ホーム > IT > Outlook データ ファイル (.pst .ost) を新たに作成する方法
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

Outlook データ ファイル (.pst .ost) を新たに作成する方法


Outlook データ ファイル (.pst .ost) を新たに作成する方法



Outlook では、初めて起動した際に、Outlook データ ファイル (.pst .ost) は自動的に作成されますが、必要に応じて、新たに Outlook データ ファイル (.pst .ost) を手動で作成し、たとえば、通常は使用しないメッセージやアイテムを、別ファイルで保存管理するといったこともできます



Outlook データ ファイル (.pst および .ost) について



Outlook データ ファイル (.pst) は、POP3 電子メール アカウントで使用され、また、Outlook のいずれかのアカウントからアーカイブ ファイルやバックアップ ファイルを作成する場合も、Outlook データ ファイル (.pst) を使用します

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) は、サーバーに保存されているメッセージの同期コピーで、複数のデバイスや Outlook などのアプリケーションからアクセスでき、IMAP、Microsoft Exchange Server、Outlook.com などで使用します



Outlook データ ファイル (.pst .ost) 作成手順



 1. Outlook 上端の「ホーム」タブをクリックします
 2. Outlook 上部のリボンから、「新しいアイテム」 → 「その他のアイテム」」 → 「Outlook データ ファイル」をクリックします
 3. 任意の(Windows)フォルダに、任意の名前で、Outlook データ ファイルを作成します
(「C:\Users\(Windows のログインID)\Documents\Outlook ファイル」フォルダですが、任意の場所で問題ありません)
 4. 作成した Outlook データ ファイルは、Outlook 左ペインに自動的に追加されます
メールメッセージ等は、新しい Outlook フォルダと元の Outlook フォルダとの間、ドラッグ&ドロップで、自由に、移動させることができます

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > Outlook データ ファイル (.pst .ost) を新たに作成する方法
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


情報を保存する Outlook データ ファイル (.pst) を作成する - Outlook

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP