ホーム > IT > Windows 7 コントロールパネル プログラムと機能 手動削除方法
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

Windows 7 グループポリシーエディタ 解析中にエラーが発生しました


Windows 7 コントロールパネル プログラムと機能 手動削除方法



通常、不要となったアプリケーション(プログラム)は、Windows 「コントロールパネル」の「プログラムと機能」から、そのプログラムをクリック選択し、メニューから「アンインストール」をクリックすることによって、アンインストール(削除)されます

が、中には、自分が削除されるなんてありえない~~~とでも思っているのか、自身のアンインストールが考慮されていないプログラムも存在します


例えば、「SQL Server 2008 の Service Pack 3 (KB2546951) (64-bit)」では、「アンインストール」をクリックすると、タイトルは、「SQL Server 2008 Service Pack 3 のアンインストール」という画面が開きますが、実態は、他の「インスタンス」の削除機能しかなく、「SQL Server 2008 Service Pack 3」 自身を「アンインストール」する機能は提供されていません

このようなプログラムをアンインストールするには、手動で削除するしかありません


以下にその手順を示します


-お約束-
以下の手順では、Windows のレジストリーを直接編集します
不用意に誤った編集をすると、思わぬトラブル、最悪 Windows が起動できなくなる恐れもありますので、慎重に、かつ、自己責任で実行して下さい
筆者を含め、そのような事態になっても誰も責任を取れませんし、救済もできません



1.レジストリエディターの起動


Windows の 「スタート」 をクリック、[プログラムとファイルの検索] 欄に 「regedit」 と入力、Enter キーを押下します


2.「プログラムと機能」に相当するレジストリ キーを見つけます


Windows 「コントロールパネル」の「プログラムと機能」に相当するレジストリ キーは、以下に格納されています

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall


3.「プログラムと機能」に相当するレジストリ をバックアップします


上記、レジストリ キー「Uninstall」をクリック選択後、レジストリエディターのメニューから「ファイル」 → 「エクスポート」をクリックし、任意のフォルダー(デスクトップ等)に、任意の名前(例えば「uninstall 」等、拡張子は自動的に「.reg」が付けられます)で保存します


3.削除したいプログラムに対応するレジストリ キーを検索します


「Uninstall」 にあるキーは、それぞれ [アプリケーションの追加と削除] ダイアログ ボックスに表示されるプログラムに対応していますが、「Uninstall」 直下にあるキー名称は、必ずしも見慣れた文字列ではありませんので、たくさんある場合、メニューの「編集」 → 「検索」で検索した方が、早くて確実でしょう

ここでは、「SQL Server 2008 の Service Pack 3 (KB2546951) (64-bit)」の削除例として、「SQL Server 」で検索すると、「Uninstall」の下の「KB2546951」の中の「DisplayName」の、「SQL Server 2008 の Service Pack 3 (KB2546951) (64-bit)」が見つかります

それぞれの値は、下記を示しています

意味 / 内容
DisplayName [プログラムと機能] ダイアログ ボックスに表示される名前
SQL Server 2008 の Service Pack 3 (KB2546951) (64-bit)
UninstallString [プログラムと機能] で「アンインストール」を選択クリックした際に起動されるプログラム
"C:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Update Cache\KB2546951\ServicePack\setup.exe" /Action=RemovePatch /AllInstances


4.不要となるプログラムを削除します


「UninstallString」に表示されているプログラムフォルダーを参考に、不要となるプログラム(フォルダー)をWindows のエクスプローラー等で削除します


5.削除したいプログラムに対応するレジストリ キーを削除します


内容に間違いが無ければ、削除したいプログラムに対応するレジストリ キーを削除します

ここでは、「Uninstall」の下にある「KB2546951」を右クリック → 「削除」で削除しています


6.Windows 「コントロールパネル」の「プログラムと機能」で削除されていることを確認します


Windows 「コントロールパネル」の「プログラムと機能」を開き、不要なプログラム表示が示されていないことを確認します

もし、消えていなかったり、意図と違った表示になっていた場合、レジストリ の修正を誤っています


その場合、レジストリ のバックアップ(拡張子「.reg」ファイル)をダブルクリックすると、バックアップ前の状態に復元(上書き)されます

レジストリの修正が終われば、バックアップファイルは不要です


レジストリの修正を終えれば、バックアップファイル(拡張子「.reg」ファイル)は不要ですので、削除してかまいません

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > Windows 7 コントロールパネル プログラムと機能 手動削除方法
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


アプリケーションの追加と削除の一覧からプログラムを手動で削除する方法

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP