ホーム > IT > Outlook バックアップ方法 メールアカウント
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

Outlook バックアップ方法 メールアカウント


Outlook バックアップ方法 メールアカウント



Outlook のメールアカウントは、Windows のレジストリに格納されていますので、レジストリエディタで該当のレジストリキーをエクスポート、インポートすることにより、Outlook のメールアカウントをバックアップしたり、別環境に移行したりできます


Outlook バージョン レジストリキー
Outlook 2013 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Profiles
Outlook 2010 以前 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows Messaging Subsystem\Profiles



Outlook メールアカウント バックアップ



1. Windows のレジストリエディタを開き(Windows スタートメニュー → 「プログラムとファイルの検索」欄に「regedit」と入力し Enter キー押下)、上記 レジストリキー まで移動
2. 上記 レジストリキー をクリック選択した状態で、レジストリエディタのメニューから「エクスポート」をクリック
3. 適当なファイル名(OutlookProfiles.reg 等、拡張子は必ずデフォルトの「.reg」にしておくこと)



Outlook メールアカウント リストア



1. Outlook Profiles レジストリのバックアップファイル(OutlookProfiles.reg 等)をダブルクリックするだけで、バックアップファイルの内容が、元の位置に上書きされます



Outlook 2010 以前のメールアカウントを Outlook 2013 に移行する



Outlook では、Outlook 2013でレジストリのプロファイル(Profiles)の格納位置が変更されましたが、プロファイル(Profiles)以下の構成は全く同じですので、上書きする位置を変更するだけで、Outlook 2010 以前でバックアップしたレジストリファイルをOutlook 2013 にリストア、即ち、移行できます


Outlook 2010 以前の メールアカウント バックアップ


1. Windows のレジストリエディタを開き(Windows スタートメニュー → 「プログラムとファイルの検索」欄に「regedit」と入力し Enter キー押下)、上記 レジストリキー まで移動
2. 上記 レジストリキー をクリック選択した状態で、レジストリエディタのメニューから「エクスポート」をクリック
3. 適当なファイル名(OutlookProfiles.reg 等、拡張子は必ずデフォルトの「.reg」にしておくこと)


Outlook 2013 用に メールアカウント レジストリキー を変換


1. Outlook Profiles レジストリのバックアップファイル(OutlookProfiles.reg 等)をメモ帳で開きます
2. メモ帳のメニューから 「編集」 → 「置換」をクリック
3. 「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows Messaging Subsystem\Profiles」

「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Profiles」
に置換して保存する


Outlook 2013 の メールアカウント にリストアする



1. レジストリキー 変換後の Outlook Profiles レジストリのバックアップファイル(OutlookProfiles.reg 等)をダブルクリックすれば、Outlook 2013 の メールアカウント としてリストアされます

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > Outlook バックアップ方法 メールアカウント
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

関連情報サイト


Outlook2013では使用するレジストリキーが変更されている件 備忘録

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP