立つ来年1月末、各機能試験が行われている愛知県豊山町にある三菱重工の工場で地上滑走試験を実施。その後、地上での試験を継続し、2月に同工場から航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)まで飛行する計画だという。

国産ステルス実証機初飛行へ 来年2月にも 産経ニュース 2015.12.27 16:46 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP