ホーム > IT > 機器 > USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識


USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識



突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識させることができるというUSBハブ、「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」が、CENTECH(センチュリー)から、店頭価格 税込 7,530円前後で発売されました


USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識 「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー)) 製品画像1
USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識 「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー)) 製品画像2
USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識 「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー)) 製品画像3
USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識 「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー)) 製品画像4
USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識 「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー)) 製品画像5

「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー))は、専用ソフトがUSBデバイスの接続 ・ 切断を常時監視することにより、USBデバイスが認識されなくなった際、自動で再接続を行う機能を備えた 4ポートUSBハブです


同種の機能を持つ製品は、2015年、「USB troubleshooter(CT-USB1HUB)」が発売されていますが、そちらははアダプタモデルだったため、1デバイスしか利用できなかったのに対し、今回発売された 「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー))は、補助電源つきの 4ポートUSBハブで、4デバイスまで利用できるようになっています


様々なUSBデバイスで利用できる点が特徴で、CENTECH(センチュリー)社では、USBメモリやプリンタ、スキャナ、監視カメラ、カードリーダー、外付けドライブなどを動作可能機種として挙げています


「ReTRY HUB(CT-USB4HUB)」(CENTECH(センチュリー))は、USB 3.1(Gen.1)対応、電源は付属のACアダプタから供給される仕組みで、ドライバや専用ソフト、マニュアルは同社Webサイトからダウンロードする必要があり、またソフトウェア開発者向けのSDKも用意されています


本体サイズは、縦75×横120×高さ15mm(突起部含まず)、重量は約230g。対応OSはWindows 10/8.1/7

突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再接続するUSBハブ「ReTRY HUB」が登場 - AKIBA PC Hotline! 」 より





「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタが登場


突然認識しなくなったUSBデバイスを自動復帰 (2015/11/21 11:30)

USBコネクタの抜き挿しをソフトエミュレーションするというユニークなアダプタ「USB troubleshooter(CT-USB1HUB)」がCENTECHブランド(センチュリー)から発売された。店頭価格は税込3,220円前後


「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタ 「USB troubleshooter(CT-USB1HUB)」CENTECHブランド(センチュリー) 画像1
「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタ 「USB troubleshooter(CT-USB1HUB)」CENTECHブランド(センチュリー) 画像2
「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタ 「USB troubleshooter(CT-USB1HUB)」CENTECHブランド(センチュリー) 画像3
「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタ 「USB troubleshooter(CT-USB1HUB)」CENTECHブランド(センチュリー) 画像4
「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタ 「USB troubleshooter(CT-USB1HUB)」CENTECHブランド(センチュリー) 画像5
同ブランドが「USB監視機器」と呼んでいるこの製品は、PCへのUSBデバイスの接続状態をソフトウェアでエミュレーションするというアダプタ。本体にはUSB 2.0のオス・メス端子(標準A)が装備されており、PCとUSBデバイスの間に接続して使用する。


専用の設定ソフト(同社Webサイトに掲載)をインストールすることで、USBデバイスの接続・切断が監視され、認識しなくなった時に自動で再接続されるという。同ブランド曰く、突然認識しなくなったUSBデバイスを自動復帰させるのに利用できるとのこと。


本体には電源供給用のMicro USB端子も装備されており、バスパワー不足でデバイスが動作しない時などに給電できる(最大入力5V/1A)。


また、開発者向けのSDKが用意されており、ユーザーが機能を追加することができるとのこと。本体には高精度時計(RTC)や、512バイトの不揮発メモリ(FRAM)も搭載されているという。SDKの入手などについては、問い合わせてほしいとしている。


本体サイズは22×65.8×10mm(突起部を除く)。重量は約13g。消費電流は60mA(5V)。対応OSはWindows 8.1/7/Vista/XP。

「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタが登場 - AKIBA PC Hotline! 」 より


目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > 機器 > USBハブ 突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再認識
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


突然認識しなくなったUSBデバイスを自動で再接続するUSBハブ「ReTRY HUB」が登場 - AKIBA PC Hotline!
「USBコネクタの抜き挿しをエミュレーション」するアダプタが登場 - AKIBA PC Hotline!

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP