ホーム > ロケット > ドニエプルロケット(露) ASNARO (アスナロ) 1 打ち上げ
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

ドニエプルロケット(露) ASNARO (アスナロ) 1 打ち上げ


ドニエプルロケット(露) ASNARO (アスナロ) 1 打ち上げ



2014年11月6日、小型で、高性能な光学センサーを搭載、低コストな地球観測衛星の実現を目指すため開発された、技術実証衛星 「ASNARO (アスナロ) 1」が、ロシアの「ドニエプル」ロケットで打ち上げられました

技術実証衛星「ASNARO(アスナロ)-1」

技術実証衛星「ASNARO(アスナロ)-1」の
打ち上げに成功しました(METI-経済産業省)
」 より


アスナロ1は、NECが製作、高度約500キロで地球を周回し、観測幅10キロで50センチ四方の物体まで識別でき、土地利用状況や被災地の把握など多様な観測ができます

運用は、航空機や人工衛星による空間情報を取得、提供する企業「パスコ」(東京都目黒区)が、経産省から委託を受けて行い、総事業費は約130億円だそうです





技術実証衛星「ASNARO-1」性能概要



○主要搭載機器:地球観測用光学センサ
分解能 0.5m以下
観測幅 10km
○質量: 450kg


出典:技術実証衛星「ASNARO(アスナロ)-1」の打ち上げに成功しました(METI-経済産業省)





相乗り小型衛星


ほどよし1号、ChubuSat-1、TSUBAME、QSAT-EOS




ドニエプルロケット 打ち上げ能力



ドニエプル(ドニプロー Dnipro) ロケットは、ロシアの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を人工衛星打上げ用に転用した3段式液体ロケットで、2013年時点の打ち上げ費用は、約3,000万ドル(30億円)、300km上空の低軌道へ、3,600kgのペイロードを、50.6度の軌道傾斜角で、300km上空の太陽同期軌道では、98.0度の軌道傾斜角で、2,300kgのペイロードを打ち上げることができます


代表的軌道 液体3段式
地球周回低軌道(LEO) 3,600kg (300km 傾斜角 50.6度)
太陽同期軌道(SSO) 2,300kg (300km 傾斜角 98.0度)




イプシロンロケット 打ち上げ能力



ちなみに、イプシロンロケットの打ち上げ能力は、下表の通りです

代表的軌道 基本形態 固体3段式 オプション形態 固体3段式+小型液体推進系
地球周回低軌道(LEO) 1200kg (近地点250km x遠地点500km) 700kg (500km 円軌道)
太陽同期軌道(SSO) 450kg (500km 円軌道)


今回打ち上げられた 「ASNARO (アスナロ) 1」 にピッタリの仕様です
今後は、日本のロケット技術、ロケット産業の発展の為にも、国産ロケットの使用を期待したいところです

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ロケット > ドニエプルロケット(露) ASNARO (アスナロ) 1 打ち上げ
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


 JAXA 宇宙航空研究開発機構 (プレスリリース)
 JAXA サイトポリシー 利用規約 (商用利用不可)
 JAXA デジタルアーカイブス
 JAXA デジタルアーカイブス 素材のご使用条件 (個人利用可)
 三菱重工 MHI打上げ輸送サービス
 三菱重工 サイトのご利用条件 (著作権法準拠)
 経済産業省 (Ministry of Economy, Trade and Industry)
 経済産業省 利用規約 (商用利用可)

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2014年11月6日 「アスナロ1」打ち上げ=技術衛星、ロシアから-経産省 時事通信 2014年11月6日(木)22時11分配信

 経済産業省は6日、小型で高性能、低コストな地球観測衛星の実現を目指すため開発した技術実証衛星「ASNARO (アスナロ) 1」が、ロシアから「ドニエプル」ロケットで打ち上げられたと発表した。
 アスナロ1は重さ450キロで、望遠鏡に当たる光学センサーを搭載。高度約500キロで地球を周回し、観測幅10キロで50センチ四方の物体まで識別できる。土地利用状況や被災地の把握など多様な観測ができる。


2014年11月6日 技術実証衛星「ASNARO(アスナロ)-1」の打ち上げに成功しました (METI-経済産業省)

経済産業省は、技術実証衛星「ASNARO-1(Advanced Satellite with New system Architecture for Observation)」をロシアでの打ち上げに成功しました。
経済産業省は、我が国宇宙産業の国際競争力強化のため、高性能かつ小型で低コストな人工衛星の実現を目指し、研究開発を進めてきました。
今般、その技術実証衛星「ASNARO-1」の打ち上げに成功しました。
11月6日(木)16時35分(日本標準時):ロシア・ヤスニ射場からドニエプルロケットにより打ち上げ
16時53分(日本標準時):人工衛星からの信号を受信
今後、太陽電池パドルの展開や姿勢の調整等を行った後、各種の技術実証・評価を実施していく予定です。


ページTOP
ページTOP
ページTOP