ホーム > ロケット > JAXA イプシロンロケット 試験機 惑星分光観測衛星 ひさき 打ち上げ
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

JAXA イプシロンロケット 試験機 惑星分光観測衛星 ひさき 打ち上げ


JAXA イプシロンロケット 試験機 惑星分光観測衛星 ひさき (SPRINT-A) 打ち上げ



イプシロンロケット試験機は、2013年(平成25)年9月14日14時00分00秒(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所より打ち上げられ、リフトオフ(打ち上げ)から 61分39秒後に、惑星分光観測衛星 「ひさき」(SPRINT-A) を目的の軌道に投入し、イプシロンロケットの飛行実証に成功しました


イプシロンロケット試験機<br>

写真は、イプシロンロケット試験機
JAXAデジタルアーカイブス

打上げロケット イプシロンロケット試験機
打上げ日 2013年(平成25年)9月14日
打上げ時刻 14時00分00秒(日本標準時)
打上げペイロード 惑星分光観測衛星
ひさき (SPRINT-A)
打上げ時の天候 曇り
東北東の風(8.1m/s)、気温27.2℃
打上げ場所 内之浦宇宙空間観測所


イプシロンロケット試験機 打ち上げシーケンス



イプシロンロケット試験機 打ち上げシーケンス

イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」の打上げ結果について 」 より




イプシロンロケット試験機 飛行高度 ・ 速度 (リフトオフ後秒時-高度、慣性速度)



イプシロンロケット試験機 飛行高度 ・ 速度 (リフトオフ後秒時-高度、慣性速度)

イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」の打上げ結果について 」 より





惑星分光観測衛星 (惑星宇宙望遠鏡) 「ひさき」 (SPRINT-A) とは 2013年9月14日



惑星分光観測衛星(惑星宇宙望遠鏡)「ひさき」(SPRINT-A)は、世界初となる惑星観測専用の宇宙望遠鏡で、約106分で地球を1周、木星プラズマや、火星など地球型惑星から大気が宇宙に逃げ出すメカニズムを調べる予定で、2014年1月以降、ハッブル宇宙望遠鏡などとの協調による木星観測などが計画されています

「ひさき」という愛称は、イプシロンを打ち上げた鹿児島県内之浦の地名「火崎」から名付けました




惑星分光観測衛星 「ひさき」 木星と金星の初観測に成功 2013年11月19日



2013年(平成25年)9月14日に、イプシロンロケット試験機により打ち上げられた「ひさき」は、打上げ後の約2ヶ月間をかけて、軌道上にて,、初期チェックアウト(バス部・ミッション部の機能確認、ミッション部光学系のベーキングや設定など)を順次実施しました


2013年11月19日、極端紫外線分光装置(EUV)による木星と金星の初観測に成功し、それぞれのスペクトルを取得、木星からはオーロラなども検出、天体を追尾する視野ガイドカメラ(FOV)の機能確認等の観測装置も正常に機能し、科学観測ができることを確認しました


今後、定常観測運用に移行し、惑星環境に関する新たな知見を得るべく、科学観測を実施していく予定で、その中で、「ハッブル宇宙望遠鏡」や、国内外の地上の天文台、さらには、X線天文衛星「すざく」などとの協調観測も行いつつ、主として太陽風と惑星環境の関係を解明していく予定です




イプシロンロケット試験機 打上げ中止の経緯と対策・再点検について 2013年12月24日



イプシロンロケット試験機は、当初、2013年8月22日の打ち上げ予定が、信号中継装置の誤配線により延期され、2013年8月27日の打ち上げ予定も、自律点検装置がロケットの姿勢異常を誤検知したため、打ち上げ 19秒前にカウントダウンが中止され、再延期を経て、2013年(平成25)年9月14日に打ち上げられました


イプシロンロケット試験機 打上げ中止の経緯


イプシロンロケット試験機 打上げ中止の経緯

イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」の打上げ結果について 」 より


打上げ時刻の70秒前に自動カウントダウンシーケンスを開始した
打上げ20秒前に地上装置(LCS)からの信号でロケット搭載計算機(OBC)を起動
1秒後にOBCがロケットの姿勢計算を開始した
LCSでは打上げ19秒前から姿勢データの監視を開始したが、LCSでの姿勢監視開始とOBC姿勢計算値の受取りに約0.07秒のずれがあったため、監視開始直後にロール姿勢異常を検知して自動停止した



イプシロンロケット試験機 打上げ中止 対策と水平展開



本事象への対策として、LCSでの姿勢監視をOBCの姿勢計算値受取り後に開始するよう変更した。
今回の事象を踏まえ、監視項目選定の妥当性、正常判定範囲および監視時間について、これまでに得られた最も詳細なデータに基づき、全ての監視項目について再確認した。
さらに、打上げに向けて万全を期すために特別点検チームを設置し、打上管制隊とは独立的に打上げ準備状況の再点検を行った
打上管制隊は確実な打上げに向けて特別点検チームの再点検結果反映を含めた監視項目の見直しや追加試験(シーケンス試験・シーケンス点検)を実施した。最終確認審査(その2)にて特別点検チームにも追加試験結果の確認を受けて打上げに移行した。

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ロケット > JAXA イプシロンロケット 試験機 惑星分光観測衛星 ひさき 打ち上げ
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


 JAXA 宇宙航空研究開発機構 (プレスリリース)
 JAXA イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」の打上げ結果について
 JAXA サイトポリシー 利用規約 (商用利用不可)
 JAXA デジタルアーカイブス
 JAXA デジタルアーカイブス 素材のご使用条件 (個人利用可)
 経済産業省 (Ministry of Economy, Trade and Industry)
 経済産業省 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2013年12月24日

JAXA イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」の打上げ結果について 宇宙航空研究開発機構 平成25年12月24日


本日開催された宇宙開発利用部会において、下記のとおり報告をいたしました。
イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」の打上げ結果について

JAXA イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」の打上げ結果について 宇宙航空研究開発機構 平成25年12月24日 」 より


2013年11月26日

イプシロンで打ち上げ「ひさき」、惑星初観測に成功 定常運用開始へ ITmedia 2013年11月26日 18時39分


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月26日、9月にイプシロンロケットで打ち上げられた惑星分光観測衛星「ひさき」による木星と金星の初観測に成功したと発表した。軌道上での初期の機能確認が終了し、定常観測運用に移る。
 11月19日に極端紫外線分光装置(EUV)で木星と金星を観測し、それぞれのスペクトルを取得した。木星からはオーロラなども検出されている。これに先立ち、天体を追尾する視野ガイドカメラ(FOV)の機能確認も実施した。
 ひさき(SPRINT-A)は世界初となる惑星観測専用の宇宙望遠鏡。約106分で地球を1周する衛星軌道に投入され、木星プラズマや、火星など地球型惑星から大気が宇宙に逃げ出すメカニズムを調べる予定。1月以降、ハッブル宇宙望遠鏡などとの協調による木星観測などが計画されている。愛称は、イプシロンを打ち上げた鹿児島県内之浦の地名「火崎」から付けた。

イプシロンで打ち上げ「ひさき」、惑星初観測に成功 定常運用開始へ ITmedia 2013年11月26日 18時39分 」 より


2013年9月15日

JAXA 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の軌道計算結果及びクリティカル運用期間の終了について 宇宙航空研究開発機構 平成25年9月15日


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の軌道計算を行った結果、以下の表に示す通り、所定軌道に投入されていることを確認しました。
 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)が所定の軌道に投入されたとともに、太陽電池パドル展開、太陽捕捉等の重要なイベントが正常に終了したことから、クリティカル運用期間を終了いたします。
 今後、惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)による惑星観測に不可欠な高精度の姿勢制御機能等の確認を約2か月間かけて行う予定です。
 今回の惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の打上げ及び追跡管制にご協力、ご支援いただきました関係の皆様に深甚の謝意を表します。

JAXA 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の軌道計算結果及びクリティカル運用期間の終了について 宇宙航空研究開発機構 平成25年9月15日 」 より


2013年9月14日

JAXA イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げ結果について 宇宙航空研究開発機構 平成25年9月14日


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成25年9月14日14時00分(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から惑星分光観測衛星(SPRINT-A)を搭載したイプシロンロケット試験機を打上げました。
 ロケットは正常に飛行し、打上げ後約61分39秒にSPRINT-Aを正常に分離したことを確認しました。
 今回のイプシロンロケット試験機打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。
 なお、ロケット打上げ時の天候は曇り、東北東の風(8.1m/s)、気温27.2℃でした。

JAXA イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げ結果について 宇宙航空研究開発機構 平成25年9月14日 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP